prev

next

123
  • __プロフィール
    __新着記事見出し

    新着記事

    __ブラスグループ見出し

    ブラスグループ

    アコールハーブ
    アコールハーブ

    千葉県船橋市の結婚式場
    「アコールハーブ」20年春OPEN!

    アコールハーブ

    アーブルオランジュ

    アーブルオランジュ

    アーブルオランジュ

    静岡県浜松市の結婚式場「アーブルオランジュ」

    アーブルオランジュ

    RSS
    ブルーグレース大阪

    ブルーグレース大阪

    ブルーグレース大阪

    大阪駅・梅田駅近くの結婚式場「ブルーグレース大阪」

    ブルーグレース大阪

     
    オリゾンブルー

    オリゾンブルー

    ラピスコライユ

    静岡県沼津市のゲストハウスウエディング「オリゾンブルー」

    オリゾンブルー

     
    _ラピスコライユ

    ラピスコライユ

    ラピスコライユ

    静岡・清水駅近くのゲストハウスウエディング「ラピスコライユ」

    ラピスコライユ

     
    _ブランリール大阪

    ブランリール大阪

    ブランリール大阪

    大阪駅・梅田駅近くのゲストハウスウエディング「ブランリール大阪」

    ブランリール大阪

     
    __ミエル ココン

    ミエル ココン

    ミエル ココン

    三重県津市のゲストハウスウエディング「ミエル ココン」

    ミエル ココン

     
    __ミエル シトロン

    ミエル シトロン

    ミエル シトロン

    三重県四日市市のゲストハウスウエディング「ミエル シトロン」

    ミエル シトロン

     
    __クルヴェット名古屋

    クルヴェット名古屋

    クルヴェット名古屋

    愛知県名古屋市のゲストハウスウエディング「クルヴェット名古屋」

    クルヴェット名古屋

     
    __ラピスアジュール

    ラピス アジュール

    ラピス アジュール

    静岡県静岡市のゲストハウスウエディング「ラピス アジュール」

    ラピス アジュール

    _ラピスアジュール RSS
    __マンダリンアリュール

    マンダリン アリュール

    マンダリン アリュール

    静岡県浜松市のゲストハウスウエディング「マンダリン アリュール」

    マンダリン アリュール

    マンダリンアリュール RSS
    __ヴェルミヨンバーグ

    ヴェルミヨンバーグ

    ヴェルミヨンバーグ

    愛知県 名古屋市 丸の内のゲストハウスウエディング「ヴェルミヨンバーグ」

    ヴェルミヨンバーグ

    ヴェルミヨンバーグ RSS
    __ブルーレマン名古屋

    ブルーレマン名古屋

    ブルーレマン名古屋

    愛知県名古屋市のゲストハウスウエディング「ブルーレマン名古屋」

    ブルーレマン名古屋

     
    __ルージュブラン

    ルージュブラン

    ルージュブラン

    愛知県一宮市のゲストハウスウエディング「ルージュ:ブラン」

    ルージュブラン

    ルージュブラン RSS
    __オランジュベール

    オランジュ:ベール

    オランジュ:ベール

    愛知県日進市のハウスレストラン「オランジュ:ベール」

    オランジュ:ベール

    オランジュベール RSS
    __ブルーブラン

    ブルー:ブラン

    ブルー:ブラン

    愛知県岡崎市のゲストハウスウエディング「ブルー:ブラン」

    ブルー:ブラン

    ブルーブラン RSS
    __ブランベージュ

    ブランベージュ

    ブランベージュ

    愛知県安城市のゲストハウスウエディング「ブラン:ベージュ」

    ブランベージュ

    ブランベージュ RSS
    __マンダリンポルト

    マンダリンポルト

    マンダリンポルト

    愛知県常滑市のゲストハウスウエディング「マンダリンポルト」

    マンダリンポルト

    マンダリンポルト RSS
    __ヴェールノアール

    ヴェールノアール

    ヴェールノアール

    岐阜県羽島市のゲストハウスウエディング「ヴェールノアール」

    ヴェールノアール

    ヴェールノアール RSS
    __ルージュアルダン

    ルージュアルダン

    ルージュアルダン

    愛知県豊橋市のゲストハウスウエディング「ルージュアルダン」

    ルージュアルダン

    ルージュアルダン RSS
    __アージェントパルム

    アージェントパルム

    アージェントパルム

    愛知県豊田市のゲストハウスウエディング「アージェントパルム」

    アージェントパルム

    アージェントパルム RSS
    __ミエルクローチェ

    ミエルクローチェ

    ミエルクローチェ

    三重県鈴鹿市のゲストハウスウエディング「ミエルクローチェ」

    ミエルクローチェ

    ミエルクローチェ RSS

    本社移転 2019 冬

    ちょっと前のブログに書いた通り
    11月25日に本社を移転した。

    場所は旧本社(これからも存続します!)から
    徒歩5分のビル。

    新本社 (2)

    なんとなんと
    ブルーレマンとクルヴェットから
    徒歩30秒の場所にあるのだ。

    「写真右の建物がレマンだから
    左にあるビルはすぐそこでしょ!」

    このアイムビルの3階から6階までを
    ブラス本社として借りることができた。

    まずは美しい新築のビルに
    ウチを信頼して誘致してくださった
    オーナーさんにお礼を言いたい。

    「ありがとうございます!」

    新本社003_R

    受け付けは四階にある。

    お祝いの観葉植物やお花を沢山いただいたので
    関係企業のみなさまにブログ上でありますが

    「ありがとうございます!!」

    新本社004_R

    目の前がお寺さんで左がレマンなので
    名古屋駅前にもかかわらず緑が豊かだ。

    新本社010_R

    かなり開けていて昼も夜も景色がイイ。

    新本社002_R

    移転して一日目の朝
    新本社デザインチームが考え抜いてつくった
    三階の大会議室で話しをした。

    新本社006_R

    「こんなに素敵なビルで仕事をできるなんて
    ホントに幸せだ。
    だってつい五年半前までルージュ(一号店)の
    二階にある狭い部屋が本社だったからね〜」

    新本社 (10)

    人の運に限りがあるとすると
    僕の運はほとんど使い果たしたので
    ブラスメンバーひとり一人が
    幸運を運んでくれているのだと思う。

    新本社001_R

    ウチの本社の強みはなにか。

    同業他社との比較をするならば
    自慢したいことが沢山ある!

    一つだけ書くとしたら

    「すべては、いい結婚式をすることに通じている」

    ことに尽きる。

    ブラスのウェディング会場は
    「結婚式専用スタジアムです」
    といつも言っている。

    なので本社もそれをフルサポートする
    結婚式屋の本社に相応しい
    機能とデザインを総務チームは追及してくれた。

    まだまだ片付いてないけど
    新本社デザイン&引っ越しチームに
    まずは心から感謝したい。

    「みなさん、大変大変お疲れ様でした」

    内覧会までもうひと頑張りしよう。


    PS.
    「一階と二階はビードレッセ名古屋駅店です!!」

    オープンは一月末なので
    これにもご期待ください。

    株主総会 2019

    「株主総会は株主によって構成され
    株式会社の意思を決定する最高の機関である」

    そして株式を上場しているブラスにとっては
    年に一度の晴れ舞台だと思っている。

    今年も自社会場で開催した。

    株主総会001_R

    二年半前にマザーズから東証一部に
    ステップアップした時は
    2000名強だった株主が
    現在は7000名を超えた。

    「ファンづくりこそ、企業永続の基です」

    と、ブラスラブで明言している以上
    株主が増え続けていることは
    とてもうれしい出来事なのだ。

    株主総会004_R

    東海地区以外に住んでいる方は
    名古屋まで来ていただくことが
    やや難しいと思う。

    それでも何とか多くの株主に参加してもらうべく
    心地よい空間をつくり、総力をあげて出迎えるのが
    毎年変わらぬブラスの姿勢だ。

    株主総会015_R

    台本通りにキッチリと成績の報告することは
    大切であり株主総会の基本だと思う。

    それでも毎年自分の言葉で
    株主の皆様に話しをすることを自分に課している。

    株主総会005_R

    「お陰様でオリコン調査で二年連続
    全国ナンバーワンを獲得しました。
    しかも今年も13部門すべてで第一位です!」

    株主総会011_R

    そしてブラスを代表するウェディングプランナーが
    ウェディングアワードでグランプリを獲得し
    大々的に新聞紙上にも取り上げられたことを
    報告する。

    株主総会020_R

    今年は中心はブラスの三本柱の一つである
    ウェディングプランナー一貫性について
    話しをした。

    結婚式はリピートのない一度きりのイベント。

    「それだからこそ
    担当ウェディングプランナーが中心となり
    新郎新婦に成り代わっていい結婚式をつくるのです。
    そしていつか口コミで一杯にするのが
    変わらぬ目標です。
    それが長期利益を得るための
    ブラスの戦略なのですから」

    株主総会でいただいた言葉を胸に
    今期も精進することを誓ったのだった。

    名古屋カップボーリング 2019

    全社を挙げてのイベントには
    社員全員が参加することが
    創業当時から変わらぬブラスの約束事。

    「やる時は、全メンバーでやったるわい!」

    結婚式を生業とする
    ブラスならではの企業文化だと自負している。

    ところが会社が成長するにつれ
    全社イベントを次々に実施するのは難しくなってきた。

    「ならば有志で集まって、個別でいろいろやろうよ」

    ということでここのところ人気なのが
    ボーリング大会だ。

    第2回星丘ボーリング大会009_R

    名古屋カップの聖地「星が丘ボウル」に
    今年も名古屋エリアのボーリング好き?が集まった。

    第2回星丘ボーリング大会013_R

    もちろん、仮装で集まり、仮装で投げるのが掟だ(笑)

    第2回星丘ボーリング大会015_R

    当然、パートナー企業のみなさんも。

    第2回星丘ボーリング大会016_R

    「気合いが入っとりますな〜」

    第2回星丘ボーリング大会025_R

    ここぞという時は
    ビシッと決めてくるレマンチーム!

    第2回星丘ボーリング大会027_R

    さすが、ビードレッセのメンバーたち。

    第2回星丘ボーリング大会030_R

    「作業中の花屋かな」

    第2回星丘ボーリング大会038_R

    午後7時。
    バタチュウも参戦したところで開会式だ。

    第2回星丘ボーリング大会049_R

    クルヴェット幹事チームが踊り

    第2回星丘ボーリング大会054_R

    主催者であるこの男が満を持して登場だ。

    第2回星丘ボーリング大会069_R

    デーモン小倉はすでに定番だが
    まさか妹がいたとは・・・。

    第2回星丘ボーリング大会062_R

    始球式で軽くボケて、いよいよ試合開始。

    第2回星丘ボーリング大会077_R

    チームで励まし合い
    喜び合うのがボーリングの醍醐味。

    第2回星丘ボーリング大会084_R

    マイボールとマイシューズを買い
    プロボーラーからも指導を受けた以上
    優勝せねばならんぞ、俺。

    第2回星丘ボーリング大会103_R

    ルージュはとにかく騒がしい(笑)

    第2回星丘ボーリング大会089_R

    オランジュも優勝できるはずがないけど
    声援だけは一級品。

    団体で大騒ぎしてもOKなのが
    ボーリングのもう一つの楽しみなのだ。

    そして激闘を終えると
    恒例の表彰式へとすすむ。

    第2回星丘ボーリング大会132_R

    司会はもちろんこの二人。

    第2回星丘ボーリング大会118_R

    なぜか、このおじさん(花や所属)が
    ベストドレッサー賞に輝く。

    第2回星丘ボーリング大会157_R

    チーム対抗第三位のクルヴェット。

    第2回星丘ボーリング大会159_R

    先週ここで練習した成果が出た
    本社代表がチーム二位!

