prev

next

123
  • __プロフィール
    __新着記事見出し

    新着記事

    __ブラスグループ見出し

    ブラスグループ

    アトールテラス鴨川
    アトールテラス鴨川

    京都府京都市の結婚式場
    「アトールテラス鴨川」20年4月OPEN!

    アトールテラス鴨川

    アコールハーブ
    アコールハーブ

    千葉県船橋市の結婚式場
    「アコールハーブ」20年3月OPEN!

    アコールハーブ

    アーブルオランジュ

    アーブルオランジュ

    アーブルオランジュ

    静岡県浜松市の結婚式場「アーブルオランジュ」

    アーブルオランジュ

    RSS
    ブルーグレース大阪

    ブルーグレース大阪

    ブルーグレース大阪

    大阪駅・梅田駅近くの結婚式場「ブルーグレース大阪」

    ブルーグレース大阪

     
    オリゾンブルー

    オリゾンブルー

    ラピスコライユ

    静岡県沼津市のゲストハウスウエディング「オリゾンブルー」

    オリゾンブルー

     
    _ラピスコライユ

    ラピスコライユ

    ラピスコライユ

    静岡・清水駅近くのゲストハウスウエディング「ラピスコライユ」

    ラピスコライユ

     
    _ブランリール大阪

    ブランリール大阪

    ブランリール大阪

    大阪駅・梅田駅近くのゲストハウスウエディング「ブランリール大阪」

    ブランリール大阪

     
    __ミエル ココン

    ミエル ココン

    ミエル ココン

    三重県津市のゲストハウスウエディング「ミエル ココン」

    ミエル ココン

     
    __ミエル シトロン

    ミエル シトロン

    ミエル シトロン

    三重県四日市市のゲストハウスウエディング「ミエル シトロン」

    ミエル シトロン

     
    __クルヴェット名古屋

    クルヴェット名古屋

    クルヴェット名古屋

    愛知県名古屋市のゲストハウスウエディング「クルヴェット名古屋」

    クルヴェット名古屋

     
    __ラピスアジュール

    ラピス アジュール

    ラピス アジュール

    静岡県静岡市のゲストハウスウエディング「ラピス アジュール」

    ラピス アジュール

    _ラピスアジュール RSS
    __マンダリンアリュール

    マンダリン アリュール

    マンダリン アリュール

    静岡県浜松市のゲストハウスウエディング「マンダリン アリュール」

    マンダリン アリュール

    マンダリンアリュール RSS
    __ヴェルミヨンバーグ

    ヴェルミヨンバーグ

    ヴェルミヨンバーグ

    愛知県 名古屋市 丸の内のゲストハウスウエディング「ヴェルミヨンバーグ」

    ヴェルミヨンバーグ

    ヴェルミヨンバーグ RSS
    __ブルーレマン名古屋

    ブルーレマン名古屋

    ブルーレマン名古屋

    愛知県名古屋市のゲストハウスウエディング「ブルーレマン名古屋」

    ブルーレマン名古屋

     
    __ルージュブラン

    ルージュブラン

    ルージュブラン

    愛知県一宮市のゲストハウスウエディング「ルージュ:ブラン」

    ルージュブラン

    ルージュブラン RSS
    __オランジュベール

    オランジュ:ベール

    オランジュ:ベール

    愛知県日進市のハウスレストラン「オランジュ:ベール」

    オランジュ:ベール

    オランジュベール RSS
    __ブルーブラン

    ブルー:ブラン

    ブルー:ブラン

    愛知県岡崎市のゲストハウスウエディング「ブルー:ブラン」

    ブルー:ブラン

    ブルーブラン RSS
    __ブランベージュ

    ブランベージュ

    ブランベージュ

    愛知県安城市のゲストハウスウエディング「ブラン:ベージュ」

    ブランベージュ

    ブランベージュ RSS
    __マンダリンポルト

    マンダリンポルト

    マンダリンポルト

    愛知県常滑市のゲストハウスウエディング「マンダリンポルト」

    マンダリンポルト

    マンダリンポルト RSS
    __ヴェールノアール

    ヴェールノアール

    ヴェールノアール

    岐阜県羽島市のゲストハウスウエディング「ヴェールノアール」

    ヴェールノアール

    ヴェールノアール RSS
    __ルージュアルダン

    ルージュアルダン

    ルージュアルダン

    愛知県豊橋市のゲストハウスウエディング「ルージュアルダン」

    ルージュアルダン

    ルージュアルダン RSS
    __アージェントパルム

    アージェントパルム

    アージェントパルム

    愛知県豊田市のゲストハウスウエディング「アージェントパルム」

    アージェントパルム

    アージェントパルム RSS
    __ミエルクローチェ

    ミエルクローチェ

    ミエルクローチェ

    三重県鈴鹿市のゲストハウスウエディング「ミエルクローチェ」

    ミエルクローチェ

    ミエルクローチェ RSS

    赤ちゃんの蒙古判

    赤ちゃんには蒙古判がある。

    おしりにある青い痣だが
    次第に薄くなる。

    これは神様が

    「おしっこはトイレでしなさい」

    と言って、つねったあとらしい。

    だからオムツがとれる頃
    消えていくのだ。

    だからトイレを大事にしなさい
    という話なのだが
    最近トイレ掃除が流行っているらしい。

    素晴らしいことだ。

    みなさん最低限
    自分が入ったときより
    きれいにしてトイレを出ましょうね!

    家でも会社でも
    どこでもですよ。

    口ぐせ

    トヨタの口ぐせ


    本に沢山出てくる中で
    一番気に入った
    トヨタ自動車の口ぐせ

    「現場は毎日変化させないといけない」

    これはあの有名な言葉
    カイゼン
    やり続けなさいということだ。

    そしてそれは
    踊る大走査線のキメぜりふ

    「事件は会議室で起きてるんじゃない
    現場で起きてるんだ

    にも通じる!

