prev

next

123
  • __プロフィール
    __最新コメント見出し

    最新コメント

    最新コメント
    __新着記事見出し

    新着記事

    __ブラスグループ見出し

    ブラスグループ

    オリゾンブルー
    ラピスコライユ

    静岡県沼津市のゲストハウスウエディング「オリゾンブルー」

    オリゾンブルー

    _ラピスコライユ

    ラピスコライユ

    ラピスコライユ

    静岡・清水駅近くのゲストハウスウエディング「ラピスコライユ」

    ラピスコライユ

    _ブランリール大阪

    ブランリール大阪

    ブランリール大阪

    大阪駅・梅田駅近くのゲストハウスウエディング「ブランリール大阪」

    ブランリール大阪

    __ミエル ココン

    ミエル ココン

    ミエル ココン

    三重県津市のゲストハウスウエディング「ミエル ココン」

    ミエル ココン

    __ミエル シトロン

    ミエル シトロン

    ミエル シトロン

    三重県四日市市のゲストハウスウエディング「ミエル シトロン」

    ミエル シトロン

    __クルヴェット名古屋

    クルヴェット名古屋

    クルヴェット名古屋

    愛知県名古屋市のゲストハウスウエディング「クルヴェット名古屋」

    クルヴェット名古屋

    __ラピスアジュール

    ラピス アジュール

    ラピス アジュール

    静岡県静岡市のゲストハウスウエディング「ラピス アジュール」

    ラピス アジュール

    _ラピスアジュール RSS
    __マンダリンアリュール

    マンダリン アリュール

    マンダリン アリュール

    静岡県浜松市のゲストハウスウエディング「マンダリン アリュール」

    マンダリン アリュール

    マンダリンアリュール RSS
    __ヴェルミヨンバーグ

    ヴェルミヨンバーグ

    ヴェルミヨンバーグ

    愛知県 名古屋市 丸の内のゲストハウスウエディング「ヴェルミヨンバーグ」

    ヴェルミヨンバーグ

    ヴェルミヨンバーグ RSS
    __ブルーレマン名古屋

    ブルーレマン名古屋

    ブルーレマン名古屋

    愛知県名古屋市のゲストハウスウエディング「ブルーレマン名古屋」

    ブルーレマン名古屋

    __ルージュブラン

    ルージュブラン

    ルージュブラン

    愛知県一宮市のゲストハウスウエディング「ルージュ:ブラン」

    ルージュブラン

    ルージュブラン RSS
    __オランジュベール

    オランジュ:ベール

    オランジュ:ベール

    愛知県日進市のハウスレストラン「オランジュ:ベール」

    オランジュ:ベール

    オランジュベール RSS
    __ブルーブラン

    ブルー:ブラン

    ブルー:ブラン

    愛知県岡崎市のゲストハウスウエディング「ブルー:ブラン」

    ブルー:ブラン

    ブルーブラン RSS
    __ブランベージュ

    ブランベージュ

    ブランベージュ

    愛知県安城市のゲストハウスウエディング「ブラン:ベージュ」

    ブランベージュ

    ブランベージュ RSS
    __マンダリンポルト

    マンダリンポルト

    マンダリンポルト

    愛知県常滑市のゲストハウスウエディング「マンダリンポルト」

    マンダリンポルト

    マンダリンポルト RSS
    __ヴェールノアール

    ヴェールノアール

    ヴェールノアール

    岐阜県羽島市のゲストハウスウエディング「ヴェールノアール」

    ヴェールノアール

    ヴェールノアール RSS
    __ルージュアルダン

    ルージュアルダン

    ルージュアルダン

    愛知県豊橋市のゲストハウスウエディング「ルージュアルダン」

    ルージュアルダン

    ルージュアルダン RSS
    __アージェントパルム

    アージェントパルム

    アージェントパルム

    愛知県豊田市のゲストハウスウエディング「アージェントパルム」

    アージェントパルム

    アージェントパルム RSS
    __ミエルクローチェ

    ミエルクローチェ

    ミエルクローチェ

    三重県鈴鹿市のゲストハウスウエディング「ミエルクローチェ」

    ミエルクローチェ

    ミエルクローチェ RSS

    ライバル対決

    「まさか、この二人の対戦がもう一度観られるとは。
    しかも、グランドスラムの決勝で!」

    世界中のテニスファンが
    ドキドキしながら待ち望んだのが
    全豪オープン男子シングルス決勝
    「ロジャー・フェデラー対ラファエル・ナダル」だ。

    準々決勝あたりから
    この二人の決勝の望む声が
    世界中で鳴り響いていた。

    もちろん僕のその一人だ。

    テニスに興味がない人には
    まったくわからない話しだと思う。

    分かりやすく説明するとすると
    この二人が戦ってきた歴史は
    テニス史上最高のライバル物語と言っていい。

    あえて日本人で例えるとすると

    「ジャイアント馬場対アントニオ猪木」

    違うな・・・。

    野球やサッカーなどのチームスポーツでも
    ライバル関係は数多くある。

    メッシとロナウド
    王、長嶋のように。

    しかし、ここまで名勝負を生むのは
    個人スポーツならではだと思う。

    この二人は共に愛される選手で
    世界中にファンがいる。

    特にロジャー・フェデラーの人気は凄まじい!

    僕もその一人で長年の大ファンだ。

    さらにこの二人の対決の面白いところは
    テニスのプレースタイルが全く違うというところ。

    右利きと左利き。

    超攻撃的なフェデラーとやや守備的なナダル。

    試合中は冷静沈着なフェデラーと
    感情をむき出しにしてプレーするナダル。

    太った奥さんとスリムな恋人(笑)

    そんな二人の決勝は
    一球たりとも目を離すことができない
    緊張感が張りつめた素晴らしいゲームだった。

    そしてフェデラーは勝った瞬間
    顔をくしゃくしゃにして泣いた。

    フェデラーは勝っても負けても涙をこぼす。

    ここ数年、ずっと悔し涙ばかりを見てきた世界中のファンは
    その姿を見てもらい泣きしたことだろう。。

    試合が終わってもテレビの前から
    しばらく離れることができないほど素晴らしいゲームだった。

    「ライバルの存在が、お互いをさらに高いレベルへと引き上げる」

    みなさん、ライバルをつくりましょう!

    今年もスポーツ観戦するぞ

    北京オリンピックで
    女子ソフトボールチームが金メダルを獲得した。

    これを現地で生で観たこと
    僕の長いスポーツ観戦の歴史の中で
    一番の金字塔だと思う(自慢)

    「どうして、ソフトボールを?」

    それはウチのパートナー企業の女性カメラマンが
    代表チームの主将の伊藤幸子選手と
    学生時代チームメイトで親友だったからだ。

    その話を聞いて思わず

    「俺も行く!」

    と、即答したからこそ
    金メダルを獲得できたのだった(笑)

    金メダルの祝勝会でも「めでたや」をしたしね。

    今日はそんな縁のある伊藤選手の結婚式。

    IMG_0802
    そう、約束通り
    ウチの会場で結婚式を挙げてくれたのだ!

    「おめでとう!今度は指導者として、ぜひ五輪に」


    そして明日から全豪オープンテニスが始まる。

    錦織と我らが日比野菜緒が初日から登場するのだ!

    (メルボルンに行きたかったナ・・・)

    IMG_3679
    ブラスは昨年から
    日比野選手とスポンサー契約をしている

    今年からはユニフォームの胸に
    「ブラスのロゴマーク」がこうして入るのだ!

    「みなさんWOWOWを観て、応援しましょう!!」

    といってもオーストラリアは時差が少ないので
    昼間の試合が多いけど・・・。

    今年も世界で戦う日本人選手の活躍が楽しみです。

    アントラーズ・ファミリー

    昨晩の鹿島アントラーズ対レアルマドリードの試合に
    心も体も熱くなった!

    サッカーファンはもちろん
    偶然にもテレビで試合を見た方でも
    鹿島のスピリッツに胸を打たれたはずだ。

    そこには25年前のチーム創立から今まで
    決してブレることなく積み上げてきた伝統のチカラがあった。

    「献身・誠実・尊重」

    これはクラブ創設時にジーコが掲げたジーコスピリッツだ。
    その言葉とともに「FAMILIA ANTLERS」(アントラーズファミリー)
    と明記されたボードは今もクラブハウスのロッカールームにあり
    今もなお変わらず、背骨のようにクラブを支えている。


    アントラーズの強化部長は20年間変わっていない。

    「絶対に曲げない意思」

    を持って、チームをつくり続けている。

    その強化部長の言葉を書きたい。

    「僕が一番変えちゃいけないと思っているのは、ここの空気感。
    グラウンドに入って、練習から全力でやる。
    自分のためチームのためにやること。
    負ける要素を引き出して、それを無くすような作業を選手同士でやれる。
    そういう空気感を無くすと普通のチームになっちゃうから。
    だから、ここへ来たら特別なんだよというのは無くしちゃいけない。
    でも空気だから、いろんな人が勉強に来てもわからないのかもしれない(笑)」

    そうだ!

