prev

next

123
  • __プロフィール
    __最新コメント見出し

    最新コメント

    最新コメント
    __新着記事見出し

    新着記事

    __ブラスグループ見出し

    ブラスグループ

    オリゾンブルー
    ラピスコライユ

    静岡県沼津市のゲストハウスウエディング「オリゾンブルー」

    オリゾンブルー

    _ラピスコライユ

    ラピスコライユ

    ラピスコライユ

    静岡・清水駅近くのゲストハウスウエディング「ラピスコライユ」

    ラピスコライユ

    _ブランリール大阪

    ブランリール大阪

    ブランリール大阪

    大阪駅・梅田駅近くのゲストハウスウエディング「ブランリール大阪」

    ブランリール大阪

    __ミエル ココン

    ミエル ココン

    ミエル ココン

    三重県津市のゲストハウスウエディング「ミエル ココン」

    ミエル ココン

    __ミエル シトロン

    ミエル シトロン

    ミエル シトロン

    三重県四日市市のゲストハウスウエディング「ミエル シトロン」

    ミエル シトロン

    __クルヴェット名古屋

    クルヴェット名古屋

    クルヴェット名古屋

    愛知県名古屋市のゲストハウスウエディング「クルヴェット名古屋」

    クルヴェット名古屋

    __ラピスアジュール

    ラピス アジュール

    ラピス アジュール

    静岡県静岡市のゲストハウスウエディング「ラピス アジュール」

    ラピス アジュール

    _ラピスアジュール RSS
    __マンダリンアリュール

    マンダリン アリュール

    マンダリン アリュール

    静岡県浜松市のゲストハウスウエディング「マンダリン アリュール」

    マンダリン アリュール

    マンダリンアリュール RSS
    __ヴェルミヨンバーグ

    ヴェルミヨンバーグ

    ヴェルミヨンバーグ

    愛知県 名古屋市 丸の内のゲストハウスウエディング「ヴェルミヨンバーグ」

    ヴェルミヨンバーグ

    ヴェルミヨンバーグ RSS
    __ブルーレマン名古屋

    ブルーレマン名古屋

    ブルーレマン名古屋

    愛知県名古屋市のゲストハウスウエディング「ブルーレマン名古屋」

    ブルーレマン名古屋

    __ルージュブラン

    ルージュブラン

    ルージュブラン

    愛知県一宮市のゲストハウスウエディング「ルージュ:ブラン」

    ルージュブラン

    ルージュブラン RSS
    __オランジュベール

    オランジュ:ベール

    オランジュ:ベール

    愛知県日進市のハウスレストラン「オランジュ:ベール」

    オランジュ:ベール

    オランジュベール RSS
    __ブルーブラン

    ブルー:ブラン

    ブルー:ブラン

    愛知県岡崎市のゲストハウスウエディング「ブルー:ブラン」

    ブルー:ブラン

    ブルーブラン RSS
    __ブランベージュ

    ブランベージュ

    ブランベージュ

    愛知県安城市のゲストハウスウエディング「ブラン:ベージュ」

    ブランベージュ

    ブランベージュ RSS
    __マンダリンポルト

    マンダリンポルト

    マンダリンポルト

    愛知県常滑市のゲストハウスウエディング「マンダリンポルト」

    マンダリンポルト

    マンダリンポルト RSS
    __ヴェールノアール

    ヴェールノアール

    ヴェールノアール

    岐阜県羽島市のゲストハウスウエディング「ヴェールノアール」

    ヴェールノアール

    ヴェールノアール RSS
    __ルージュアルダン

    ルージュアルダン

    ルージュアルダン

    愛知県豊橋市のゲストハウスウエディング「ルージュアルダン」

    ルージュアルダン

    ルージュアルダン RSS
    __アージェントパルム

    アージェントパルム

    アージェントパルム

    愛知県豊田市のゲストハウスウエディング「アージェントパルム」

    アージェントパルム

    アージェントパルム RSS
    __ミエルクローチェ

    ミエルクローチェ

    ミエルクローチェ

    三重県鈴鹿市のゲストハウスウエディング「ミエルクローチェ」

    ミエルクローチェ

    ミエルクローチェ RSS

    我らのヒーロー

    今年のブラスの慰安旅行の行先は
    「北陸」に決まった。

    4月の新入社員歓迎温泉旅行で発表し
    全社員から落胆のため息が出た・・・。

    09
    「おいコラッ、北陸をなめたらアカンぜよ」

    本社幹事チームはすでに
    様々な企画を立て準備に余念がない!

    そして早くも福井の永平寺へ
    お笑いの刺客を送っていたのだ。

    IMG_4116
    「修行僧に成りすますとは
    さすが板さん!!」

    慰安旅行でのサプライズ登場と言えば
    板さんの右に出る社員はいない。

    しばらく療養していたが
    7月には全開で僕らを笑わせてくれるだろう。

    「板さん、僕らの為に修業してくださいね〜」


    PS.
    今日は絶景のリゾート地を視察。

    IMG_4118
    「ココしかない!」

    大きな一歩を踏み出した。

    これも乞うご期待!!

    会議について

    それぞれの会社で会議のやり方がある。

    「長時間の会議は無駄」
    という風潮があり

    「いやいやウチは一日中やりますよ」
    長時間会議にこだわる会社もある。

    長くとも短くとも
    充実した時間を参加メンバーでつくり
    決めるべきことをビシッと決められれば
    いい会議だと思う。

    当然ながら、議長の役割は大きい。

    結婚式の司会者さながらに
    時間の管理をしながら会議を進め
    参加者に発言を求めていく。

    「発言を求める」

    これが重要なのだ。

    「発言をしない会議など
    参加する価値がない」

    発言をしようと思ってないと
    頭の中が会議以外のことで占められていくし。

    「今晩、なに食べようかな」

    会社員時代に自分自身が経験してきただけに
    表情を見ていればすぐにわかる。

    議長が指名をして発言を促すのも大事だが
    若手は特に遠慮している時じゃない。

    そう

    「どんどん口を挟もう!」

    意見があるならアピールすべきだろう。

    できる限り早口で
    機関銃のように話せば時間の節約にもなるし
    自分自身の訓練にもなる。

    会議で話が遅い人は
    全員の時間を奪いますから。

    ま、考えているフリをして
    まったく考えていない中堅社員は
    会議に一番参加して欲しくないですけどね。

    しっかりとした準備をして
    発言が飛び交う活気あふれる会議をしよう!!

    プレゼントブログ 一部上場記念

    一部上場を記念して
    ブログ読者の皆さんに感謝の気持ちを込めて
    プレゼントをしようと決めていた。

    「もちろん今回も、プレゼントありですよね!」

    そんな声もわずかながらブログファンから
    聞こえてきたし。

    ところがあっという間に月日は流れ
    ゴールデンウィークも明けてしまった・・・。

    「いかん、早くしなくては」

    ということで

    「東証一部&名証一部への
    ダブル上場記念プレゼントをします!!」

    賞品は毎度のことながら
    社員全員が持っている「上場記念グッズ」

    今回は「4月7日=横綱上場」ということでコレを作った。

    IMG_3615
    「意外に好評なんです」

    お掃除する時や整理整頓をしたい時など
    サッとこれを装着するだけで
    作業がグングンはかどるのだ。

    0572
    「案外、カッコいいでしょ!」

    さて、応募はカンタン。

    このメールアドレスに住所と氏名を書いて送るだけ!

    brasspresent@yahoo.co.jp

    できれば「激励の言葉」でも添えていただくと
    ムチャクチャうれしい。

    締め切りは5月19日(金)

    ちなみに賞品が届いたら当たりで
    届かなかったらハズレです。

    「大丈夫、余分に作りすぎたので
    応募すれば当たるはずです」(笑)

    うれしいことに今までのプレゼントグッズを
    すべて持っている夫婦もいる。

    ちなみに応募は
    ブログ読者であれば社員の家族でも友人でも
    もう誰でもOKです。

    沢山の応募を待ってます!

    踊る、新入社員

    今週から新入社員が現場に入った!

    新入社員が来ることを
    今か今かと待ち焦がれていただけに
    どのお店も活気づいている。

    待っていたということは
    すぐに仕事があるということ。

    「これは一番いいことなんだよ」

    だって一番辛いのは仕事がないことだから。

    プランナーも厨房も現場は立ち仕事であり
    慣れない子にとってはキツイだろう。

    だからこそ、先輩たちが期待しているのは
    ガムシャラに突き進む姿だと思う。

    そんな姿勢を前面に出す子もいれば
    闘志を内に秘めて黙々と働く子もいる。

    「先輩たちはしっかり見てるからね」

    それでも

    「こんなはずじゃ、なかったのにな〜」

    理想と現実に挫けそうにもなる。

    「そりゃ仕事だから、楽なことはないよ」

    そんな時は
    「結婚式というハレの日の仕事をしている」
    この幸運に感謝して欲しい。

    どんな仕事も世の中の役に立っていて
    ささいな仕事でも回りまわって
    目の前の人の幸せにつながっている。

    だけど涙を流して
    「ありがとう」と言ってもらえる仕事なんて
    この世にそんなにないのだから!