    そうだ、ブラスも同じだ。

    すべての答えは、現場=結婚式本番にある。

    決して満足せず
    もっともっと理想を追い求めるのだ!

    だけど、今でもスタッフは
    現場が大好き。

    気がつくと
    スタッフ全員会場の中にいる・・・・。

    「あの〜、僕が電話番ですか・・・」

    それはまずいが
    何はともあれ
    現場大好きはいいことだ。


    みなさんの口ぐせは、なんですか?

    「笑顔で行こう」 by下川支配人

    「そうだね〜、そうだね〜」by鷲野支配人

    「まいう〜(古っ)」by板金支配人

    中学二年

    地元の中学校からの依頼で
    「働くこと」について
    話をしてきた。

    昨年も招かれたので
    二回目の登場だ。

    話をする対象は
    中学二年の生徒諸君。

    むずかしい年頃だ。

    (簡単な年頃などないけどね・・)

    「では、校長先生の話に続き
    結婚式場を営む
    河合達明先生よりお話をいただきます。
    先生、よろしくお願いします」

    いきなり先生と呼ばれてしまったが
    約30分間
    気合をこめて話をした。

    「人はなぜ働くのか
    なぜ働かなくてはならないのか」


    途中そんな質問を生徒に投げかけた。

    なかなか照れて
    答えてくれないが
    一人の生徒が

    「家族のため」と言ってくれた。

    いい答えだ。


    人は自分が何かをすることで
    大切な人たちが喜んでくれる。


    それが一番うれしいのだ。

    とするならば
    仕事は単に時間とお金の交換ではない。

    いい仕事をすることで
    他の誰かが幸せな気持ちになる。

    一人ひとりの力は小さくても
    それぞれが誠実に
    嘘のない仕事をすれば
    大きな力となる。

    政治や教育のせいにすることなく
    自分が得意の分野で
    全力を尽くせばいい。

    やや熱くなりすぎましたが
    僕にとっても充実した
    講演になった。


    最後の質問コーナー

    「社長になるにはどうすればいいですか」

    そんな質問が出た。

    「社長には誰でもなれます。
    ただ、継続することは難しい。
    続けられる人は特殊な才能などなくても
    365日、24時間
    会社のことを考えても
    それを苦痛に感じない人です」

    こう答えた。

    社長のみなさん、この答えであってますか?

    白銀屋

    金沢に来た。

    といっても宿泊先は
    山代温泉の白銀屋だ。

    テレビで見た人も多いと思うが
    ここは伝統ある旅館。

    だけど倒産してしまって
    星野リゾートさんが再生している。


    asi
    先週研修で
    小淵沢に行った時
    星野社長の話に感動し
    宿泊先をここに決めた。

    建物は
    古さを生かしながら
    うまく改築されている。

    「いい旅館に来たな〜」

    入った瞬間に
    なぜか感じるものがある。


    白銀屋1茶室
    到着すると
    情緒あふれる
    茶室に通された。

    今回の旅は
    公私共にお世話になっている
    山田社長へお礼を兼ねての
    ゴルフ旅行だ。

    (いるかどうかは別として
    女性ファンのみなさんご安心ください。
    男性同伴です・・・)


    「夕食は何時がご希望ですか?」

    と聞かれた。

    「日本シリーズを見たいので
    一番早い時間で」

    とお願いした。

    しばらくすると
    担当の方がやってきて
    こう言った。

    「普段はしませんが
    部屋まで食事を運びます。
    私も名古屋出身なので」


    最高にうれしいサービスだ!!

    僕たちは
    美味しい懐石料理を味わいながら
    ゆっくりと
    本当にゆっくりと野球を楽しんだ。

    (中日は残念ながら負けましたが・・・)


    さすがは星野リゾートさん。

    おかげで心に残る
    旅になりました。

    サービスはまさに
    人情の機微ですね。

    責任ある仕事

    「人間には
    責任ある仕事を
    任せられるようになると
    自然にやりがいを感じ
    自主的に仕事をするような
    本質がある」

    どこからメモしたか
    覚えていないが
    僕の手帳に書いてある。

    結婚式の仕事をしていると
    これを痛切に感じる。

    特にシーズン真っ只中
    スタッフは早朝から深夜まで
    お弁当を食べる時間を忘れ
    走り続ける。

    新人もベテランも関係ない。

    それぞれに与えられた
    責任ある仕事を
    ヤリキルしか道はないのだ。

    ブラスがお給料以外に
    スタッフに贈るべき報酬。

    それは
    働き甲斐のある仕事と
    人間としての成長。

    だから毎日こつこつと
    社員が成長できる
    企業文化を創っていく!

    一人ひとりが主役になる
    いい会社を創りましょう。

    字は人を表す

    昨日、ルージュ:ブラン板金支配人から
    バタバタ江端プランナーに
    なぜかこんな本が贈られた・・・。

    江端バタバタ本

    誰でも
    きれいな字が書ける本。

    「ううっ、俺の字ってきれいじゃないのか・・・」

    思わずつぶやいた江端。

    残念ながらそのとおりだ・・・。

    パソコンで
    簡単に文書が作れてしまう時代だ。

    だからこそ、手書きが光る。

    ウェディングプランナーは特に
    直筆の手紙やメッセージカードを
    書くことが重要な仕事だ。


    「字は人を表す」

    中国のことわざである。

    人を表すか〜。

    俺の字
    これでも初段・・・。

    中学まではちゃんとしてたのに
    どんどん崩れてきた・・・。

    「もっと丁寧に字を書かねば」

    江端と共に
    反省した河合です。


    PS.

    今日はホントにいい天気だった!

    働くスタッフ1オランジュトリオ働くスタッフ3プリンス清







    絶好調、オランジュトリオ!

    プリンス清君はいつも爽やか。

    働くスタッフオランジュPJ絶好調

    オランジュPJチーム。

    ますます元気!