    サッカーチームもお店も会社も
    この空気感をつくるのはカンタンではないし
    維持していくことはもっと難しい。

    「選手から選手への伝承というのがとても大きい。
    『鹿島アントラーズというのはこういうチームなんだ』と言ってくれている。
    だから血が受け継がれているんだよね」

    伝統のチカラは受け継がれるもの。

    永続企業をつくりたいならば
    参考になることばかりだ。

    「よし、さんざん失望しているグランパスは見捨てて
    アントラーズだ」

    と、言いたいところだが
    アントラーズを見習ってグランパスも這い上がってほしい。

    僕もアントラーズの長期にわたるチーム作りを見習って
    ブラスの経営に精進する。

    埼玉スタジアムより 2016

    埼玉スタジアムは日本代表の聖地を呼ばれている。

    確かに数々のドラマを生んできた
    最高のスタジアムだ。

    しかし、しかし

    「あまりにも遠い〜」

    東京都心から地下鉄で1時間弱。

    そしてそこからは暗く寂しい道を
    テクテクと30分近く歩かなければならないのだ。

    「東京の中心部に、世界最高のサッカー専用スタジアムを!」

    いつも書いている話だけど
    よきスタジアムがなければチームは強くならないから。

    IMG_3524
    中に入ればココの雰囲気は抜群だ!

    「さぁ、今日は絶対に勝つぞ」

    ブラジルワールドカップでサッカー観戦デビューをした
    下野くんは今だ公式戦で代表の勝利を見ていない。

    そう、これも度々書いていることだが
    彼は「疫病神」なのだ・・・。

    「今日こそは、この目で勝利を見届けます!」

    そして結果はみなさんも知っている通り

    「日本代表、終了寸前で劇的なゴ〜〜ル」

    ヒーローはもちろん
    決勝のゴールを叩き込んだ山口蛍選手。

    しかし、もう一人のヒーローが僕なのだ。

    「えっ、なんのことですか・・・?」

    帰りの電車はスーパー混雑するため
    どうしても帰らなければならない僕たちは
    泣く泣く終了前にスタジアムを後にしていた。

    そう、疫病神を僕が連れ出したからこそ
    決勝ゴールが生まれたのだ(笑)

    こんな劇的なゴールを
    スタジアムにいながら見ることができなかったのは
    スポーツ観戦オタクとしては恥ずかしい話だが
    日本代表は勝たなければ崖っぷちだったので良しとしよう。

    「出てこい、新しいスターたち」

    香川ファンとしてはスタメン落ちは寂しい限りだが
    サッカーも会社もやる気に満ち満ちた若手の活躍が
    チームの活性化につながり勝利を呼び込むのだ。

    そして明日から僕たちは
    昨年に引き続きニューヨークへ
    ウェディングドレスの買い付けに行く!

    これからブラスで結婚式を挙げるみなさん。

    「河合達明ニューヨークコレクション」

    期待してください!!

    スタジアムで会おう 3

    昨晩はサッカー日本代表戦を見に
    大坂へ遠征した。

    ブランリール大阪の開業準備室は
    すでに営業を開始してますからね!」

    「関係あるんですか・・・」

    と、突っ込んだブログ読者には
    ハリルホジッチ張りのカツを入れなければならない。

    「シュートを打て!」と

    サッカーも仕事も
    シュートを打たなければ点は入らないのだ。

    と、訳のわからない話しはさておき
    先週のトヨスタに引き続き
    完成したばかりの吹田スタジアムに行けるとは
    スポーツ観戦オタク冥利に尽きる。

    新大阪駅から地下鉄で千里中央駅へ。

    モノレールに乗り換えて
    万博記念公園駅で降りる。

    「おおっ、太陽の塔があるぞ」

    あの塔のお蔭で
    どれほどの観光収入があったのだろう。

    詳しい計算はできないけど
    ものすごい金額なのは確か。

    「思い切って作るのは大切だな」

    そして

    「木造で復元するぞ、名古屋城」

    毎度のことながら
    思わずにはいられない。

    だがしかし

    「おいおい、駅から遠いな〜」

    雨の中、大行列は続く。

    吹田スタジアムの素晴らしさは
    雑誌やネットの情報から想像していた。

    ここを読んでください。

    IMG_3061
    「アッパレだ、吹田スタジアム」

    この日はカテゴリー4のチケットなので
    スタンドの一番上。

    それでもあの横浜国際競技場(ココは嫌いです)の最前列と
    吹田の最後列を比較すると
    なんとピッチまでの距離は同じなのだ。

    「分かりますか、この説明で」

    ピッチと客席が世界標準よりも近く
    さらに日本のスタジアムには類を見ないくらい
    スタンドが急こう配なのだ。

    「これは臨場感が半端ないぞ」

    IMG_3064
    これだけのスタジアムで大声援を受ければ
    選手が燃えないはずがない。

    なのに代表は逆転負けだ・・・。

    だけど僕は大満足だった。

    このスタジアムを作った人たちに感動した。

    「だけどな〜」

    スタジアムは素晴らしいのに
    どうしても納得がいかないことがある。

    「吹田市は大阪市じゃない・・・」

    スポーツ文化が発展するには
    ホームチームを応援することが基本になると思う。

    「ガンバ大阪」改め

    「ガンバ吹田」でいこう。

    と、言いたくなる。

    同様に「名古屋グランパス」も
    トヨタスタジアムをホームにするなら
    「豊田グランパス」にしないとダメだ。

    吹田も豊田も十分な人口があるし
    近隣の都市を合わせれば強大な商圏なのだから。

    ちなみに海外の伝統ある強豪チームのホームは
    意外に小さい都市もあるのだ。

    (香川のドルトムントとか、内田のシャルケ)

    それでも超人気のクラブチームであり
    経営的にもしっかりと成り立っている。

    (歴史がありますけどね)

    あとはやっぱり
    その街の一等地にスタジアムを誘致できるといい。

    サンフレッチェ広島の新スタジアム建設で
    問題になっていることが
    その典型的な例だと思う。

    「だからグランパスも
    白川公園(名古屋の中心地)に新スタジアムを建てよう!!」

    でもすでに
    断念したとの記事もあった(泣)

    日本のスポーツ文化が花開くには
    それぞれのホームタウンの一等地に
    その競技専用のスタジアムが必要なのは間違いない。

    吹田や広島(野球のマツダスタジアム)のような
    お手本が出てきたことは大きな一歩だと思う。

    パリより愛をこめて vol.4 ガンバレ

    パリに来て五日目。

    やっと青空が広がった!

    IMG_3043
    「社長、これですよ、これ」(下野談)

    確かに10倍ほど気分がいい。

    錦織圭の登場が
    11時開始の第一試合なので
    早めにローランギャロスへ行く。

    すると、いい光景に出くわした。



    IMG_3014
    ボールボーイたちが
    こうして心を一つにしている

    あのビシッとした動きは
    このような儀式と伝統に支えられているのだろう。

    試合開始のずいぶん前に会場に来たのに
    錦織の試合会場にはチケットがないので入れない・・・。

    IMG_3017
    多くの日本人が落胆の表情で
    会場のスクリーンを眺めている。

    「スタンドはガラガラなのにな〜」

    第一セットで圭の勝利を確信し
    大坂なおみ選手の試合を見に行く。

    日本でも話題の選手だ。

    「おおっ、サーブが200キロ出てるぞ、下野くん」

    「すごいですね、大坂」

    IMG_3022ところがどうも
    下野くんの言動がおかしい。

    「下野くん、なおみちゃんは
    褐色の肌をした大きい選手だよ」

    「ええっ、反対の選手が
    なおみだと思ってました」(笑)

    それも無理からぬこと。

    大坂の存在感は圧倒的だ。

    「こりゃ、スゴイ選手になるぞ」

    正式に日本の選手として活躍してくれることを
    願わずにはいられない。

    で、次はワウリンカと対戦している
    ダニエル太郎の応援だ。

    IMG_3044スザンヌランラン
    (センターの次の大きいコート)
    のチケットは当然ないので
    スクリーンを眺めていると
    石川県から来た
    日本人家族が話しかけてくる。

    「今から帰るので
    チケット差し上げますよ!」

    好意が身に染みる。

    「ワウリンカ〜」

    スタンドはほぼワウリンカファン。

    「ガンバレ、太郎!」

    ときおり混じる日本語の声援がうれしい。

    「ガンバレ」という言葉は
    なんと響きのいい日本語なのだろう。

    外国で聞くと特に身に染みる。

    それで僕らにとってのこの日のメインは
    菜緒ちゃんが登場する女子ダブルス一回戦。

    小さな第15コートでの試合だ。

    こちらに来ていろんな日本人と知り合ったので
    その中に混じって席に座る。

    そしたら僕らの後ろの席に
    元名選手の杉山愛さんと
    そのお母さん(現役のコーチです)が座った。

    そうこうしているうちに菜緒ちゃんと
    ダブルスパートナーの穂積選手がコートに入ってきて
    すぐに試合が始まる。

    ゲームは白熱した。

    手に汗握る熱戦になった。

    180センチ以上のペアを相手に
    堂々と立ち向かい
    最後はギリギリで勝利を手にしたのだ!

    IMG_3037
    二人の闘志あふれるプレーと
    コンビネーションが良かった。

    それ以上に日比野菜緒の
    土壇場で強気に勝負に出る姿勢が胸を打った!

    杉山愛さんも僕らの後ろで

    「菜緒はいいね〜」と盛んにつぶやく。

    ゲーム中は杉山さん親子が大きな声で声援を送る!

    「もっと動いて〜」

    プレーの合間は会話をしているのだが
    それが実に面白かった。

    「最後にいいゲームを見たね、下野くん」

    僕らのフレンチオープンが終わった。

    「来年また、この美しいテニスの森へ来よう」

    その為には帰ってしっかり働かないとね。

    晴々とした気持ちで岐路に着いたのだった。

    金曜日の夜に名古屋に帰ります。


    PS.
    一昨年の全豪オープンに引き続き
    幸運にも錦織圭のサインをゲットした!

