prev

next

123
  • __プロフィール
    __新着記事見出し

    新着記事

    __ブラスグループ見出し

    ブラスグループ

    ブルーグレース大阪

    ブルーグレース大阪

    ブルーグレース大阪

    大阪駅・梅田駅近くの結婚式場「ブルーグレース大阪」

    ブルーグレース大阪

    オリゾンブルー

    オリゾンブルー

    ラピスコライユ

    静岡県沼津市のゲストハウスウエディング「オリゾンブルー」

    オリゾンブルー

    _ラピスコライユ

    ラピスコライユ

    ラピスコライユ

    静岡・清水駅近くのゲストハウスウエディング「ラピスコライユ」

    ラピスコライユ

    _ブランリール大阪

    ブランリール大阪

    ブランリール大阪

    大阪駅・梅田駅近くのゲストハウスウエディング「ブランリール大阪」

    ブランリール大阪

    __ミエル ココン

    ミエル ココン

    ミエル ココン

    三重県津市のゲストハウスウエディング「ミエル ココン」

    ミエル ココン

    __ミエル シトロン

    ミエル シトロン

    ミエル シトロン

    三重県四日市市のゲストハウスウエディング「ミエル シトロン」

    ミエル シトロン

    __クルヴェット名古屋

    クルヴェット名古屋

    クルヴェット名古屋

    愛知県名古屋市のゲストハウスウエディング「クルヴェット名古屋」

    クルヴェット名古屋

    __ラピスアジュール

    ラピス アジュール

    ラピス アジュール

    静岡県静岡市のゲストハウスウエディング「ラピス アジュール」

    ラピス アジュール

    _ラピスアジュール RSS
    __マンダリンアリュール

    マンダリン アリュール

    マンダリン アリュール

    静岡県浜松市のゲストハウスウエディング「マンダリン アリュール」

    マンダリン アリュール

    マンダリンアリュール RSS
    __ヴェルミヨンバーグ

    ヴェルミヨンバーグ

    ヴェルミヨンバーグ

    愛知県 名古屋市 丸の内のゲストハウスウエディング「ヴェルミヨンバーグ」

    ヴェルミヨンバーグ

    ヴェルミヨンバーグ RSS
    __ブルーレマン名古屋

    ブルーレマン名古屋

    ブルーレマン名古屋

    愛知県名古屋市のゲストハウスウエディング「ブルーレマン名古屋」

    ブルーレマン名古屋

    __ルージュブラン

    ルージュブラン

    ルージュブラン

    愛知県一宮市のゲストハウスウエディング「ルージュ:ブラン」

    ルージュブラン

    ルージュブラン RSS
    __オランジュベール

    オランジュ:ベール

    オランジュ:ベール

    愛知県日進市のハウスレストラン「オランジュ:ベール」

    オランジュ:ベール

    オランジュベール RSS
    __ブルーブラン

    ブルー:ブラン

    ブルー:ブラン

    愛知県岡崎市のゲストハウスウエディング「ブルー:ブラン」

    ブルー:ブラン

    ブルーブラン RSS
    __ブランベージュ

    ブランベージュ

    ブランベージュ

    愛知県安城市のゲストハウスウエディング「ブラン:ベージュ」

    ブランベージュ

    ブランベージュ RSS
    __マンダリンポルト

    マンダリンポルト

    マンダリンポルト

    愛知県常滑市のゲストハウスウエディング「マンダリンポルト」

    マンダリンポルト

    マンダリンポルト RSS
    __ヴェールノアール

    ヴェールノアール

    ヴェールノアール

    岐阜県羽島市のゲストハウスウエディング「ヴェールノアール」

    ヴェールノアール

    ヴェールノアール RSS
    __ルージュアルダン

    ルージュアルダン

    ルージュアルダン

    愛知県豊橋市のゲストハウスウエディング「ルージュアルダン」

    ルージュアルダン

    ルージュアルダン RSS
    __アージェントパルム

    アージェントパルム

    アージェントパルム

    愛知県豊田市のゲストハウスウエディング「アージェントパルム」

    アージェントパルム

    アージェントパルム RSS
    __ミエルクローチェ

    ミエルクローチェ

    ミエルクローチェ

    三重県鈴鹿市のゲストハウスウエディング「ミエルクローチェ」

    ミエルクローチェ

    ミエルクローチェ RSS

    シンプルに伝える

    今年初の支配人会議を昨日行った。

    そこで今年の目標と方針を発表することが
    僕の仕事だ。

    ブラスメンバーのみなさん
    今年大切にすべきことは

    「シンプルに伝える」

    です!!!

    昨年の6月頃のブログにも書いたのだが
    難しい敬語を使いすぎることに注意して欲しい。

    その代表例が
    「させていただきます」の多用だ。

    朝礼や会議の発表の場で
    これを使いすぎてしまい
    言いたいことが何なのかわからなくなる。

    「させていただく」には二つの用法があり
    その二つは相反する性質を持っている。

    一つ目は

    「厚かましくて申し訳ないと思いつつ
    私は〜をする。
    ありがたいことにそれをあなたが許可してくれたから」

    という気持ちで用いるもの。

    「頭痛がひどいので
    今日は早退させていただけますでしょうか」

    「今日はもう帰ったほうがいいよ」

    「そうさせていただけると助かります」

    「昨日早退させていただいたおかげで
    ゆっくり休むことができました」

    これが正統派の使い方。

    もう一つは、相手の意向など全く考慮せずに

    「私は〜をする」

    と、一方的に宣言するものだ。

    「会社を、やめさせていただきます」

    意味は「こんな会社辞めてやる!」

    と、同じでしょ。

    控えめな態度で許可を求める一つ目の使い方と
    二つ目は対極に位置する。

    言葉遣いは丁寧でも
    自分勝手なことをするわけだから
    表現と行為のギャップが大きい。

    自分の行為を控え目に言うときはいつでも
    「させていただく」が使えると思っているのは
    大いなる勘違いなのだ。

    (すべて「失礼な敬語」という本からの引用です)

    無用な敬語はコミュニケーションを阻害し
    大切はことを伝えにくくする。

    社内においては特に
    シンプルに伝えあうことが大事だと思うのだ

    もちろんお客様に対してもそうだ。

    丁寧な言葉遣いをすることは大切だけど
    あまりにも丁寧すぎると伝えるべきことが伝わらずに
    最悪は「言った言わない」に発展してしまう。

    みなさん今年は意識して
    シンプルに伝えましょう!

    日比野菜緒選手と所属契約を結ぶ

    2016年からスポンサーとして
    プロテニスプレーヤー日比野菜緒選手を応援してきた。

    そしてとうとう来年から所属契約を結んだのだ!