    目指せ、年間グランプリ。


    働くスタッフ4丹羽シェフもやります働くスタッフ5レマントリオもやります






    レマンもスーパー元気!

    丹羽シェフのメニュー紹介も
    様になってきたぞ!

    小さな披露宴も
    レマンにかかれば
    盛り上がること間違いなし!

    ということでスタッフのみなさん
    今日も大変お疲れ様でした。

    SILKに参加

    一泊二日で山梨県小淵沢にある
    リゾナーレ小淵沢に行ってきた。

    SILK(シルク)に参加するためだ。

    SILKとは

    「消費者向けサービス業界において
    革新的なサービスを提供している
    起業家や経営者が集い
    互いに学び合い、交流を深めることを目的とした
    カンファレンスです」

    とパンフに書いてある。

    僕はウェディング業界において
    素晴らしい実績を上げたことが
    認められ招待された。

    というのは嘘で
    例によって、YEO創始者のグロービス堀さんから
    誘われたのだ。

    (それでも十分光栄です)

    なんとなく
    「小淵沢でドンチャン騒ぎか」
    と思われそうだが
    とんでもない。

    素晴らしく充実した二日間だった。

    シルク4ちゃんと学んでます

    ご覧のとおり
    居眠りをすることなく
    集中して話を聞き
    メモをとりまくった!

    まずは初日のキーノートスピーチが
    抜群だった。

    オープニングは
    星野リゾートの星野社長。

    全国的に有名な星野さんは
    リゾートの達人を目指している。

    「日本人の誰もが愛する温泉。
    そしてそれは、世界に誇る日本文化。
    今後は温泉旅館再生ビジネスに
    全力を注ぐ」

    と、話された。

    「温泉旅館か〜」

    僕も大好きだ。

    宿泊施設がある
    ハウスウェディング会場をつくるとすれば
    都会にあればデザイナーズホテル。

    田舎にあれば
    オーベルジュと呼んでいいだろう。

    それに温泉があれば最高だ。

    「やりたいな〜、温泉オーベルジュウェディング」

    そして、ウチで結婚したお客様が
    常連のお客様になる。

    実現可能な夢だと思うのだが
    どうですか!
    読者のみなさん。
     

    そしてキング・オブ・起業家
    グッドウィル折口会長の熱いお話などで
    一日目は終了した。

    シルク1ホワイト3人衆

    写真は左
    いつもコメントをくれる
    噂のジゲン。

    ちなみに右は
    河合達明心の師匠
    マックス先生だ。


    夜は交流パーティー。

    YEO仲間が多いこともあり
    気がつけば午前二時。

    すぐに朝になってしまった。

    一時間目
    「多店舗展開の肝
    〜質を落とさない規模拡大」

    まさに僕のピッタリの内容だ。

    二時間目
    「現場で見る環境経営
    〜星野リゾートのケースから学ぶ」

    星野リゾートさんの
    環境問題に取り組む姿勢は
    すごい!

    ゴミも分別はナント
    18種類!!


    (株式会社ブラス
    いまだ、2種類も満足にできず・・・)


    シルク2畑にてシルク3星野リゾート社員さんと






    そんな
    ゴミをリサイクルする
    役目も果たす
    直営農場に行った。

    景色も空気もいい。

    案内する社員さんも
    生き生きとしていて
    素晴らしい!

    ランチタイムをはさんで

    「成長の痛みを乗り越えろ
    〜事業拡大に伴う組織の痛みとその処方箋」

    結婚式業界トップの
    T&G社桐山さんのお話が
    大変参考になった。

    最後は
    「サービス業の事業創造
    〜未開拓のマーケットを拓く」


    充実の二日間だった。

    得たものは大きい。

    そして、沸々とやる気がみなぎってきた!

    明日はもう土曜日だ。

    ゼクシィさんと昼食会

    最近よく耳にする。

    「結婚式業界の人が
    このブログをけっこう読んでますよ」って。

    そしたらホントに
    業界人のaiさんからコメントいただいた。

    どうやらホントに読んでるらしい・・・。

    まぁこれだけ書いていると
    僕の頭の中身はバレバレだ・・・。

    (はい、自他共に認める馬鹿なんです)

    やってることは
    ほとんどオープンだし
    会社の成績も公開している。

    同業他社のウェブサイトを見ると
    最近よくリニューアルされていて
    スタッフブログも次々に
    始まっている。

    もしもブラスを参考に
    してくれたのなら
    とてもうれしい!

    今日はたまたまブルーレマンで
    ゼクシィさんとお昼をご一緒した。

    会話の中で

    「最近、結婚式に出席すると
    全体のレベルが上がっているのが
    よくわかります」

    そんな話が出た。

    リクルートさんの社内でも
    若手は結婚式を
    積極的にするらしい。

    ちょっと前まで
    やらない人が多かったのにだ。


    どの会場も
    魅力的な結婚式をやり続ければ
    きっと

    「結婚式はしなくてもいいよ」

    というカップルは少なくなる。

    そうすれば少子化による
    組数現象など
    まったく問題なくなる。

    当然、ゼクシィさんは会場が減らないので
    安泰だ!!

    浜田さん&担当のみなさん
    (いいのか名前を書いても・・・)
    いつも

    「ブラスにだけお客様を送ってください」

    というのは冗談です。

    よりより業界にするために
    がんばりましょうね!

    桃栗三年柿八年

    社員との個人面談が終わった。

    3日間で50名以上と
    向き合って話しをした。

    すると、充実感と共に
    さまざまな課題が浮き彫りになる。


    「こんなに悩んでいたのか・・・」

    そんな子もいれば

    「毎日がとにかく楽しいです!」

    屈託のない子もいる。


    人が成長する速度は違う。

    が、「ブラスはベンチャー企業です」

    と、宣言している以上
    ついつい急成長を促してしまう。

    「桃栗三年柿八年」

    そんな諺にもあるように
    三年で一人前になる子もいれば
    八年かかって一人前になる子もいる。

    焦ってはいけない。

    それぞれがそれぞれの時間を掛けて
    大輪の花を咲かせればいいのだ。

    成長とは
    人との比較ではなく

    「昨日の自分より少しでも伸びたか」

    だと思う。

    僕も同じだ。

    河合達明

    昨日の僕より、大きくなったか?