    IMG_3038
    IMG_3039
    二つ目のサインボールです(笑)

    パリより愛をこめて vol.3 冷えてます

    今日のパリは寒かった。

    それでも朝から準備をして
    せっせとローランギャロスへ通う。

    土曜日の夕方にパリに来てからずっと
    テニス会場とホテルを往復する毎日だ。

    パリの地下鉄にも慣れた。

    タクシーは運転の荒いドライバーが多いので
    乗り物酔いする人は止めたほうがいい。

    (地下鉄も揺れますけどね〜)

    「全仏オープンを楽しむにはどうすればいいか」

    新婚旅行でココに行きたいテニスファンカップルに
    貴重な情報を伝えられそうだ!

    で、三日目の今日は
    日比野菜緒選手と会って話をする。

    IMG_3003
    慰めの言葉はいらない。

    キュートな笑顔を見ると
    心は次へ次へと向かっている感じだし。

    IMG_3009
    テレビ東京で錦織戦の解説をしている
    竹内コーチとも会い
    菜緒ちゃんを長く応援することを約束する。

    「出会いに感謝だね、下野くん」


    それでこの日は
    他の日本人選手の試合を中心に観戦する。

    グランドスラム一週目のいいところは
    日本人プレーヤーを気軽に応援できるところだ。

    (三つのメインコート以外は、入場券で観戦できるのです)

    それでもかなり冷えるので
    早めに会場を後にする。

    ホテルの近くには日本食のお店が多い。

    毎日和食三昧だ(なんで〜)

    ところがここで大事件が起きた!

    テニスの大きな試合では
    次の日の対戦カードの開始時間とコートの発表が
    前日の夕方にある。

    なんとなんと。

    錦織圭の二回戦は
    「第1コート」とウェブ上で発表されている。

    「ウソだろ〜、センターコートだと信じて買っていたのに・・・」

    いろいろとがんばっては見たものの
    どうやら明日は錦織をスタンドで応援できそうにない・・・。

    意味なし、ユニクロブラザーズ(泣)

    「思うようにはいかないな〜」

    やや意気消沈の僕らなのだった。

    パリより愛をこめて vol.2 いよいよ登場

    グランドスラムの観戦チケットを取るのは
    かなり難しい。

    どのコートで誰が何時に試合をするのかは
    前日の夕方に発表だし
    昨日のように雨で順延することもある。

    ネットが発達する前は
    朝から並んで当日券を買ったり
    ダフ屋が沢山いたり
    いろいろあったらしいけど
    今はネットでほぼ完結している。

    チケットの名前を
    パスポートでチェックするやり方も厳しい。

    僕らは今日のセンターコートのチケットを
    偶然押さえていたので
    昨日から延期になった錦織圭の試合の続きを
    幸運にも観戦できるのだ。

    が、しかし今日も
    朝から雨がザーザー降っている。

    「こりゃ、今日もダメかな〜」

    下野くんは地下鉄に乗って仕事に出かけ
    僕も部屋でパソコンを開くしかない。

    昼ごはんは
    ホテル近くの「うなぎ屋」へ。

    パリ通の下野くんがどうしても行きたいと言うのだ。

    ここは南フランス産の
    うなぎを使用しているとのこと。

    IMG_2976
    「こりゃ、いける!」

    まさかパリで本格派のウナギを食べられるとは
    驚きだ。

    そんなこんなで油断していたら
    雨が上がりネットを見ると
    「試合開始」の文字が・・・。

    慌ててローランギャロスへ向かう。

    錦織はセンターコートの第二試合で
    日比野菜緒はナンバー2コートの第三試合。

    「ま、両方見れるな」

    と、思っていたら
    錦織の前のワウリンカ(前年のチャンピオン)が大苦戦。

    「コラッ、ワウリンカ。しっかりせい!」

    しかし無情にも悪夢と呼ぶには大げさだが
    最悪のシナリオになる。

    ほぼ同時に試合が始まるのだ。

    IMG_2977
    こんなに完璧な服装なのに
    錦織の試合を見ることなく
    僕らは菜緒ちゃんのコートへと走ったのだった。

    IMG_2982
    「GO!NAO」

    新しい黄色のユニフォームを身にまとい
    日比野菜緒が登場する。

    相手はルーマニアの選手で第6シード。

    男子でいえば、錦織クラスだ。

    「ドキドキするね〜、下野くん」

    こじんまりとしたスタンドを見渡すと
    ほとんどがルーマニアのファンだ。

    負けじと日の丸をバッグから取り出し
    おじさん二人で声援を送る。

    そしてすぐにゲームが始まる。

    IMG_2987
    コートが小さいがゆえに
    選手の息遣いまでも聞こえてくる。

    1ゲーム目のサービスをキープし
    2ゲーム目も0−30でリード。

    「よし、ストロークも相手に見劣りしてないぞ!」

    だが、ここまでだった。

    実力の差はいかんともしがたく
    試合は50分で終わってしまった。

    IMG_2994
    落ち込む必要はない。

    トップ選手とグランドスラムで
    対戦できた経験は大きいはず。

    IMG_2989
    「下野くん、日比野菜緒の世界への挑戦は
    まだ始まったばかりだぞ!」

    ちなみに下野くんは
    いまだにテニスのルールを知らない(笑)

    そしてほぼ同時に錦織が勝った。

    お母さんを労い
    僕らもホッと一息ついたのだった。

    パリより愛をこめて vol.1 憧れのローランギャロス

    初夏の日差しが眩しかったミラノから
    どんよりと曇ったパリに移動した。

    朝から雨が降っている。

    朝食を食べながら
    今日のテニスはどうなるのだろうと話し合う。

    調べるとこの時期のパリは
    雨が降ったり止んだりの日も多いらしい。

    確かにフレンチオープンを見ていると
    試合中に中断するシーンを何度も見た記憶がある。

    「しばらく、ホテルで待機だね」

    錦織は第二試合で
    日比野菜緒は第三試合なので
    そんなに焦ることもない。

    それでもローランギャロスに気持ちは向く。

    「ま、とりあえず行こうか。雨もパラパラだし」

    メトロに乗ってパリの西
    ブローニュの森の中にある
    ローラン・ギャロスへ向かう。

    テロの影響か
    セキュリティチェックが厳しい。

    小雨の中を並んでゲートへ進む。

    ちなみにチケットは持ってない(笑)

    それでも日比野選手とお母さんと
    選手ゲートで待ち合わせをしているので
    やや安心なのだ(自慢)

    IMG_297113時に日比野菜緒選手とお母さんと再会する!
    有名選手もこのゲートから入ると思うと
    テニスファンとしては感動もひとしおだ。

    「ホントに来たんですね!」

    トレーニングウェアにテニスバッグを抱える
    菜緒ちゃんは光り輝いている。

    「全力で応援するよ!」

    その後はお母さんに
    選手とコーチしか入れないカフェへ案内してもらう。

    「おおっ、マイケルがいる」(チャンです)

    午後にもう一度ココに来た時は
    アンディ・マレーにも会ったのだった(感動)

    そして雨も上がり
    午後2時半からは試合前の練習が始まるのだ。

    IMG_2944
    練習コートは10面以上ある。

    僕らは下野くんがこの日のために作った
    「NAO HIBINO応援Tシャツ」を着こんで
    練習している様子をじっくりと見る。

    IMG_2947
    初めて日比野菜緒の力強いストロークを
    目の当たりにする。

    「力強いぞ!」

    ダブルスパートナーとの打ち合いなのだが
    その違いが僕にもハッキリと判る。

    IMG_2955
    後ろの大スクリーンでは
    センターコートで始まった錦織の試合が映し出されている。

    「こんな景色を見られるとは・・・」

    ただ錦織の試合は今日のメインなので
    残念ながらチケットはソールドアウト。

    中には入れないのだ(涙)

    ところがここで雨が降り出し
    練習も試合も中断になる。

    観客がすべてのコートから溢れ出し
    通路もカフェも満員だ・・・。

    IMG_2962
    ローランギャロスグッズを買ったりしながら
    なんだかんだで時間をつぶす。

    そして午後6時ごろ試合再開。

    IMG_2969
    「GO!ケイ」

    今回もユニクロブラザーズで声援を送る!

    しかし雨脚が強くなり
    またもや中断。

    「明日のセンターコートのチケットはあるから
    この続きを見られるかもよ、下野くん」

    淡い期待を抱きながら
    メトロに乗ってホテルに帰ったのだった。

    「明日は晴れるといいナ」

    日比野菜緒選手と

    小学生の頃から
    スポーツ観戦が大好きだ。

    テレビでビッグマッチをたくさん見てきた。

    (当時は衛星放送もないから
    ホントに限られたゲームしか
    見ることができなかったけれど)

    父親に懇願して
    中日スポーツという地元のスポーツ紙を取ってもらった。

    もう、毎朝読むのが楽しみだった。

    幸運にも40歳を超えたあたりから
    生で観戦できるようになり
    サッカーのワールドカップや
    テニスのグランドスラムにも行った。

    (ブログに観戦記を書き綴ってますので
    興味があれば「スポーツ観戦のこと」をクリックしてください)

    中でも北京オリンピックで
    ソフトボール金メダル獲得の瞬間を
    目の前で見たことが一番の想い出だ。

    「好きなことに人は集まる」

    なので社員には
    元名古屋グランパスの選手(レマンの西川支配人)もいるし
    元バスケット日本代表(マンダリンポルトのJOYプランナー)もいる。

    そして今日。

    どうしても会いたかった選手に
    会うことができた!!

    P4100028
    プロテニスプレーヤー
    日比野菜緒選手!