    「踊れ!新入社員たち」

    IMG_3836
    僕が言うまでもなく
    早くも恋ダンスをしっかりと踊ってた。

    「さすが、ブラスの新入社員たち」

    遠慮なく突き進んで欲しい!

    新入社員歓迎温泉旅行 2017

    新入社員研修の仕上げは
    今年も歓迎温泉旅行に社員全員で行く。

    月曜日の17時。

    IMG_3207
    あらゆる交通手段を使って
    愛知県蒲郡市にある「ひがきホテル」に
    続々とブラスメンバーたちが集まってくる。

    IMG_3178
    名古屋エリアはバスで移動。

    「ほとんど遠足気分です」

    そして温泉に入る時間もなく
    毎年のことながら余興の練習へとすすむ。

    02
    「では今年も盛り上がっていきましょう!!」

    05
    13期生を全力で歓迎するために
    乾杯隊もパワーアップだ。

    06
    「13期生は一瞬たりとも気を抜かないように」(笑)

    08
    「みなさん、短い時間ですが
    しっかりと食べてください!」

    総務部から細かい指示が飛ぶ。

    当たり前のことを
    大真面目に伝える姿が微笑ましい。

    そして余興大会の冒頭は
    本社旅行チームから慰安旅行の行先発表だ。

    09
    「ウソ〜っ、北陸なの・・・」

    どよめきと落胆?の声が上がる。

    またも北海道への夢は消え
    ブラスご一行はすぐそこの北陸地方へと
    旅立つことに決まったのだった(笑)

    12
    温泉旅行の余興の決まりは
    同期ごとにチームをつくること。

    13
    厨房チームは特別編成で!

    14
    「毎年同じネタのような気もするけどね〜」

    18
    ここで新人に存在をアピールする
    「ハンバーグ江端」も登場。

    15
    「同期の桜はやっぱりイイね〜」

    19
    新入社員57名の余興も決まりフィナーレへ。

    23
    「今年も、なんとかやり切ったナ」

    採用チームの面々もホッとする瞬間だ。

    27
    そして例のように例のごとく
    セットリストがビシッと決まっている
    大カラオケ大会へとすすむ。

    さらに飲み部屋で延々と飲み続け
    夜は更けていったのだった。

    「ひがきホテルさん、今年も大変お世話になりました。
    来年も帰ってきます」

    新入社員研修最終日 2017

    新入社員研修チームは入社式から今日まで
    並々ならぬ力を研修に注いできた。

    その前の研修の構成から
    講師の選抜等々を含めると膨大な仕事量だ。

    そして毎年毎年トライアンドエラーをすることにより
    オリジナルの研修を作り上げてきたことが
    自画自賛になってしまうけど素晴らしいと思うのだ。


    そんな研修の最終日の最終コーナーは
    57名全員が講師と同期に向かってスピーチをする時間。

    IMG_2745
    「脱落者は、今年は5人か〜」(笑)

    そんな冗談を言える雰囲気じゃない。

    人は思いを言葉にする時
    なぜか涙が溢れてくる。

    IMG_2884
    男も女も関係なく
    「ダメだ、泣いたら」
    と思えば思うほど涙を止められない。

    ま、僕レベルになると
    平気でウソ泣きをしますが…(笑)

    IMG_2946
    「それにしても、いい泣きっぷりだな〜」

    この研修期間でそれぞれが成長したからこそ
    持ち時間は3分だと言っているのに長くなってしまうのだろう。

    IMG_3024
    これからもどうか恐れずに
    自分自身の言葉を獲得していって欲しいものだ。

    IMG_3026
    ラストは新入社員の一人が
    ずっと撮りためてきた写真をスライドにして上映。

    IMG_3092
    「これがブラスのプランナー魂だ」

    想いを形にするのが
    ウェディングプランナーの仕事だから!

    IMG_3109
    講師チームへのサプライズも決まり
    13期生の研修は終わった。

    IMG_3134
    「狙った獲物は外さないゴルゴ13期生の諸君。
    少しのライバル心を持ちながら共に成長しよう」

    そして一年目にしかない輝きを
    それぞれの配属店で放ってくれ!

    東証一部と名証一部に上場!

    東証一部上場の日の朝は
    一年前のマザーズ上場日と同じく雨。

    朝一の新幹線に乗って

    「雨の日の結婚式は2倍がんばる」

    というブラスの合言葉を再び思い出す。

    「無事に上場日を迎えたのだから
    これからも雨の日のように2倍がんばれ」

    そんなメッセージかと思う。

    もう何度も足を運んでいるから
    東京証券取引所の重厚な建物とやや重い雰囲気にも慣れた。

    15階にある役員室での面談も
    二度目なら緊張感も少ない。

    「4月1日のブログを見ましたよ。
    空前絶後の鐘を鳴らしてください」(笑)

    東証の役員さんから笑顔で言われれ
    ちょっとビビる・・・。

    そして東証ホールへと向かう。

    0151
    これを見ると実感が沸いてくる。

    0167
    ブラス社員が待つスペースへ
    エスカレーターで降りていくこの瞬間が
    社長としての至福の時だ。

    0238
    結婚式屋らしくビシッと並び
    ブーケとブートニアを持って記念撮影。

    そして一段と高い場所にある
    上場の鐘を鳴らしにいく!

    0352
    「出るか!エアー達明」(笑)

    0362
    警備員の方が
    「いや〜、久しぶりにいい音を聞いたよ」
    と、言ってくれたとのこと。

    我ながら大満足なのだった!

    0371
    智行&鷲野の取締役コンビは
    「ヨイショ、ヨイショ、ヨイショ」の鏡開き打法だ。

    0415
    これにビビった本社代表の
    江端&やすコンビは「ハンバーグ打法」で応戦。

    0419
    お得意の「じゅー」ポーズで決める(笑)

    0441
    シェフチームを代表して
    かつ&マスヤが料理人らしくビシッと打つ。

    0453
    ラストはプランナーを代表して
    二期生の西川&温子スーパーコンビが華を添えた。

    0497
    一部の鐘は感動もひとしおだ。

    ホッと一息ついてロビーへ。

    この日の為に極秘でつくった
    4月7日=横綱の日にちなんでデザインした
    記念品をみんなに披露する。

    0544
    「ヨコヅナ上場前掛け」だ!!

    0572
    なぜか「寿司ざんまい!」

    でも意外にカッコいい。

    19年前に会社をつくった時
    まさかブラスが東証一部上場企業になるとは
    夢にも思わなかった。

    「幸運の女神が微笑み続けたから
    ここまで成長できました」

    どう考えても運が良かったとしか言えない。

    それでもやはりここまでついてきてくれた
    ブラス社員に一番の感謝の気持ち伝えたい。

    様々な理由で惜しくも退社はしたけど
    成長の原動力になった元社員にも。

    さぁ、ここまで来た以上
    やらなければならない使命がブラスにはある。

    「日本中に笑いと涙の結婚式を広げよう!」

    ブラスの結婚式を待っているカップルが沢山いると信じて
    これからも謙虚な気持ちで成長し続けることを約束します。

    会社説明会 2017

    ブラス成長の原動力を一つ上げろと言われたら

    「ハウスウェディング事業を始めた年から
    新卒採用活動を懸命にしてきたことです」

    と、答える。

    社員が10名未満の
    小さな結婚式会社ブラスの未来を信じて
    新卒一期生が10名も入社を決めてくれたことが
    向かうべき道筋を決めた。

    そりゃ無理して思い切って採用したのだけど
    そこには目に見えない力が働いたのだと
    13年前を振り返って思う。

    「並々ならぬ、思い入れと歴史があるのです!」

    IMG_1539
    先週から始まった会社説明会で僕は力説している。

    IMG_1424
    総力を結集して会社の魅力を伝えることが
    ブラスの伝統。

    IMG_1455
    説明会の聖地である名古屋駅前のミッドランドホールでは
    毎年ブラスバンド部の演奏をしている。

    IMG_1498
    IMG_1505
    ズラリと社員が参加するのも
    数ある企業の中からブラスの説明会に来てくれた
    就活生諸君への感謝の気持ちの表れだ。

    IMG_1589
    伝えたいことを伝えるのは
    カンタンなことじゃない。

    IMG_1654
    新人もベテランも自らの経験を
    語ることが大切だと思う。

    IMG_1676
    ブラスの社員構成の半分は
    シェフチームなら料理長が語ることも大事。

    IMG_1479
    僕たちの心意気が伝わったなら
    なによりうれしい!