    とてもうれしい。

    日比野菜緒所属契約 (1)
    これでブラスの所属選手として
    プロテニスツアーに出場する。

    ブラスのイベントや宣伝活動にも
    参加してもらう予定ではあるけど
    一番大切なことはなにか。

    「スポーツ選手は、勝たなければならない」

    そのためのサポートをすることが使命なのだ。

    僕には見える。

    (子供のころからスポーツ観戦オタクですから)

    彼女がビッグタイトルを手にする姿が。

    その結果、ブラスの広報活動に
    深く寄与してくれたなら最高だ。

    それにしてもなんと幸せなことだろう。

    創業の地である愛知県一宮市出身で
    今が旬の日比野選手の所属に企業になれるとは。

    日比野菜緒所属契約 (2)
    スポーツ観戦は心から応援する
    対象があってこそ燃えに燃える。

    ブラス関わるすべてのみなさんへ。

    「共に、日比野菜緒選手を応援しましょう!!」

    彼女はブログもちょくちょく書いてますから
    ぜひチェックしてください)

    来年から彼女の活動予定や
    試合の結果をしっかりと伝えます。

    本社忘年会 2018

    昨晩は本社の忘年会をした。

    場所は本社ビルの2階にある
    「THE BASE」というスペース。

    「なんで、お店じゃないの・・・」

    深い理由はなく
    第三週の金曜日は忘年会の人気日で
    どのお店も予約が取れず
    苦肉の策として社内でやることにしたのだ。

    本社忘年会 (5)
    なのでポスターをつくって
    何とか忘年会らしい雰囲気をつくる。

    本社忘年会 (4)
    クルヴェットダイニングから
    ローストビーフを丸ごと運ぶ。

    「エバタ、しっかりと切り分けろよ!」

    おつまみはデパ地下で
    美味しいものを厳選し買ってきた。

    本社忘年会 (2)
    クリスマスプレゼントもしっかりと用意し
    恒例のイントロクイズで今年も盛り上がる。

    「しほさん、来年こそ、奥飛騨慕情をかけて!」

    本社忘年会 (1)
    優勝チームへのデザートは超豪華に。

    「ハーブスのケーキは偉大です」

    差し入れの日本酒を飲み始めたあたりから
    おかしな展開になったけど
    主婦社員たちも恐妻家のヤス君も
    しっかりと年忘れをしたのだった。

    「イイね!定番忘年会」

    同じネタで同じセリフで笑い合うことこそ
    忘年会の王道なのだ。


    PS.
    そして恒例になりつつある二次会へ突入。

    昨年開発した世にも不思議な
    「天ぷらゲーム」が今年も大ブームを巻き起こした!

    ルールを知りたい人は僕か
    本社の天ぷら女王に聞いてください(笑)

    ブラスクリスマス会 2018

    全体ミーティングのあとは
    創業一年目から続けている
    クリスマス会の始まりだ。

    Xmas-0007
    オープニングはブラスバンド部の演奏。

    Xmas-0016
    バンドメンバーが各地から集まり
    練習することが難しくなってる。

    「それでもまだまだ上達しようぜ!」

    大人になっても楽器を続けて
    合奏ができることは大きな喜びなのだから。

    Xmas-0009
    今年の司会者は10期生の支配人トリオ。

    Xmas-0008
    「人気があるな〜」

    Xmas-0014
    この日のスペシャルゲストは
    プロテニスプレーヤーの日比野菜緒ちゃん。

    「ブラスは来年から、さらに日比野選手を応援します!」

    と、社員全員に発表する。

    Xmas-0015
    「それでは今日も盛り上がりましょう!
    でも、マナーよく振舞うことは忘れずにね」

    しっかりと食べたあとは恒例の余興大会へ。

    Xmas-0024

    まずはこれまた恒例の審査委員入場だ。

    Xmas-0025
    今年はフレディ・マーキュリー!

    「ま、これしかないでしょ」

    Xmas-0027
    トップはダンス部。

    新入社員が沢山入部して
    怖ろしくパワーアップしたダンス部。

    「圧巻のパフォーマンスだったね〜」

    Xmas-0030
    一昨年から全店対抗戦ができなくなり
    選ばれしお店が出場する余興大会。

    これは5月にオープンする
    ブルーグレース大阪チームだ。

    「もうちょっと、勢いと工夫が欲しかったナ」

    Xmas-0032
    続いて本社管理部チーム。

    平均年齢は断トツの一位なのに
    切れ切れのダンスをビシッと合わせた。

    「本社の意地を見ました」(下野談)

    Xmas-0037
    ヴェルミヨンバーグは・・・。

    「ま、こんなもんでしょうか」(加藤談)

    Xmas-0039
    しっかりと練習をしてきたブルーブラン。

    Xmas-0041
    「ブラボーのBで〜す」(特別審査員の菜緒ちゃん)

    Xmas-0043
    15期生50名の余興はアイデアを絞り
    練習することが大変だっと思う。

    「よくがんばった!!」

    Xmas-0048
    マンダリンは新しい分野に挑戦。

    「ま、チャレンジ精神はアッパレだね」(ひげマジ談)

    Xmas-0049
    つなぎ芸人たちも
    もちろんチョイチョイ登場してる。

    「このペアは円熟のゲイだね〜」(河合談)

    Xmas-0052
    ラピスアジュールは
    かぶることを覚悟で「T」で勝負。

    Xmas-0055
    そしてトリはなぜか毎年出てくる
    「西川・江端」

    今年は新しく「西川(本社)・江畑(パティシエ)」を加えて
    パワーアップ。

    「強引に引っ張り出しましたね〜」(下野談)

    Xmas-0057
    デザートタイムのあとは
    「達明バンド」の登場。

    Xmas-0061
    こんな大舞台で毎年歌えるとは。

    Xmas-0062
    「ホントにホントに感謝感激です」

    Xmas-0064
    最後はブラスセクションとダンス部も加わり
    サザンにまた一歩近づいたのだった(笑)

    Xmas-0069
    プロ級の腕前がありながら(下野君を除く)
    毎回しっかり練習してくれるメンバーにも感謝!

    そして審査発表へ。

    Xmas-0071
    セオリー賞はラピスアジュール。

    Xmas-0072
    マルイチ賞はダンス部。

    「ワッキー社長にがっちり焼肉を
    ご馳走してもらいましょう!」

    Xmas-0073
    菜緒ちゃん賞は新卒15期生チーム。

    「きっと菜緒ちゃんグッズが届くよ」

    Xmas-0074
    プーコニュ賞は本社管理部。

    「大須の安い居酒屋で宴会を(笑)」

    Xmas-0075
    優勝はブルーブラン!