    第2回星丘ボーリング大会160_R

    「えっ、計算間違いででは・・・」

    第2回星丘ボーリング大会166_R

    最後のワンピンまであきらめずに戦った
    僕のチームがなんとチーム優勝だ。

    第2回星丘ボーリング大会196_R

    細かいサプライズ的な表彰もありながら
    個人総合優勝は平均で200点近くを叩き出した
    レマンの大地。

    「おめでとう!!」

    第2回星丘ボーリング大会199_R

    これが個人のトップ5。

    第2回星丘ボーリング大会205_R

    そして店舗対抗はレマンが
    予想通り強かった!

    第2回星丘ボーリング大会219_R

    「ありがとう、クルヴェット幹事チームのみんな」

    幹事がしっかりと計画して運営してこそ
    イベントを成功に導くことができる。

    「来年も必ずやりましょう!!」

    窯焼きステーキ 焚火

    「焚火合宿」をしたことがある。

    もう15年ほど前のことだけど
    昼間はアスレチック施設を使って
    チームでいかに困難を乗り越えるかを体験した。

    体力と気力と知恵を使う
    かなり激しいプログラムだった。

    夜は共に励まし合った仲間と
    焚火を囲んで語り合うことが研修の締めだ。

    今も鮮明に覚えているのだから
    強烈な体験だったことは間違いない。

    課題をクリアできなかったチームには
    やはり特徴があった。

    チーム分けは最初からされていたのだが
    チームリーダーが決められていたわけじゃない。

    「これはちょっと無理だろ〜」

    そんな課題を与えられて取り組むうちに
    自然発生的にリーダーが出てくるのだ。

    「強いリーダーのチームが乗り越えたのか?」

    そうではなかった。

    仲間がリーダーを尊重して
    課題に立ち向かったチームが
    時がたつにつれて結束していき
    難関を次々にクリアしていったのだ。

    僕が所属したチームの
    リーダーの態度がホントに立派だった。

    彼の必死で仲間を鼓舞する姿を見て
    「やれるぞ」と信じきれない自分を恥じた。

    「俺が一番ダメなプレーヤーだろ、バカっ!」

    幸いにも僕らのチームは
    すべての課題を乗り越えて
    夜の焚火を気持ちよく囲むことができた。

    格別の時間だった思う。

    多くの人が大なり小なり体験があると思うけど
    火を見つめていると不思議に飽きないのだ。

    それはきっと人が古来から
    焚火を囲んで家族や仲間が集まり
    食事を共にして語り合うことが
    原点としてあるからだろう。

    焚火外観3

    そんなことを思い出して
    ブラス本社の隣につくったステーキ店の名前を
    窯焼きステーキ・焚火」にした。

    焚火 炉窯

    窯で焼き上げるステーキは
    肉が本来持つ旨味を逃がさない!

    焚火 (1)

    炭の薫りもたまらないステーキを
    じっくりと味わい、窯の炎を眺めながら
    ゆっくりと語らっていただきたいのです。

    「ご来店を心からお待ちしていますね〜」

    台風と結婚式

    昨晩から台風情報にクギ付けだった。

    長年この仕事をしているけど
    ここまで危機感を抱いたのは初めての経験だ。

    東は静岡県沼津市にあるオリゾンブルーから
    西はブルーグレース大阪まで
    東海道沿いにお店を展開しているブラスにとって
    今回の台風の大きさと進路は恐怖という他ない。

    それが土曜日と重なったのだから。

    それぞれの会場の状況があり
    それぞれのお客様の事情がある。

    その中でどんな話し合いをして
    どんな決断をしたのか。

    各会場のリーダーの真価が
    問われる場面が多々あったと思う。

    時には僕や総支配人に
    意見を求めるのもいいけど
    現場でのことは現場でしかわからない。

    ブラスのお客様に対する基本姿勢を貫き
    誠実な姿勢で誠実に対応してくれたとしたら
    とてもうれしい。

    そして予定通りに結婚式を決行すると決めたのなら
    やることはただ一つ。

    「雨の日はスタッフが二倍がんばる」

    というブラスの標語があるけど
    今回のような数十年の一度の台風ならば

    「スタッフは三倍がんばる!」だ。

    その気持ちがゲストに伝わり

    「新郎新婦の門出を祝い、台風のことはさておき
    大いに祝福しようではありませんか」

    そんな祝辞も飛び出すというもの。

    オランジュベールの午後式に顔を出すと
    バンケットではプランナーとPJが一丸となり
    テーブルフォトを盛り上げていた。

    OVデビュー戦5

    「新郎新婦に成り代わって
    ゲストにおもてなしをするのは
    結婚式場のスタッフだけです」

    OVデビュー戦7

    全スタッフがそれを理解しているからこそ
    感動のサービスが生まれるというもの

    特に今日は新人プランナーのデビューと
    こんな天気が重なったのから一段と気持ちが入る。

    新郎新婦にとって
    こんな日に当たったことは不運だったと思う。

    それすら良き想い出になったとしたら
    結婚式屋として望外の喜びだ。

    ブラスオールスタッフのみなさん
    大変大変お疲れ様でした。

    なんとかなる

    ブラスは7月が決算月なので
    新しい期は8月1日から始まる。

    創業22年目であり
    株式会社になってから17期目のシーズンが
    二カ月以上前に始まっているのだ。

    仕事でも学校でもスポーツでも
    新しい期に入る時は気持ちを新たにしたいもの。

    なので毎年「スローガン」を
    社員からの募集し最後は僕が選んでいる。

    今年もしっかりと決めたのに
    ブログに書き記すことが
    のびのびになってしまった・・。

    すでに各店と本社にも
    堂々とオリジナル?のポスターが飾っていある。

    全体M前半 (9)a

    「なんとかなる!」

    今年のスローガン王は
    ブルーレマン名古屋の鈴木耕太郎支配人。

    耕太郎いわく

    「何が起ころうと、なんとかなる。
    トラブルやミスがあっても
    チーム全員でなんとかしようとすれば
    なんとかなる!

    弱気にならずに
    アグレッシブに仕事に取り組みましょう!

    今年から来年にかけて
    新店・新規事業がたくさんスタートする
    成長期のブラスに、もっとも大事な言葉だと思います」

    これは「ま、なんとかなるさ」といった
    適当な感じの「なんとかなる」ではない。

    僕らは「それぞれの新郎新婦の最高」
    を引き出すために
    結婚式の現場において起こる様々な出来事を
    自分たちで決断してチーム全員で
    やり切らなければならないからだ。

    それが

    「新郎新婦に成り代わって
    担当プランナーを中心にしたチームで現場を仕切る」

    ブラスの信念に基づくやり方だから!

    社長プレゼント2

    スローガン王へは毎年カバンを贈るのが恒例。

    「おめでとう!耕太郎」

    週末は東海から関東へ
    台風が上陸する可能性が高い。

    安全第一であることは言うまでもないが
    それぞれの会場の状況に応じて
    最適だと思う判断をして欲しい。

    どんな状況になろうとも
    一期一会が結婚式の宿命ならば
    僕らはお客様の為に
    なんとかしなければならないのだから。

    ブラス決算説明会 2019 秋

    ブラスは東証一部および
    名証一部上場企業なので
    会社の決算をしかるべき期日に発表するという義務がある。

    詳しい数字に関してはぜひ

    ブラスIRサイトをご覧ください

    なので木曜日は決算発表資料を携えて
    東京で説明会をし、投資家回りした。

    決算説明

    仕事として上場企業各社の分析をしている
    プロフェッショナルなみなさんに説明をすることは
    とてもプレッシャーがかかる。

    決算説明

    しかしプロの投資家とはいえ
    すべての業界を理解することはできない。

    「まずは結婚式業界の動向と
    御社の他社との差別化を教えてください」

    と、謙虚に聞いてくださる方も多い。

    なので過去から現在に至る業界の変動を
    経験を元に簡潔に伝えなければならない。

    少子高齢化が進んでいる以上
    結婚式の数が少なくなるのは明白だ。

    だからといって斜陽産業だとは思わないし
    大いに希望はある。

    婚姻届けを出しても
    結婚式及び結婚披露宴を実施しない夫婦が
    50%もいるのだから。

    それにこれからは欧州の様に
    「事実婚」を選択するカップルも増えるだろう。

    ではどうしたら
    すべてのカップルとは言わないまでも
    ほとんどのみなさんが結婚式を挙げるくださるのか。

    それは「サービス業の基本」にあると思う。

    「一番大切なことは、顧客第一であること。
    だが顧客を満足させてはいけない、絶対に喜ばせるのだ」

    アマゾンの創業者ジェフ・ベソスの言葉だ。

    これは新郎新婦とゲストの
    想像を超える結婚式をつくることに他ならない。

    最高の結婚式に出席したなら
    自分も結婚式をしようと思うはずだし
    人にも自信を持ってすすめるはず。

    「ブラスは愚直にいい結婚式をつくり続け
    結婚式業界の一筋に光になりたい」

    そう心から思っている。

    そんな話を熱く語り続けました。

    ブラス全体ミーティング 秋 2019 part2

    表彰のあとはグッドウェディングアワードで
    グランプリを獲得した鈴木温子プランナーが
    プレゼンを再現するコーナーへ。

    全体M前半 (66)GWA発表

    「いきなりセリフを噛んだのは
    ワザとでしょうね〜」(笑)

    全体M前半 (67)GWA発表

    貫禄のプレゼンを聞き

    「来年はわたしがファイナルに行く」

    と、多くのプランナーが決意したと思う。

    全体M前半 (69)中途

    中途入社したメンバーを
    しっかりと紹介することもウチの伝統。

    全体M前半 (69a)中途

    プランナーは新卒だけじゃなく
    中途にも門を開いているのだ。

    (採用サイトをご覧ください)

    全体M前半 (72)中途

    出戻り社員も大歓迎!

    全体M前半 (75)中途

    「この役は誰にも渡さんな〜、司さん」

    全体M前半 (76)中途質問

    地声で勝負する質問コーナーが楽しい。

    全体M前半 (77)中途質問

    円熟の技が冴えわたる。

    全体MTG前半100組

    続いてウチのプランナーが目指す
    「栄光の100件プランナー」の表彰へ。

    全体MTG前150組達成

    もちろんそれを大幅に超えて
    200件を目指して欲しい。

    全体MTG前150組達成

    「菊は150件だな」

    全体MTG前200組

    「タバティーは200件!!」

    全体MTG前2000組シェフ

    服部シェフは調理長として
    ブラス初の2000件を達成した!

    「金字塔だね」

    全体MTG前100組


    全体MTG前100組


    全体MTG前100組


    全体MTG前100組


    全体MTG前100組


    全体MTG前100組

    大きな目標を達成したプランナーが語る言葉は
    それぞれに味がありとてもいい表情をしている。

    内定式 (1)

    午後のメインは2020年の新入社員内定式だ。

    内定式 (5)

    この日はプランナーとドレスコーディネーターの
    内定者が集まった。

    ウチの採用における大きな特徴は
    全国各地から入社を熱望する就活生が集まること。

    これは後々大きな力になる。

    現に今も関東や関西へ進出すると
    希望して里帰りするメンバーで
    チームを構成できるのことは強みなのだ!