    浜名湖

    昨晩から今日にかけて
    浜名湖に行ってきた。

    浜名湖といえば
    「うなぎ」
    でしょう。

    うなぎ。

    書くだけで食べたくなる。

    うな丼
    うな重
    ひつまぶし〜〜。

    肝吸いもたまらん。

    ややマニアックだが
    うまき(卵で巻いたやつ)
    もいい。

    なぜうなぎだけが
    単品でこれほど愛されるのか?

    魚の王者、鯛だって
    まったく歯が立たない。


    東京に行った時
    うなぎを食べた。

    が、しかし
    関東流はまったくいただけない。

    なぜ、蒸すんだ・・・。

    やっぱりうなぎは
    炭火でじっくりと
    秘伝のたれをつけながら
    職人さんが焼く
    名古屋流がベストだ!

    (関西はよく似ているらしい
    その他はまったく知りませんので
    だれか教えて)


    たぶん、ブラススタッフは誰も知らない。

    僕が店と店の移動を利用して
    お昼にうなぎをこっそり食べることを。

    ひとりうなぎは
    これまたうまい!

    誰にも邪魔されることなく
    ひとり黙々と噛み締めるのだ。

    (やはり俺もネクラなのか・・・)

    名古屋地区で
    どこのお店が一番か?

    これはとても決められない。

    キチンとお店でさばいて
    炭火で焼くお店であれば
    間違いなく美味しい!

    お昼に僕と一緒にいたら

    「うなぎ、食べましょう」

    遠慮なく、誘ってください!


    PS.
    会員制リゾートクラブ
    エクシブ浜名湖は最高だった。

    僕は残念ながらメンバーじゃない。

    だけど、まわりに持っている人が
    沢山いるので
    行きたいスタッフは申告を!

    (購入予定はありません・・・)

    Web2.0

    「Web2.0」

    僕をよく知る人なら
    このタイトルを読んだだけで

    「お前にWeb2.0が語れるわけないだろう」

    そんな突っ込みが入ったはずだ。

    その通りで
    IT関係の社長と話していても
    わかった振りして
    ちんぷんかんぷんだ・・・。

    しかし
    この言葉で僕は理解した
    気になっている。

    それは「クマガイコム」

    「ナンバーワンのサービスをする」

    最高のサービス・商品を研究し
    それを淡々と媚びずに、提供すれば
    お客様が口コミで広げてくれる時代なんです。



    これは完全に商売の原点だ!

    結婚式業界は今まで
    正確な情報がお客様に伝わりにくかった。

    しかし、テクノロジーの進化が
    それを正確に伝えてくれる時代になったのだ。

    ブラスの理念
    「それぞれの新郎新婦にとって
    最高の結婚式を」


    毎週、毎週、実現するのだ。

    そうすれば、きっと結果はついてくる。

    歩む道は間違っていないと
    確信した。

    面識はもちろんないけど
    クマガイ社長、どうもありがとう!


    PS

    最近、東京からYEOの仲間が
    会社訪問に来てくれる。

    今日は株式会社ネオキャリア
    西澤社長がやってきた!

    西澤社長と

    弱冠28歳にして
    100名以上の社員を率いる
    若手起業家。

    しかも独身でカッコいい。

    さらに謙虚で
    まったく偉ぶったところがな〜い。

    その上、僕が席を外すと
    うちの社員の輪に入って
    盛り上がっているではないか!

    まったくすごい男だ。

    名古屋支社ができたら
    お祝いしようね。

    リヴァンプ

    一泊二日の東京ツアーだった。

    木曜夕方、東京行きの新幹線は
    ほぼ満員。

    どうする・・・。

    選択肢は二つ。

    1.とにかく新幹線に乗る〜しばらくデッキで立つ。
      空いている指定席(必ずある)に座り
      あとで差額分を払う。

    ここでのポイントは
    しばらく待つことだ。

    ただし東京からの帰りは
    新横浜を過ぎてから
    座らなくてはならない。

    2.思い切って、グリーン車に乗る。

    グリーンは+4,000円。

    僕はグリーンに値する
    社長なのか・・・。

    堂々とグリーン車に乗ることが
    実は目標でもある。


    そんなこんなで
    昨日はYEOの例会だった。

    例会講師は
    ユニクロ大躍進の立役者
    現在は株式会社リヴァンプ代表の
    澤田貴司さん。

    社名がいい。

    リヴァンプ=「刷新する」「立て直す」

    事業内容と完全にリンクしている。

    ブラス=ブラスバンドのブラス。

    どこが結婚式屋なんだ・・・。

    でも、楽器のように個性的なメンバーを集め
    最高の演奏(仕事)をしよう。

    そんな意味なんです。

    それはともかく
    できる男は
    みな謙虚でカッコいい。

    今もユニクロの服を着て
    現場でバリバリ仕事をされる
    澤田社長に大いに感化された。

    では、たくさん教えていただいた中から
    ブラス各リーダーのみなさんへ。

    「優れたチームは妥協しない」

    河合社長へ

    「情緒的になるのもいいが
    優れた経営者とは結果を残す人」



    二次会は先日東証マザーズに
    上場を果たした
    ネットエイジ
    西川社長の上場記念パーティーだった。

    西川社長は本名が
    西川きよし・・・。

    「小さいことからコツコツと」

    西川きよしの口癖をギャグで連発されていた・・・。

    そんなお茶目で
    それでいて日本起業家のリーダー
    西川社長、おめでとうございます。


    さて、今回の東京ツアーで
    決めたことがある。

    「自己破壊」

    今の自分に満足するな!