    「チームワークの勝利だね〜」

    Xmas-0080
    で、サンタからプレゼント。

    Xmas-0081
    ジャンケン大会。

    Xmas-0083
    単純だから、イイ。

    Xmas-0085
    社員全員が集まり
    飲んで食べて笑い合うお祭りは大切だと思い
    ずっと続けてきた。

    これからもそんな社風を守りつつ
    進化し続けようと思う。

    イベントを陰で支えたメンバー一同に
    特に感謝します!

    ブラス全体ミーティング 2018 冬

    昨年から全員参加のミーティングを
    自社会場ですることが不可能になったため
    今年も名古屋キャッスルホテルさんにお願いをした。

    全体M (1)
    「このお城も、もうすぐ取り壊しになりますね〜」

    木造で正確に復元する予定の名古屋城が
    どんな姿で出現するのか。

    そしてここキャッスルホテルも
    建て直しが決まった!

    「地元名古屋の活性化が楽しみでしょうがありません!」

    全体M (2)
    午後2時。

    各地から全社員が集合し
    全体ミーティングが始まった。

    全体M (3)
    結婚式屋らしく準備は万端なのだ。

    全体M (5)
    「大きな流れの中で、ブラスは今、いい感じです!」

    400名が自信をもって明るく振舞えば
    きっとうまくいく。

    それにブラスメンバーは
    運のいい人たちの集まりなのだから!

    全体M (8)
    続いてとても大切にしている
    昇進したメンバーの発表だ。

    全体M (10)
    喜ぶ姿を見るのが
    僕の喜び。

    全体M (11)
    この笑顔があれば、きっと大丈夫だ。

    全体M (15)
    新料理長の決意表明は
    口下手であればあるほど心に響く。

    「料理人はそれでいいんだよ!」

    全体M (12)
    転勤の発表もしっかりとしなければ。

    出身地にお店ができて
    ふるさと帰りするのもウチの特徴だと思う。

    全体M (16)
    会社が成長すれば、新しい部署も生まれる。

    全体M (17)
    「頼むぞ!」

    全体M (18)
    最初はひとりからでも

    全体M (19)
    少しずつ拡大してくれることを願う。

    全体M (21)
    さらに「栄光の100件プランナー」の表彰へ。

    「しほ、ヴェルミヨンが苦しい時代から
    支え続けての達成だな」

    全体M (22)
    あきは岡崎、名古屋、沼津
    三つの会場トータルで達成だね。

    「素晴らしい!」

    全体M (23)
    小つぶ会の佐古ちゃんは
    とうとう150件プランナーに。

    「そろそろ、大つぶ会でいいのでは…(笑)」

    全体M24
    フジナミは250件プランナーだ。

    「いろんな予定もないし、まだまだ記録を伸ばせるぞ」(笑)

    内定式 (1)
    メインイベントは新卒社員の入場から配属発表だ。

    内定式 (3)
    まずは一つ上の先輩社員の
    一年間の奮闘ぶりを映像で流す。

    内定式 (5)
    清々しい気持ちになった後は、いよいよ運命の時へすすむ。

    内定式 (7)
    名前を呼ばれ、配属店が決まった瞬間
    怒涛の如く先輩たちが取り囲む。

    内定式 (8)
    「激しすぎて、どのお店かわかりませんでした・・・」

    内定式 (10)
    昨年の教訓を生かし
    今年はしっかりと映像でお店の詳細を見せる。

    内定式 (11)
    それぞれの配属先で
    素晴らしい出会いがあると信じて働いてほしい。

    内定式 (12)
    運は人が運んで来るものだから。

    内定式 (13)
    「うれし涙、だよね〜」

    内定式 (14)
    人と人との縁はホントに不思議だ。

    内定式 (15)
    15期生はイチゴのように真っ赤に燃えて欲しい。

    「青春はまだまだ終わってないぞ!」

    52歳の僕だって
    今が一番楽しいのだから。

    そして伝統のクリスマス会へとすすむのだった。

    NHKクローズアップ現代へ生出演!

    一本の電話が、人と会社の未来を変えることがある。

    ことの発端はこのブログを書いたこと。

    映画「ボヘミアン・ラプソディー」を
    ブラス映画部のみんなと観に行ったブログを
    NHK取材班の方が読んだ。

    映画部

    クローズアップ現代
    大ヒット中のこの映画の特集をしますから
    取材をさせてください」

    それが火曜日のこと。

    すると翌日の午後には
    取材班が名古屋駅前にある
    ウチの結婚式場に来て早くも収録が始まる。

    NHK取材2
    「すごいスピード感ですね〜」

    若いディレクターは
    映画部のメンバーを中心に
    次々にインタビューをしていく。

    「では、社長室も見せていただけますか」

    「ええっ、もちろんOKですけど・・・」

    NHK取材1
    ディレクターの質問がいいので
    僕も調子に乗ってどんどん話す。

    スタンディングデスクでこうして話すのは
    日常なので全く違和感がない。

    「では次は、サックスを吹いてもらえますか」

    ブラスバンドのブラスですから
    社長室には練習用のサックスが飾ってある。

    「ギターもお願いします」

    どうにでもなれと開き直り
    ノリノリでギターを弾いてクィーンを歌う。

    We will we will rock you!
    We will we will rock you!

    「まさかこの場面がオンエアーされるとは」

    僕が一番驚いた。

    そしてその場でディレクターが
    さらに驚きの発言をする。

    「明日の夜、生中継で番組に出演しませんか?
    結婚式場とスタジオをつなぎますから」

    僕のキャラクターを気に入ったのか
    会社の雰囲気が良かったのか
    それはわからないけど
    何より即断即決したその判断力に驚く。

    そして翌日。

    メンバーを至急集めて
    本番前にリハーサルが始まる。

    NHK本番 (1)
    「ちょっと歌ってみてください」

    みんなで手を叩いて足を鳴らし
    ギターを弾いて歌ってみる。

    すると雄太郎がいつもの調子で
    ガンガンやるからお祭り騒ぎになる。

    「いいですね、それでいきましょう!」

    「ええっ、マジですか・・・」

    NHKの番組だから座談会のように
    座って映画の感想を述べるのかと想像していたのに
    トンデモナイ方向に事態は向かっていった。

    そしていよいよ始まった本番は
    見ての通りだ。

    ※見逃した方はぜひ
    NHKのオンデマンドでご覧ください!