    IMG_1685
    そして今年も自画自賛だけど
    素晴らしい説明会用の映像作品ができた。

    説明会は静岡から東京へ
    そして大阪からホーム名古屋へと続く。

    「ブラス仲間探しの旅」はここからが本番だ。

    採用チームを中心に全社員で立ち向かいましょう!!

    虎の穴 2017

    月曜日の入社式の午後から
    すぐに新入社員研修が始まった。

    初めの講義は「ブラスの歴史」

    当然ながら一番初めから現在までを語れるのは
    僕ひとり。

    ということは初期の頃の話しを
    思いっきり美化しても誰にもわからない(笑)

    「なので、ほとんどが僕の創作です」

    というのは嘘だけど
    人は大なり小なり想い出を美しくするもの。

    「毎年話してますけど
    毎年毎年違う話しになるんです」

    ま、今が良ければ過去も良くなるもの。

    今年も自分でも思わぬ話しが飛び出し
    あっという間の2時間だった。

    そして翌日からは浜名湖で合宿が始まった。

    ブラス新入社員合宿は別名「虎の穴」

    そう、伝説のアニメ「タイガーマスク」で
    主人公の伊達直人が孤児院からスカウトされ
    悪役レスラーになるために
    地獄の特訓を受ける場所の名前だ。

    火曜日の初日にカツを入れに行く。

    IMG_3806
    「くそ〜、今年も虎の穴とは程遠い
    浜名湖ロイヤルホテルだ」

    初日だから当たり前だけど
    みんな元気一杯だ!

    そして僕は今年も4時間かけて
    全員の「人生の分岐点」をスピーチ形式で聞いたのだった。

    IMG_3801
    毎年レベルアップしている研修内容は
    この業界で唯一無比だと自慢できる!

    なので講師陣が一番疲れるのは間違いない。

    「頼むぞ!採用チームの面々」

    IMG_3797
    「13期生のみんな、昼はビシッと学び
    夜は同期の桜と大いに語り合おう」

    それがブラスの虎の穴だ。

    どんな時も 2017

    ブログタイトルに「どんな時も」と書いた時
    きっと過去に書いた気がすると思ったら
    やっぱり書いていた。

    ま、読者のみなさんは 
    まったく気にならないとは思いますが・・・。

    それにしてもマッキーの「どんな時も」は
    名曲中の名曲だ。

    そしてマッキーの「GREEN DAYS」
    知らず知らずのうちにブラスのテーマソングになった。

    「わからないことだらけでも、ホントのこと探していこう」

    まさに明日入社してくる
    新入社員にピッタリの言葉だ。

    で、それとは全く関係ないのだが
    どんな時も僕らは結婚式屋魂を忘れてはならない。

    先週の金曜日はブラス本社の
    「広報部卒業式」という名の送別会を開催した。

    IMG_3845
    さよは新卒6期生として入社し
    なぜか新店舗ができる度に指名を受け
    3店舗を経験したというプランナーだ。

    パートナー企業の社員と結婚してからも
    本社の広報部で屋台骨を支えてくれた。

    もう一人は広報のオーティー。

    浜松から本社へ移籍して一年。
    再び地元トヨタでウェディングプランナーに復帰するのだ。

    この季節はいろんな卒業があり
    それを祝う会が花盛りだ。

    IMG_3842
    そして僕らはどんな時も
    何かを仕込み、大いに盛り上げる。

    IMG_3837
    「谷村、剣士の声が出てたぞ!」

    IMG_3840
    各店の若いパワーに負けじと
    やや平均年齢が高い本社の卒業式も
    大いに盛り上がったのだった!


    PS.
    image1
    オランジュを筆頭に始まった
    今期の達成ディナー会。

    「フグ、美味し!!」

    各店共に、どんどん企画してくださいね〜。

    ネイティブ司会者

    春ですね、もう間違いなく春だ。

    28年連続して、キッチリと花粉症も発症したし(泣)

    それにしても今年から取り組んでいる
    「生産性アップ」に花粉症は大敵だナ。

    目がワァ〜っとかゆくなると
    「もう何にも手につきましぇ〜ん」だ。

    こんなに花粉が飛びまくっているのに
    平気なみなさんにはわからないかもしれませんが
    突然発症することもありますからね・・・。

    だから辛そうな同僚がいたら
    労わってあげて欲しい。

    で、昨日は静岡
    今日は大阪の会場で披露宴を見守っている。

    ブランリール大阪はオープンしたばかりだけど
    しっかりとブラスらしい結婚式を展開してホッとした。

    「一組目だから、バタバタして失敗でした」

    それはウチでは許されない。

    「オープン日からトップギアで!」

    建物がない時にブラスとスタッフを信じて
    申し込んでいただいたお客様の中でも
    一組目や二組目のカップルは特にだ。

    そして今日は大阪で
    どうしてもこの仲間が必要だと気付いた。

    それはズバリ

    「大阪弁ネイティブ司会者」

    ブラス司会者が特に大切にしている
    インタビューコーナーを聞いていて
    他の地区にはないことに気が付く。

    世間一般でもよく言われていることだが

    「大阪の人は特に、大坂弁を深く愛している」

    だから方言には方言で返さないと
    インタビューが盛り上がり切らないのだ。

    「こりゃ僕が司会をしたにしても
    エセ大阪弁だからどうにもならんぞ」

    今日も来年の3月4日を希望する新規のお客様に

    「三枝の日だから、いらっしゃ〜いで迎えましょう」

    というネタも
    イントネーションが悪くてイマイチウケなかったし・・・。

    ということで、求むネイティブ司会者!

    経験があるなしに関わらず
    もしもブラスの司会者に興味のあるみなさんは
    ぜひ、ここに応募してください!

    そして披露宴終了後のブランリール大阪。

    IMG_3780
    早くもPJたちが自分たちの意思で
    PJミーティングを行っていた。

    「素晴らしい!!」

    大阪は特に口コミで広まる地域。

    最高の結婚式をして
    それを広げていく大きな第一歩を踏み出したのだった。

    PJ祭り 2017 西地区

    火曜日の夜はハウスウェディング事業を始めた年から
    ずっとやり続けてきたブラス伝統の行事
    「PJ祭り・西地区」を開催した。

    「PJ(プリティジョブの略です)祭り」とは
    卒業や就職を機にアルバイトを引退する
    PJのための卒業パーティー。

    14年前にどうしてこれを始めたのか。

    それは司会事務所時代に自分自身が
    様々な会場で司会をしていて経験したことが大きい。

    「一流と呼ばれるホテルだろうが
    小さなレストランだろうが
    アルバイトの存在なくして
    結婚式サービスは成り立たない」

    当たり前と言えば当たり前ことに気づいた。

    そして「いい結婚式」をするためには
    アルバイト諸君と社員とパートナーの担当者が
    仕事に対する考え方をそろえることが大切だと
    当時の僕は痛切に感じたのだった。

    ならばどうすればいいのか?

    「自分が若いころアルバイトをしていて
    ものすごく頑張った時があったな」

    それを思い出した。

    まずは長く続けること。

    そしてアルバイトの枠を超えて
    懸命になれる何かがあった。

    その何かを追い求めて
    14年間懸命に取り組んできた結果が
    このPJ祭りにはあると思う。

    朝から西地区各会場のPJたちが
    続々とブルーレマン名古屋に集まる。

    もう、準備に余念がない。

    001
    17時30分。

    西地区のニシニシコンビが登場し
    華々しくPJ祭りが幕を開けた!

    003
    西地区の卒業PJたちが次々に入場してくる。

    004
    登場の仕方も素晴らしい!

    005


    007
    008


    010
    主役がそろったところでパーティースタート。

    013
    まずは余興の順番発表。

    「水田は演技は抜群だな」

    015
    乾杯準備だって普通じゃダメ!

    「さすが、9期男子」

    そして当然ながら中盤は各店対抗の余興大会。

    022
    後輩PJたちが
    かなり練習を積んだであろう余興を披露する。

    025
    それぞれのお店の伝統があり
    それを継承していることも面白い!

    029
    次の準備中は
    「つなぎの芸人」たちが登場するのもブラス流。

    033
    スムーズな進行を組み
    全員が飽きないテンポで進めることが肝だ。

    036
    もちろん司会者の腕も重要!