    ブラスの創業の地である
    愛知県一宮市の出身であり
    ドレスで提携している「ごとう衣装」さんの
    お隣の家で生まれ育った選手なのだ。

    彗星のごとく現れた選手なので
    まだ知らない人が多いと思う。

    だが彼女はすでに
    日本のトップの一人であり
    世界ランキングで50位近い選手だ。

    「ひろたつ君、絶対に会わせてほしい」

    ごとう衣装さんにずっとお願いをしていた。

    そして今日
    ルージュブランでいろんな話しをした。

    スポーツ観戦オタクの僕の目が
    正しいかどうかはわからない。

    しかしここで、自信を持って言いたい。

    「彼女は、錦織圭に匹敵する選手になる!」

    これから彼女は数年間
    壁にぶち当たりながらも世界で挑戦し続けるだろう。

    その姿を応援できるなんて
    もう嬉しすぎる!

    がんばれ、日比野菜緒

    ちなみにお母さんとも会ったのだけど
    お兄さんの名前は「修造」(松岡修造から)で
    菜緒は「沢松奈生子」(当時の名プレーヤー)
    から連想した名前とのこと。

    その物語からして
    スターになるべくしてなる選手なのだ。

    いろんな面でサポートをしていきたいと
    思ったのだった。

    どんな時も

    スポーツ観戦好き同士で
    夏季オリンピックでの想い出を語る時
    バレーを外すことはできない。

    それもやはり「女子バレー」だ。

    いつか生で観たいと願っていたが
    思わぬ形で実現した。

    「社長、ワールドカップバレーのチケット取りました!」

    「名古屋?」

    「ハイ、最終の中国戦です」

    僕がいろいろと誘うまでは
    まったくスポーツ観戦とは縁がなかったのに
    僕の影響?ですっかりトリコになった下野君が
    実は女子バレーファンだったのだ。

    IMG_2095
    「下野君、なんでジャニーズが歌うの・・・?」

    外国の選手にとっては
    ?マークがともりまくるだろうけど
    毎試合満員になるのは何よりだと思う。

    そして始まった中国戦。

    中国が勝てば優勝で
    オリンピックの出場が決まる。

    日本は世界ランク一位を相手に
    次につながるいいゲームをしたいはず。

    互いに気迫あふれるプレーの連続だった。

    それでも中国は高い。

    いざとなるとエースアタッカーが
    日本のブロックの上から叩きこんでくる。

    「ちょうよう!」(選手の名前です)

    トスが上がると
    すぐ後ろの中国ファンが毎回叫ぶ。

    「サオリン!」

    下野君が負けじと叫ぶ!

    試合は残念ながら
    完全に力負けだった。

    それでも日本女子バレーは
    高さの世界を相手にコンビバレーで歴史を刻んできた。

    なんとかリオまでに
    いいチームをつくって欲しい。

    そして初めてバレーを生で観戦して
    一番感動したことがある。

    コートにいる選手もベンチにいる選手も
    監督もコーチもスタッフ全員が常に励まし合う姿に!

    これは他のスポーツではなかなか見られない。

    どんなに凡ミスをしようとも
    すぐに輪をつくりハイタッチを繰り返す(ベンチの選手も)

    審判や敵、果ては仲間にまで文句ばかり言っている
    他のプロスポーツは見習うべきだと思う。

    バレーに爽やかな感動があるのは
    この姿が美しいからなのだろう。

    オリンピック予選はこれからが本番。

    「東京ラウンドも行くぞ!」

    スタジアムで会おう!

    旅行二日目は福山を後にし、広島へ向かう。

    ずいぶん前から親交がある
    広島の結婚式会社「シャイン」の福間社長と再会を果たす。

    IMG_2062
    18年も前から繁盛し続けている
    広島駅前にあるラファエル教会。

    そしてメインのハウスウェディング会場を案内していただく。

    IMG_2060
    「ありがとうございます!」

    100万人都市広島の業界事情は
    僕にとって貴重な情報。

    写真館から発展した会社なので
    その話も非常に参考になった。

    そして向かった先は
    訪れることが念願だった「マツダスタジアム

    IMG_2057
    スポーツ観戦オタク河合にとって
    ここは絶対に行かなければならない
    場所だった。

    なぜか?

    それはプロ野球ファンのみならず
    プロスポーツを愛する人なら
    きっとわかると思う。

    「ココこそ、スタジアムと呼ぶに相応しい球場なのです」

    (ドームは断じてスタジアムではない)

    素晴らしすぎる!

    あえて山並みが見えるように作ったスタンド。

    メジャーのスタジアムと同様に内野のネットはない。

    外野のフェンスの高さも絶妙だ。

    そしてなんといっても
    天然芝が眩しいほど美しい!!

    天気に恵まれたこともあるけど
    空の色の変化は見ていて飽きないし
    気持ちいいことこの上ないのだ。

    IMG_2035
    このスタジアムを設計して作り上げたみなさんを
    僭越ながら心から尊敬します」

    興味がある方は様々な文献を
    サクッと調べてほしい。

    広島カープの球団としての姿勢の良さと
    球団を経営する為の理念に共感を覚えるはずだ。

    12球団すべてが広島のように運営したとしたら
    日本のプロ野球は今の100倍国民から愛されるに違いない。

    いやいや12球団どころか
    日本のポテンシャルをもってすれば24球団は可能だと思う。

    (50〜100万人の人口がある都市なら
    十分にプロ球団が持てると思います)

    さらに下部組織も充実し
    アメリカにも負けない野球文化が根付くことだろう。

    と、この話をすると熱くなってしまう・・・。

    IMG_2054
    「広島対阪神」と観るというより
    球場全体が赤に染まった観客席を見渡しながら 
    スタジアムをゆっくりと一周したのが至福の時だった。

    「スタジアムへ行こう!」

    そこは子供から大人までが楽しめる場所。

    我が球団を熱狂的に応援しつつも
    あくまでその時間を楽しむのだ。

    「名古屋にも・・・・・」

    愚痴になってしまうが、思わずにはいられない。

    また一つ、想い出のスポーツ観戦ができました。

    速いぞ!ハリルジャパン

    昨年11月の豊田スタジアムでのゲーム以来
    久しぶりに日本代表戦を観に横浜へ向かう!

    観戦の友はそう
    代表の「疫病神伝説」を持つ男だ。

    IMG_1690
    「社長、今日こそは勝ちますよ!」

    名古屋癸吋侫蹇璽螢好伐写邱正は
    試合前からハイボールを飲み気合が入りまくっている。

    だってこの人。

    みなさんご存じのとおり
    ブラジルワールドカップで勝利の美酒を味わえず
    横浜でのキリンチャレンジカップでもダメ。

    さらにオーストラリアでのアジアカップでは
    飛行機の中で代表が負けて
    試合さえ見られなかった「代表疫病神」なのだ。
     
    しかしその伝説も
    とうとう破られる日が来た!

    IMG_1696
    「速いぞ!ハリルボジッチのサッカーは」

    日本代表はキックオフから
    怒涛の攻めを繰り返す。

    ボールが真ん中に入ると
    以前のようにサイドに散らすことなく
    怒涛のごとく攻撃陣が前へ前へとトップスピードで走りこんでいく!

    2階席から見ていると
    その速さに見とれる。

    「これが、ハリルジャパンか!」

    見ていてワクワクするのは久しぶりだ。

    相手の調子やコンディションがどうだったかはわからないが
    前半は特に胸のすくゲームだった。

    「とうとう勝ったね、下野君」

    「このままロシアまで突っ走りましょう!」

    IMG_1698
    試合終了後は
    ブラジルで行動を共にした仲間とも合流し
    W杯の想い出とサッカー談義に花が咲く。

    いよいよ来週からはワールドカップ予選が始まる。

    目が離せませんね!

    世界タイトルマッチ

    同じ結婚式業界の経営者でありながら
    エルフラットの大平社長」とは仲がいい。

    (たびたびブログにも書いてます)

    大平さんは岐阜を愛する男なので
    地元で羨ましいほどにいろんな顔を持っている。

    その一つが「岐阜県ボクシング連盟の副会長」という役職。

    それで今回
    岐阜県出身のプロボクサー田中恒成(こうせい)が世界タイトルに挑むことになった。

    しかも、日本人最速のプロ5戦目で!

    僕が「スポーツ観戦オタク」と知っているから
    大平社長がこの歴史的一戦に誘ってくださったのだ。

    IMG_1654
    場所は「小牧市パークアリーナ」

    愛知県の郊外にある小牧市に
    こんなにも素晴らしいアリーナがあるとは知らなかった。

    午後5時。

    満員の観客の中ゴングは鳴った!

    「早い!」

    クラスがボクシングで一番軽い
    「ミニマム級」(47.62圈砲箸いΔ海箸發△襪里世
    そのスピードに圧倒される。

    幸運にもリングサイド席を用意してくださったので
    パンチが当たる音がリアルだ。

    飛び散る汗がハッキリと見え
    選手の息遣いまで聞こえる。

    序盤は田中恒成が
    華麗なフットワークと早いパンチで攻めまくる。

    「恒成、KOSEI(ケーオーセイ)」

    そんな声援が飛ぶ!