    NHK本番 (3)
    中松ディレクターと鎌倉アナウンサーの
    素晴らしい演出のお陰で
    ブラスらしい演技?ができた思う。

    「そうか、映画でも番組でも結婚式でも
    責任者の明確な判断と指示があり
    あとはそれぞれが役割を
    演じ切ることが大切なんだ」

    NHK本番 (4)
    「人生はサプライズだな〜」

    NHKのゴールデンタイムの生中継に出演するなんて
    信じられない。

    これがビジネスに繋がるかどうかはともかく

    「発信しなければ、何も起きない」

    これだけは確かだ。

    「ありがとうございます!!」

    番組にかかわるすべての皆さんと
    素早く事を運んだウチの広報チームと映画部にも
    心から感謝したい。

    「よ〜し、次はプロフェッショナルの流儀だ」(笑)

    ファンづくりこそ 2018

    「ファンづくりこそ、企業永続の基です」

    15年前にブラスラブというタイトルの
    経営理念カードに書いた。

    「結婚式は一度きりのイベントではあるけど
    それでもファンづくりをしようよ」

    それはブラスにとって生命線だと
    内外に語ってきた。

    ここ数年その大切さを
    僕もブラスメンバーもヒシヒシと感じている。

    今期のスローガンが
    FUN!FUN!FUN!」
    というのもその表れだ。

    そんな中、気づいたことがいくつもある。

    まずは
    「話しをしなければ、始まらない」
    ということ。

    自信をもって内外にアピールしようと
    毎回会議で確認している。

    そして
    「話しをするためのツールが必要」
    だと気づいた。

    プレミアムチケットは単純だけど
    思い浮かばなかったヒット作だと思う。

    それで金曜日は急遽
    ブラスラブな提携企業の面々に集まっていただき
    パートナーから見た課題を教えてもらった。

    自社で発信し続けることも大切だけど
    現場で共に働くパートナーの信頼を得て
    それを発信していただくことはさらに大切だ。

    「新鮮な発見がありました!」

    978A0B5C-ED7E-4FD6-A3CA-6AE16D9BC2FF
    そのお礼に先日シャンパン講習会で得た知識を
    みなさんに受け売りながら話をしたのだった。

    ちなみに皆さんが気に入った
    「ジャクソン」というシャンパンは
    ナポレオンが自らの結婚式で振舞ったもの。

    それが案外安価なのも
    シャンパンの大きな魅力なのだ。


    PS.
    服部日南子P1
    先週のルージュブランでの結婚式。

    服部プランナーはお姉さんの結婚式を
    出席するのではなく担当プランナーをした!

    服部P★社長
    両親にお姉さんの晴れ姿と
    自分自身が生き生きと働く姿を見せるという
    最高の親孝行をしたと思う!

    これもウチならではの
    ファンづくりなのです!

    株主総会 2018

    株主総会を開催した。

    場所は名古屋駅前にある
    「ブルーレマン名古屋」

    自社で開催できることは
    ブラスの強みの一つだと思う。

    株主のみな様に現場を見ていただき
    様々なことを肌で感じていただけるからだ。

    株主総会 (2)
    結婚式同様、お出迎えは大切。

    株主総会 (3)
    明るく爽やかに、本社メンバーが出迎える。

    そして今年も自分の言葉で
    ブラスの現状と未来を話した。

    株主総会 (7)
    「オリコン調査で日本一に輝きました。
    13部門すべてで第一位です」

    声高らかに報告した。

    「なのにどうして、目標を達成できなかったの」

    それは株主の心の声だと思う。

    商売の原点は「お客様のために」。

    特に僕らのようなサービス業にとっては
    言うまでもないこと。

    お客様から圧倒的な支持をいただきながら
    計画通りの結果を出せなかったのは
    これも言うまでもなく経営者の責任だ。

    株主さんからの質問の中で

    「バックの壁が、やや黒ずんで見えるのですが
    どう思いますか?」

    そんな指摘があった。

    「すべてはお客様のためにと言いながら
    徹底できていないのではないですか」

    と、言いたかったのだと思う。

    その通りだ。

    結婚式はリピートのない一度きりのイベント。

    それだからこそ
    「いい結婚式をして、口コミで一杯にするのです」
    と、力説しながら
    ブラスはまだまだやるべきことを
    徹底できていないと痛感した。

    株主総会は試練の場でありながらも
    一年に一度の晴れ舞台だと思っている。

    来年はこの場で胸を張って報告できるよう
    精進することを改めて誓ったのだった。

    総力を結集して撮影を

    「ブラスバンドの楽器のように
    個性的で温かい人間が集まって
    最高の演奏をする」

    それが「ブラス」という社名を決めた時の想いであり
    経営理念のひとつだ。

    しかし

    「ブラスさんの式場がどこか
    今一つわからないんです・・・」

    社名と店名が別々なのは
    よくあること。

    「ユニクロが有名ですね」

    結婚式業界でもベストさんやT&Gさんなど
    別々の会社が多い。

    それでも前回のブログでも書いた通り
    ブラスブランドをいかにして広めるかが
    これからの成長の大きなカギだ。

    撮影裏側 (4)
    特効薬はない。

    撮影裏側 (9)
    今の力で、できることをすべてやる。

    撮影裏側 (10)
    ブラスバンド部の出番だ。

    撮影裏側 (11)
    ベテランバンドメンバーも呼び

    撮影裏側 (12)
    映像パートナーである
    ムーブのチカラを結集して撮影をした。

    撮影裏側 (14)
    「どうだ、ハズキルーペに負けるなよ(笑)」

    撮影裏側 (19)
    ちなみにテレビ用ではない。

    「あっ、でももしかしたら
    それにも使えるかな・・・」

    撮影裏側 (20)
    いつから、どこで流すかは
    まだ言えない(すいません)。

    「決まり次第、すぐに発表します!」

    楽しみです!!

    FAN!FUN!FAN!!

    ブラス今期(8月〜)のスローガンは

    「FAN!FUN!FAN!!」に決まった!

    スローガンJPEG
    毎年、社員からの公募で選ぶのがブラスのルール。

    今年は本社広報チームの
    みさきさんの案が満場一致で採用された!

    そうなのだ!