    「近い将来、私の地元につくってください!」

    と、言われるとうれしくもあり
    プレッシャーでもあるが
    全国各地に会場をつくることは
    ブラスにとって達成しなければならない目標だ。

    内定式 (21)

    「みんな、とてもとてもいい顔をしてるね〜」

    内定式 (22)

    人は何度も会うことにより
    少しずつ距離が縮まり仲を深めていく。

    内定式 (23)

    ウェディングプランナーと新郎新婦もそう。

    内定式 (27)

    結婚式のプランニングをすることが
    ウェディングプランナーの仕事ではあるけどその前に
    お客様との距離を縮めていくことが大切だ。

    内定式 (28)

    それはどうしてかというと
    ウェディングプランナーは新郎新婦に成り代わって
    結婚式の幹事役をやり切ることが大事であり
    この仕事の肝だと思うからだ。

    成り代わるためには
    二人のことをできる限り深く理解しないとね。

    内定式 (35)

    なので恒例の質問コーナーも気合が入る。

    内定式 (31)

    「今年も個性的なメンバーだな〜」

    内定式 (32)

    「わたしはウェディングプランナーだという意識を
    心の片隅に置いて、青春をエンジョイしてください!!」

    内定式 (41)

    最後は河合専務が
    「旅に出たらいいと思いますよ」
    そんな言葉を贈り内定式は無事に終わった。

    内定式 (43)

    結婚式屋らしく
    一分一秒を無駄にすることのない進行を組んで
    会をすすめた本社メンバーも素晴らしかった。

    秋はブラスのシーズンですから!

    ブラス全体ミーティング 2019 秋 1

    「全社員が集まってミーティングをする」

    それを会社が小さい頃から大切にしてきた。

    もちろん自社会場があるので
    何をするにしてもやりやすかったし。

    ところが一昨年あたりから
    社員がウチの会場には入らなくなるほど
    喜ばしいことに増えたのだ。

    全体M前半 (2)

    なので名古屋駅前のマリオットホテルさんで
    秋の全社ミーティングを開催している。

    全体M前半 (3)

    「まずは今年もこの場で
    全員で喜びを共有したいことがあります!」

    全体M前半 (4)

    「もうすでに全員が知っているとは思いますが
    改めて発表します!
    オリコン調査でブラスは今年も全国一位に輝きました!
    そして13部門すべてで今年も一位です。
    二年連続オール一位はもちろん史上初の快挙です!」

    全体M前半 (7)a

    大歓声が沸き起こる!

    社員一人ひとりが「いい結婚式をつくる」という
    ブラスの使命を地道にやり続けた結果だと思う。

    全体M前半 (8)

    そしていよいよ始まるハワイの新事業を
    新卒三期生でありハワイに限りない愛情を注ぐ
    担当の竹中優より発表する。

    「優さんに、ついていきます!」

    そう言ってくれるメンバーが大勢いるのは嬉しいけど

    「よし、みんなで攻めるぞ!」

    と、国内のようにいかないのが
    海外事業の難しいところ。

    それでも第一歩がなければ二歩はない。

    大きな一歩を踏み出したことは確かだ。

    全体M前半 (10)

    その後は今期のスローガンの発表へ。

    (これはあとで詳しく書きます)

    全体M前半 (11)a

    そして秋の全体ミーティングのメインは
    「細かい表彰式」

    全体M前半 (12)社員紹介ハピキャン

    まずは「ブラスハピキャン」の表彰から。

    全体M前半 (14)料理単価店舗1位MCC

    ウチはチームで新規接客をするし
    打合せもするし本番はもちろんする。

    なので結婚式業界各社が導入しているであろう
    個人の営業のインセンティブはない。

    全体M前半 (15)料理単価伸び率1位VN

    だからチーム表彰がメインだ。

    全体M前半 (21)施行数1位BLN

    同じ条件で競っているわけじゃないから
    どうしたって公平にはならない。

    全体M前半 (24)成約率1位OV

    それでもすべての会場を
    ワンバンケットで運営している以上
    多くの結婚式をしたチームを称える。

    全体M前半 (27)平均単価1位MCC

    そしてそのチームに感謝の気持ち表すのは
    とても大切なことなのだ。

    全体M前半 (28)平均単価1位MCC

    チームを構成するメンバーの人数にしても
    それぞれで違うからね。

    全体M前半 (16)料理長賞発表

    メインはチームにしても
    個人にスポットを当てることも大事。

    全体M前半 (17)料理長賞発表

    特に厨房チームは
    その頑張りが数字に出るわけじゃない。

    全体M前半 (18)料理長賞発表

    それでも間近で見ている料理長たちが
    その成長を称えてくれたなら
    それは一番うれしいと思う。

    全体M前半 (19)料理長賞全員

    「料理長賞獲得おめでとう!」

    全体M前半 (33)GWA50

    「これはわかりやすい」

    グッドウェディングアワードで
    ベスト50に入ったプランナーたち。

    「来年はファイナルへ行けよ!」

    全体M前半 (35)担当宴・新規接客・個人売上・集合写真

    みきプランナーは個人四冠王だ!

    全体M前半 (36)個人成約数

    「かにちゃんはホントに成長したな〜」

    全体M前半 (38)個人オリジナル引き出物

    「よしかもすっかり静岡人だ〜」

    全体M前半 (39)個人内祝い

    「ひとさんはもはや、貫禄勝ち」

    全体M前半 (40)単価最高

    「毎年上位に食い込む力は
    ずば抜けてるね、べーさん」

    全体M前半 (43)ベストドレッサー

    ドレス部門だって
    ブラス独自の考え方があり
    ベストコーディネーターを表彰する。

    全体M前半 (44)ベストドレッサー

    「りさこさん、おめでとう!!」

    全体M前半 (46)ベスト成約率1位

    プランナー部門の表彰は細かい。

    「トモはどの部門も常連だね〜」

    全体M前半 (48)ベストアニバーサリー

    毎年サプライズな部門も用意しているのだ。

    全体M前半 (50ベストプランナー

    そしてウェディングプランナー最高の栄誉は
    「ベストプランナー賞」

    全体M前半 (51)ベストプランナー

    どの会社にもない
    ブラス独自の基準で選ぶこの賞の獲得を

    全体M前半 (52)ベストプランナー

    全プランナーに目指して欲しい。

    全体M前半 (52a)ベストプランナー

    トップ10に入ったプランナーは
    とてもとてもいい顔をしている。

    全体M前半 (57)

    「サカモプランナー、第一位おめでとう!!
    オランジュの伝統を守り、狙って取ったこの賞は
    計り知れないほど価値があるぞ」

    全体M前半 (56)ベストプランナー1位

    そして受賞のスピーチに胸を打たれた。

    全体M前半 (58)ベストプランナー

    が、しかし

    「なんでここに、男性プランナーがひとりもいないの・・・」

    来年は男子の躍進に期待しつつ
    ベストプランナーたちの栄誉を称えたのだった。

    続く。

    鈴木温子グランプリ記念パーティー

    リクルートブライダル総研が主催する
    GOOD WEDDING AWARD」で
    ウチの鈴木温子プランナーがグランプリを獲得した。

    と、ブログにも詳しく書いた。

    温子さんGWA祝勝会0

    「受賞パーティーをやらんとな!」

    温子さんGWA祝勝会003

    結婚式屋が自分たちの栄誉を祝わずして
    パーティー文化が育つはずがない。

    温子さんGWA祝勝会013

    そんな信念もありつつウチは
    お祝い好きなメンバーの集まりなのだろう。

    温子さんGWA祝勝会017

    9月10日の夕方近くになると
    あっちゃんゆかりの人々が続々と集まってくる。

    温子さんGWA祝勝会030

    「どうえやるなら、盛大にいこう!」

    温子さんGWA祝勝会049

    主役はもちろん
    主役を演じてもらわんとね。

    温子さんGWA祝勝会059

    エスコート役を買って出たのは
    温子さんが育てた二人の支配人。

    温子さんGWA祝勝会065

    とんでもなく豪華なメインの花は
    長年タッグを組んでいる
    プーコニュの下野くんだ。

    温子さんGWA祝勝会088

    「さすが俺の一番弟子!」

    というのは冗談だが
    16年前の新卒採用で
    逸材を見つけたのはホントのことなのだ。

    温子さんGWA祝勝会101

    「鬼の目にも、涙ですね〜」(下野談)

    温子さんGWA祝勝会110

    そして黄金の二期生たちが集結した!

    温子さんGWA祝勝会114

    「あの時代に、よくこのメンバーが集まったな〜」

    温子さんGWA祝勝会124

    テラスではシェフたちが
    豪快に肉を焼いてパーティーに華を添える。

    温子さんGWA祝勝会188

    歴代レマンメンバーも勢ぞろいだ。

    温子さんGWA祝勝会210

    ゆっくりとお祝いをしつつも
    この後は怒涛の演出が始まる。

    温子さんGWA祝勝会230

    「好きだね〜、クイズ大会」

    温子さんGWA祝勝会242

    予想通り、福山雅治が来た!

    温子さんGWA祝勝会237

    シャンパンタワーだ。

    温子さんGWA祝勝会240

    定番の演出も
    改めてやってみるといいもの!

    温子さんGWA祝勝会289

    「社長は、歌いたいから企画するんでしょ!」

    温子さんGWA祝勝会307

    「アホな、お祝いには音楽だよ!」

    そして今日の「達明バンド」は
    豪華なサプライズゲストが目白押しだ。

    温子さんGWA祝勝会328

    まずは長渕とブラスアカペラ部の共演。

    温子さんGWA祝勝会343

    「一応、福山雅治です」

    かなり練習積んだのに
    遠く及ばない(当たり前)

    温子さんGWA祝勝会353

    ザ・ピーナッツ!

    温子さんGWA祝勝会364

    桑田佳祐with櫻井和寿の「奇跡の地球」

    温子さんGWA祝勝会368a

    「秀樹、カンゲキ〜」

    温子さんGWA祝勝会376

    「永ちゃん、だよね・・・」

    温子さんGWA祝勝会392

    レマンダンサーズも加わり本編終了。

    温子さんGWA祝勝会408

    「えっ、もしかして、俺の歌で泣いた?」

    温子さんGWA祝勝会439

    今日もいつものバンドメンバーと
    気持ちよく演奏できてホントに幸せだ!

    温子さんGWA祝勝会447

    デザートはあっちゃんが愛する
    サーティーワンを再現。

    温子さんGWA祝勝会450

    「酒井シェフの愛情がこもってたね〜」

    温子さんGWA祝勝会448

    忘れちゃいけない
    鷲野総支配人も苦楽を共にした仲。

    温子さんGWA祝勝会457

    最後は温子ファミリーたちが
    エピソードを披露。

    温子さんGWA祝勝会476

    こうしてみると
    レマンから育ったプランナーは多い。

    温子さんGWA祝勝会484

    奈保が泣いて

    温子さんGWA祝勝会493

    ほのかは懺悔(笑)

    温子さんGWA祝勝会499

    「さらなる高みを目指します!
    みんな、わたしのあとに続け〜」

    温子さんGWA祝勝会506

    そうだ、これから毎年ファイナリストを送り込み
    グランプリを取るぞ!

    温子さんGWA祝勝会513

    きっとウチのプランナーたちも
    改めて気合が入ったはず。

    温子さんGWA祝勝会517

    記念パーティーを仕切り切った
    耕太郎支配人の労をねぎらいお開き。

    温子さんGWA祝勝会530

    「レマンのみなさん、大変大変お疲れ様。
    そしてありがとう!!」

    素晴らしい夜でした。

    ブラス本社歓送迎会 2019 初秋

    本社の歓送迎会は毎度のことながら
    広報チームがキッチリと準備をしてくれる。

    本社歓送迎会 (1)

    「どうして、このテーマにした?」

    本社歓送迎会 (2)

    「理由は特にありませんが
    しいて言うなら、ウサギになりたかったから
    ですかね・・・」

    本社歓送迎会 (2)q

    自社でレストランを運営していると
    思うように使えることがうれしい!

    自慢ですがクルヴェットダイニング
    40名規模のパーティーに最適だと思う。

    本社歓送迎会 (11)

    本社に歓迎するのはこの四人。

    経理マンにカメラマン二人!