    038
    新コンビも誕生するのがPJ祭り。

    042
    どこの誰だか知らないけれど
    誰もがみんな知っている「芸人エバタ」はつなぎの真打ち。

    043
    トリはこの店しかない。

    ルージュのダンスは今年も圧巻だった!!

    049
    もちろん達明バンドの出番も。

    しかし、しかし、河合達明
    史上最悪の不覚を取った・・・。

    「声が、声が、出ないの・・・」

    言い訳だけど、喋りすぎたナ。
    粘膜が花粉にやられてるし。
    その上、リハーサルで歌いすぎた(アホ)

    「西のPJ諸君、申し訳ない」

    052
    そしてデザートビュッフェからの恋ダンス。

    053
    記念パーカーの贈呈だ。

    059
    クライマックスは卒業証書授与式。

    058
    各店の社員から卒業PJひとり一人に
    想いを込めた言葉を添えて卒業証書を贈る。

    060
    一番長い子で4年間。

    毎週毎週「いい結婚式」をつくろうと
    奮闘してきた仲間への想いを言葉にする時
    涙が溢れ笑いも起きる。

    061


    063
    胸を打つ、送辞と答辞だった。

    065
    ラストは毎週毎週歌い続けてきた
    この曲を大合唱。

    068
    アルバイト先が想い出の場所として
    それぞれの胸に生き続けるのならうれしい。

    生涯の友を得てくれたのなら、もっとうれしい!

    066
    「PJが会場を愛し、アルバイトの枠を超えて全力で働いたとき
    最高の結婚式ができる(by河合達明)」

    「みんな元気で、必ず帰ってこいよ〜」

    市場変更の承認

    ブログ読者のみなさんに報告したいことがある。

    「ブラスは東京証券取引所及び
    名古屋証券取引所の承認を受け
    当社株式の上場市場を
    東京証券取引所マザーズ市場から
    東京証券取引所市場第一部又は市場第二部
    名古屋証券取引所セントレックス市場から
    名古屋証券取引所市場第一部又は市場第二部へ
    市場変更することになりました」


    一年で新興市場である
    マザーズとセントレックスから
    上の市場に上がることができた。

    「ブラスに関わるすべての人に感謝します。
    みなさん、ありがとうございます!」

    マザーズに上がる時は
    管理部を中心にしながらも
    社員全員で共有してきた。

    ところが今回は
    この大事なことを話すことはできなかった。

    ルール上当然のことだけど少し寂しかった。

    なので今日から喜びを分かち合いつつ
    一年間の挑戦の経緯を話したいと思う。

    一部市場は日本を代表する企業ばかり。

    数の上でもわずかに2000社だ。

    会社の規模をみれば
    ブラスがその末席であることは間違いない。

    「スタートラインに立った、ここからが本番です」

    いい結婚式を増やすために。

    結婚式の文化を継承し発展させるために。

    この業界においてブラスの果たす役割は大きいと
    僕と社員全員とパートナー企業のみなさんは
    信じているはず。

    「ウチがやらなきゃ、どこがやる!」

    市場変更予定日は4月7日。

    前回は3月9日=サンキューの日だから
    感謝の気持ちが大切なのだと自分自身に言い聞かせた。

    今回は4月7日=???

    よな、よ〜な、よこづな・・・。

    やや苦しいですが横綱上場ということで
    結婚式業界の横綱を目指して精進しようと思う。


    PS.
    1276
    先週はパートナー企業の
    社員同士の結婚式へ飛び入り参加。

    10年ぶりのメニュー紹介を酒井シェフと共にする。

    僕が尊敬してやまない飲食業の先輩経営者は
    引退するまで現場主義を貫いている。

    僕もそこだけは譲れない。

    社員に煙たがられようとも(笑)

    パートナー企業の社員に支持されることは
    大きな喜びです!

    ブランリール大阪 オープニングレセプション

    念願の大阪進出一号店である
    ブランリール大阪のオープニングレセプションを
    月曜日に行った。

    この模様を書き記さねばならない。

    「自分たちのイベントを自分たちで楽しみつつ
    ゲストにも存分に楽しんでいただく」

    そう思って一号店のオープンから現在まで
    企画演出の腕を磨いてきた。

    仮にお客様(新郎新婦)が
    結婚式会社のパーティーを見たとしよう。

    どう考えても、いいパーティーをつくろうと
    努力している会社に自分たちの結婚式を
    発注するに違いない。

    だから結婚式屋のパーティーは
    ドーンとやらなきゃならないのだ!

    ま、僕が大好きだということも
    みなさんよ〜く知っているとは思いますが(笑)

    0162
    ブラス全店から精鋭メンバーが大阪に集結。

    0273
    場所はグランフロントと大阪駅の目の前。

    こんな素晴らしい新築ビルに
    設計の段階から入れるなんて夢のようだ。

    0323
    こうしてゲストのお出迎えも抜かりがない!

    午後5時。

    名古屋から続々とパートナー企業のみなさんが集まる。

    大阪で出会った新しいパートナーのみなさんも。

    0439
    まずはチャペルでの出発式。

    0521
    太陽の塔から
    梅本支配人が登場するとは読めなかった(さすが)

    0568
    「大阪一の結婚式場になるぞ!」

    高らかに宣言してパーティーへ。

    0643
    まずは厨房チームが
    大阪名物アミューズの数々を用意しておもてなし。

    0736
    そしてブラスと言えば
    ブラスバンド部の演奏がないとね。

    0850
    「今日は会心の演奏ができました!」

    0783
    最初の僕のあいさつは
    特訓した大阪弁で(ウケない)

    0823
    長年の映像パートナーである
    ムーブの宮脇社長からのあいさつ。

    ウチの現場も他社の現場も
    ずっと見続けている宮脇さんからの褒め言葉は
    特にうれしい!

    0837
    今日のサービススタッフの中心は
    各店のエースPJたち。

    「みんな、よく集まったね〜」

    0873
    ガチガチに緊張してたのは
    写真パートナーの産屋敷社長。

    「大阪でも、笑いと涙のカメラマンで」

    さてここからは怒涛の演出が続く。

    0963
    野間料理長の心に響くメニュー紹介から
    大阪キッチンオープンで盛り上げて
    毎回恒例の「河合達明自己満足映像企画」へ。

    1102
    今回は「恋ダンス・ブラスバージョン」を上映し
    全スタッフを巻き込んでの恋ダンスだ。

    作・演出はブラスの総合映像監督
    杉山雄太郎支配人。

    今回もアッパレな作品に仕上がったのだった。

    今日のドレスコードは「アニマル柄」

    1290
    この難しいドレスコードを粋に着こなして
    ベストドレッサー賞を獲得したのはこの二人。

    錦の暴れん坊ことアニマル大脇社長と
    悲願の初受賞を果たしたメイクの高木先生だ。

    1415
    ブランリールチームの寸劇?を挟んで
    ゲストをチャペルへ誘導する。

    1669
    「達明バンドで〜す」

    1763
    「こんなに盛り上がるとは」

    1741
    大阪らしく「エロティカセブンダンサー」も投入!

    1877
    サザンの結婚式ソング「心を込めて花束を」では
    ハープの先生にも参加してもらう。

    「みなさん、ホントにホントにありがとうございます!
    人生最高の瞬間でした、ホンマに」

    1868
    デザートビュッフェで一息ついて
    フィナーレへ。

    2073
    ビルのオーナーさんと大和さんと
    デザイナーの杉山先生へ
    感謝の気持ちを込めて花束贈呈。

    2013
    新婚の河合本部長から
    ちょっと真面目な締めのあいさつを。

    早いもので、上場一周年ですからね!

    感動のエンドロールで終わったと思いきや
    ここで終わらないのはいつものこと。

    2247
    鷲野総支配人withトランプ一座の
    お笑いでパーティーは幕を閉じた。

    2296
    「それぞれの新郎新婦にとって、最高の結婚式をする」

    その想いを胸に
    関西でもブラスウェディングを広めることを誓ったのだった。

    頼むぞ、梅本支配人率いるブランリールメンバー。

    がんばれ!日比野菜緒

    ブラスが昨年からスポンサー契約をしている
    愛知県一宮市出身のプロテニスプレーヤー
    日比野菜緒選手が海外で熱い戦いを演じている。

    全豪オープンの一回戦でケガをして
    勝てない試合が続いていた。

    が、先週のマレーシアオープンで
    見事に決勝進出を果たしたのだ!