    ファンづくりこそ、ブラスが生き抜く道しるべ。

    orikon
    今期は「オリコン総合第一位」と
    「13部門オール一位」という快挙を成し遂げた。

    「実績を引っ提げて、さらなる自信を持って
    それぞれの身の回りの人々にすすめましょう」

    そんな想いを込めたスローガンなのだ。

    当たり前だが僕が先頭を切って
    やらなければならない。

    日曜日のブランベージュでの結婚式のこと。

    新婦のお母様はブラスの株主さん。

    娘さんにブラスウェディングをすすめてくださった上に
    「祝い餅つき・めでたや」を発注してくださった。

    370A7452
    「社長の口上でお願いします」

    お母様の期待に応えられたなら
    一番うれしいし
    これぞファンづくりだと思った。

    with you

    新卒一括採用のルールが変わるとの報道があった。

    ブラスは現行のルールで
    長年積み重ねてきたノウハウがあるだけに
    やや不安もある。

    が、採用活動は明日の成長エンジンだから
    新ルールにもいち早く対応しなければならない。

    それはともかくブラスは春に
    15期生が入社してくるから
    新卒採用を始めたのはかれこれ16年前のことだ。

    当時は社員が10人もいなかったのに
    どうして一期生を10名も採用したのか。

    理屈を書けばいろいろあるけど
    「これが成長の道だ」
    と決意したことを強く覚えている。

    いいことは沢山あった。

    中でも同期が仲良く
    いい関係を保ち続けていることは
    社長として大きな喜びだ。

    4期生会 (0)
    これは4期生たちの
    入社10年記念フォト。

    4期生会 (1)
    「結婚式屋ならではの写真だね〜」

    4期生会 (6)
    そんな4期生たちと10年記念ディナーへ行く。

    4期生会 (11)
    支配人がいてウェディングプランナーがいる。

    女性の料理人もドレスコーディネーターもいる。

    さらには本社勤務がいて
    それぞれがブラスを支えているメンバーたちだ。

    4期生会 (12)
    「一人じゃない心の中どんな時も
    with you」

    大いに食べて飲んで、歌ったのだった。

    4期生は歌が好きだからね〜。

    b-ドレッセ 浜松店オープン

    ブラス直営のドレスショップ「b-ドレッセ」の
    2号店が完成した!

    BD浜松 (12)
    場所は静岡県浜松市。

    浜松駅前にある「マンダリンアリュール」という
    ウチの会場から徒歩圏内にある。

    BD浜松 (5)
    「最高の結婚式をつくるには
    それぞれの新婦に合った最高のドレスが必要」

    その思いを胸に、念願の2号店の出店なのだ。

    BD浜松 (6)
    パートナー企業とブラスメンバーに内覧会ということで
    まずはお店をじっくりと見ていただく。

    b-ドレッセはトータルコーディネートにこだわる。

    なのでドレスシューズやティアラなどの小物も
    自信を持ってセレクトした品を展示している。

    BD浜松 (9)
    そして僕自身も洋服が大好きなだけに
    メンズは並々ならぬ熱意を込めて
    セレクトした商品ばかりだ!

    「ユナイテッドアローズ社と提携しているドレスショップは
    日本でウチだけですから!」

    BD浜松 (16)
    内覧会の後は場所をマンダリンアリュールに移し
    チャペルでドレスショーをする。

    BD浜松 (18)
    「モデルは全員社員です!」

    BD浜松 (20)
    だからと言って、甘いショーになることは
    結婚式屋として許されない。

    BD浜松 (23)
    厳しかったであろうリハーサルを経て
    本番はビシッと決まった!

    BD浜松 (27)
    さすが、ブラスのウェディングプランナーたち。

    「あっ、料理人もひとり入っていたね」

    BD浜松 (29)
    短期間でここまで仕上げるとは
    自画自賛だけど素晴らしい!

    BD浜松 (33)a
    ここからは、得意のパーティーが始まる。

    BD浜松 (33)c
    台風の影響を心配したけど
    無事に開催できることに感謝だ。

    BD浜松 (34)a
    これがドレッセ浜松チーム。

    名古屋店でしっかりと経験を積んだ
    頼もしいメンバーなのだ!

    BD浜松 (35)
    まずは僕から「オリコン総合第一位」と
    「全部門一位」を獲得したことを報告する。

    「ありがとうございます。
    これはパートナーの力があってこそですから」

    BD浜松 (40)
    「さぁ、今日も楽しみましょう!」

    BD浜松 (42)
    「大いに食べて飲みましょう!」

    BD浜松 (44)
    桂由美先生も来てくれたし(笑)

    BD浜松 (45)
    業界にスターがいることは
    とてもとてもいいことだ。

    BD浜松 (46)
    中盤は衣装店のオープンに相応しい企画をということで
    「秋のコーディネートコンテスト」を行う。

    BD浜松 (50)
    ノリコ先生が貫録を示して優勝!

    BD浜松 (51)
    「デートの相手は自分で見つけてください(笑)」

    BD浜松 (53)
    そして来春にオープンする
    ブルーグレース大阪」と「アーブルオランジュ」
    改めて同時に紹介する!

    BD浜松 (60)
    後半は「達明バンド」

    毎度のことながら
    好きな音楽をやり続けられることに感謝しかない。

    BD浜松 (68)
    サザンの新曲をどうしても演奏したくて
    ブラスバンド部からホーンセクションを結成。

    BD浜松 (70)
    さらにメンバーが大幅に増えた
    ダンス部もフル参加だ。

    BD浜松 (74)
    「歌っているときが一番幸せです」

    BD浜松 (74)a
    メンバーのみんなも
    いつも僕のわがままに付き合ってくれてホントにありがとう!

    BD浜松 (75)
    今日のドレスコードは「ゴールド」

    「とうとうやったね!」

    BD浜松 (76)
    苦節17年。

    下野くんがベストドレッサー賞を獲得したのだった!

    BD浜松 (77)a
    女性はメイクの水谷先生。

    3度目の受賞なのだ。

    BD浜松 (79)
    最後はいろいろインタビュー。

    BD浜松 (82)
    特に初参加のみなさんが
    驚きながらも楽しんでくださったなら
    ものすごくうれしい。

    BD浜松 (80)
    そしてとうとう、一発芸も出た(笑)

    BD浜松 (81)
    「いい写真ですね〜(笑)」

    BD浜松 (83)
    「これからも、共に成長しましょう!」

    専務が締めてパーティーは終わると思いきや

    BD浜松 (83)a
    やっぱり、これがなきゃブラスじゃない。

    BD浜松 (83)b
    「鷲野オング」が魅せて集合写真へ。

    BD浜松 (84)
    今回は準備期間が短かったので
    制作チームは大変だったと思う。

    それでもイベントに手を抜かないことが
    僕たちの誇りであり大切にしていることでもある。

    「もっと、いい結婚式を!」

    さらなる高みを目指して
    ドレス部門も成長し続けます!

    体力の正体は筋肉

    「最近、体力が落ちたんです〜」

    本社内でよく聞く会話だ。

    若い若いと思っていた
    ウチのメンバーも確かに年齢を重ねた。

    「新卒一期生は16年目だからね〜」

    では、どうすればいいのか。

    ジムに入会しても
    なかなか続かないのが実情なら
    小さいことから始めなければならない。


    この本のタイトル通り
    体力の正体は筋肉といっていい。

    筋肉は使わないと少しずつ衰えるから

    「最近、体力が落ちたんです〜」

    という話になる。

    まずは仕事をしながら食い止めよう!

    日本人は先進国の中で
    一番座る時間が長いとのこと。

    スタンド (1)
    「それには、スタンディングデスクがいい」

    本社ではその環境を整えつつあるし
    各店の事務所でも徐々に導入している!