    そしてベテランプランナーが
    教育研修チームに加わったのだ。

    カメラマンを本格採用したのは
    内製化という単純なことではなく
    さらにいい結婚式をするためと
    ブラスウェディングを広報するために
    どうしても必要だと判断したからだ。

    しっかりとスピーチをしてもらったあとは
    丹羽シェフ率いるダイニングチームの料理を味わう。

    本社歓送迎会 (21)

    中盤は恒例のクイズ大会!

    本社歓送迎会 (20)

    僕のチームはボケてボケて
    最後に勝つ戦法だ(笑)

    本社歓送迎会 (22)

    女だてらに、おすぎさんの速さは尋常じゃない。

    本社歓送迎会 (26)

    「勝ったの、僕のチーム?」

    本社歓送迎会 (27)a

    「はい、大勝利です!!」

    本社歓送迎会 (32)

    月が写真に写り続けているのが気になるけど
    ゆっくりとテラスでデザートを楽しむ。

    本社歓送迎会 (37)

    最後は産休に入る
    星子と桃に贈る言葉大会。

    本社歓送迎会 (39)

    星子の親友しほから
    長年の愛をこめて。

    本社歓送迎会 (42)

    二人を手塩にかけて育ててきた
    南から万感の思いを込めて。

    本社歓送迎会 (45)

    僕もたまには
    イイこと言わないとね。

    本社歓送迎会 (41)

    「元気な子供を産んで、いつでも戻っておいで〜」

    本社歓送迎会 (52)

    こうしてみると、本社メンバーも増えた。

    いい会社をつくるには時間がかかると
    設立21年目にしてつくづく思う。

    「この会社にいてよかったナ」

    と、社員が心から思える会社を
    つくり続けなければならないし
    それは終わりなき旅だと思う。

    会社は社員全員で作る
    アートな作品なのです!

    ブラス秋採用 2019

    ブラスは創業期から新卒採用に
    力を入れていると何度も書いてきた。

    それはウェディングプランナー部門だけじゃなく
    数年前から厨房の料理人とパティシエの採用にも
    力を入れまくっている。

    秋採用 (1)

    調理師系の専門学校は2年制だから
    春採用ではなく秋がメインだ。

    自慢だけどブラスの厨房チームは
    いつの間にか女性が半数を占め
    特にパティシエを目指す就活生から人気だ。

    秋採用 (2)

    こうして受付に厨房スタッフが立てば
    就活生諸君に掛ける言葉に真実味がある。

    秋採用 (3)

    そして映像で日頃の仕事ぶりを見せ

    秋採用 (5)

    総料理長を中心とした
    厨房チームが入場する。

    秋採用 (6)

    「採用は全力で!」

    大ホールでするプランナー向けの
    大きな説明会もやりがいがある。

    が、少人数だろうと
    全力で開催するのがブラス流だ。

    秋採用 (7)

    しっかりとパフォーマンスもするし

    秋採用 (8)

    オープンキッチンで魅せる!

    「就活生より、スタッフの人数が多いな(笑)」

    秋採用 (9)

    もちろん僕も登壇し
    ブラスの魅力を伝えることに全力を尽くす。

    秋採用 (12)

    入社二年目のトリンちゃんが
    日頃の仕事について語り

    秋採用 (14)

    新卒から育ち料理長を目指す
    スーシェフの直人が熱く話す。

    秋採用 (16)

    そしてブラス初の女性料理長
    大原あやシェフが女性ならではの視点で
    優しく語りかける。


    最後の質問コーナーでは次々に手が上がる!

    秋採用 (24)

    全員で答えるしかないね。

    秋採用 (26)

    しっかりと受け答えをする姿を見ると
    それぞれが成長していることを感じる。

    秋採用 (28)

    「みんな、いいこと言うな〜」

    秋採用 (29)

    「辛いと思ったことは一度もありません」

    自信を持って言い切る強さは
    プライドを持って仕事をしている証だと思う。

    秋採用 (30)

    料理長たちも負けてられない。

    秋採用 (31)

    顔は怖いが、心は優しい料理長ばかりなのだ(笑)

    秋採用 (32)

    今年入った新人も堂々とこの半年の経験を話す。

    秋採用 (34)

    「いい説明会だったな」

    予想より少ない参加者だったけど
    それだけに一人ひとりへ
    ブラスの大切にしていることが伝わった。

    料理部の採用はここからが本番なのだ。

    ブラス登山部 2019 南アルプス仙丈ケ岳へ 2

    午前四時起床。

    山小屋初体験の部員は
    不安な夜を過ごしたと思う。

    小屋は標高3000メートル近い場所にあり
    寒かったり暑かったり室温も変化する。

    普段とは全く違う環境で
    眠らなければならないのだ。

    そこに「いびき」問題も加わるし(笑)

    「よく眠れました〜」

    そんなタフな条件でも
    ぐっすりと眠れるのは一種の才能で有り
    どんな時代になろうとも
    人生をサバイバルするために有利だとも思う。

    だとすると
    女性が結婚を決める条件の一つに

    「どこでもよく眠る人」

    が、入ってきても不思議じゃない。

    登山部2019_145_R

    ご来光を全員で見て拝む予定だったが
    山は一面ガスで覆われていて
    まったく太陽は見えない。

    それは断念して午前五時から
    ストーブが焚いてある食堂で朝ご飯だ。

    「景色は全く見えないかもしれないけど
    とにかく山頂へ行こう!」

    手嶋部長の一声で僕たちは
    仙丈ケ岳の頂上目指して歩き始める。

    登山部2019_152_R

    頂上までは30分とはいえ
    山頂付近は風も強く気温も低い。

    革靴の水田には特にキツイ(笑)

    登山部2019_159_R

    そして午前6時すぎ。

    ブラス登山部一同はとうとう頂上へ立った!

    登山部2019_171_R

    「おっ、ちょっと晴れてきたぞ!」

    登山部2019_161_R

    と思ったら、すぐガスに覆われる。

    登山部2019_166_R

    「サカモとナナコは声がでかいな〜」

    登山部2019_167_R

    カメラマンの佐藤くんは
    重いカメラを背負ってよく踏ん張った。

    登山部2019_169_R

    新入社員チームはたくましい隊員ぞろいだ。

    登山部2019_175_R

    そして恒例のシャンパンファイト!

    登山部2019_189_R

    山小屋に戻って一息ついたら

    登山部2019_184_R

    ガスが風で吹き飛んで
    回りの山々が見えてきた!



    登山部2019_190_R

    「景色を見ながら、ゆっくり下ろう」

    登山部2019_197_R

    「なおみ〜」と叫んでも
    やまびこは返ってこなかった(笑)

    登山部2019_196_R

    「かもじゅん〜と、自分の名を呼んでもね〜」

    登山部2019_210_R

    帰り道はこんな感じで
    沢沿いを下る。

    登山部2019_203_R

    「どうして、サキコが落ちたの・・・」

    登山部2019_221_R

    こうして楽しみながら歩くのが
    下りの醍醐味だ。

    登山部2019_216_R

    それでも油断すると
    ヒザを負傷するから注意が必要だ。

    登山部2019_226_R

    「六車が今年もヒザを痛めて
    スガの腰も限界みたいだぞ・・・」

    登山部2019_234_R

    12時30分。

    予定よりやや遅れて
    ブラス登山部は全員無事に下山した。

    登山部2019_230_R

    昼食はなぜか、タコライス。

    登山部2019_232_R

    もの凄く美味い!

    登山部2019_235_R

    バスに乗り込み近くの温泉で疲れを癒し
    帰路につく。

    登山部2019_238_R

    打ち上げは恒例になりつつある
    オランジュ近くのテラス焼肉店で!

    タカシは登山部部長に就任し
    手嶋は会長に格上げだ(笑)

    登山部2019_239_R

    「これを楽しみに、必死に登りました〜」

    登山部2019_240_R

    ガッチリ肉を食べて、栄養補給。

    ま、登山部はよく飲むけどね。

    登山部2019_246_R

    最後は登山部名物の胴上げだ。

    登山部2019_249_R

    「おいおい、ちょっと盛り上がりすぎでは・・・」

    そして「来年も登ろう」

    そう誓い合い
    今年の登山部の活動は終わった。

    ブラス登山部 2019 南アルプス仙丈ケ岳へ 1

    ブラス登山部の活動を
    今年も書き記さねばならない。

    9月2日午前7時。

    登山部2019_033_R


    各地から集合した登山部メンバーが
    名古屋駅でバスに乗り込み
    オランジュベールへ向かう。

    登山部2019_008_R

    「仕事場から直行か?」

    登山部2019_009_R

    今年の登山隊は総勢22名。

    登山部2019_015_R

    顔ぶれを見渡すとかなり不安はあるが
    僕たちは南アルプスへ旅立った。

    登山部2019_016_R

    おっと、忘れちゃい行けない。

    数年前にブラスを退社したものの
    本人はいまだに栄誉社員であり
    登山部の名誉会長だと信じている
    吉田が今年も見送りに現れた。

    登山部2019_022_R

    「おい、小さいバスだな〜」

    「この一体感が大切なんです」

    ここ数年、部長を務める手嶋が主張する。

    登山部2019_025_R

    そして恒例のDVD上映。

    「海猿だ〜」

    この海猿がのちの登山で
    様々なドラマを巻き起こすとは
    この時の僕らはまだ知らない。

    登山部2019_031_R

    サービスエリアで朝食兼昼食を取り
    いざ仙丈ケ岳の登山口へ向かう。

    ここで手嶋が致命的なミスを犯す。

    登山部2019_044_R

    ゲートは堅く閉ざされ
    バスは橋を渡れない。

    「全責任は俺が取る、突破しろ!」

    海猿の教官張りに吠えてみたが
    そんなことは無理だ(当たり前)

    ブラスの段取り王と言われた手嶋が
    動揺の色を隠せない。

    このままだと時間的に
    登頂を断念せざる得ない。

    「こりゃ、近場の民宿で宴会かな」

    冗談が本気になりそうな頃
    南アルプス村営バスの職員さんが
    機転を利かせてくださり
    僕たちは無事に登頂口へ着いた。

    登山部2019_047_R

    「よ〜し、いざ出発だ」

    登山部2019_053_R

    登り始めはもちろん元気。

    登山部2019_057_R

    登山にふさわしくない
    変なナス型のサングラスをしている手嶋。

    部長から会長へ昇格したこともあり
    的確な判断をして指示を飛ばす。

    登山部2019_051_R

    「はい、一合目です」

    登山部2019_062_R

    膝に爆弾を抱えつつも
    今年も果敢に挑戦した六車とウメの親友コンビ。

    普段はウルトラおしゃべりの二人だが
    だんだんと口数が少なくなっていく(笑)

    登山部2019_064_R

    「杖に頼るんじゃない!」

    登山部2019_067_R

    ここまでは全員快調だ!

    登山部2019_070_R

    四合目あたりから
    森林限界を超えるまでがキツイ。

    登山部2019_073_R

    ガスに覆われていて
    回りの景色が見えないから
    気持ちが沈みがちだけど以外に元気だ。

    登山部2019_080_R

    「ちょっと晴れてきたぞ〜」

    登山部2019_082_R

    「がんばれ!タンタン」

    登山部2019_085_R

    仙丈ケ岳の手前にある
    小仙丈ケ岳にまずは登頂。

    天候がすぐれないことと
    どうやら後ろの部隊が後れを取っていて
    なかなか来ないこともあり山小屋を目指す。

    登山部2019_091_R

    山頂アタックは明日にして
    僕らは無事に「仙丈小屋」に着いた。

    しかし、なかなか全員が登ってこない。

    「菅原が腰を痛め
    カメラマンのとよひろが肉離れ寸前のようです」

    待つこと、1時間弱。

    登山部2019_106_R

    全員が山小屋に到着した瞬間に晴れ間がのぞいた!