    土曜日の準決勝は
    見ていて胸が苦しくなるほどの逆転勝ちだった。

    (いい時代になったものだ。
    ネットで世界中のスポーツを観戦できるのだから)

    ブラスの創業の地と
    菜緒ちゃんの出身地が同じということが縁で
    応援を始めた。

    今はそれだけでなく
    彼女のプレースタイルが大好きだ。

    テニスに興味がなくともブラスの関係者は特に
    一度は見て欲しい!

    攻め続ける姿勢。

    時に感情を表に出して自分を鼓舞する。

    そしてたまに「ワオー」と雄たけびをあげる(笑)

    IMG_3771
















    マレーシアの決勝は完敗だった。

    しかし22歳日比野菜緒の挑戦は
    まだまだ始まったばかり。

    悔しさをこらえての笑顔がいい。

    「いつか世界のトップへ立つぞ!」

    ブラスのロゴも光ってます。

    ブラス新卒採用 2018 スタート

    3月になると毎年のことながら服装に迷う。

    モコモコのウールは避けつつも
    まだまだ寒いから春の装いにするには早い。

    徐々にチェンジするべきか
    思い切って総入れ替えすべきか。

    「好きにしてください」

    ま、そんなことはさておき
    新卒採用活動が本格的に始まった!

    ウェディングプランナーを目指すなら
    ブラスの説明会に行かないなんて
    スチュワーデスじゃなくてCAになりたいのに
    ANAにエントリーしないに等しいでしょ(笑)

    ブラスリクルートサイトにて説明会予約絶賛受付中です!」

    もちろんプランナーを目指してなくとも
    ブラスという会社に興味があれば
    ぜひぜひ説明会に来てほしい。

    「ブラスの説明会は、一見の価値がありますよ」

    実際にたまたま参加した説明会で
    ブラスの社風に惚れ込み
    そのまま面接に進んで
    社員になったメンバーもたくさんいるのだ。

    そしてそして
    料理人とパティシエを目指す就活生にも
    声を大にして言いたい。

    「まずは、説明会に来てください!!」

    では、日程の案内です。

    今年は名古屋・大阪・東京・静岡の
    全国4都市にて会社説明会を開催いたします。

    [名古屋会場]
    ・3月29日(水) 13:30〜 ミッドランドホール
    ・4月 3日(月) 11:00〜 ブルーレマン名古屋(ブラス名古屋店)
    ・4月19日(水) 11:00〜 ヴェルミヨンバーグ(ブラス名古屋丸の内店)

    [大阪会場]
    ・4月20日(木)11:00〜 ブランリール大阪(ブラス大阪店)

    [東京会場]
    ・4月 7日(金)13:00〜 品川シーズンテラス

    [静岡会場]
    ・4月 5日(水)11:00〜 ラピスアジュール(ブラス静岡店)


    「それぞれの新郎新婦にとって最高の結婚式を創る」
    を追求し続けるブラスの魅力を発信する
    ”ブラスの新卒採用2018”にぜひご注目ください!!


    PS.
    パートナー企業のみなさんも
    都合をつけてぜひ見に来てください。

    それぞれの会社の採用活動の参考になるとおもいますよ。

    凱旋帰国

    僕としてはハワイに修業に出しているつもりの
    ブラス新卒3期生である竹中優(まさるじゃなくて、ゆうだよ)
    プランナーが凱旋帰国した。

    凱旋とは

    「勝って故郷に帰る」

    という意味。

    そうなのだ!
    ハワイで3年も海外ウェディングの修業をして
    とうとう帰ってきたのだ。

    IMG_3744
    と言いたいところだが

    「また、ハワイに帰りま〜す」

    すっかり顔もハワイアンになり

    「お客様のために、ハワイウェディングを変える」

    そんな使命を感じて燃えている。

    「ひとり一人の本気がこの世界を変える」

    素晴らしい!
    それでこそブラスラブプランナーだ。

    IMG_3741
    そんな優ちゃんの一時帰国を祝うべく
    沢山のブラスメンバーが集結した。

    IMG_3742
    シェフチームも渾身の料理とサービスで
    労をねぎらった。

    今は遠く離れていて働く会社は違えども
    「それぞれの新郎新婦にとって最高の結婚式をつくる」
    その想いは同じはず。

    でもいつかまた
    ブラスで共に働けると信じている。

    とりあえず今年こそ
    ハワイに視察に行きま〜す(笑)

    PJアワード 2017

    「いい結婚式をするために、どうしたらいいのか」

    ブラスではすべての打ち手が
    これにつながっている。

    僕はこれを外さないように外さないように
    経営しているし、ことあるごとに社員にも伝えている。

    その中でもBIG3に入るほど力を入れているのが
    アルバイトスタッフの採用と教育だ。

    ハウスウェディング事業を始めた時から現在まで

    「サービススタッフ=アルバイト」と

    考え方と力を合わせない限り
    いい結婚式はできないと信じている。

    その思いは強くなるばかりだ。

    結婚式業界の本や
    雑誌の結婚式特集を見ても
    「アルバイトスタッフが大切!」
    と、書いてあるのを見たことがない。

    ま、当然と言えば当然ですが・・・。

    ちなみに日本の結婚披露宴で
    アルバイトスタッフの力を借りずに
    社員だけで成り立っている会場は一つもない。

    (ある一定の規模以上の結婚式です)

    これもちょっと考えれば当たり前のことだ。

    それはさておき木曜日は

    「ブラスPJアワード2017」を開催した!

    (いつも書いていますが
    PJ=プリティジョブ=アルバイトスタッフです)

    IMG_3420
    「PJアワードとは」

    毎週毎週大活躍している各店のPJの中でも
    選ばれしPJが日頃の仕事ぶりを発表する場だ。

    そしてアワードである以上
    最優秀PJを決める場でもある。

    IMG_3467
    筆記もある。

    IMG_3563
    実地もある。

    IMG_9529
    そして熱い想いを発表する時間も!

    決勝に進んだ5人のプレゼンは
    甲乙つけがたいほど素晴らしかった!

    IMG_9493
    静岡のラピスからは「まろん」

    IMG_9601
    津のココンからは「たんたん」

    IMG_9592
    堂々と発表する姿に驚く!

    IMG_9623
    オランジュからは「ゆーりん」

    IMG_9642
    留学中もオランジュのことを考え
    海外の結婚雑誌を読んでいたとのこと。

    泣けてくる。

    IMG_9544
    ブルーの名物男子であり
    全店のヘルプ王子は「こーたろー」

    「この領域までPJがやれるとは」

    僕の想像を超えたところで仕事をしている姿に
    ただただ驚く。

    IMG_9668
    最後はレマンを代表して
    通算500件PJの「いそいそ」

    レマン黄金時代のあとを継いで
    後輩の育成に力を注いた。

    IMG_9698
    「まさに、パーフェクトジョブ」だ。

    IMG_9714
    月並みだが、僕たち社員は全員感動した。

    「いいね、PJアワード」

    IMG_9741
    「いそいそ」は審査員特別賞。

    IMG_9753
    準グランプリは「ゆーりん」

    応援団の声援も美しかった。

    IMG_9780
    グランプリは「こーたろー」

    IMG_9793
    最高の笑顔だ。

    IMG_9832
    「PJが会場を愛し
    アルバイトの枠を超えて社員と想いを共有した時
    最高の結婚式ができる」by河合達明

    来年もっともっとパワーアップして開催しよう!!

    温泉合宿

    いろんな場面でブラスの歴史を語る時

    「まだ社員が5人で結婚式場も一つしかないのに
    新卒一期生を10名も採用してしまいました」

    そして

    「その一期生が会社の成長を支え
    大切な企業文化を築く上での礎になりました」

    そんな話しになる。

    それはそれでいいのだが
    その続きを話すとすると

    「次の年に入ってきた二期生が
    ほぼ全員辞めることなく
    現在まで会社を地道に支え続けています」

    と、なる。

    やや派手な一期生とやや地味な二期生。

    よくぞあの時期に優秀な学生たちが
    小さな結婚式会社ブラスに入ってくれたなとつくづく思う。

    それでその二期生の男子たちから

    「最近社長との距離が遠いので、もっと深く話をして欲しい」

    そんな熱い要望があり
    それならいっそ合宿をしようと思い立ち
    一泊二日で下呂温泉に行ってきた。

    5人が泊まれる部屋があり
    そこで会議をするスペースがある旅館を探した。

    IMG_3376
    それがココ「こころをなでる静寂みやこ

    僕たちの要望にしっかりと応えてくださり
    充実した時間を過ごすことができた。

    IMG_3347
    中身の濃い会議をするには
    ハコも大切なのだ。

    これはいつも話している
    「結婚式場のハコ理論」と同じこと。

    IMG_3359
    夕食時でも露天風呂でも延々と
    ブラスの基本戦略を基に
    未来をどうすべきかを語り合ったのだった。

    IMG_3373
    翌日の13時までは
    今年の課題である「生産性」についてを話し合う。

    「いいね!少人数での集中合宿」

    そして最後は下呂温泉から創業の地へ向かう。

    IMG_3395
    「コメダコーヒーからすべてが始まった!」

    歴史を刻むことにより建物の風格で出てきた
    一号店ルージュブランを見ながら
    創業の精神を再確認したのだった。

    パートナーミーティング 2017

    木曜日は年に一度の「ブラスパートナーミーティング」を
    クルヴェット&レマンで開催した。

    年々形を変えながらも
    創業当時から続けてきたこの会議。

    今年も根本のテーマは変わらない。

    「共にいい結婚式をつくる」

    これに尽きる。

    IMG_3067
    「みなさんとはすでに、運命共同体なのです」
    と、ブラスの歴史を少し振り返りながら
    ブラスの歩むべき道を僕から改めて語る。

    その後はそれぞれの分野に分かれて
    現在の問題点を話し合う。

    そして向かいのブルーレマンのバンケットでは
    「C-1グランプリ」の展示が着々と進んでいる。

    001
    これまた恒例のイベントだ。

    IMG_3169
    各店のシェフチームがテーマに沿って
    作った作品がズラリと飾ってある!