    ずいぶん前から
    「立って仕事をしよう」と推奨している僕は
    スタンディングデスク一本だ。

    スタンド (3)
    「慣れると、気持ち良くなりますよ!」

    立っているだけで筋トレになる。

    心地よく疲れるから
    夜はグッスリと眠れる。

    たまに座ると気持ちいいし
    仕事の効率も上がること間違いなしなのだ。

    ブラス本社メンバーのみなさん
    徐々に立って仕事をする時間を増やしましょう!

    本社秋の大運動会

    秋のブライダルシーズン真っ盛りということで
    ブラス各店では毎週毎週
    「それぞれの新郎新婦にとって最高の結婚式」
    をつくり続けている。

    活気が溢れているのだ!

    それでは、ブラス本社はどうか。

    「もちろん本社も、毎日がお祭り騒ぎです」

    そんなことはない。

    経理部が騒々しかったら
    そりゃおかしい(当たり前)

    それでも、結婚式屋のヘッドオフィスとしては
    やる時はやらねば示しがつかないのも確か。

    本社歓迎会 (1)
    歓迎会は全力でする。

    本社歓迎会 (2)
    タイトルは「秋の大運動会」

    本社歓迎会 (6)
    お酒を飲んで
    美味しい料理を味わいながらも
    チーム対抗で競う。

    本社歓迎会 (8)
    やや企画倒れもありながら

    本社歓迎会 (9)
    チャレンジする姿勢がイイ。

    本社歓迎会 (10)
    「運動会だからね〜」

    本社歓迎会 (12)
    勝利チームにはもちろん賞品がある。

    本社歓迎会 (13)
    新メンバーの写真がまったくないけど
    大いに歓迎したのだった(笑)

    ま、各店から本社への移籍組ばかりだからね。

    本社歓迎会 (14)
    「現場を経験してから本社へ来る!」

    そう、それがブラスの大きな強みなのだ。

    あっ、今回は久しぶりに転職組で
    超大型の男性を獲得したのだった。

    新鮮で新しい血も企業には必要ですからね。

    誰が何と言おうとも

    ブラスはオリコン調べで
    ハウスウェディング部門全国総合一位に輝き
    史上初の13部門すべてで一位を獲得した!

    orikon
    ブラス全店で新しいお客様が
    噂を聞きつけてどんどん来るから大変だ。

    「というのは、嘘です・・・」

    結婚式業界において
    お客様を集めることは一筋縄ではいかない。

    例えばレストランにおいて
    ミシュランで三つ星を取れば反響が凄いだろうし
    食べログで高評価の会場は予約が取れないお店となる。

    これがブライダル業の難しいところであり
    20年間ブラスが追求し続けていることでもある。

    (詳しく解説すると、2時間かかります)

    それでもブラスの全メンバーと
    思いを共有しているパートナーのみなさんは
    信じているはず。

    時にその気持ちが強すぎて
    空回りしてしまうことすらあるほどに。

    そんなことを考えて本を読んでいたら
    こんな文章に出会った。

    「誰が何と言おうと、自分はこの商品が心から好きで
    他に代わるものがないとわかっているので
    絶対にあきらめずに売り込む」

    トップセールスマンの言葉だ。

    高額商品で僕らが経験のある
    買い物の代表は車だと思う。

    車の営業マンでエースと言われる人は
    まさにこのタイプが多いという。

    「口が上手いのではなく、その車を愛していて
    なぜこれほど強い愛情を持つことができるかを
    顧客に伝える」

    ブラスの新規顧客の接客は
    営業担当がするのではなく
    ウェディングプランナーが行う。

    念のために書きますが
    新規営業だけをするプランナーじゃなく
    結婚式当日まで共に歩み続ける
    ウェディングプランナーだ。

    自分たちが信じる商品を
    お客様に伝わるまで伝えましょう!

    ブラス全体ミーティング 2018 秋 その2

    全体ミーティング秋の中盤は
    一年間の成果を称えあう表彰式。

    5厨房賞b_R
    まずは数値化は難しいけど
    それぞれのお店のキッチンで活躍が光った若手を
    料理長が選んで表彰する。

    5全厨房賞_R
    「みんな、うれしそうだ!」

    6施行数d_R
    次はもっとも輝いたお店の表彰へ。

    7総売上b_R
    「チームで勝つ」

    ウチの本領を発揮してくれたお店を
    期末ギリギリまで算出した数字を元に発表する。

    15GWA_R
    「グッドウェディングアワードベスト50」
    に入ったプランナーを改めて発表し

    15GWAb_R
    惜しくもグランプリを逃したけど
    最高のプレゼンをした中尾プランナーに話しを聞く。

    16ビードレb_R
    ドレスコーディネーターを称えることも
    ブランドをつくる上でものすごく重要。

    「よく、結果を残しましたね!」

    18成約率個人c_R
    積み重ねた実績を見逃さないように
    細かくも大胆に表彰する。

    19ベストアニバ個人a_R
    「いい笑顔だね〜」

    20ベストプランナーb_R
    そしてウェディングプランナー一貫性を貫く
    ウチの最高の栄誉は「ベストプランナー」。

    20ベストプランナーc_R
    「まさかの、まさプランナー!!」

    20ベストプランナーd_R
    トップ10に入った面々。

    それぞれのお店の事情がありながらも
    安定して結果を残したことに敬意を表する。

    21中途復職a_R
    その後は中途採用メンバーを
    しっかりと紹介することもウチの伝統。

    21中途復職b_R
    このコーナーを長年担当している
    西川が笑いを取りつつ進行する!

    22M支配人a_R
    昇進したメンバーを
    キチンと発表することも大切なこと。

    23シェフ・異動_R
    口下手な料理人が料理長へ就任し

    23シェフ・異動b_R
    その決意を新たにする瞬間が好きだ。

    24ビードレ異動_R
    「b−ドレッセ」も浜松新店のオープンと共に
    新体制になる。

    100件P a_R
    さらに恒例の「栄光の100件プランナー」の発表へ。

    100件P b_R
    みんな、晴れ晴れとした顔をしている!

    100件P c_R
    ウチのプランナーの大きな目標だから。

    100件P d_R
    でも、ここからがまだまだ本番だよ!

    200件P_R
    産休を経て
    200件を達成した藤本プランナー。

    300件P a_R
    ブラスのトップランナーということは
    日本のトップと同義語。

    14年で300件は金字塔なのだ。

    300件P b_R
    「還暦で1000件だね、温子さん」

    全体ミーティング中盤も大いに盛り上がったのだった。

    続く。

    ブラス全体ミーティング 2018 秋 その1

    「ブラス全体ミーティング秋」を
    名古屋駅前のマリオットホテルで開催した。

    0全体MTG  (2)_R
    「社員が400名を越えると
    自社会場での開催はできないのです」

    しかしホテルのバンケットだと
    ピリッと身が引き締まることも確かだ。

    0全体MTG  (8)_R
    まずは最新の情報を全員に伝えたかった!