    登山部2019_114_R

    「この景色が見たかったんです!」

    登山部2019_098_R

    初参加のウメとスガは
    満身創痍で登ってきた。

    「ま、アッパレだな!」

    登山部2019_103_R

    新入社員の15期生たち。

    登山部2019_110_R

    これは本社メンバー。

    連続参加の野田隊員は
    ブラスナンバーワン山ガールだ!

    登山部2019_121_R

    仙丈小屋は小さいながらも清潔で
    スタッフの皆さんがとても優しい。

    登山部2019_123_R

    「登頂した後のこれが、たまらんね〜」

    登山部2019_127_R

    「美味い!」

    標高3000メートル近い山小屋で
    こんなに美味しい料理と食べられるとは幸せだ。

    登山部2019_135_R

    日が暮れると外は真冬のように寒い。

    残念だけど美しい星空を
    見続けてはいられない。

    登山部2019_140_R

    8時に消灯だしね。

    無情にも、バシッと電気が消えるのだ。

    登山部2019_137_R

    「このデブ隊員のいびきが酷いのよね〜」

    こうしてひしめき合いながら寝るのも
    山のおきてであり修行だと思う。

    明日は4時起床だよ。

    オリコン調査で2年連続全国第一位!

    先月末にうれしい知らせが届いた。

    それを一日も早く発表したくて
    うずうずしていた。

    ブラスは2019年オリコン顧客満足度調査
    史上初の快挙を達成した。

    2年連続でハウスウエディング部門
    全国1位に輝いたのだ!

    さらに「式場」「ウエディングプランナー」
    「料理」「ドレス・衣装」など、
    13項目中13項目すべて1位を獲得した!

    2019オリコン
    僕たちの世代にとって
    オリコンと言えば、ヒットチャート。

    オリコンでの1位が今一番売れている曲で
    アーティストたちもこの1位を目指していたと思う。

    そんな馴染み深いオリコンという会社は
    今では様々な分野で日本最大級の規模の
    顧客満足度調査を行っている。

    「オリコンは消費者側にも企業側にも属さない
    公平な立場で精度の高い
    顧客満足度指標を導き出しています」

    この姿勢を貫いている会社の
    2年連続総合&全項目1位を獲得できたのは
    ブラスにとって栄誉であり誇りだと思う。

    「それぞれの新郎新婦にとって
    最高の結婚式をつくる」

    それを合言葉に歩んできた
    苦しくも楽しい道のりは間違いじゃなかった。

    オーナメント単品_R

    「この1位の座は、どの会社にも渡さないぞ!」

    その気概を持って
    これからもいい結婚式をつくり続けたい。

    でも少し偉そうではあるが
    ブラスを脅かす存在が続々と現れた時
    結婚式業界は活性化し披露宴実施率も
    グングン上昇すると思う。

    この業界の将来は明るいと僕は信じている。

    アコールハーブ地鎮祭

    ブラス初の関東進出店
    「アコールハーブ」の地鎮祭をした。

    AH (1)

    Accord(アコール)=和音・調和
    Herbe(ハーブ)=ハーブグリーン

    AH (3)

    緑豊かな小高い丘に
    コンサートホールの様に美しい曲線を描く
    チャペルをつくるために。

    地鎮祭 (3)

    それぞれの地域で
    地鎮祭のやり方は異なる。

    地鎮祭 (5)

    もう、20回以上経験しているので
    神主さんにしっかりと確認し
    気合を込めて「エイ・エイ・エイ〜」と発声する。

    地鎮祭 (9)

    玉ぐしを献上するブラススタッフは
    緊張感から動きがぎこちない。

    張り詰めた空気感を味わい
    建物が無事に完成することを祈るのが
    地鎮祭の醍醐味だと思う。

    地鎮祭 (11)

    千葉の地鎮祭ではここでスピーチをすることが
    慣例とのこと。

    「この地との出会いに感謝し
    安全第一で工事が進むことを祈ります」

    地鎮祭 (12)

    建設会社の社長からも一言。

    「いかつい顔をしてますが
    とても優しい人なんです」

    地鎮祭 (15)

    「やるぞ!アコールハーブチーム」

    地鎮祭 (16)

    高原支配人と味岡料理長の元に
    続々とメンバーが集まりつつある。

    地鎮祭 (17)

    当然ながらウチは
    無理な転勤をさせる会社ではない。

    「このチームとこの地で仕事をしたい」

    そんな既存社員が集結するのが
    ブラス流なのだ。

    かといって、現地で採用をしないわけじゃない。

    ブラスで結婚式の仕事をしたくとも
    関東以外には行けない方々がいて
    中途採用にチャレンジしてくる。

    「まだまだ応募を待ってますよ!」

    地鎮祭 (22)

    徒歩3分の場所に
    こんなに素敵な準備室をつくれたことも
    もの凄くラッキーだ!

    地鎮祭 (21)

    隣には可愛らしいカフェがあり
    店主とスタッフはすでに仲良し。

    「それぞれの地域に愛される会場をつくる」

    これもウチが大切にしていること。

    千葉県船橋市がさらに好きになりました〜。

    いきなりタツアキ 2

    4月1日のブログに
    「いきなりタツアキオープン」という
    毎年のことながらアホなブログを書いた。

    ところがホントに
    ブラス直営のステーキ店を開くことになったのだ。

    正式に発表してます!)

    決めてからは
    いろんなステーキ店を食べ歩いた。

    東京でのラジオ収録のあとは
    銀座のステーキ店へスタッフと共に行き
    ガッチリ肉を食らいつつも大いに学んだ。

    薪焼き おのでら

    「今の最先端は、窯焼きだ!」

    でも、いろんな種類の窯があるぞ。

    永田町アンカーポイント

    シェフがじっと見つめているのは
    どのお店も同じで
    ベストのタイミングを見計らっている!

    薪焼き おのでら

    窯の中からは
    ちょっと驚く食材も出てくる。

    BLTステーキ銀座

    こんな、焼き立てパンも!

    IMG_0950

    もちろんメインのステーキを
    いかに美味しく召し上がっていただくかが勝負だ。

    BLTステーキ銀座

    ガツンとアメリカンビーフも豪快でイイ!

    西麻布ボヘミアン

    ラム肉も鮮度と火入れ次第で
    とんでもなく美味しい。

    ということで
    上原料理長と河合専務が中心になり
    研究を重ねて練りに練った
    「いきなりタツアキ」ではなく
    名づけが難航しているステーキ店が
    9月の中旬にオープンする!

    「みなさん、ぜひ来てくださいね!」

    いってらっしゃい

    社員が会社を巣立っていくことは
    社長として寂しくもあり嬉しくもある。

    長く経営をしていれば
    いろんな退社の仕方があり
    苦い思いをしたことも当然ある。

    社長をしていれば
    どうしたって避けては通れない道だし
    これからもきっといろいろあるだろう。

    「また、いつでも戻っておいで」

    と、笑って送り出すことが多い会社は
    きっと「いい会社」だ。

    ここ数年はそんな別れが多いし
    実際に戻ってくる社員も増えたから
    ブラスも「いい会社」に近づいたんだなと思う。

    そんな中、新卒12期生として入社した
    本社所属の福岡かほるの送別会を開いた。

    かほるさん送別会065_R

    「はちじょうじま〜〜〜」

    春に退社の意思があり
    その理由を聞いた時は驚いた!

    「親戚でも、いるのか」

    「いいえ、縁もゆかりもありません」

    「では、どうして・・・」

    基本的に会社を辞める理由は何でもいいし
    それを言わなければいけないとは思わない。

    しかし社長として
    聞くべきことは聞かないと。

    「読者のみなさんは人生の大きな決断をするとき
    何を大切にしますか?」

    自分のことを思い起こすと
    会社をつくった時。

    「たまたま結婚式の司会をしていて
    ま、これなら好きで得意だし大丈夫かな」

    子供が三人もいたのに
    その程度の考えで起業した(笑)

    一号店をつくると決意した時。

    「もう、どうしてもどうしても
    自分で全部やりたいからつくる」

    何の根拠もなく
    それどころか資金もなく
    「なんとなくやれそうな気がする」
    そんな直感でサラッと決めた。

    だから、かほるの

    「なんとなく好奇心で・・・」

    そんな説明というか理由を聞いて
    とてもうれしくなった。

    結婚や恋愛だってそうでしょ!

    考えて考えて考え抜いて
    結婚を決意したという話しはあまり聞かない。

    たまたま出会って
    「なんとなく」が多いと思うのだ。

    「迷わず行けよ、行けばわかるさ」
    byアントニオ猪木の名言
    が、好きだ。

    かほるさん送別会010_R

    同期の桜やプランナー時代の仲間も集まって
    盛大な送別会だ。

    かほるさん送別会019_R

    会を仕切ったのは
    本社の採用教育チーム。

    「最後まで全力で仕事をやり切ってくれて
    ホントにありがとう!」

    南がかほるへ
    賛辞と共に感謝の気持ちを伝える。

    かほるさん送別会062_R

    「よ〜し、こうなったら八丈島へ行くぞ!」

    東京から船で10時間だ(笑)

    かほるさん送別会195_R

    「いい修行をして、戻って来い」

    来るか来ないかは
    その時々の事情による。

    ただ、貢献した社員が
    いつでも戻ってこれる会社をつくるんだと
    決めて行動することこそ大切だ。

    「人は偶然の出会いにより
    人生を構築していく」

    理屈ではなく
    すべては偶然に過ぎない。

    「かほる、八丈島に
    何かしらの出会いがあると信じて行って来いよ」

    人生は出会いと別れの繰り返しなのだから。

    夏祭り 2019 続き

    夏祭りの続きを書き記さねばならない。

    RB夏祭り (1)

    ここは愛知県一宮市にある
    ブラス一号店のルージュブラン。

    歴史を重ねることにより
    よく言えば味が出てきた。

    RB夏祭り (2)

    歴代のウェディングプランナーからの
    メッセージもひと際味わい深い。

    RB夏祭り (5)

    朝から懐かしの面々が顔を揃えたとのこと。

    RB夏祭り (4)

    現役チームはもちろん集結だ。

    RB夏祭り (7)

    一号店は僕にとってやはり故郷。

    RB夏祭り (8)

    「子供が大きいんだよね〜」

    RB夏祭り (10)

    僕が司会をした家族に一番多く会えるのも
    ここルージュブランだし。

    RB夏祭り (13)

    一年目から毎年参加してくれる
    家族のアルバムを見ると感無量だ。

    RB夏祭り (12)

    「ずっと、続けてくださいね!!」

    「はい、命ある限り」

    RB夏祭り (14)

    パートナー企業の面々も
    それぞれが愛する会場へ来てくれる。

    RB夏祭り (15)

    ルージュは子供向けの演奏会を
    こうして開催していた!

    「いいアイデアだね〜」

    RB夏祭り (17)

    「今年は料理に力を入れよう!」

    RB夏祭り (16)

    そう決めたのだけど
    予想以上にお客様が来てくださり
    もうてんてこ舞いだ。

    RB夏祭り (18)

    この心意気がブラスファミリーに伝わったなら
    もの凄くうれしい!

    RB夏祭り (25)

    そして午前中にファミリーが集中しないためにも
    何とか夜に来ていただこうと考えた秘策?は

    RB夏祭り (26)

    「とにかくビールを振舞おう!」

    RB夏祭り (28)

    すると、いまだかつてないほど
    夜にファミリーが押し寄せる。

    「そうだね、もう子供も大きいし
    ゆっくりと夜を楽しむ家族が増えたんだ」

    RB夏祭り追加1

    オリジナル企画の「いきなり、野々垣」にも
    沢山のお客様が応募してくださった。

    RB夏祭り (29)

    「長く愛されるハウスウェディング会場をつくる」

    すべてが非効率な運営をしているブラスにとって
    これしか生きる道はない。

    RB夏祭り写真1

    こんなにファンがいるんだから
    きっといつかたどり着ける。

    そう信じてこれからもやろうと
    今年もまた気持ちを新たにしたのだった。


    PS.
    月曜日の夜に開催したのは
    二号店のオランジュベール。

    OV夏祭り (1)

    史上最高の入場者を記録した!