    もっと、もっと
    素晴らしいはずの自分を探す
    終わりなき旅。
    (ミスチル)

    壊しますよ、自分を!

    コメントありがとう。

    最近ブログコメントを多くいただく。

    これは本当にうれしい!

    意外に思うかもしれないが
    コメントがしばらくないと
    ちょっと落ち込む・・・。

    特に
    「今日はうまく書けたぞ」
    って時に反応がないと
    寂しい。

    たぶん、どんな大物社長も
    ブロガーなら同じだろう。

    それにしても今回
    江端&ちーやんデビューブログで
    家族からコメントをいただいたのには
    驚いた!

    「もしかして、社員の家族も読んでるのか・・・」

    知らなかった。

    「こら!うちの娘はいつ出るんだ」

    もしかしたら
    こんな感じかもしれない。


    ブラスでは
    社員の家族の会社訪問を
    大歓迎しています。


    息子さん娘さんの働く姿を
    ぜひ見に来てください!

    僕もできる限り同席します。

    あるべき学校の姿

    昨日は東京に行ってきた。

    YEOのメンバーに誘われ
    こんなセミナーに参加した。

    全国最年少の公立学校長
    楽天元副社長の本城慎之介氏が語る

    「あるべき学校の姿」とは



    誰しも教育問題に関心がある。

    特に小中学校の子供を持つ親は。

    僕も大いに知りたいコトだらけだ。

    で、約一時間半のセミナーの中身は
    素晴らしかった。

    ここで、僕が聞いたことを
    すべて伝えることは残念ながらできない・・・。

    でもひとつだけ
    伝えるとすれば
    本城氏のこの言葉ではないか。

    「学校と企業の違いは、あんまりない。
    みなさん、学校を聖域化しすぎている」


    どうかこの言葉で考えてください。


    あっ、もうひとつあった。

    本城さんの両親は
    1.子供の前で夫婦げんかをしない。
    2.子供の前で先生の悪口を言わない。

    この二つを絶対に守っていたそうです。

    1は難しいな・・・・・・・・・・・・・。

    2は、できる!

    恥ずかしながら、授業参観のあと
    娘に言ったことがある・・・。

    だめでしょう、先生の悪口は。

    (誰の悪口でもですが)

    僕は大いに反省しました。

    みなさんも守ってくださいね。

    美容室

    髪を切った。

    ほぼ毎回同じ美容室に行く。

    少年の頃は
    僕の時代あたり前のように床屋だった。

    いつから美容室になったのか?

    思い出した!

    あれは高校三年の夏。

    友達のひとりが
    ヨシズヤ(地元のスーパーというかデパート)
    にテナントとして入った美容室の
    新人美容師さんに一目惚れし
    嫌がる僕を
    お客として送り込んだ。

    これが始まりだ。

    それから現在に至るまで
    美容室に通っている。

    ちなみに僕は
    見事にキューピット役をこなし
    二人を結びつけた!

    が、うまくいったあと
    激しく後悔した・・・。

    とってもきれいな人だったからだ。


    そんな話はどうでもいいのだ。

    いつも行く美容室
    一宮市のアプリオーナーから
    相談を受けた。

    「多店舗展開をするべきか否か」

    オーナーとは
    結婚式の司会をした仲なので
    何とかいいアドバイスをしたい。

    が、出てきた言葉は

    「そんなもん、がんがんいきゃー」

    思い切り名古屋弁である。

    激烈な競争を展開する美容室業界。

    しかも店舗は年々大型化している。

    建設のための投資金額も半端ではない。

    生き残り
    成長できるのか?


    それから車の中で
    けっこう考えた。

    僕の中の成長戦略はできた。

    みなさんなら
    どのように考えますか?

    写真を撮る

    偶然にも昨日から
    レマン〜ブルー〜ルージュ〜オランジュ
    と各店の結婚式を見た。

    修正点も沢山あるが
    みんないい顔している。


    井上プランナー長谷部PJ






    ルージュ井上プランナー。
    ずっとこの笑顔です。

    一番古いPJ長谷部ちゃん。
    初めて会ったのは
    高校生を卒業した頃。
    いまや若いPJを
    ぐいぐい引っ張る!


    牧野パティシエ板金支配人






    厨房チームも
    サービス精神満点。
    牧野パティシエも
    最近乗ってます!

    板金支配人は
    貫禄の笑顔、かな。


    もうすぐ秋のシーズンが
    始まる。

    年末まで旅に出るような気分だ。

    このシーズンも
    スタッフの生き生き働く写真を
    沢山撮るぞ!


    PS.
    妊婦プランナー酒井が
    オランジュ勤務になった。

    で、歓迎会をした。

    場所は近所に新しくできた
    「農園レストラン・ビーンズ」

    何だ〜農園レストランって??

    やや変でしたが
    西川プランナーは
    栄養不足を一気に解消していました・・・。

    恕(じょ)