    1オリコン3_R
    ブラスはなんと!

    オリコンハウスウェディング13部門ですべて第一位を獲得しました!!!」

    rogo
    なので総合一位も
    もちろんブラス!!

    全部門で一位を獲得するのは
    オリコン史上初の快挙なのだ

    orikon
    「ブラスメンバー全員が真摯に仕事をした結果
    お客様に最高の評価を頂いたのです」

    喜びを全員で分かち合う。

    2スローガンb_R
    そして今期のスローガンの発表へ。

    プランナーから本社広報チーム移籍した
    みさきちゃんが考えた

    2スローガンc_R
    「FAN・FUN・FAN」に決定した。

    「ファンづくりこそ企業永続の基です」

    と、創業時からブラスラブ(経営理念です)
    に書いているけど
    その気持ちを的確に表したのだ。

    「このスローガンを胸に、今期もやったりましょう!」

    喜びと来期への決意を新たにして
    ミーティングの前半を終えたのだった。

    続く。

    ブラス登山部 2018 その2

    午前4時起床。

    山小屋でぐっすりと眠れたなら
    それだけでラッキーだと思わなければならない。

    とても清潔とは言えない布団と毛布に包まり
    仕切っただけの空間で雑魚寝をするのだから。

    ま、3000メートル級の山の頂上付近に
    こうした小屋があり、働いている人がいて
    宿泊できるだけで幸せなのだと思わないとね。

    登山部 (13)朝
    4時半から朝ごはん。

    鮭の塩焼きとお味噌汁が特に美味しい!

    でも、外は雨がシトシト降っている・・・。

    登山部 (14)
    「ザックを置いて、頂上へ行こう!」

    景色がまったく見れないことはわかっているけど
    やはり山頂へ行かなければならない。

    登山部 (16)
    「もう一歩だぞ〜」

    登山部 (17)
    「おおっ、山頂でシャンパンファイトか!」

    登山部 (18)
    雨で僕らしかいないから
    はしゃいでもいいかな。

    登山部 (18)r
    ブラス登山部は無事に燕岳の頂上に立った。

    ちなみにこの横断幕は
    今年はどうしても参加できなかった
    吉田名誉会長が僕らに託した自筆の作品だ。

    登山部 (21)c
    「足手まといがいなかったから
    今年はスムーズに登れたぞ(笑)」

    そして雨が降ったり止んだりする中
    僕らは足を滑らせないように
    焦らずに山を下りた。

    登山部 (19)
    「みんな、ヒザは大丈夫か〜」

    全員が無事に下山したのだが
    どうやら影の隊長である六車のヒザは
    今年も限界間近だったらしい。

    登山部 (20)
    本社から張り切って?参加した
    さきほ&さきこ隊員と喜びを分かち合う。

    「あっ、手嶋も本社だ・・・」

    すっかり忘れていたのだった(笑)

    登山を終えた後の楽しみは温泉!

    源泉かけ流しの湯にゆっくりと浸かり
    疲れを癒して僕らは帰路に着いた。

    登山部 (21)
    「焼肉でも食べようか!」

    ガッチリと栄養を補給して
    今年の登山は無事に終わった。

    登山部 (21)a
    最後は恒例の胴上げ!

    今年もいい想い出をつくりました〜。

    ブラス登山部 2018 その1

    登山部結成12年目の今年は部員が増えた。

    「とうとう山の魅力に気づいたのか!」

    8月27日(月)午前6時。

    ブラス登山部20名の精鋭たちが
    日進のオランジュベールに集合した。

    確かに静岡や三重からの参加はキツイけど
    山男も山ガールもしっかりとした装備で元気一杯だ!

    そして小型バスに乗り込み
    長野県の安曇野方面に向かう。

    登山部 (3)
    「今年は北アルプスの女王と言われている
    燕岳(つばくろだけ)に登るぞ!」

    登山部 (4)
    「緑に囲まれた登山道を歩くのは
    ホントに気持ちがいい!」

    というのは嘘で
    前半から厳しい登山道が続き
    部員たちの息が上がる。

    登山部 (5)
    「おーい、元気か〜」

    登山部 (6)
    「そりゃ、デブにはキツイです・・・」

    デブになったことがないのでわからないけど
    たぶん重りを背負って登っている感じだろうか。

    登山部 (7)a
    「エネルギー補給・・・?」

    山に骨付きチキンを持ち込むとは
    デブ隊の本領発揮なのだった(笑)

    登山部 (9)
    合戦小屋はこの登山道のお楽しみの一つ。

    登山部 (9)a
    「スイカが名物なんだよね〜」

    登山部 (9)b
    「美味〜い」

    スイカの甘みが五臓六腑に染み渡る。

    「さぁ、もうひと頑張りするぞ!」

    登山部 (10)
    午後4時半。

    ブラス登山部は順調に
    標高2600m付近にある山小屋へ到着した。

    登山部 (11)
    この山が燕岳。

    「北アルプスの女王」の名にふさわしく
    とても美しい山なのだ。

    登山部 (12)
    尖った山は北アルプスの盟主「槍ヶ岳」

    「ここにいつか登ろうぜ」

    と、誓い合いながら
    とうとう10年がたってしまった。

    登山部 (12)b
    「日本のアルプスの山々は
    上でつながっているの大きな特徴」

    と、本で読んだ。

    なので連なる山を横に歩いて登頂することこそ
    大きな楽しみ方なのだ。

    「縦走したいぞ!」

    登山部 (12)c
    「そんな登山家たちの姿が、しっかりと見れるだろ」

    登山部 (12)a
    「君たちは、山から下りていいかな(笑)」

    登山部 (12)cc
    夕食まで時間があるので
    雲海テラスでひと休み。

    「この時間が楽しかったナ」

    登山部 (12)夜
    普段より10倍は美味しく感じるご飯を食べたあとは
    もう寝るしかない。

    ぐっすりと眠ったのだった。

    アーブルオランジュ

    お盆前の出来事だけど
    書き記さねばならない。

    それは来春オープンする
    アーブルオランジュ」の地鎮祭のこと。

    8月8日。

    AO地鎮祭 (6)
    「真夏の地鎮祭は暑いな〜」

    当たり前のことを呟きながら
    浜松駅前で気合のウナギを食べて
    車で10分弱の場所にある建設地へ向かう。

    AO地鎮祭 (7)
    地鎮祭はそれぞれの地域で
    やり方が異なる。

    AO地鎮祭 (10)
    「神主さんに聞いておいて良かった」

    もう20回以上経験しているから
    慣れているとはいえ
    油断して無様な姿を見せるわけにはいかない。

    ビシッと鎌で稲を刈り取る!