    OV夏祭り (3)

    「朝から夜まで開催です」

    OV夏祭り (1)

    僕もギリギリ間に合った!

    OV夏祭り (2)

    懐かしいお客様は
    僕に会うために夜に来てくれるし。

    OV夏祭り (6)

    「なんか、ずっとビール瓶を握りしめてるな・・・」

    OV夏祭り (7)

    そして昨年約束したことを
    オランジュファミリーは忘れていると思う。

    OV夏祭り (10)

    昨年全店で一番口コミ投稿が多かった
    オランジュは「マグロ解体ショー」があり
    お客様にバンバン振舞った!

    OV夏祭り (9)

    来年も一位の会場には
    どでかいプレゼントを用意しますから
    みなさまよろしくお願いします!!

    夏祭り 2019

    夏は恒例行事が一番多い季節だ。

    帰省して、夏祭りに参加して
    花火を楽しんで、友と語り合う。

    いろいろあるのだけどその中に

    「ブラス夏祭りに参加する」

    それを恒例行事に加えてくれる
    家族が増えるとうれしい!

    夏祭り

    16年前に一号店をつくり
    その年の夏に何かをしたいと思った。

    「ウチにしかできなくて
    ウチで結婚式を挙げたお客様に
    感謝の気持ちをカタチにすることは何だ?」

    いろいろと考えた末に

    「そうだ!写真撮影をメインとした
    夏祭りをしよう!」

    夏祭り bB (2)

    それ以来全店で
    一年も欠かすことなく実施してきた。

    夏祭りVB (4)

    今年は諸事情あって
    お盆ウィークに開催する店舗がほとんどだった。

    全店を回りたいけど
    それは難しくなってしまった。

    夏祭りVB (5)

    それでも顔を出した会場に着くと

    「社長が、来ました〜」

    と、紹介してくれるので
    いやいやながらマイクを握ってしまう(笑)

    夏祭りVB (8)

    「社長クイズ〜」をするのだけど
    盛り上がってくると子供クイズ大会になるのは
    年月を重ねた会場の特徴だ。

    夏祭り bB (1)

    「社長さん、写真を撮りましょう!」

    となると、さらにうれしい。

    bB夏祭り写真2

    「毎年ちゃんと参加してくださいね!」

    bB夏祭り写真4

    「こんな写真が毎年積み重なったら
    とても素敵なアルバムになると思いませんか」

    想い出の結婚式場で
    家族写真が一枚一枚増えていく。

    「社長さん、天才!」

    と、歴史を重ねた会場のお客様に
    褒めていただくと誇らしげな気分になる。

    「僕が社長を退任しない限り
    このイベントは絶対に続けますから
    安心してください」

    社長をクビにならないように
    まだまだがんばらねば。


    PS.
    僕の夏の恒例行事は
    父母と行く温泉旅行。

    IMG_0932

    栄太郎」という宿に通い続けて20年以上たつ。

    それも必ずお盆に。

    IMG_0939

    今年は帰りに「飛騨古川」に立ち寄った。

    「みなさん、知ってますか?」

    映画「君の名は」のゆかりの地だから
    そりゃ知っているよね。

    久しぶりに鯉が泳ぐ
    古い町並みをゆっくり歩いた。

    「高山もいいけど、飛騨古川もいいですよ!」

    グッドウェディングアワード 2019

    リクルートブライダル総研が主催する
    GOOD WEDDING AWARD」というイベントがある。

    結婚式業界で一番影響力がある
    リクルート社の主催であり
    今年で9回目の開催だから
    この業界では知らない人はいないし
    知らないとしたらちょっと問題だ。

    それはどんなアワードかというと

    「ウエディングプランナーを対象とした、
    「いい結婚式」のプランニングコンテストです」

    と、明確にうたってある。

    ココは大切なところ。

    ウェディングプランナーと呼ばれる人たちが
    まさにプランナーらしい仕事をして
    いい結婚式に導いたことを発表する場なのだ。

    GWA2019 (2)

    場所は東京にある「目黒雅叙園」

    GWA2019 (4)

    プランナーナンバーワンを決める場所として
    とても相応しいと思う。

    都心に広大な庭園を持つ
    由緒ある結婚式をする場だから。

    GWA2019 (5)

    16時前になると
    アワードの決勝に進出した会社の
    ウェディングプランナーを応援する人々が
    続々と集まってくる。

    さらにこれからプランナーを目指す
    専門学校の学生や一般の人たちも。

    GWA2019 (6)

    こういったイベントに目がないウチは
    当然ながら大応援団を送り込む!

    GWA2019 (8)

    選ばれしウェディングプランナーは
    全国でたったの8名。

    GWA2019 (7)

    自慢ですが、毎年のようにファイナリストを
    我がブラスは送り込んでいる。

    GWA2019 (9)

    それでも、どうしても
    グランプリを獲得できずにいたのだ。

    悔しい思いを何度も味わってきた。

    正直言って
    審査への疑問がぬぐい切れずに
    「もう、エントリーをやめようか」
    と、相談したこともあった。

    でも、決めるのは僕じゃないし
    自分の感覚が一番だと思うのは
    傲慢と言うほかない。

    GWA2019 (11)

    そして今年。

    ファイナリストに選ばれたのは
    名実ともにウチのエースの鈴木温子プランナーだ。

    GWA2019 (12)

    新卒2期生として入社し
    ウェディングプランナー一筋に
    300組以上の担当をしてきた。

    これはブラスでは断トツの一位なのだが
    他社と比較すると実に少ない数字だ。

    その説明はしないけど
    もの凄い価値があることは確かなのだ。

    GWA2019 (10)

    「俺の教えたとおりにやれば大丈夫だぞ、あっちゃん」

    「えっ、社長には特に、教わってませんけど…(笑)」

    そんなアホなやり取りをしてる場合じゃない。

    緊張が漂う中、アワードが幕を開けた!

    一番目、二番目のプレゼンを聞き

    「今年は一味違うな」

    そんな感想を持つ。

    GWA2019追加

    そして三番目に温子プランナーの登場だ。

    プレゼンを自分でする以上
    プランニングの中身だけでの戦いではない。

    プレゼンの上手さや、合わせる映像の出来栄えなど
    総合力が必要なことは言うまでもない。

    「素晴らしい、プレゼンだった!」

    これで負けたら悔いはないというのは嘘で
    これで負けたらどうしようと思いつつ
    残り5名のプレゼンを落ち着いて聞いた。

    そして結果の発表へすすむ。

    ソウル賞からクリエイティブ賞へ
    そして準グランプリの順だ。

    「呼ばれて欲しいような、欲しくないような・・・」

    もどかしい時間だ。

    GWA2019 (13)

    そしていよいよ、グランプリの発表。

    GWA2019 (14)

    「グランプリは鈴木温子プランナー!」

    ウチの応援団から大歓声が起こる。

    GWA2019 (15)

    「この賞は、社長のお陰です」

    と言えと言ったのに

    「わたし一人の力じゃなく
    チーム全員でいただいた賞です」

    GWA2019 (16)

    と、温子プランナーが受賞のスピーチをしたことを
    僕はとてもうれしかった。

    GWA2019 (17)

    「いい顔してるね、ファイナリストのみなさん」

    GWA2019 (19)

    今日は余計なことをしてはいけないと
    静かに聞いていたけど
    最後はやっぱり壇上へ上がってしまった。

    GWA2019 (21)

    応援団と共に喜びを分かち合う。

    GWA2019 (22)

    忘れちゃいけない。

    50位以内はこの場に招待され
    ブラスからは6名ものプランナーが
    選出されているのだ!

    グランプリ獲得と共に
    これも大きな勲章だ。

    GWA2019 (23)

    グランプリなので
    ちょっと騒がしい撮影も勘弁して欲しい。

    GWA2019 (24)

    ブルーレマン名古屋はまた一つ
    大きな財産を得た。

    GWA2019 (25)

    プレゼンをした結婚式を共に作ったメンバーも
    こうして駆けつけてくれた。


    GWA2019 (26)

    その結婚式を成功に導いたのは
    プランナーだけの力ではなく
    支えるチームがあってこそ。

    それはブラスのプランナーなら
    全員が理解しているはずだ。

    GWA2019 (27)

    「なんで、たこ焼きの被り物〜」

    同期たちも乱入して
    さらに喜びを分かち合ったのだった。

    「よ〜し、また一つ、理想に向かって前進したぞ!」

    これから結婚するカップルが
    ウェディングプランナーとそのチームを指名する。

    そんな時代が来るとイイ。

    少しずつだけど、そんな足音がする。

    「おめでとう!温子さん。
    ウェディングプランナーの先駆者として
    これからも走り続けて欲しい。
    君ならできる!!」

    世界コスプレサミット 2019

    数年前から名古屋が世界に誇るイベント
    「世界コスプレサミット」のスポンサーをしている。

    コスサミ (2)

    そして今年もまた
    世界中のコスプレーヤーたちが
    名古屋駅前のブルーレマンに集結した。

    コスサミ (4)

    「今年も暑いですけど、がんばってください!」

    コスプレサミットの生みの親であり
    この素晴らしいイベントを育て来た小栗社長に
    激励を送りつつ、僕も今年はアラジンに!

    コスサミ (8)

    世界のコスプレーヤーを出迎えるには
    僕らもやらないとね。

    コスサミ (9)

    「ただ単に、やりたいだけですけど(笑)」

    コスサミ (10)a

    午後6時。

    明治村からバスが到着し
    撮影パーティーのスタートだ。

    コスサミ (13)

    Good evening everyone」

    今年も英語でビシッと?
    スピーチとKANPAIの音頭を取ったのだった。

    もちろん原稿をチラ見しながらですが・・・。

    コスサミ (15)

    「この夜のパーティーが特に楽しみです」

    名古屋ラブな世界のコスプレーヤーたちに
    そう言われるとホントにうれしい。

    「屋外は確かに灼熱ですからね〜」

    コスサミ (18)

    ジャスミンを中心とした
    レマンダンサーズが踊り

    コスサミ (19)

    キッチンオープンと共に
    ジーニーの登場だ!

    「さすが雄太郎先生とレマンチーム」

    大歓声を浴びる。

    コスサミ (20)

    「今年も盛り上がっていきましょう」

    コスサミ (21)

    歓迎の意を表すには
    沢山の日本食も用意しないとね。

    コスサミ (22)

    レマンキッチンチームの心意気だ!

    コスサミ (25)

    とにかくコスプレの完成度が
    みなさん半端ないのだ。

    コスサミ (26)

    メインは撮影会だから
    専属のカメラマンがいるコスプレーヤーもいる。

    コスサミ (29)

    「みなさん、楽しそうだ」

    コスサミ (32)

    そして驚きのサプライズが。

    コスサミ (35)

    公開プロポーズ!

    コスサミ (42)

    演出した仲間たちに囲まれ
    二人はホントに結婚を決意したのだった。

    コスサミ (45)

    「外国の方はよく食べる!」

    デザートをしっかりと用意して

    コスサミ (46)

    ジャパニーズかき氷をどんどん提供する!

    コスサミ (49)

    ラストはなぜだかクラブのように盛り上がり

    コスサミ (50)

    全員集合。

    コスサミ (51)

    日本が誇るワンピース一座が
    集合写真を取り仕切りお開きへ。

    今年もこのイベントに華を添えられて
    とてもうれしい。

    これからも名古屋発の世界イベントである
    コスプレサミットを僕らの手で育てようではありませんか!