    「こりゃ、KO勝ちが見られるぞ」

    と、思ったのもつかの間。

    対戦相手のイエドラス(メキシコ)は
    徐々に自分の得意な接近戦へ持ち込んでいく。

    これが経験の差のだろう。 

    不思議に相手のペースに乗ってしまう(素人ながらそう感じました)

    もう最後は祈るような気持ちだ。

    試合は判定にもつれこみ 
    辛くも田中恒成が勝った。

    IMG_1663
    史上最速で世界チャンピオンが誕生したのだ。

    素晴らしい瞬間に立ち会うことができた。

    IMG_1666
    「大平さん、ありがとうございます!!」

    スポーツ観戦オタクとして
    得難い経験ができたことに感謝です。

    メルボルンより愛を込めて vol.4 童心に帰る

    海外の大きな都市は
    川を中心に形成されている。

    ここメルボルンも中心部に大きな川が流れていて
    憩いの場と盛り場が共存している。

    IMG_1292
    IMG_1287

    毎日この川沿いを歩いてテニスコートに行き
    夜はテラス席で川を眺めながらオージービーフを味わった。

    「いいな、町の中心に川が流れる都市は」

    ま、日本は洪水があるから
    それは無理な相談なのでしょうが、羨ましい限りだ。

    そして今日のメルボルン最終日。

    下野くんが「動物園に行きましょう!」と言う。

    「やだよ、俺。めんどくさいし・・・」

    それでもどうしても行きたいと言う。

    「コアラを抱けるの?」

    「ハイ、オーストラリアですから」

    タクシーでわずか15分足らずの場所にある
    「メルボルン動物園」にオジサン二人でゆく。

    来てみて驚いた!

    100年の歴史を誇るこの動物園は
    様々な工夫が施されている。

    IMG_1329
    IMG_1305
    オーストラリア特有の
    大きな樹木を縫うように道があり
    その道沿いに動物たちが飼育されている。

    あたかも自然の姿のように。

    IMG_1328花と木のスペシャリストの下野くんが
    興奮している。

    一つひとつ花の名前を
    教えてくれる。

    「日本だと100万円はします!」

    そんな現実的な話まで。

    いつの間にかオージーの子に混じって
    はしゃぐジジイ二人組なのであった(笑)

    「で、肝心のコアラはどこなのよ?」

    「いました社長、コアラです」

    日本の動物園に例えると「ニホンザル」位の扱いかな。

    コアラは人々注目を浴びず
    そこらじゅうに生えているユーカリの木の上でひっそりと眠っていたのだった・・・。

    IMG_1298
    しょうがないから下野君は
    ゴールデンゴリラを抱くしかなかった(笑)

    IMG_1318
    さすが地元。
    カンガルーもまた、シレッと眠っていた。

    なんだかんだで動物園を満喫し
    午後はデザインの勉強をする為に教会を巡る。

    IMG_1338
    IMG_1341
    「ハイ、いろいろ参考になりました」

    いい旅だった。

    「人は、旅と本と人からしか学べない」

    だとしたら、大いに学びがあったのだろう。

    「迷ったら、旅に出よう!」

    そんな言葉をみなさんに伝えて、メルボルンブログも終了だ。

    お付き合いありがとうございます!


    PS.
    IMG_1288

    「ケイにサインをもらいました!!」

    ボールは宝物です(笑)

    メルボルンより愛を込めて vol.3 錦織圭準々決勝

    昨晩はアジアカップの準決勝。

    本来なら、日本と地元オーストラリアが激突するはずだった。

    004僕たちが買い込んだ
    アジアカップ用の
    ゴールドエンブレムユニフォームも
    日の目を見ることはなかった。

    それにしてもここメルボルンでは
    サッカーの報道は驚くほど少ない。

    新聞の扱いも小さいし
    街のあちこちにあるテレビモニターはテニス一色だ。

    そう、オーストラリアでは
    サッカーはマイナースポーツなのだ。

    そんな国での開催だからこそ
    日本代表に勝ち続けて欲しかった。

    それはともかく、今日は錦織圭の準々決勝。

    朝から準備万端でメルボルンパークに向かう。

    もう、手慣れたものだ。

    IMG_1265昼食はこっちでは普通なのだろうが
    僕らにとってはドデカイハンバーガーを食べる。

    一個18オーストラリアドルだから1800円・・・。

    ここメルボルンの物価は驚くほど高い。

    テニスの会場だからではなく
    どこに行っても外食は日本の倍はする感じだ。

    (それに円安ですから・・・・)

    023女子の準々決勝を軽く観戦し
    僕らも調子を整える。

    何の調子かと聞かれると困るが
    今日は全力で応援をしなれば
    勝てる相手ではないのだ。

    ざっとスタンドを見渡すと
    思いのほか日本人が多い!

    日の丸もたくさん揺れている。

    「がんばれ〜、ケイ!」

    IMG_1275

    錦織がコートに姿を現すと日本語で声援がバンバン飛ぶ。

    そして試合開始。

    相手は昨年のチャンピオン
    スイスの「スタン・ワウリンカ」

    堂々たる体格からぶっ放すサービスが何本も決まる。

    錦織は逆を突かれる場面が多い。

    懸命に粘るケイ。

    だがワウリンカのサービスと
    バックハンドの角度が効いたショットが決まりまくる。

    「どこかで、どこかで糸口をつかんでくれ」

    祈るような気持ちも通じず、アッという間に2セットダウン。

    そして追い詰められた3セット目は
    タイブレークへともつれ込んだ。

    ここでもワウリンカのサーブが決まりまくり
    錦織の1−6になってしまう。

    「アカン、絶体絶命だ」

    しかしここからの5ポイントは鳥肌が立った!

    驚異の粘りで6−6に追いつく。

    「この一本を取っていれば、もしかしたら、もしかしたかも・・・」

    強いラリーの応酬の果てに放ったドロップショットは
    錦織にとって悔いの残る一打になった。

    「ため息はしない」

    と、決めていたのに
    この時ばかりはダメだった。

    錦織の全豪オープンは終わり
    僕たちの旅も終わりを告げた。

    IMG_1277

    なかなか席を立てないのは僕らだけじゃない。

    近くの日本人と慰めあいつつ、錦織の健闘を称える。

    「下野君、来年もここへ戻ってこよう」

    ゆっくりとメルボルンパークを一周し帰路に着いた。

    メルボルンより愛を込めて vol.2 錦織圭4回戦

    錦織圭の4回戦はメルボルン時間で14時開始予定。

    なのに花屋の下野君は
    朝からけたたましい音の目覚ましを響かせ僕を叩き起こす。

    自分は「オセアニアのトド」並みに大きないびきをかいて寝ているのにだ。

    それはともかく
    錦織モデルのユニクロウェアを着こんだ僕らは
    意気揚々とメルボルンパークに向かった。

    006

    「オジサン二人のおそろいウェア」はかなり目立つ。

    「おお〜、ニシゴリ〜」

    と、オージーから親しみを込めて声を掛けられる。

    そう、オーストラリアでの錦織人気はスゴイのだ。

    011

    前の試合が長引き開始時間が2時間近く遅れるも
    メルボルンパークは大型スクリーンで観戦できる場所がたくさんあり
    ビールを飲みながらのんびりできる。

    老若男女が思い思いに楽しんでいるのだ。

    そしていよいよ我らが錦織圭がコートに入ってきた!

    IMG_1236

    「ケイ、がんばれ〜」

    日本語で声援が飛ぶ。

    013隣の下野君も大声でケイの名を呼んでいる!

    数少ない日本人だけじゃなく
    隣のオージーの子供も錦織のファンだ!

    錦織のプレースタイルはテニスファンの心を
    ガッチリとつかんでいることが声援からも伝わってくる。

    そして試合開始!

    フェレールは決して弱い相手ではない。

    ビッグ4と呼ばれるトップ選手を、脅かす存在だったのだ。

    その選手相手に堂々のストレート勝ち!

    IMG_1243「スゴイ!すごすぎるぞ、錦織圭」

    ラリーの応酬の末に勝ちきる姿に
    僕たちは酔いしれた。

    英語での勝利者インタビューも
    慣れたものだ。

    「これで明後日は準々決勝だよ、下野君」

    すぐさまチケットセンターで
    昼のセンターコートの試合を押さえたのだった。

    それでも開始場所と時間が決まるのは明日の午後。

    テニスのチケットを買うのはなかなか難しい。

    IMG_1256

    圭の勝利に酔い
    メルボルン川のほとりを歩きながら帰路に着いた。

    スポーツ観戦オタクの僕にとって
    また一つ忘れられない思い出ができた。

    感謝感謝です。

    メルボルンより愛をこめて vol.1 十分に幸運です

    名古屋からシンガポール経由で
    オーストラリアのメルボルンに入った。

    003旅の友は例のように例のごとく
    「名古屋癸吋侫蹇璽螢好函廖廚硫写邨。

    まずはこうしてシンガポールで
    花の研修・・・?

    そしてメルボルンへ向かった。

    まずは驚いた!

    「全豪オープンテニスをやっているぞ(笑)」

    などとボケてる場合じゃなくて
    我らが錦織圭を応援するために
    はるばる南半球までやって来たのだ。

    さらに僕と下野コンビと言えば
    「ブラジルワールドカップ」

    ま、みなさんの想像通り
    アジアカップの日本代表と錦織のダブル応援ツアーなのだ。

    が、しかし・・・。

    「疫病神伝説」は生きていた(泣)

    みなさんご存知の通り
    代表は準々決勝で敗れた。

    一度も日本代表の勝利を見たことがない男
    「下野浩規」はさらにパワーアップし
    今回はとうとう試合を見る前に威力を発揮してしまったのだ(笑えない)

    「どうしてくれる、新ユニフォーム・・・」

    僕もかなり落ち込んだが
    思い通りに行かないのが人生であり
    思い通りにいきすぎると怖いのも人生だ。

    IMG_1213錦織が3回戦を突破し
    確実に観戦できると
    決まっただけでも十分に幸運なのだ。

    「負けてたら、シャレにならなかったナ」

    ということで
    メルボルンの中心地から
    歩いて15分ほどの場所にある
    「メルボルンパーク」は素晴らしい!