    IMG_3182
    シェフたちも僕たちも真剣に真剣に採点をする。

    「素晴らしい!」

    IMG_3268
    自画自賛になってしまうけど
    ウチの厨房チームの結束があればこそ
    このような作品が生み出されるのだと思う。

    そして18時からはパートナー懇親会。

    今年はそれを
    「司会本の出版記念パーティー」にしたのだった!



    003
    時間になると、この本に登場する6名の司会者が
    ご覧のとおりの姿に変身している。

    「年齢的にちょっと派手な色目では・・・」

    「しかも、振袖だし」(笑)

    いやいやそれだけの実力があり
    ブラスを代表する司会者だからこそなのだ。

    IMG_3299
    広報チームが用意してくれた
    サプライズポスターが所狭しと飾ってある。

    「では今日も、盛り上がっていきましょう!」


    ということで、続きは明日アップします。

    もうすぐ完成!ブランリール大阪

    ブラス関西初進出のお店
    ブランリール大阪」のオープンがいよいよ迫ってきた!

    場所はグランフロントの目の前
    JR大阪駅と阪急梅田駅の徒歩一分という
    信じられない立地なのだ。

    今日は昼過ぎに
    まずは開業準備室へ行った。

    すでにお客様との打ち合わせも始まっていて
    準備室は活気が満ち満ちている!

    そして驚くべきことに
    大阪弁が飛び交っているのだ。

    「そりゃ、当たり前でしょ!」

    と、ツッコんだ方は
    「甘い」と言わざる得ない。

    お客様はともかく
    スタッフが全員関西弁を話しているのだ!

    「専門の講師を呼んで、レッスンしましたから」

    というのはもちろん嘘で
    プランナー陣は全員関西出身メンバーだ!

    これに関しては
    「大きな自慢」と「遅れたお詫び」をしなければならない。

    ブラスは関西出身のウェディングプランナーが多い。

    この理由は一つ。

    「ウェディングプランナーがプランナーらしい仕事をできる会社はどこ?」

    意識の高い就活生が
    探した先にブラスがあったからだ。

    「大阪が大好きだから
    まさか大阪を離れるとは夢にも思いませんでした」

    そんなウェディングプランナーたちがウチには沢山いて
    その先発隊がブランリールメンバーなのだ!

    (まだまだたっぷりいますから、すぐに2号店をつくってもOK)

    同業他社でそれぞれの地元以外に出店となると
    出店した地区で社員を新規採用して
    急ピッチで教育することが標準スタイルだと思う。

    ところがブラスは
    しっかりとブラスラブを注入し
    十分な経験を積んで送り出しているのだ。

    しかも名古屋弁もマスターしたから
    大阪弁とのバイリンガルプランナーだ(笑)

    「ハイ、これが自慢です」

    そして二つ目の「遅れたお詫び」は
    地元大阪に帰る日を夢見て精進してきたのに
    愛知県の彼と出会い結婚したメンバーに対してだ。

    「ま、それが人生というもの」

    旦那様を説得して地元に帰り
    プランナーとして復帰するのもありかもしれない(笑)

    ということでブランリールは完成間近だ。

    IMG_3713
    デザイン画通りのチャペル!

    IMG_3715
    テラスにはこんなに大きな木も入った!

    「よ〜し、いよいよだな、梅(支配人)」

    ブランは「白」でリールは「笑い」いう意味。

    ココで関西らしい
    「笑いと涙の結婚式旋風」を巻き起こそう。

    せっかく行ったのに
    スタッフ写真を撮り忘れたことが悔やまれます・・・。

    今年の目標2

    今年の目標一つ目は

    「もれなく、SMILE&TEARS」

    と、前のブログに書いた。

    そして二つ目はズバリ

    「生産性を上げる」だ。

    生産性を上げるためにどうすればいいのか。

    それを考えて実行するのが
    僕を含めたブラスリーダー陣の重要な仕事なのだ。

    「では、お客様との打ち合わせを4回にしましょう」

    これは決定的に生産性が上がるように見えて
    ブラスが一番大事にしている理念に反する。

    短期的には生産性は上がるだろうけど
    長期的な目で見ると生産性が下がる。

    「では、イチから手作りの料理をやめて
    既製品を使いましょう」

    これもウチの誇り高いシェフたちが言い出すはずがないけど
    実施すれば短期的にはよくても長い目で見るとダメだ。

    では、なにをすればいいのか?

    今日も経理部長と話し合ったことがある。

    どの会社にも共通して言えることだが
    ITを駆使して徹底的に生産性を上げることができるはず。

    時にアナログが有効な場合もあるけど
    ココに思い切った投資をすれば生産性は劇的に上がってゆく。

    大きな投資から小さなカイゼンまで。

    生産性を上げることを念頭に
    この一年は力を注ごうと思う。


    PS.
    名付け親には最高の栄誉を!

    店名は社員からの公募で決めているから
    ブラス各店にはそれぞれに名付け親がいる。

    IMG_0621
    7月にオープンする
    静岡市清水区の「ラピスコライユ」の名付け親がこの二人。

    ベージュの今村プランナーは名付けの名手だ。

    そして新人ながら熊プランナーは栄誉を勝ち取った!

    僕が自ら選んだ
    豪華バッグを贈ることが伝統なのだ。

    IMG_6661
    2016年8月〜2017年7月までの
    今期のスローガンを考えたのが広報部のタニムこと谷村。

    「ブラス・アモーレ!」

    同じくバッグを贈り、栄誉を称えたのだった。

    次の新店発表はいつ。

    「早く、早く発表したいぞ!!」

    新年祭 2017

    4年ぐらい前までは新年のご祈祷を
    ブラス二号店オランジュベールに全社員が集合して行っていた。

    そして「白山宮」という由緒正しき神社へ初詣に行った。

    「おみくじ引いて、たこ焼き食べて、楽しかったな」

    IMG_2407
    今やそれを復活することはできないけど
    新年のスタートを何とかせねばと思いつつ
    今年も支配人と料理長が集まり新年祭をした。

    IMG_2426
    名物宮司であると思われる安田さんに
    ハウスウェディング事業を始めてから毎年お願いしている。

    安田さんの地の底から絞り出すような声でのご祈祷が好きだ。

    これを聞くと、毎年気合が入る。

    IMG_2470
    さて、昨年大けがをした安田さん。

    「すべてがいい経験でした。人生に無駄なことは何一つないのです」

    経験談を聞き、身が引き締まる。

    そしてそのままブラスリーダー陣へ今年の決意表明をし
    やるべきことを二つ発表した!

    IMG_2486
    「もれなく、SMILE&TEARS」

    昨年の「もっとSMILE&TEARS」に引き続き
    その進化版なのだ。

    なにが「もれなく」なのか。

    これを各店に帰って、しっかりと話し合って欲しい。

    これを克服すれば

    「それぞれの新郎新婦にとって最高の結婚式」

    が、さらにグレードアップするはず。

    いい結婚式をつくる旅に終わりはないけど
    今年はこの課題を胸に毎週の結婚式に挑みたい。

    二つ目の目標は来週書きます!