    ブラス慰安旅行 2019 熱海山梨 その10

    「出発まで、自由時間です!」

    これだけ長い旅行なのに
    自由時間はたったの一時間とは
    毎年のことながらアッパレだ。

    3日目 (61)


    それでも思い思いに楽しむ。

    3日目 (62)

    同期ごとに集まるグループが多い。

    3日目 (63)

    社歴を重ねると
    同期で集まる機会も少なくなるしね。

    3日目 (64)

    12期男子チームは頼もしいな。

    3日目 (65)

    「一人は落ちないと絵にならないからね〜」

    これもアッパレだ!

    3日目 (66)

    新入社員チームだ。

    「しまった、ここには入りたかったナ」

    3日目 (67)

    短い自由時間を楽しみ
    それぞれのバスは解散式をする三島駅に向かう。

    3日目 (69)

    「とにもかくにも、これだけの人数の旅行を
    綿密に計画したうえで実行した
    本社幹事チームに最大級の感謝をします!」

    3日目 (68)

    例年より大幅にパワーアップした
    東武セカンドツアーじゃなくて
    トップツアーのブラスチームにも!

    「来年もお願いします。
    あと良かったらこの慰安旅行パックを
    他社に売っても全然OKです(笑)」

    3日目 (70)

    解散式を無事に終えて
    ブラスメンバーはそれぞれのお店に帰った。

    「来年こそ、北海道に行くぞ!」

    もはや誰も信じていないセリフで
    今年も締めくくったのだった。

    僕の長い長い慰安旅行もやっと終わった。

    しか〜し今週は
    社員の結婚式に三回出席するという
    僕史上初の出来事に遭遇してしまった。

    明日から結婚式シリーズをコツコツ書きます。

    ブラス慰安旅行 2019 熱海山梨 その9

    二日目の宿に着いたのは
    夜の10時すぎ。

    バーベキュー0156

    疲れが増していることもあり
    さすがにお風呂に入って眠るしかない。

    バーベキュー0161

    ところがたまたまお風呂の前に居酒屋があり
    お風呂に入る社員を次々に捕まえて
    ひたすら飲んで話し続ける。

    ノリのいい社長から
    タチの悪い悪い社長にならないように
    自重しながらも夜更けまで楽しむ。

    3日目 (3)

    三日目の朝の集合時間も早い!

    8時半には決められたバスに乗り込み
    それぞれの指示に従う。

    3日目 (4)

    「今日のガイドは新入社員です!」

    3日目 (6)

    僕のチームは富士山麗の神社でお参り。

    3日目 (7)

    かなり個性的なガイドさんが
    富士登山の歴史を交えて軽く講義をする。

    「そうとう、変なペアガイドだったナ(笑)」

    3日目 (8)

    チーム全員で祈願。

    3日目 (10)

    こつぶ会の面々は
    ド真剣に結びの二本杉に祈りを込める(笑えない)

    3日目 (15)

    白糸の滝を目指して登り始める僕たち。

    3日目 (16)

    そこになんと、忍者が現れる。

    3日目 (18)

    「危ないぞ、エバタ」

    3日目 (19)

    僕を守ろうとして
    次々に切られるサムライたち。

    3日目 (20)

    「ダメだ、やられる・・・」

    3日目 (21)

    そこに現れたのは、武田信玄公。

    やや小さめの信玄ではあるが
    バッタバッタと敵をなぎ倒したのだった(笑)

    3日目 (23)

    「本社忍者一座のみんな
    ここでも楽しませてくれてありがとう!」

    (隣で外国の方が真剣に写真を撮ってたし)

    3日目 (25)

    滝に近付き、水を手に入れた大森支配人!

    3日目 (26)

    これで山登りに挫けそうなメンバーが蘇る。

    「よくやったぞ!」

    3日目 (27)

    負けじと滝に向かったタカシは
    あえなく滝にのまれたのだった。

    3日目 (30)

    仲良しシェフ三人組も健在だ。

    3日目 (31)

    下山は楽しい。

    3日目 (32)

    あと少しで、富士が現れるのにナ。

    3日目 (34)

    なぜか冷やしてある桃をみんなで味わい

    3日目 (37)

    河口湖畔へ向かう。

    3日目 (40)

    おみくじも忘れずにね。

    3日目 (41)

    「待ち人来たらず・・・」

    あず、出会いはもう少し先だな。

    3日目 (39)

    「おみくじ」は日本人にとって
    100円で楽しめる永遠の定番なのだ。

    3日目 (43)

    他のチームもいろいろと探検をしてる模様。

    3日目 (48)

    ここは富士原生林チーム。

    3日目 (46)

    楽しそうだ!

    3日目 (49)

    「ここはどこへ行ったのかな?」

    3日目 (50)

    それぞれのチームがお昼に河口湖畔の食堂に集合。

    3日目 (54)

    最後の昼食を味わう。

    3日目 (55)

    山梨名物の「ほうとう」が美味い!

    3日目 (57)

    ここではお約束通り
    料理長チームの寸劇がある。

    「それって、台本通り・・・・?」

    3日目 (59)

    ハプニングがありつつも
    大いに楽しんだのだった。

    そして長いようで短い慰安旅行も
    そろそろ終わりが近づいてきた。

    あと一話続く。

    ブラス慰安旅行 2019 熱海山梨 その8

    それぞれのバスにはガイドがいて
    バスの中で飽きさせない。

    バーベキュー0014

    「全国でトップクラスのバスガイドさんです!」(笑)

    そしてどうやら「F4」から映像が届いた。

    バーベキュー0016

    「なんですか、F4って・・・」


    バーベキュー0020

    「はい、単にウチの若手アイドルグループ?です」


    バーベキュー0022

    「厨房新人の冬登は確かにいい男だな」

    バーベキュー0028

    「先輩だから肩を抱くのも遠慮しとるな」

    バーベキュー0030

    「サービスエリアでの軽いお遊びだけど
    やる時はビシッとやらんとな」


    バーベキュー0033

    つかの間の自由時間を楽しみ

    バーベキュー0035

    次の目的地へ向かう。

    バーベキュー0039

    僕が山梨県に昔から運営している施設があるのだ!

    バーベキュー0041

    というのはもちろん嘘で
    400名全員でバーベキューができる会場を探したら
    ここに行きついたとのこと。

    バーベキュー0046

    乾杯前にF4のライバル「デブ4」が現れた!

    バーベキュー0049

    その抗争を止めるべく金八先生まで登場し

    バーベキュー0051

    仲良く乾杯だ!

    バーベキュー0055

    これからの活躍が楽しみな
    新しいグループが結成されたのだった。

    バーベキュー0066

    「火起こしは慎重かつ大胆にね」

    バーベキュー0071

    料理人が100名以上いるから
    ウチのバーベキューはベストの焼き具合で
    お肉も野菜も出てくるのだ。

    バーベキュー0077

    それぞれの班で美味しいお酒を飲み
    疲れた体に栄養を補給する。

    バーベキュー0081

    そして「新入社員の名前ビンゴ」へ突入する。

    バーベキュー0082

    「みんな、新入社員の名前とニックネームを覚えてるか〜」

    なぜか仲良し同期マネージャーコンビが仕切る。

    バーベキュー0088

    見事に当てた、ビンゴチーム。

    バーベキュー0089

    「意外なチームが当てたな」(笑)

    バーベキュー0090

    社員全員の名前を覚えるのは
    ブラス全員の約束事だ(大変だけど)

    バーベキュー0092

    そして慰安旅行二日目の夜といえば
    達明バンドのライブ!!

    バーベキュー0095

    「完璧な準備をしてくれた裏方の皆さんと
    盛り上げてくれたみんなに感謝、感謝しかない」

    バーベキュー0094

    ドラムスはカメラマンのアシベ。

    バーベキュー0098

    バイオリンは円熟の技術でバンドを支える
    しほ(結婚おめでとう)

    バーベキュー0115

    何年も一緒に歌っていると
    ピッタリとハーモニーを合わせてくる、奈保(結婚近し)

    バーベキュー0106

    いつもバンドを陰で支えてくれる
    雄太郎とこの日はミスチルを熱唱する。

    「HANABIが上がったな〜」

    バーベキュー0101

    ヒカルとアキのダンスペアも華を添えてくれた!

    バーベキュー0126

    ブラスセクションまでバンドに引き入れるとは
    アマチュアではウチぐらいだ。
    (ブラスという名前を付けてよかった)

    バーベキュー0124

    寺島先生のピアノはもう、天才的というほかない。

    バーベキュー0099

    いい年して夢のバンド活動を
    やり続けられることに感謝だ。

    バーベキュー0127

    スクリーンまで用意してもらい

    バーベキュー0133

    ダンス部全員で踊ってもらい

    バーベキュー0137

    花火まで上がり

    バーベキュー0140

    クノールも泣いたし

    バーベキュー0143

    「幸せです」

    バーベキュー0149

    「達明バンドメンバーも、いつもありがとう!」

    バーベキュー0152

    しっかりと片づけをして

    バーベキュー0162

    二日目の宿泊地へ向かったのだった。

    もう少し続く。

    ブラス慰安旅行 2019 熱海山梨 その7

    バレーの次の種目は「二人三脚リレー」

    運動会0117

    タイムレースで順位を競う。

    運動会0122

    シンプルながら燃えるレースだ。

    運動会0128

    男女の組み合わせをどうするかも
    勝敗を分けるポイントだ。

    運動会0131

    「デブ同士は、キツイかも・・・」(笑)

    運動会0133

    やっと昼休みへ。

    バスのクイズ大会で勝ったチームは
    ミスターXからの豪華弁当!

    運動会0139

    負けたチームはセコイ弁当だ(笑)

    運動会0145

    でも、運動会のお弁当は美味しい!

    運動会後半 (2)

    休憩中も何かをするのが、ブラス!

    スラムダンクの先生?が出てきて
    恒例の支配人対決へ進む。

    運動会後半 (3)

    フリースロー対決だ。

    運動会後半 (5)

    「外したらマイナスポイントで
    入ったら大幅プラスだぞ、支配人たち」

    運動会後半 (6)

    「これは、デブ有利か」

    運動会後半 (7)

    「本番は中々入らんな〜」

    運動会後半 (9)

    「こらっ、元Jリーガーでも足では入らんだろ」

    運動会後半 (10)

    奇跡的に入った、智行専務。


    運動会後半 (11)

    日頃、どんくさい支配人が入れる!

    運動会後半 (14)

    マイケルジョーダンを神と崇める僕は
    絶対に入れるしかない。

    運動会後半 (15)

    「勝負弱い自分に、喝だ〜」

    運動会後半 (16)

    森カナが奇跡のシュートを決めて
    お昼の出し物は終了。

    運動会後半 (17)

    支配人一座のみなさん大変お疲れ様。

    運動会後半 (19)

    午後一は運動家の華「玉入れ」

    運動会後半 (21)

    どううやら、球拾いが勝敗を分ける。

    運動会後半 (22)

    もちろん気合の入った応援もね。

    運動会後半 (24)

    元プロバスケ選手のジョイに
    ひたすら球を渡すオレ。

    運動会後半 (25)

    沢山の玉を一度に投げるのがポイントだと
    ネットに書いてあったし。

    運動会後半 (27)

    そして伝統の大縄跳び対決へ。

    運動会後半 (26)

    これこそ、心を一つにしないとね。

    運動会後半 (29)

    ひとりの心が折れたら
    引っ掛けること間違いなし。

    運動会後半 (30)

    本社Bチームは苦しい選手構成だ。

    運動会後半 (31)

    千両役者の丹羽シェフは今年も健在だった。

    運動会後半 (33)

    倒れながらも飛び続ける!