    川と森に囲まれた中にテニスコートが20面以上あり
    その中心に「ロッドレーバーアリーナ」がある。

    015

    「テニスのルールすら知らない」下野くんも
    テニスボール並に顔は丸いけどテンションはマックスだ。

    IMG_1220
    チケットはかなり複雑なのだが
    僕らは幸運にも「シャラポアとナダル」の試合を見ることができた。

    017

    「ナダルは強いな〜」

    メルボルンは真夏でそうとう暑いと聞いていたが
    今日は涼しい。

    日が暮れると日本の11月上旬くらいの肌寒さだ。

    026

    「さぁ、明日は錦織を全力で応援するぞ!!」

    午後2時過ぎに始まる予定ですから
    日本だと12時すぎからかな。

    「ユニクロの緑のテニスウェアを着た
    おじさんコンビをぜひテレビで発見してください」

    トヨタスタジアムはサイコー

    昨年5月の「悪夢のトヨスタ」以来
    一年半振りにサッカー日本代表が愛知に帰ってきた。

    代表はここトヨタスタジアムで2連敗中。

    しかも2試合続けてノーゴール・・・。

    「今日こそは、勝つ!」

    ということで
    ブラジルワールドカップの旅の友であり
    まだ一度も代表の勝利を生で見ていない
    疫病神・下野くん」を断腸の思いで名古屋に置いてきた(笑)

    まずは豊田市駅からトヨスタへ続く道にある
    ウチの会場「アージェントパルム」に行く。

    004

    「サポーターに、猛アピールです!」

    梅本支配人を筆頭に
    全員がユニフォームを着こんでいる!

    001

    「代表を愛するなら、結婚式はここです!!」

    そんな想いが通じるといいナ。

    そしてトヨスタヘ。

    006

    寒い。

    どんどん冷え込んでいく・・・。

    「ダメだ、薄手のブルゾンしか持ってない」

    008

    しかし試合は熱かった!

    ホンジュラスがどれほど真剣モードかはわからない。

    それに先発メンバーは
    ほとんどザック時代のメンバーだし。

    でも、6ゴールは圧巻だった。

    遠藤や香川が繰り出すサイドチェンジが
    本田へビシッと決まる。

    内田が走り、中央でまた香川も絡む。

    乾と豊田の初ゴールを目の前で見たし
    グランパスの田口も後半登場した。

    「よ〜し、来週は大阪でオーストラリア戦だ」

    長居スタジアムには行けないけど
    改めて思う。

    「トヨタスタジアムは素晴らしい」と。

    ブラジルやドイツのスタジアムに
    負けないハコだと思う。

    陸上のトラックがあるスタジアムで
    代表戦をやらないでほしいと切に願うのだった。

    楽天オープンテニス 2014

    日本で錦織圭が出場する試合なら
    それは行くしかないでしょう!

    ということで日本テニスの聖地である
    有明コロシアムへ「楽天ジャパンオープン」を観に行く。

    チケットを予約した時は
    まだケイが全米オープンで大活躍する前だったのと
    土日の準決勝決勝ではなく
    金曜日の準々決勝を選んだのでチケットは普通に取れた。

    003

    金曜日ながらもちろん超満員。

    屋根が大きく開いたコロシアムは
    真夏日に近い天気ながらも風が心地いい。

    そして錦織圭は第三試合に登場した。

    試合前、松岡修造さんが登場し会場を沸かす。

    「みなさん、二つお願いがあります。
    応援する選手がミスをしても、決してため息をしないでください」

    そうなのだ!

    前回有明に来た時にブログで書いた通り

    「応援する僕らが、ため息をついてどうする!」

    なのだ。

    二つ目は

    「サーブの姿勢に入ったら「カモンケイ!」などといった
    声援をしてはダメですよ」

    そんなお願いをおもしろおかしく説明してくれたのだ。

    そして大声援の中始まった試合は
    体調万全ではないながらもケイは勝ち切った。

    決して楽勝ではない。

    それでも貫録すら感じる試合運びに
    世界のトップ10プレーヤーの実力を見たのだった。

    005

    ケイのバックハンドはダブルハンド(両手打ち)

    河合達明48歳はシングルハンド(昔の男子はほとんど片手打ちでしたから)

    今やテニスの教科書には
    「シングルハンドは古い技術」
    とまで書かれている。

    「ケイを目指すなら、ダブルハンドに転向だな」

    ま、どうでもいい話しですが
    明日の準決勝に未練を残しながら愛知に帰ります。

    スタジアムで会おう2

    今朝は当然ながら早起きして
    全米オープンテニス決勝を見る。

    錦織が勝つにしろ負けるにしろ
    4時間を超える熱戦を期待していたので
    やや淡白な試合になったことが残念だ。

    それでも「偉業」であることは確か!

    「僕がグランドスラムを観戦に行く時に
    ケイは優勝する(笑)」

    その日の為の準優勝なのだ(妄想です)

    現実的に考えて
    クレーコートの全仏と芝のウィンブルドンは苦しい。

    ならば再び全米か全豪だ。

    錦織が全盛期のウチに
    必ず観に行こうと誓ったのだった。


    で、夕方から新幹線に乗り横浜へ。

    みなとみらい地区で
    大人気の結婚式場の見学に行くというのは嘘で
    横浜国際競技場へまっしぐら!

    hama2

    「ハイ、日本代表の応援です」

    相棒はやはりこの人。

    ブラジルで寝食を共にした
    プーコニュの下野くん。

    (僕は古いユニフォームしかなく、下野君は忘れたので買いました)

    「今日こそ、勝つ!」

    ブラジルから通算するとこの日で三戦目。

    勝利を目の前で僕たちは観てない。

    「そろそろ疫病神コンビを言われるぞ(笑)」

    そして試合開始。

    hama1

    キリン一番搾りをぐびっと飲みながら声援を飛ばす。

    が、しかし、結果は知っての通り。

    「またも勝利はお預けだね、下野くん」

    横浜まだ来て残念には違いないが
    ブラジルで一緒だったメンバーと感動の再会を果たす!

    そして思い出を語り合いながら飲んだ。

    (痛恨の写真撮り忘れです・・・)

    「今度はトヨタスタジアムで会いましょう!」

    それにしてもこのスタジアムは観にくい・・・。

    日韓ワールドカップの時に新設した会場で
    その時の決勝戦をしたと思う。

    「なのになんで陸上のトラックがあるの・・・?」

    この話をすると長くなるけど
    ブラジルとドイツで経験したスタジアムとのあまりの違いにあ然とする。

    「ハコの良し悪しで内容も変わる」

    結婚式もサッカーも同じことが言えると思うのです。

    エアケイ2

    もう誰もが知っていると思う。

    全米オープンテニス
    錦織圭の歴史的勝利のことを!

    当然ですが僕は午前四時に起きて
    すべてをテレビ観戦した。

    (自慢ですが、錦織のプレーを二回観戦してます!)

    世界最大のテニス専用コート
    「アーサーアッシュスタジアム」はデカい。

    なので上部には空席もある。

    「くそ〜、ニューヨークに行きたいぞ」

    思わずにはいられない。

    そして運命の準決勝は日曜日の早朝(詳しい時間は未発表です)

    相手は世界ランク一位のジョコビッチ(強いんです)

    テニスファンもそうじゃない人も必見なのだ。

    あっ、でも民放で放送するのかな・・・?

    「みなさん、WOWWOWはすぐにでも加入できますよ」

    映画もライブもスポーツ中継も
    わりと充実しているので放送料の価値はあると思う。

    ああっ、スポーツ観戦オタクは忙しい(笑)

    (今日のボクシングも凄かったし)

    PS.
    テニススクールに通い始めて、早8年。

    衰える瞬発力とスピードに嘆きつつも
    技術を磨いている。

    が、「サーブが難しいの・・・」

    例によってテニス本もたくさん読んでるけど
    どうしてもケイのように打てない(当たり前)

    ブログに書いたころはもっと飛べたけど
    今や「エアケイ」は5センチしかジャンプできないし・・・。

    でもウェアだけは超一人前!

    001

    錦織がユニクロと契約した時から
    ずっとケイモデル。

    もう10着以上ある(お値打ちなんです)

    今回の快進撃で売り切れ続出らしい。

    僕だけのケイモデルだったのに(笑)

    そろそろブラステニス部も復活したいナ。

    シャルケ04

    ドイツ旅行が決まった時
    すかさず調べたことは

    「サッカー観戦ができるのか?」だ。

    実に幸運だった!

    週末はブンデスリーガ(ドイツリーグの名称です)が開幕して二週目。

    そして内田選手が所属する「シャルケ04」という名門チームが
    土曜の夜にあの「バイエルンミュンヘン」(現在世界一のチームです)と
    ホームで戦うのだ!!

    「行くしかないでしょ!」

    ということでミュンヘンから
    ICEという特急に乗り込みデュッセルドルフという街へ行く。

    010
    午前は駅の目の前にある
    大聖堂が有名なケルンで観光。

    ワールドカップで来た
    10番香川のユニフォームを着るつもりが
    家にない・・・。

    「そうだ、メキシコ人と交換したんだ・・・」

    ひとつ前のユニフォームと
    マフラータオルで我慢する。

    そしてケルンから特急に乗ること一時間。

    シャルケのホームタウンである「ゲルゼンキルヒェン」という街に行く。

    駅のホームはすでに
    真っ青なシャルケのユニフォームを着こんだ
    サポーターの熱気で溢れかえっている。

    豊田スタジアムに向かうグランパスサポーターのような
    穏やかな雰囲気は微塵もない。

    「いい年をしたおじさん」がほとんどで
    大半がビールを飲み大きな声で話している。

    スタジアムへは中央駅から市電で15分。

    033

    小さな電車はサポーターで一杯だ。

    車窓から見る街の風景も
    「シャルケカラー一色」

    今年のホーム開幕戦であり
    最強チームバイエルンを迎えることもあるのだろう。

    高揚感と熱気が半端ではない。

    036
    034
    公園の中にたたずむスタジアムは
    とにかく美しい。

    そしてほとんどの人たちが
    シャルケのユニフォームを着こんでいる。

    もちろんおじいさん、おばあさんも!