    ラピスコライユ 地鎮祭

    今日は朝から新幹線に乗り、静岡市へ行く。

    静岡駅に停車する「ひかり号」は一時間に一本だから
    乗り遅れるわけにはいかない。

    名古屋駅のコンコースを猛ダッシュして
    ひかり号に飛び乗り静岡駅で降りる。

    「やっぱり暖かいな〜」

    静岡県の中でも静岡市は特に温暖な地域なのだ。

    ちょっと調べてみた。

    「日本で雪が降らない県はどこかな・・・?」

    1番は当たり前だけど、沖縄県。

    2番は予想通り、宮崎県。

    そしてなんと、3番目が静岡県なのだ!

    10年間で雪が降った日は驚くなかれ
    たったの18日。

    ちなみに愛知県は154日もあるから
    その差は歴然だ。

    海の幸にも山の幸にも恵まれてて
    その上で富士山がある。

    静岡はものすごい県なのだ。

    そんな静岡県静岡市の清水区に
    来年7月にオープンするのが
    ブラス18号店のラピスコライユだ

    DSC01838
    今日は地鎮祭。

    この土地をブラスに託していただいた
    みなみなさまに感謝をして共に工事の無事を祈る。

    「このメンバーなら、大丈夫!」

    guest_img
    清水駅前に緑あふれる美しい会場が7月に完成する。

    いくら経験を積んだプロ集団とはいえ
    一つの建物を完成に導くことは簡単じゃない。

    「凡事徹底」

    大きな横断幕がテントに張ってあった。

    ひとり一人が一日の仕事をキッチリとする。

    無事に完成するということは
    その積み重ねでしかない。

    「ゼロから7カ月で会場を作り上げる建設の仕事に比べて
    僕たちサービス業はどうなのか?」

    それぞれの仕事に置き換えてみると
    甘さを感じずにはいられない。

    「来年は生産性をグッとあげるぞ!」

    このところの課題がさらに明確になったのだった。

    DSC01841
    「頼むぞ!コライユチーム」

    加藤ジョイ支配人と大江シェフを中心に
    この地で最高の結婚式をつくるのだ。

    DSC01843
    「本社からもたくさん来たね〜」

    会場をフルサポートする本社スタッフの充実も
    今のブラスの強みなのだ。

    FullSizeRender

    IMG_3651
    そして全員で鰻を食し
    コライユの船出を祝ったのだった!

    ランチに鰻。

    僕の中で世界一です。

    ブラスクリスマス会 2016

    全体ミーティングのあとは
    第17回ブラスクリスマス会。

    今年はとうとう苦渋の決断をした。

    まだハウスウェディング会場を持たなかった時代は
    名古屋市西区にあった事務所でパーティーをした。

    以来ずっと自社会場での開催だったが
    とうとうキャパオーバーとなり
    他社での開催を決意して会場を探した。

    xmas_0001
    名古屋の老舗ホテル
    ウェスティン名古屋キャッスルへ350名全員が移動したのだ!

    ま、普通の会社なら当たり前の話ですから
    こんなに力んで書くこともないのですが・・・。

    xmas_0005
    キャッスルホテル天守の間からは
    名古屋城がドーンと見える。

    「いいな〜、やっぱりキャッスルは」

    そして僕が若き司会者だった頃
    ものすごくお世話になった方が支配人をしていて
    ココで再会できたことにも感動した。

    xmas_0006
    乾杯後は、あっという間に料理がなくなっていく・・・。

    これもウチの若さの象徴なのだろう。

    シェフチームも今日は
    料理のことを気にせず飲んで食べて楽しめるので
    これで良かったのだと安心する。

    xmas_0017
    それでもウチのクリスマス会と言えば
    これしかいない!

    ひたすら余興大会!!

    まずはダンス部の登場だ。

    しかしここでも苦渋の決断をした。

    「全店対抗戦は、もう時間的に無理だね」

    昨年のクリスマス会では
    各店と本社などで20チームを超えていたから。

    xmas_0020
    「それでも達明バンドの演奏だけはやらせて〜」

    繧ッ繝ェ繧ケ繝槭せ繝輔y繝ュ繧ッ繧呻シ箪xmas_0021
    名古屋城をバックに
    ディナーショー並みの音響での演奏は気持ちよかった。

    繧ッ繝ェ繧ケ繝槭せ繝輔y繝ュ繧ッ繧呻シ箪xmas_0026
    「みんな、ありがとう!」

    そして各エリア代表チームの余興へとすすむ。

    繧ッ繝ェ繧ケ繝槭せ繝輔y繝ュ繧ッ繧呻シ箪xmas_0028
    「巨人来襲」
    静岡代表のコライユのネタに笑った。

    繧ッ繝ェ繧ケ繝槭せ繝輔y繝ュ繧ッ繧呻シ箪xmas_0029
    圧巻の「恋ダンス」はクルヴェット。

    「僕もダンスを覚えたい!」

    しばらくブームは続きそうだ。

    繧ッ繝ェ繧ケ繝槭せ繝輔y繝ュ繧ッ繧呻シ箪xmas_0032
    なぜか毎年登場するミエクロ伝統のつなぎ。

    繧ッ繝ェ繧ケ繝槭せ繝輔y繝ュ繧ッ繧呻シ箪xmas_0033
    ヴェルミヨンはノリで「カープ優勝」

    繧ッ繝ェ繧ケ繝槭せ繝輔y繝ュ繧ッ繧呻シ箪xmas_0034
    新卒13期は50名以上で踊り狂う。

    「よくやったね!!」

    繧ッ繝ェ繧ケ繝槭せ繝輔y繝ュ繧ッ繧呻シ箪xmas_0035
    チーム江端は期待通り・・・?

    繧ッ繝ェ繧ケ繝槭せ繝輔y繝ュ繧ッ繧呻シ箪xmas_0037
    よくわからないけど盛り上がった三重代表のミエクロ。

    繧ッ繝ェ繧ケ繝槭せ繝輔y繝ュ繧ッ繧呻シ箪xmas_0038
    ここも勢いで笑わせたアリュール。

    繧ッ繝ェ繧ケ繝槭せ繝輔y繝ュ繧ッ繧呻シ箪xmas_0042
    そして前年優勝チームのヴェルノアが今年も魅せた!

    あのルージュブランを差し置いて代表になっただけのことはある。

    xmas_0048
    全員が参加しないということで一抹の寂しさはあった。

    「今後はこの経験を糧に余興大会を磨いていこう!」

    ということで、準優勝は惜しくも惜しくもクルヴェット名古屋。

    xmas_0049
    優勝は僅差でヴェールノアール!

    この状況で連覇するとは、素晴らしい。

    xmas_0050
    幹部陣からクリスマスプレゼント。

    xmas_0055
    伝統の写真部隊。

    「10期男子のダンスは健在だね〜」

    xmas_0056
    全員の参加意識に感謝!

    xmas_0057
    毎年同じ顔ぶれの審査員にも感謝。

    今年は三太郎だ(案外ウケなかったナ・・・)

    xmas_0058
    仕切り切った幹事チームの運営は
    さすが「結婚式屋ブラス」だ。

    xmas_0059
    どんなイベントも、責任者はひとり。

    写真に写ってないけど
    成瀬総監督の意思がしっかりと伝わってきた。

    結婚式を含めたどんなイベントも
    責任者=幹事が燃えなければ大成功しない。

    改めて感じた夜でした。

    ブラス全体ミーティング・冬 2016

    「どれほど社員が増えようとも
    全社員が集まる機会を大切にする」

    静岡や大阪からもやって来るので
    時間も経費も掛かる。

    それを乗り越えてでも
    全員が集まることに意義があるのだ。

    昨日の午前11時。

    名古屋駅前にある
    ブルーレマンとクルヴェット名古屋に続々とブラス社員が集まる。

    前回から朝のお掃除をやめ
    会議終了後の「夕方のお掃除」に切り替えた!

    そりゃそうだ。

    300名も集まれば、汚れるのは当然のこと。

    「朝より、終わった後でしょ」

    これこそサービス業における
    小さいながらも実は大切なカイゼンなのだ。

    IMG_1832
    「会社としての大きな目標も達成し
    最高の一年でした。みなさん、ありがとう!」

    一年の出来事を振り返って、全社員にお礼を言う。

    IMG_1870
    そして明日12月15日にとうとう発売が決定した
    ブラス念願の「司会者本」を紹介する。

    「えっ、司会者さんの写真が若すぎるのでは・・・」

    そんなツッコミはいらない(笑)

    ブラスが誇るトップ司会者と僕が
    書きつくした渾身の本なのだ!

    (後日ブログで詳しく書きます!!)