    運動会後半 (38)

    団結する姿がイイね!

    運動会後半 (40)

    そして仮装とつま恋スタンプリレーと
    この運動会のポイントを合わせた
    総合の順位発表へ進む。

    第三位はクルヴェット名古屋。

    「毎年、強いね〜」

    運動会後半 (43)

    昔は強かったブランベージュが久々の復活二位!

    運動会後半 (44)

    優勝はマンダリンアリュール!

    運動会後半 (45)

    いつの間にか、するするっと優勝をかっさらったのだった!

    運動会後半 (48)

    激闘の運動会を終えて
    ブラスオールスタッフは次なる決戦の地へ旅立った。

    運動会後半 (50)

    平均年齢の高い本社チームは特に
    足を引きずりながらもバスに乗り込んだ。

    運動会後半 (51)

    もちろん、Bチームも同じく(笑)

    慰安旅行ブログは続くけど
    早く書かないと次が控えてるのでやや焦っている。

    続く。

    ブラス慰安旅行 2019 熱海山梨 その6

    二日目は午前8時に集合して出発。

    「眠い・・・」

    今年は特にハードスケジュールだ。

    運動会0007

    それでもみんな元気!

    運動会0001

    「伝統ある、いいホテルでした〜」

    運動会0009

    そして二日目のバスは同期ごとに乗車。

    運動会0011

    迷わないためと様々な交流を図るため
    毎日座席は決まっているのだ。

    運動会0012

    この日もそれぞれのバスに
    「ドクターX」からの挑戦状が届く。

    運動会0022

    勝ったチームは、豪華弁当なのだ!

    運動会0024

    そして着いた先は
    「草薙総合運動公園・このはなアリーナ」

    なんと東静岡にあるウチのラピスアジュールの
    すぐお隣にあるのだ。

    「ほとんど地元です・・・」(笑)

    運動会0025

    外は小雨が降っている。

    昨年は屋外の陸上競技場で
    久々の運動会をしたが
    今年はアリーナだけの開催を選択した
    幹事チームの予想はスゴイ!

    運動会0023

    素晴らしく立派なアリーナで
    慰安旅行恒例の大運動会を行う!

    運動会0029

    まずは選手宣誓を14期男子チームが担当。

    運動会0032

    さらに国歌斉唱。

    新しく結成した「ブラスアカペラ部」が
    美しいハーモニーで君が代を歌う。

    運動会0033

    ホントに感動したのだった。

    運動会0037

    ラジオ体操もしっかりと!

    運動会0039

    それにしても、大きいアリーナだ。

    目的がはっきりしないアリーナは
    使い道がなくて大変そうだ・・・。

    運動会0050

    すぐにバレー対決が始まる。

    運動会0059a

    まずは予選リーグを戦い
    決勝トーナメント進出を目指す!

    運動会0060aa

    昨年、大変なことになった服部シェフ。

    「今年は勘弁してよ」

    運動会0065a

    毎年同じルールだから
    最初の配置とスタートダッシュが大切。

    運動会0065b

    あとはしっかりとサーブを入れたチームが勝つ。

    運動会0069

    采配を振るいつつ
    自分で決めに行くこともリーダーの仕事。

    運動会0073

    あとは声を出してチームワークを高めるのみ。

    運動会0077a

    「燃えるね〜、バレーは」

    運動会0085

    4面のコートを使って熱戦を繰り広げる。

    運動会0097

    「本社Aチームは高年齢なのに
    決勝トーナメント進出だ〜」

    運動会0108

    しかし、準決勝でなぜか
    かほるにボールが集まる・・・。

    運動会0107

    かほるの珍プレーで
    決勝への道は途絶えたのだった(笑)

    運動会0111

    激闘の末に勝ったのは
    どこだっけ・・・?

    運動会0114

    とにかく全員参加のバレーは
    童心に帰って燃えに燃えるのだった。

    激闘はまだまだ続く。

    ブラス慰安旅行 2019 熱海山梨 その5

    午後6時30分に大宴会スタート!

    1日目後半 (22)

    「あっ、危ない・・・」

    そろそろ引っ掛けて鍋をぶちゃかすかも。

    でもジャンプはこだわりなのだ。

    1日目後半 (24)

    「では、仮装大賞の発表です」

    1日目後半 (25)

    第三位が「佐川急便のアリュール」

    第二位が「お茶摘みのレマン」

    一位が「舞子はんのクルヴェット」

    とにかく激戦だった。

    そして乾杯準備へ。

    1日目後半 (26)

    「最近は定番だな、このくだりは」

    1日目後半 (27)

    優さんを引っ張り出して

    1日目後半 (29)

    乾杯。

    1日目後半 (30)

    「まずはしっかり食べないとね!」

    1日目後半 (33)

    後楽園ホテルさんのサービス精神に頭が下がる。

    1日目後半 (34)

    400人前をすいすいと運びきるのは大変だから。

    1日目後半 (36)

    そして「撮影大会」の結果発表へ。

    審査委員長はアシベカメラマンだ。

    1日目後半 (36)フォトジェニック対決MCT2位

    第三位は「ミエルシトロン」

    1日目後半 (36)フォトジェニック対決bB3位

    第二位は「ブランベージュ」

    1日目後半 (37)フォトジェニックBD対決1位

    一位は「ビードレッセ」

    いい企画だったね〜。

    1日目後半 (38)

    選抜余興大会のオープニングは
    「ダンス部」

    今、ブラスで一番充実している
    部活動であることは間違いない!

    1日目後半 (41)MCT

    そして選抜チームによる余興大会へ。

    1日目後半 (44)AP

    「ウチは料理長たちも出るからね〜」

    1日目後半 (46)BRO

    冷静に審査をしたつもりだけど
    ちょっと酔ってたかな・・・。

    1日目後半 (49)BLN

    結婚式本番でも披露するレマンダンス。

    とてもイイ!

    1日目後半 (50)

    なぜか「虎とエバタ」の新ネタがあり

    1日目後半 (54)

    つなぎの役者たちも健在だ。

    1日目後半 (55)

    「最近このネタに凝ってるね、大ちゃん」

    1日目後半 (52)RA

    みんな着替えが大変だから
    慰安旅行の荷物が多いこともうなずける。

    1日目後半 (59)HB

    「なんで二泊三日なのに、そんなに多いの?」

    と、よく聞かれるから。

    1日目後半 (61)RB

    ルージュはとうとう「アラジン」を出した!

    1日目後半 (62)

    後楽園ホテルで働くこの夫婦は
    静岡のラピスアジュールで結婚式を挙げた。

    「わざわざ会いに来てくださり、ありがとうございます!」

    1日目後半 (64)RB

    激闘を制したのは文句なしに「ルージュブラン」

    貫禄の勝利だ。

    1日目後半 (65)

    あっという間の大宴会が終わり
    集合写真へ。

    1日目後半 (66)

    「全員での宴会はもう限界です」と、よく聞くけれど

    「壁をつくっちゃダメ」

    工夫次第でまだまだやれると思うのだ!

    一膳を二人で分け合うとかね(笑)

    1日目後半 (72)

    すぐに大カラオケ大会へ。

    1日目後半 (74)

    曲順は全部決まってるから
    東武トップツアーさんも参戦するしかない!

    1日目後半 (81)

    特設会場に入れ代わり立ち代わり
    歌い手が入ってくる。

    1日目後半 (82)

    料理長チームの18番は何度聞いていもイイ!

    49c0c734-999

    2期生トリオもご苦労さん。

    1日目後半 (84)

    カラオケの機械がオーバーヒートしたところで終了。

    1日目後半 (85)a

    あとは一番楽しみかもしれない
    締めのラーメン店へ。

    1日目後半 (86)

    「広いから全員がしっかり食べれるね〜」

    1日目後半 (68)

    そんなこんなで熱海の夜は更けていった。

    続く。

    ブラス慰安旅行 2019 熱海山梨 その4

    つま恋をあとにした僕らは
    バスを連ねて熱海方面へ向かう。

    当然、眠ることは許されない。

    1日目後半 (1)

    それぞれのバス内で映像を使い
    同じクイズで対決をするのが恒例行事の一つだ。

    1日目後半 (2)

    「今年も、出た!」

    ドクターXからの挑戦状だ。

    1日目後半 (6)

    あまりのくだらなさに、眠気も吹っ飛ぶ(笑)

    1日目後半 (18)

    ブラスの事情をここまで調べ上げるとは
    さすがドクターXだ。

    1日目後半 (5)

    それでも、Xからの難問を次々にクリアする。

    1日目後半 (7)

    服部シェフじゃなくて
    スーさんはホントに物知りだね〜。

    1日目後半 (19)

    それぞれのバスで大いに盛り上がったとのこと。

    1日目後半 (9)

    ドクターXとエビザベスの名コンビに
    今年も感謝だ(よく撮影したな・・・)
    1日目後半 (10)

    そしてついた先は日本一の吊り橋がある
    スカイウォーク。

    1日目後半 (13)

    「晴れていたら、富士山がドーンと見えるのにな〜」

    1日目後半 (15)

    ココでのミッションはそれぞれのチームで
    インスタ映えする写真を撮ること。

    1日目後半 (17)

    つり橋と富士山を入れることがルールだ。

    1日目後半 (16)

    審査委員はカメラマンだから
    各店ともに趣向を凝らす。

    つかの間の写真タイムを楽しんで
    今日の宿泊地である熱海へ向かう。


    1日目後半 (20)

    「おっ、有名な熱海後楽園ホテルだ」

    午後6時前に僕らはホテルに到着した。

    「みなさん、宴会場に集合する時間は6時半です」

    幹事から非情の案内がある。

    またも温泉に来たのに、温泉に入れない。

    慰安にならない慰安旅行の面目躍如なのだった。

    続く。

    ブラス慰安旅行 2019 熱海山梨 その3

    すぐに広大な敷地を使っての各店対決が始まる。

    1日目前半 (21)

    幹事チームが「つま恋オリジナルゲーム」に
    改良を重ねたスタンプラリークイズの始まりだ。

    1日目前半 (20)

    持ち時間は90分。

    遅刻は減点になるから
    最初の綿密な計画が勝負を分ける。

    1日目前半 (22)

    そしてチェックポイントに向かって繰り出す!

    1日目前半 (23)

    「つま恋は広いわ〜」

    1日目前半 (24)

    「あったぞ〜」

    フェイクも他のチームを惑わすのだ。

    1日目前半 (29)

    チームは全員一緒に行動するのがルール。

    1日目前半 (30)

    「いきなりハードだねぇ〜」

    1日目前半 (32)

    それでもやり始めると燃える。

    1日目前半 (34)

    「こんな上にチェックポイントがあるとは・・・」

    1日目前半 (35)

    銭形警部も走るしかない!

    1日目前半 (25)

    憩いの場では水分補給が大切。

    1日目前半 (27)

    沖縄物産展で一息つき
    それぞれのチームがゴールへ向かう。

    1日目前半 (39)

    「お昼ご飯だ〜」

    1日目前半 (42)

    マネージャーチームが乾杯の音頭を取り
    やっとやっと一息ついたのだった。

    1日目前半 (37)

    「ご褒美はビールで〜す」

    これだけが楽しみですと
    シェフチームがつぶやく(笑)

    1日目前半 (38)

    「しっかりとエネルギーを補充しないとね!」

    1日目前半 (43)

    この幹事チームの綿密な計画を立てた上で
    400名を導く力に脱帽だ!

    でも、まだまだ旅行は始まったばかり。

    幹事チームが恐れおののく事件が起こるのは
    これからだと、この時点ではまだ知らないのだった。く。
    __カレンダー見出し

    カレンダー

    月別アーカイブ
    __カテゴリー見出し

    カテゴリー

    __リンク一覧
    __その他