    「これは着なきゃイカン」

    060
    042

    子供サイズのシャツ(笑)と
    マフラーを家族で購入し
    スタジアムに乗り込む。

    すると「あれ〜、イスがない・・・」

    息子ががんばってネットで購入した席は
    シャルケサポーターのど真ん中。

    立ち見のうえに回りは屈強な男たちばかり・・・。

    まるでバッファローの群れに迷い込んだ子羊のようだ。

    もう笑えない雰囲気なのだ。

    054

    「スゴイ!これが本場だ」

    試合前の応援風景に震えが来る。

    いつの間にかスタジアムは超満員で
    ごく一部のサポーター席を除いて
    ほぼすべてがシャルケファンなのだ。

    この田舎町にあるスタジアムに6万人が集まり
    おらがチームを応援する。

    そこにドイツサッカーの歴史を感じずにはいられない。

    後半シャルケがゴールを決めて同点に追いついたときは
    上からビールがドバっと降ってきて
    まさに蜂の巣をつついたような騒ぎだった。

    回りのサポーターの喜びを分かち合えたことも幸運だった。

    内田選手がケガで欠場したことだけが残念だけど
    何度も何度もドイツ人から

    「お〜、うしだ〜、うし〜だ〜」

    と、声を掛けられる。

    どうやらドイツ人は「うちだ」と発声できないらしい(笑)

    スポーツ観戦オタク河合にとって
    歴史的な日になった。

    感謝、感謝で帰ります。

    チャレンジを!

    またまたワールドカップの話題。

    「ネイマール骨折」

    こんなに悲しいニュースはない。

    「大会の華」を世界中のフットボールファンは失ってしまった。

    プレー中の仕方がない接触プレーなら諦めもつく。

    だけど後方からの「プロレスまがいのキック」での
    負傷は悔やみきれない。

    すでに沢山の人たちが訴えているように
    「ビデオ判定」を導入すべきだと僕は思う。

    いかに優れた審判でも
    あれだけのスピードで展開する試合を90分間
    さばき切るのは無理でしょ。

    (延長戦なら120分ですから)

    しかもサッカーは他のスポーツと違って
    ボールがないところでの接触プレーが多すぎる。

    それに、誤審をした時の審判への猛抗議は
    他のスポーツを遥かに上回るものがある。

    ブラジルW杯の開幕戦で主審を務めた日本の審判も
    PKの判断でムチャクチャ批判されてしまったし。

    「僕なら、絶対にやりたくない職業だな・・・」

    下手をすると審判は誤審で
    生命の危険すら感じるのがサッカー。

    ならば答えは出てると思う。

    テニスでは数年前から「チャレンジシステム」を導入した。

    ※テニスではアウトインの微妙な判定に対して
    選手は1セットに3回までビデオによる確認を求めることができる。

    メジャーリーグも今年から導入し
    まずます好評だ。

    1点の重みがサッカーと格段に違う
    テニスや野球ですら踏み切ったのだ。

    それにスタジアムに設置された大型スクリーンで
    この微妙な判定を再生するときの盛り上がりは
    観客としてなかなか楽しめる瞬間でもある。

    サッカーで導入すれば
    確実に悪質なファールは減るし
    PKの判定だって、ほとんどが納得のいくものになるだろう。

    審判の質が落ちるという人がいるけど
    僕はリラックスして逆にいい判定ができると思う。

    (だって今は、命がけですから)

    試合の流れが止まるという意見もあるけど
    大げさに転んだり、痛がったりする選手が減ることにより
    これまた逆によくなると思うのだがどうだろう?

    今回の「ネイマール事件」だって
    ビデオ判定があったならレッドカードであり
    スアレスの「軽い噛みつき」が10試合?の出場停止なら
    選手生命を脅かすほどの「背面キック」は

    「1年間の出場停止」

    でも、おかしくない。

    「サッカーにもチャレンジシステムを導入してほしい!!」

    ファンタジスタを悪質なファールから守るには
    これで十分だと思う。

    「監督またはゲームキャプテンは
    試合を通して5回までビデオ判定を求めることができる」(河合案)

    (結果が誤審の時は、回数はそのまま保持されます)

    日本代表が目指すスタイルにとっても
    これは歓迎だと思うのです。

    スタジアムで会おう!

    今朝から仕事に復帰した。

    本社スタッフは僕の顔を見た瞬間
    「ギョッ」とした表情になり
    そのあと全員に言われた。

    「とんでもなく、黒いですね〜」

    確かに自分でも思う。

    「人生史上最強に「色黒」になっとるなナ」と。

    それはさておき、帰路は特に長旅だった。

    ギリシャ戦が終わりホテルに帰り
    わずかの睡眠を取り午前3時半にバスに乗った。

    5時間かけて空港に着き
    3時間飛行機に乗りサンパウロへ。

    乗り換えに12時間時間があったので
    仲間と共にサンパウロの街に出た。

    042

    ここは「フットボール・ミュージアム

    ブラジルの「コリンチャンズ」という
    名門チームのホームスタジアムに併設されている
    この「フットボール・ミュージアム」に行った。

    039
    037

    ブラジルサッカーの歴史を肌で感じる。

    ギリギリの戦いの中で
    最後の後押しをするのは
    その国の歴史なのかもしれない。

    「4年間積み上げた攻撃サッカーをしよう!」

    と、日本代表は盛んに言われている。

    が、歴史ある国は数十年積み重ねた自国のスタイルを貫いているのだ。

    「大舞台で力をフルに発揮するには、まだまだ積み重ねが足りないのかな」

    感じずにはいられない。

    サンパウロの日本人街で食事して空港へ帰り
    深夜便で日本へ向かう。

    日本時間で18時に成田空港へ着いた。

    「24時間+24時間+2時間=50時間だ〜」

    ここで旅の仲間と別れた。

    インフィニティ1

    「また、スタジアムで会おう!」

    国内の代表戦はもちろん

    「4年後のロシアワールドカップでも!!」

    旅でしか学べないことがあり
    旅でしか得れない友人がいる。

    感謝の気持ちを忘れず
    今日からバリバリ働きます!!

    ブラジルより愛をこめて vol.7 日本対ギリシャ

    ナタルというブラジルのリゾート地に
    ずっと宿泊している。
    003


    日本対ギリシャの決戦の地は
    ここからバスで20分ほどの市街地にあるスタジアムだ。

    午後3時。

    001

    ほぼ全員が日本代表のユニフォームを着こんだ僕たちサポーターは
    3台のバスに乗り込み目的地へ向かった!

    バスとはいえ、スタジアム近くまでは行けないみたいだ。

    006だが、大勢で行進していると
    車からマンションから
    歩いている人まで

    「ジャポン、ジャポン〜」

    掛け声が絶え間なく掛かる!

    「この雰囲気がワールドカップなんだな〜」

    第一戦はいろいろと慌ただしかったので
    味わえなかった気分を満喫する。

    014
    015

    気合の入ったコスプレもワールドカップ名物。

    見ていてこれも飽きない。

    そしてスタジアムの中へ。

    020


    019今日の席は
    ゴール裏のバックスタンド!

    回りはほぼ全員が日本サポーターだ。

    「負ける気がしないぞ、今日は!」

    下野君も、もはやサッカー素人ではない。

    ブラジルに来て
    ワールドカップを見続けたこともあり
    にわか解説者へと変身したのだ(笑)

    023


    そして日本代表の練習が目の前で始まる。

    025


    先発発表。

    「香川の名前がない〜」

    「なぜ、なぜ、なぜ・・・」

    香川ファンであり
    背番号10のユニフォームを買った僕としてはショックだ。

    だがそんなことは言ってられない。

    生粋のサポーターと共に「君が代」を熱唱する。

    ギリシャのサポーターの数は少ない。

    しかしギリシャ国歌は反対側の僕らにもしっかりと聞こえる。

    そしてキックオフ。

    ここからの90分は
    ほとんどみなさんが見たと思う。

    ただ一言。

    「ゴールが欲しかった・・・」

    「はるばるブラジルまでやって来た仲間と共に
    一度でいい、喜びを分かち合いたかったな〜」

    引き分けよりも、そこが心残りだ。

    それほどサッカーのゴールは
    僕たちサポーターの血が沸騰する程の歓喜をもたらす。

    しばらくは席を立てない。

    026


    自分自身と回りのゴミを片づけることなど
    ネットでことさら誉められなくともいつもの光景だ。

    「まだ可能性があります。
    信じて応援し続けるのが僕たちの使命です!」

    僕たち「インフィニティ」のリーダーの言葉に励まされる。

    肩を落として帰ろうとしたら
    変は外国人サポーターに呼び止められ一緒に写真。

    027


    さらに「陽気なメキシカン」から話しかけられ
    何語かわからいけど適当に話していたら
    どうやらユニフォームを交換したい様子。

    031
    「なんでメキシカンになるの〜、俺」

    やや体臭のキツイおじさんと
    交換した緑のユニフォームを着て
    なぜか帰路に着いたのだった(笑)

    ホテルに着いたら23時。

    「午前3時30分集合です」

    予定より2時間早い集合になる。

    下野君が日本から持ってきた
    チキンラーメンを食べて寝る。

    長い旅もそろそろ終わりです。

    ブラジルより愛をこめて vol.6 油断大敵

    ほぼ毎日同じ朝食を食べ
    同じランチビュッフェを食べ続けている。

    ブラジルでは朝にサラダを食べないみたいだ。

    なので卵料理とパンとフルーツをしっかり食べる。

    007

    名物は目の前で焼いてくれる
    この「ハムチーズのパリパリ焼き?」

    005

    毎日優しくサービスしてくれる
    ウェイトレスのお姉さんともすっかり仲良くなった。

    (ポルトガル語なので、話はほぼ通じませんが)

    008ご覧の通りの快晴なので
    初めてプールへ繰り出す!