    IMG_1885
    IMG_1904
    昨日発表したとおり、今期は好調です!」

    「みなさん、ギョーザを食べましょう!」

    総支配人と総料理長の話しに会場は大いに沸く。

    IMG_1956
    レマン特製手作りカレーを全員で食べた後は
    沢山の昇進発表。

    会社が成長しているからこそ
    新しいリーダーを生むことができる。

    決意表明を聞くことは
    僕にとってこの上ない喜びだ。

    IMG_2027
    そしてこの表彰もウチの誇り。

    「100&200件プランナーと1000件シェフ」を大いに称える!

    IMG_2049
    前半ラストは「お掃除プロジェクト」から発表。

    エリア対抗で事務所と厨房の整理整頓についてのプレゼンをした。

    IMG_2077
    「優勝はクルヴェット名古屋!」

    プレゼンの上手さも、キラリと光ったのだった。

    (お掃除隊長の板さんも大復活です!)

    全体ミーティング冬の恒例行事は
    なんといっても「新入社員の配属発表」

    IMG_2114
    すでに待機していたブラス新卒13期生が
    ブラスバンドの演奏をバックに続々入場してくる。

    IMG_2159
    ブラス史上最高の50名採用!

    これも会社が成長し続けているからこそだ。

    IMG_2198
    今年の先輩たちの奮闘振りをスライドショーで見て
    いよいよ運命の瞬間だ。

    「それでは、発表します」

    IMG_2249
    18店舗すべてのチームが
    それぞれのやり方で新人を歓迎した!

    「そこに出会いがあると信じて、働こう」

    興奮冷めやらぬ中、僕たちはクリスマス会場へと向かった。

    続く。

    いよいよ明日は 2016

    明日は「ブラス冬の全体ミーティング」の日。

    久しぶりに全社員が集結する!

    すでに進行はすべて決まっていて
    結婚式屋らしく時間通りにビシッと進んでいく。

    全メンバーに伝えるべきことは沢山ある。

    「あれもこれも、これもあれも」

    それでも冬の全体ミーティングのハイライトは一つだ。

    「4月に入社する新入社員の配属発表!」

    ブラスでは新卒採用を始めて以来
    12月に配属店舗を発表するのが伝統だ。

    なぜならこの時期に発表しないと
    それぞれが住まいを決めることが困難になるから。

    採用が10名〜15名の頃は
    一次面接から最終面接まで僕も入っていたから
    比較的自信をもって配属店を決めていた。

    が、しかしここ数年はというと
    最終面接しか入れないがゆえに
    採用した新卒メンバーのことを把握しきれていない。

    なので採用チームに基本的に配属を決めてもらい
    最後に僕がOKを出している。

    「どうして、この店舗に配属にしたのですか?」

    新入社員に聞かれるトップの質問がこれだ。

    「考えに考えて決めましたよ」

    これはホントだ。

    採用チームはこの配属を決めるために
    ケンケンガクガクの会議を繰り返してきた。

    でも最後の最後は
    「エイ、ヤー」
    で決めるしかない。

    「最後は勘です」

    というのも正直なところだ。

    つくづく思う。

    「自分の人生って自分で選んでいるようで
    誰かに決めてもらっていることが多いんだな〜」と。

    でもそれは悪いことじゃない。

    「運」という漢字は、「運ぶ」とも読む。

    幸運も不運も、人が運んでくるものなのだ。

    時に人は運命を受け入れ
    その場で花を咲かせることが大事だと思う。

    どうか新卒社員のみんなは
    まずは自分で決められないことを受け入れ
    そこでの出会いがあると信じて精進してほしい。

    「一年は、ガムシャラに!」

    ブラスの毎年の合言葉だ。

    そして

    「発表のあとは、クリスマス会で盛り上がるぞ〜」

    今年はブラス史上初の
    自社会場以外でクリスマスパーティーをする。

    「350人は、ブラスの会場には入らないのです・・・」

    どんな状況になろうとも
    そこでのベストパーティーをする。

    これは僕たちの結婚式でも同じこと。

    明日も長い一日になりそうです!!

    始動!翔風館

    ハウスウェディングは
    レストランウェディングが発展して生まれたと思う。

    結婚式場とホテルしかなかった時代に
    若き新郎新婦たちが自由な発想を求めて
    レストランの門をたたいた。

    ただ待合室や控室やチャペルなど
    既存のレストランではどうしても施設が足りなかった。

    それを解消したの「ハウスウェディング会場」だと思う。

    「自宅に招いたかのような、自分たちらしい結婚式をしたい」

    お客様の求めるものと時代とが合致し
    自然発生的に全国で生まれたのだ。

    東海エリアで一番初めに結婚式を始めたハウスウェディング会場は
    間違いなく名古屋市西区にある「翔風館」だ。

    1998年にブラスを立ち上げる前から
    すでにここは結婚式をしていた。

    01
    まさに大きな自宅なのだ!

    この和風建築の美しさは
    今も色あせることなく輝きを放っている。

    僕は翔風館の社長にずいぶんお世話になった。

    前回のブログに書いた
    「祝い餅つき・めでたや」でも司会でも。

    ここでの経験が

    「住宅展示場を改装して、ハウスウェディング会場にしよう」

    という発想につながったことは間違いない。

    そんな恩も縁もあるこの会場の運営を
    ブラスに任せていただけることになった!

    IMG_3863
    「ウエディングに特化した和装専門店
    翔風館として新たに運営を開始します」

    ドレス事業本部長に新卒一期生の大エースを
    新たにリーダーとして抜擢したことでも
    その意気込みが伝わるというもの。

    着々と準備を整え
    来年の一月にはお披露目ができると思う。

    「どうぞご期待ください!」

    どんなに遠くとも

    仕事は短期の目標と中期の目標と
    長期の目標を立てることが大事だと
    多くのビジネス本に書いてある。

    確かにその通りだ。

    大きな目標を達成するには
    目の前の仕事をひとつ一つやり切っていくしか道はないから。

    だからこそ

    「区切りとなる日を大切にしよう」

    と、ブラスメンバーに話している。

    今週末は、そんな目標を達成した瞬間に多く立ち会った!

    ウェディングプランナー一年目の目標は
    無事に担当デビュー結婚式をすること。

    7M0A3422
    ふるさと北海道の片隅で高校生の時にブラスの本を読んで
    ブラスのプランナーになることを志し
    一つの大きな目標を達成した丸山プランナー。

    「でも、ココからが始まりだぞ」

    ぜひ、デビューブログをご覧ください。

    IMG_7668
    新卒5期生の佐古プランナー。

    ブラスウェディングプランナーの大きな目標であり
    憧れでもある「100件プランナー」の仲間入りだ!

    「よくがんばったね、佐古ちゃん!!」

    IMG_1972
    そしてブラス史上3人目の200件プランナーは
    浜松で獅子奮迅の活躍をしているフジナミプランナー。

    「フジナミなら、もっともっと上にいける!」

    理想を求めてがんばり続けて欲しい。

    7M0A8937
    そして僕は「祝い餅つき・めでたや」
    通算1000回達成!

    というのは嘘で
    2000年の1月に初舞台を踏んだのは覚えているけど
    回数は数えたこともない・・・。

    たぶん1000回くらいだと思うのだが
    これからもまだまだ理想のパフォーマンスを求めてやり続けるのだ。

    「どんなに遠くともたどり着いて見せる」

    そう思いながら来週も
    一組ひと組の結婚式を大切にしよう!!

    クルヴェットダイニングにて

    ブラスの店舗でただ一つ
    通常レストラン営業をしているお店がある。

    それは名古屋駅前の「クルヴェットダイニング

    ま、改めて書かなくとも
    ちょくちょく宣伝も兼ねて書いているので
    ほとんどの方は知っていると思う。

    ダイニング専門のシェフとサービスマンが
    オープンからコツコツと改善を繰り返し
    少しずつお客様を増やしてきた。

    「とにかく賑わうレストランをつくろう!」

    それを合言葉にしてきた。

    サービスマンが生き生きとお客様とコミュニケーションをし
    オープンキッチン越しのシェフたちが楽しげに料理をつくる。

    「ブラスらしいレストランとは」

    まだまだではあるが
    ブラス各店で結婚式を挙げたブラスファミリーが
    わざわざ名古屋駅まで来てくださることが一番うれしい。

    それで昨晩は「ボジョレーヌーボーフェア」を開催したところ
    やや遅い時間からブラスメンバーとパートナーのみなさんが集まりだし
    賑やかな夜になった!

    IMG_3622
    9種類のボジョレーの飲み比べだ。

    「よく飲んだな〜」

    社員が自然に集まってきて
    憩いの場になることも目標の一つなのだ。

    「みなさん、今晩もやってますよ〜」

    もう夜ですけど・・・。
    __カレンダー見出し

    カレンダー

    月別アーカイブ
    __カテゴリー見出し

    カテゴリー

    __その他