    今日は、いい言葉に出会ったので
    紹介したい。

    「恕(じょ)」

    みなさんもきっと名前は知っている
    中国の孔子さんの言葉だ。

    「一生涯、人として実践していく
    値打ちあることを
    一言で表す言葉があるでしょうか」

    というお弟子さんの問いに

    「それは恕だろうか。
    自分がされて嫌なことは
    他人にもしないことだ」


    と答えた。

    ん〜、さすがは孔子。
    とっさにこの言葉を出すなんて
    只者ではない。


    今のところ僕には
    この質問を誰もしそうにない。

    でも何とか頑張って
    20年後くらいに聞かれたら
    この言葉を言おうと思う。

    その時まで
    忘れずに「恕=思いやり」を
    実践していきたい。

    なすのごとく

    オランジュ:ベール服部料理長から
    すごい話を聞いた。

    「社長、ナスはすごいんですよ」

    「えっ、突然変な話題だな。
    で、ナスのどこがすごいんだ?」

    「なすは、ほとんどが水分で
    他の野菜に比べて栄養は少ないんです」

    「そうなのか・・・」

    「でも、でもですよ社長。
    なすは他の食べ物の栄養素を吸収し
    さらにビタミンを作ったりするんですよ」

    「おおっ、それはスゴイ!」

    「でしょう、茄子はすごいんです」

    「よし、なすのごとく生きるぞ!」


    自分自身はたいしたことなくても
    どんどん吸収し
    さらにビタミンを作る出す。

    読者のみなさん
    これからの合言葉は
    「なすのごとく」
    ですよ。

    HONDA

    「チャレンジして失敗することよりも
    チャレンジしないことを恐れろ」



    今、スポルト(フジのスポーツ番組)で
    亡き本田総一郎さんが言った。

    モータースポーツは
    あまり見ないが
    どうやらHONDAがF1グランプリで
    勝ったのだ!

    数十年ぶりに
    「オールホンダでの勝利」
    らしい。

    サーキットに君が代が流れ
    スタッフがみな泣いている。


    挑戦し続ける。

    なんでもいい。

    今日はブラス野球チームの
    第二戦だった。

    初戦を奇跡的な逆転で飾った
    ブラスチームだが
    今日は大差で敗れた。

    たかが草野球だが
    チャレンジしなくてはならない。

    僕は40歳だが
    まだまだ体も動くし
    十分にボールも投げられる!

    今日は
    もっとうまくなれる気がした。

    (3打数〇安打だったけど・・・)

    夏目プランナーは
    女性でありながら猛特訓し
    代打で出場した。

    すごいチャレンジスピリットだ!


    読者のみなさんも僕も
    チャレンジしなくて後悔するより
    大いに挑戦して
    失敗しようではありませんか!

    長所を伸ばす

    今日はオランジュ:ベールの
    朝ミーティングに参加した。

    「では社長何かありますか?」

    と、清プランナーから
    つぶらな瞳で尋ねられ
    自分でも思わぬ話をした。

    「長所を伸ばそう!」

    「そして短所には目をつむる・・・」


    (ああっ、言ってしまった)

    いいんです。
    長所を伸ばすんです。
    短所には思い切って目をつむるんです。

    リーダーになると
    メンバーの欠点や短所が気になって仕方がない。

    「ううっ、指摘したい」

    という誘惑にかられる。

    でも全メンバーが
    それぞれの欠点を直しまくったとしても
    決していいチームはできない。

    それを証明する例はいくらでもある。

    人は長所を認められ
    それを伸ばそうとする時
    生き生きと輝き始めるのだ!

    だって子供の頃
    ほんの少し得意なことをほめられただけで
    そればっかりしたこと
    誰だってあるでしょ。

    だ・か・ら
    ブラスはトコトン
    長所を伸ばす。

    今までもそんな感じだったが
    あらためて今日から
    それでいく。

    スタッフのみなさん
    だから僕の短所
    ××には目をつむってください。

    今、スタッフに
    「僕の欠点ってなに?」
    って聞いたら

    「何個いってほしいのですか」
    と言われました。

    トホホ・・・。

    合唱コンクール

    リーダーと呼ばれる人であれば
    誰しも「リーダーシップの原点」
    を持っていることだろう。

    僕でいえば
    中学校3年生のとき
    合唱コンクールの指揮者になった時だ。

    そこで初めてリーダーの快感を知った!

    そして、たぶん生まれて初めて
    先生や仲間たちから
    大いなる賞賛を浴びた。

    今もリーダーシップに迷った時
    中三の合唱コンクールを思い出す。

    (そのときの仲間がこのブログを読んでいたらコメントして下さい)



    「だから、やたら合唱が好きなんだ」

    そういうスタッフの声が聞こえてきそうです。

    そうなんです。

    だから先日の新入社員歓迎会や
    社員の結婚式に合唱したがるんです・・・。


    多くの本の中にも書かれているが
    リーダーシップは天性の資質で決まるものではない。

    やはり「磨くか、磨かないか」だろう。

    ただ、その人なりの原点はあると思う。

    ぜひ探してみてください!


    PS.
    中三の息子が
    合唱コンクールの指揮者になっていた。

    遺伝はおそろしい・・・。

    サービスを超える瞬間

    リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間



    リッツカールトン日本支社長
    高野さんの講演会に行ってきた。

    この本は
    売れに売れている
    高野さんの著書だ。

    雑誌が発表する
    日本のホテルランキングでは
    毎年1位はリッツカールトン大阪。

    そのサービスを支えるのは
    世界中の社員がポケットに
    いつも携帯している
    クレド」と呼ばれるカードだ。


    今日の講演内容は
    リッツの歴史からはじまり
    クレドについて
    2時間を超える内容だった。


    メモした中から書こう。

    創始者セザールリッツは
    当時の非常識なことばかりした。

    リッツのDNA。

    全社員が常にリッツらしさを意識している。

    クオリティをあげれば、あげるほど
    コストは低くなる。

    リーダーはコツコツ言い続ける。

    社員がハッピーになるには、を常に考える。

    チームワーク。

    マニュアルは均一なサービスを保つために必要。

    「人を喜ばせる」
    そのために、どれほどのことができるか。




    「ブラスクレドを創ろう」と決意し
    半年以上が経過した。

    未だ、完成しない・・・。

    でも、いつも考え続けている。

    今年中には必ず発表します。

    箒星

    ちょっと前のブログに書いた
    ブラス社内報
    「ブラスラブ」が面白い。

    今日の内容も

    「夏の大掃除を開始しました」

    「畑でなすびの収穫をしました」

    「朝からゆかりさんのくしゃみが止まりません」

    「以前のPJさんが申し込みしてくれました」

    など、知らない人が見たら
    とても結婚式屋さんとは思えない内容だが
    楽しい。

    上から読んでも下から読んでも
    ブラスラブ。

    毎日18時の発行が待ち遠しい。



    人は誰でも光り輝くことができる

    箒星 by Mr.Children

    いい歌だな〜。

    リーダーの成功とは
    他の人たちを成長させること。

    自分のチームをどのように育てるか。

    重要なことはそれだけだ!