    なぜかホテルの従業員も参加しての
    「水球対決」は大いに盛り上がった!


    12386_773017482742532_5001459864043782497_n

    すっかり仲良くなった仲間と共に
    子供の頃のように無邪気に楽しむ。

    水泳が苦手な下野君は手前のデッキチェアで優雅に読書だ。

    (チラッと見えるでしょ!)

    ここでも大西洋のトドと化したのだが
    悲劇はこのあと起こった・・・。

    014「社長、油断しました・・・・。

    もう歩けません・・・」

    どうやら日に焼けると
    すぐに赤くなる体質らしい。

    上半身はしっかりガードしていたのだが
    足は無防備だったのだ。

    「おおっ、真っ赤だな、下野君」

    あまりに痛々しい姿に思わず吹き出す(笑)


    夜は「サポ村」主催の前夜祭に参加する。

    009

    前回の南アフリカ大会は
    一人旅だったのでこうしたイベントとは無縁だった。

    なので、この旅を通して
    多くのみなさんと知り合えたことがホントにうれしい。

    012

    写真中央は元FC東京のルーカス選手。

    「日本は絶対に勝ちます!」

    力強く言ってくれた。

    現在ブラジル時間で午前9時半。

    16時前にはホテルを出てスタジアムに向かう。

    心配なのは雨がシトシト降っていること。

    雨が止むことを願いながら
    そろそろ帰り支度を始めねば。

    決戦の時はもうすぐです。

    PS.
    日本では午前7時のキックオフだから
    ブラス各店メンバーは家でテレビ観戦できるね!

    本社は9時20分出社だから
    家が少し遠いメンバーは後半戦が見れないかな。

    「出社時間はこの日に限り10時20分」

    にしてはどうですか!

    ブラジルより愛をこめて vol.5 ブラジル色に

    滞在しているナタルは「太陽の街」と呼ばれている
    ブラジルのリゾート地だ。

    「年間で300日は晴れ」とパンフレットに書いてある。

    なのにここに来て以来
    ずっとぐずついた天気だった。

    025

    やっと晴れた!

    これはホテルの部屋から撮った風景。

    大西洋が一面に見渡せ
    波の音が心地よい。

    「下野君、お互い日本からの連絡もないし
    ワールドカップ期間中はずっとここに居ようか」

    「いいすね、社長。もうのんびりしましょうよ」

    「ハイ、そうしてください。
    いない方が会社はスムーズに回りますから」

    そんな声が日本から聞こえてきそうだ・・・。

    ホテルでの暮らしにも慣れ
    日頃はせっかちな僕も下野君も
    すっかりブラジル色に染まってきた。

    「月並みだけど
    こんな旅ができることに感謝だね、下野君」

    002
    003

    そして夜はブラジル海鮮料理を
    仲間と共に大いに飲んで食べたのだった。

    明日は僕らの近くのホテルに
    日本代表がやって来る。

    あとがない決戦の時はもうすぐです!

    ブラジルより愛をこめて vol.4 悲しきガーナ

    男二人部屋で過ごしている。

    相棒の下野君の「いびき」は
    名古屋花屋業界でも定評があるほどスゴイ。

    僕も何度も体験して知っていた。

    が、昨晩は
    大西洋に「トド」が現れたかと間違うほど
    すさまじい咆哮だった・・・。

    ま、それはさておき
    もうすっかり慣れたホテルの朝食をたっぷりと食べる。

    そしてここで、日本に帰る仲間を見送る。

    003「ここで帰るのはツライです」

    「もう、会社は休んじゃえよ」

    そんな声が飛び交いながらも
    笑顔で若者は帰って行った。

    その後はホテルのパブリックビューイングで
    「ドイツ対ポルトガル」を見る。

    「どうしてそこで、頭突きなんかするんだ!!」

    他国の選手ながら、腹が立ってくる。


    そしてそして

    「ナタルのスタジアムでこれから始まる
    アメリカ対ガーナを見ましょう!」

    「チケットは何とかします!!」

    リーダーの力強い宣言で
    バスに乗ってスタジアムに向かう。

    010
    駐車場からスタジアムまではガーナサポーターの勢いが目立つ。

    しかし、アメリカのサポーターの「コスプレ?」は半端じゃない。

    「星条旗はやっぱり目立つな」

    そう感じずにはいられない。

    015
    013
    そうこうしているうちに日が暮れてきて
    スタジアムへ入る。

    するとどうだ!

    「おおっ、アメリカサポーターのど真ん中の席だ」

    アメリカ人と共に「星条旗よ永遠なれ」を口ずさむ。

    あのメロディーを聞くと
    日本人でも心にグッとくるのはなぜだろう。

    018

    そしてキックオフ。

    なんとなんと、最初のワンプレーでアメリカが「ゴール!」

    上からビールが「バシャ〜」と降ってくる・・・。

    回りはもうドンチャン騒ぎだ。

    ここまではいいのだが
    ここからがいただけない。

    仲間同士でもめ事は起こすは、試合を見ずに騒いでばかりいるわ
    もう大変だ。

    (もちろんすべてのサポーターがそうではないです)

    「ガーナ、がんばれ!」

    どうしても応援したくなる。

    それにガーナはしっかりとパスをつなぎ
    魅力的なサッカーを展開している。

    とうとう終了5分前あたりに同点ゴールが決まる!

    「やった〜、いいぞガーナ!!」

    日本語で思いっきり叫ぶ(笑)

    サッカー好きのブラジル人は当然ガーナを応援していることもあり
    異様な雰囲気にスタジアムは包まれる。

    「よし、もう一点いけるぞガーナ」

    普通ならそういう展開になる。

    なのになのに
    ずっとチャンスらしいチャンスがなかったアメリカは
    終了間際のたった一度のコーナーキックをものにしてしまう。

    スタンドはもう
    トンデモナイ大騒ぎだ。

    「USA、USA、USA、USA、USA、USA・・・・・・・・・・・・・・・」

    地鳴りのような歓声が止まらない。

    試合は終わった。

    「他国ながら、これは苦い敗戦だナ」

    ガーナサポーターの心情を思うと悲しくなる。

    022

    スタジアムの中から外まで
    「USA、USAの大コール」が止まらない。

    確かに勝てばうれしい。

    だがガーナのサッカーの方が
    見ていてはるかにワクワクすることも確かだ。

    これがサッカー。

    3日後にこのスタジアムで日本代表が
    ブラジルのフットボールファンをうならせた上で
    勝利することを祈らずにはいられない。

    023

    その後は沢山の日本人サポーターと合流。

    ベテランサポーターの想いを聞けたことも
    心に残りました。

    ブラジルより愛をこめて vol.3 シュラスコ美味し

    初戦を終えて、ホテルに帰ったのは朝9時。

    若いツアー仲間たちはブラジルに来てから
    バスの中での浅い眠りしかしていない。

    「15分しか寝てませんよ」

    そんな声があちこちから聞こえてくる。

    僕にしてもベッドで眠ったのは3時間弱だ。

    にもかかわらず
    相棒の下野君は元気!

    やっと深い眠りに落ちた僕を
    昼過ぎには叩き起こす。

    「えっ、寝てないの?」

    花屋の体質がしみ込んでいるのか
    今にも市場に行きそうな勢いだ。

    「社長、そろそろランチタイムです」

    ということで
    ダイニングでビールを飲みながらサッカー観戦。

    これがワールドカップに来た
    もう一つの至福の時でもある。

    で、下野君は地元のショッピングセンターに仲間と買い物に。

    僕はブログを書いたり
    サッカーを見たりしつつ時を過ごす。


    それにしても今回の旅で幸運だったのが
    リーダーの存在。

    代表サポーター歴の長い吉田さんは
    海外での観戦経験が豊富で僕らを適切に導いてくれる。

    (本庄君、素晴らしい仲間を紹介してくれてありがとう!!)

    今回のツアーに帯同してくれる仲間の中には
    サンパウロに3年住んでいる方もいて頼もしい限りだ。

    ブラジルの生の事情なども教えてくれる。

    で、そんな仲間たちと夜は「シュラスコ」(ブラジルの肉料理)を食べに行く!

    026
    025

    「これは、美味い!」

    焼きあがったお肉をサービスマン?たちが
    こうして目の前で切り分けてくれる。

    032
    いろんな部位のお肉が焼きあがるから
    ドンドン食べる!

    030
    031

    そしてトドメの「カイピリーニャ!」(砂糖キビでつくった、ブラジルのカクテルです)

    ここで睡眠不足の下野君は完全に撃沈したのだった(笑)

    034

    とにかく旅の仲間に感謝!

    036地元のレストランに来れること
    サッカー談義に花を咲かせられること
    何よりこんな時間が持てることに!

    037

    今夜こそぐっすり眠れそうです。
    __カレンダー見出し

    カレンダー

    月別アーカイブ
    __カテゴリー見出し

    カテゴリー

    __その他