    あとはミスチルの曲に乗せて
    それぞれが光り輝けば
    それでいいのだ。

    さあ、ブラスリーダー諸君。

    箒に乗って
    前向きなエネルギーを
    ふりまいてください!

    拓真館

    旭川から名古屋へ帰る飛行機は
    一日一便だ。

    15時40分のフライトなので
    東京の仲間とは朝別れた。

    ベアー社長

    時間までは
    北海道をこよなく愛する男
    北国からの贈り物加藤社長とのんびり過ごした。

    ご覧のように
    最高の天気だ!

    そして十勝岳から
    十勝平野を望む景色は圧巻である。

    拓真館

    そんな中
    訪れたのは拓真館

    僕はまったく知らなかったのだが
    有名な風景写真家
    前田真三氏が建てた
    写真館だ。

    何気なく案内されたここに
    魅せられてしまった!

    美瑛の丘の写真がとにかく美しい!

    春夏秋冬
    僕たちが住む日本は
    かくも美しい国なのだ。

    間違いなく
    僕たちの原風景は
    四季折々の表情を見せる
    田園ではないか。

    先日読んだ「国家の品格」
    に書かれている文章がよみがえる。

    中でも一番気に入った写真は
    真っ赤に色づく
    小麦畑の丘の写真だ。

    この作品を
    やや迷った末
    買ってしまった!

    オランジュ:ベールに
    飾りますので
    興味がある読者の皆さんは
    ぜひ、見に来てください。


    PS.
    北海道フォーラムを
    仕切っていただいた
    加藤社長ありがとう。

    想い出の研修になりました。

    旭山動物園

    研修二日目のメインは
    旭山動物園へ行った。

    動物園正門

    「男11人で動物園いくのー?」

    普通に考えると
    どう考えても変だ。

    しかしここは
    そんじょそこらの
    動物園ではないのだ。

    詳しくはこれを読んでほしい。

    閉園寸前の動物園を
    「理想の動物園をつくるのだ」
    という想いを柱に少しづつ改革し
    とうとう日本一になったのだ。


    北極熊ペンギン








    普通の動物園にはない
    さまざまな工夫がしてある。

    どれもこれも素晴らしいが
    僕が一番感動したのは
    それぞれの動物担当者が
    いきいきと説明している姿だ!


    オランウータン

    この写真は
    オランウータンの気が向けば
    空中20メートルの木の上を
    渡っていくのだ。

    「オランウータンは森の中では
    いつも木の上にいます。
    だから落ちることはないですが
    おしっこをしますから
    下のいる人は注意してくださ〜い」

    飼育係の
    面白いトークに笑いが起きる!


    アザラシ河合


    読者のみなさん。

    北海道へ行ったら
    旭山動物園へ行こう!

    河合達明
    イチオシです。

    旭川にいます

    旭川駅にて

    北海道第二の都市
    旭川にいる。

    「社長、また出張ですか?」とか

    「こないだドイツ行ったばかりやろ」

    と言われながらも
    一年に一度
    北海道フォーラムに参加することは
    重要な任務なのだ!

    名古屋から千歳空港までは
    あっという間だが
    旭川まではさすがに長い。

    JRホワイトアロー号に乗り
    金曜日の夜遅く、旭川に到着した。

    大雪山へ

    研修初日のメニューは
    大雪山登山。

    ロープウェーで
    5合目まで登り
    山頂を目指した。

    装備は完璧である。
    まともな登山の経験は無いが
    この日のためと会社の有志で
    この夏登る、富士登山に備え
    好日山荘(登山専門店です)で
    ガッチリ買い込んだのだ!

    相変わらず、形から入る男なのだ・・・。


    ホワイト登山隊大雪山7合目










    山はあいにくの天気だ。

    しかし雨ぐらいで
    くじけるわけにはいかない。

    共に山頂を目指す仲間は
    全員社長。
    よって負けず嫌いで
    我がままだからだ。

    だが、天候はそうとう荒れてきた。

    ガイドさんは
    「時間的にも山頂までは無理ですね〜」
    と言う。

    カッパの中は汗で
    グショグショだが
    少し休むと身体はすぐに冷える。

    足に不安を抱えるメンバーは
    下山を始めた。

    そして先頭をゆくのは
    元レーサーのマッハ
    (このブログにも時々コメントを書いてくれる)

    現役を引退して15年以上たつというのに

    「誰かの背中を見ながら走ることは許されない」

    信じられないが
    真剣にそう思っているのだ。

    やや負け惜しみだが
    我々第二グループは
    山頂にたどり着けなかった・・・。

    ガイドさんの指示に従い
    泣く泣く断念したのだ。


    麓で待っていると
    意気揚々と山頂を極めた二人が現れた。

    悔しいが敬意を表するしかない。


    夜はキャンプ場のロッジで
    バーベキューを食べ
    お酒を飲み
    男11人、心ゆくまで語り合った。


    明日は奇跡の動物園
    旭山動物園へ行きま〜す。

    さらばブラジル

    午前3時半過ぎ
    イングランドはPK戦の末
    ポルトガルに敗れ去った。

    そして大本命ブラジルまでも
    午前6時過ぎに
    ドイツから去ることになった。

    日本全国
    ほぼ徹夜である。

    それにしても
    これほど力を発揮することなく
    ブラジルが負けるなんて
    誰も思わなかった。

    天才ロナウジーニョも
    あっと驚くプレーを披露することはなかった。

    残念すぎる。


    「サッカーというものはすごく難しいしいスポーツなので、サッカーというひとつのいい学校だと思ってほしい。もし、サッカー学校を卒業したら、素晴らしい人生を送れると思う」

    日本代表次期監督
    オシム語録より



    準決勝までしばらく間がある。
    みなさん、十分に休養しましょう。

    そう考えると
    会社がフットボールクレイジーばかりだったら
    大変だ!

    ブラスは幸い僕だけなので事なきを得ている。

    (本当か?)

    イングランドやブラジルはこの敗戦で
    間違いなく経済は停滞するだろう。

    だって、この失意はちょっとやそっとで
    癒えるはずもない・・・。

    サッカー大国の社長さんは
    どう対応しているのか
    興味深い。

    きっと自分も一緒になって
    落ち込んでいるとは思うが・・・。


    どうしてもワールドカップの話題になってしまう。
    が、僕も毎日遊んでいるわけではない。

    (本当か?)

    サッカー選手の寿命は短い。
    さらにその全盛期はもっと短い。

    「僕はワールドカップに生命の輝きを見る」

    株式会社ブラス
    河合語録より

    (2016年 幻冬舎より発売予定・・・)

    ゲルマン魂

    ドイツ対アルゼンチンは
    PK戦までもつれ込み
    地元ドイツが劇的な勝利を飾った。

    ドイツ人が誇る
    ゲルマン魂が炸裂したのだ。

    アルゼンチンのペケルマン監督は
    悔やみきれない敗戦だったろう。

    だって、リケルメ、クレスポを下げ
    ベンチにメッシ、サビオラ、アイマール
    (訳がわからない人、すいません
    とにかく凄いプレイヤー達です)
    を置いたまま
    後半〜延長戦を戦ったのだ。

    「なぜ、こんなことになったしまったんだ・・・」

    アルゼンチンサポーターの気持ちを思うと
    いたたまれない。

    どんな名将でもミスはある。
    しかし、こんな大事な試合でやってしまうとは。

    ドイツ相手に逃げ切ろうと
    考えたのか?

    それとも魔がさしたのか?

    「魔がさす」

    人は時に、わけのわからない行動をとってしまう。
    リーダーの誤った決断は即、敗戦につながる。
    肝に銘じなくてはならない。


    そして「このチームをもっと観たい」

    そんなチームが去っていくことが
    W杯の歴史を作っていくのだろう。

    それにしてもゲルマン魂である。

    ここ一番
    冷静で爆発的な力を発揮するドイツ。

    他のチームでは不可能なことを
    W杯で毎回のように可能にしてしまう力とは何なのだろう。

    脈々と受け継がれる
    伝統であることは間違いない。

    そうだ!
    伝統をつくるのだ。

    名古屋へ集結

    さて、昨晩から
    YEOゴルフ部メンバーが
    続々と名古屋へ集結した。

    約2年間続いた
    ゴルフ部、部長職が任期満了?となり
    退任することになった僕の

    「河合部長、ご苦労さんコンペin名古屋」

    に参加するためだ!

    非常にうれしい!

    けど
    何せ若い起業家ばかりなので
    わがままなんです・・・。


    それはともかく
    晴天にも恵まれ
    名古屋の名門「春日井カントリークラブ」で
    楽しいゴルフをすることができた。

    わがYEOゴルフ部の理念は

    1.あるがままに打つ。
    2.自分に有利に振舞わない。


    ゴルフの基本精神を何よりも
    大切にしているのだ!

    今日もスコアばかりを気にすることなく
    紳士的なプレーができた
    ・・・・・・・・と思います。


    プレー後は
    ブルーレマン自由が丘
    ささやかながら、パーティーを行った。

    部長交代

    メンバーのみんなには
    レマン自慢の料理を
    召し上がっていただいた!

    そして、河合ジャパンから
    陣ジャパンへ
    バトンタッチ。


    名古屋開催メンバー

    メンバーのみなさん
    はるばる東京から
    来てくれてありがとう!

    一人も東京に友人がいなかった僕が
    YEOに溶け込めたのは
    ゴルフ部の仲間のお陰です。

    感謝の気持ちで一杯です。

    「ゴルフ部に入ると
    会社もどんどん成長するよ」


    そんなささやきは
    まったく聞こえてきませんけど
    本部に若干嫌われながら
    これからも成長し続けましょう!


    レマンスタッフのみなさん

    素晴らしい料理と
    心のこもったサービスありがとう。

    仲間にほめられて
    うれしかったです。

    昼ブログ

    今日は昼ブログだ。

    なぜだか、家に帰ると
    PCの調子が悪くなる。

    なぜだ・・・。

    で、「日本サッカーは素晴らしい理念を持っている」

    という話の続きだ。

    中でもJリーグ100年構想は素晴らしい。

    (確か、前にも力説しました)

    そして日本代表チームにおいての
    大きな目標は
    「2050年にワールドカップを日本で単独開催し
    そこで優勝する」
    ことなのだ。

    2050年。
    80歳を越えている。
    生きているのか?

    だが、これを見ずして死ぬわけにはいかない。


    尊敬する京セラの稲盛会長は
    理念について、こうおっしゃった。

    絶対妥協してはならない

    それでも、妥協して会社が存続できるのなら
    妥協すべきではないですか?
    という質問に

    そんな会社は潰しなさい

    とまで言い切った!


    今日はブラジル戦。

    消化試合にならなくて
    本当によかった。

    新婚旅行で、沢山のカップルが
    ドイツに行ってますからね。

    中田英寿が言うように

    どこまで走れるか

    だと思う。

    ほとんどの人にとって
    長く走るのはつらい。

    でも、走らなきゃ勝てない。

    僕たちもまた
    中田のようにぶっ倒れるまで
    走らなくてはならない時がある。

    みなさん
    目覚ましは午前3時30分にセットしましょう!
    __カレンダー見出し

    カレンダー

    月別アーカイブ
    __カテゴリー見出し

    カテゴリー

    __リンク一覧
    __その他