    AO地鎮祭 (15)
    建設に携わるみなさんと共に
    工事の安全を祈り
    こうして顔を合わせることは大切だ。

    「当たり前のことを、当たり前にやる」

    それがプロなのだが
    どんな業界でもそれは簡単じゃない。

    AO地鎮祭 (18)
    最高の結婚式をするための
    最高のハコをつくったのなら
    あとは任せろ!

    AO地鎮祭 (2)
    やや郊外の広い土地に
    アーブル=樹木をたくさん植えて
    木のぬくもり溢れる会場をつくる。

    AO地鎮祭 (1)
    これはブラスが得意中の得意にしている
    会場づくりだ!

    成瀬支配人と牧野料理長の元に
    他店から続々とメンバーが加わり
    春にはベストチームで船出をする。

    「ひと組目からベストの状態で
    ベストの結婚式をする」

    これがブラスのプライドですから。

    PS.
    アーブルオランジュの名付け親は
    なんとなんと・・・・。

    IMG_E0002
    「店舗開発チームの矢澤〜」

    毎度のことながら全社員の公募により
    店名を決めた。

    それにココの建設担当の矢澤が当選するとは
    二重の驚きなのだ。

    「この勢いで、完成まで突っ走ってくれよ〜」

    ブラス夏祭り 2018 続き

    今年の夏祭りには
    社運を賭けた一大プロジェクトがある。

    結婚式業界初の試みであることは間違いない!

    RB夏祭り7
    一号店のルージュブランは15回目の開催。

    RB夏祭り1
    一年目の夫婦の子供さんは、こんなにも成長している。

    「夢が叶う日まで、あと5年かな」

    一歩一歩前進していることを実感できるのが
    僕にとっての喜びだ。

    EW1A0084
    それぞれの会場の夏祭りに参加し
    社長クイズで盛り上げる。

    OVs-1_0981
    当たった方にはその場で
    超スペシャルな景品を渡すのだ!

    もちろんブラスファミリーのみなさんに

    OVs-1_0956
    「結婚の予定があるカップルを
    絶対に絶対に紹介してくだ〜い」

    191A0491
    と、お願いすることも忘れちゃならない。

    特に今年は秘策があるしね!!

    RB夏祭り3
    「集客に苦しむこの業界の突破口をつかむヒントは
    この写真にある!」

    「エビですかね・・・・」

    そう気づいた方は
    なかなかセンスがイイ(笑)

    IMG_5768
    一年かけて競い合う
    「各店対抗夏祭りコンテスト」

    IMG_0528
    お客様と細いながらも
    長い絆を作った会場が勝つはず。

    RB夏祭り5
    「やっぱり歴史を重ねた会場が有利かな」

    どんな結果が出るか
    今から楽しみです!

    ブラス夏祭り 2018

    ブラスの夏の風物詩と言えば
    ブラス夏祭り

    15年前に一号店をつくり
    その年の夏に何かをしたいと思った。

    「ウチでしかできなくて
    お客様に感謝の気持ちをカタチにすることは何だ?」

    いろいろと考えた末に

    「そうだ!写真撮影をメインとした、夏祭りをしよう!」

    bB夏祭り
    我ながらいいアイデアだと自画自賛したい(笑)

    これは安城のブランベージュで
    僕が司会をした家族との写真。

    「こんな写真が毎年積み重なったら
    とても素敵なアルバムになると思いませんか!」

    想い出の結婚式場で
    家族写真が一枚一枚増えていく。

    「社長さん、天才!」

    と、歴史を重ねた会場のお客様に
    褒めていただくとホントにうれしい。

    bB夏祭り3
    他店に移動したプランナーも引退したプランナーも
    この日はこうして集まる。

    「このひと時が幸せだ」

    しかし、僕らも商売人。

    「みなさん、身近で結婚するカップルがいたら
    必ず紹介してくださいね〜」

    今年は特に秘策を考え
    みなさんにお願いしたのだった。

    夏祭りの話しは続きで!

    グッドウェディングアワード 2018

    リクルートブライダル総研主催で年に一度
    グッドウェディングアワード」というコンテストがある。

    GWA中尾P (1)
    「ウェディングプランナーを対象とした
    いい結婚式のプランニングコンテストです」

    と、主催者は定義づけている。

    GWA中尾P (4)
    場所は東京の国際フォーラム。

    GWA中尾P (8)
    ブラスからはなんと
    ベスト50の中に7名ものプランナーが入った!

    GWA中尾P (6)
    そしてベスト8に入り
    ブランプリを賭けて発表をするのは
    大阪の中尾プランナーだ。

    さらになんとなんと
    プレゼンをする結婚式の新郎新婦が
    こうして駆けつけてくださったのだ!

    「素晴らしい!」

    GWA中尾P (14)
    このアワードはあくまで
    「いい結婚式をするためのプランニング」を競うもの。

    なので
    「いい結婚式をつくったプランナーへ贈る賞」
    ではない。

    それは致し方ないこと。

    応募があった結婚式のすべてを
    審査員が見に行くことはできないから。

    でもね・・・。

    「いつか僕が全国の結婚式を見て回って
    グランプリを発表したいナ」

    そう思わずにはいられない。

    GWA中尾P (19)
    残念ながらうちのベイブこと
    中尾プランナーはグランプリを獲得できなかった。

    GWA中尾P (25)
    しかし応援に来た仲間が
    グランプリを贈った!

    GWA中尾P (26)
    「それでいい!」

    GWA中尾P (29)
    「日本に一つでも多くのいい結婚式をつくる」

    それがブラスの使命なのだから。

    来年もチャレンジしようぜ!

    世界コスプレサミット 2018 撮影会

    名古屋が世界に誇るイベント
    「世界コスプレサミット」のスポンサーをしている。

    コスプレサミット (1)_R
    その前夜祭ともいうべき「コスプレ撮影会」を
    毎年ウチの会場で実施している。

    コスプレサミット (2)_R
    なので僕も
    コスプレをしないわけにはいかない。

    ま、好きでやってますけど(笑)

    コスプレサミット (8)_R
    今年はプリンセスと執事をしたがえて
    シンデレラ一家に扮する。

    コスプレサミット (12)_R
    世界各国から120名ものコスプレーヤーが
    ブルーレマン名古屋に来てくれたからには
    感謝の気持ちを込めて話すしかない。

    もちろん英語で!

    しっかりと原稿を見ながら(笑)

    コスプレサミット (16)_R
    高校球児にとっての聖地が甲子園なら
    世界のコスプレーヤーの聖地は名古屋!

    「KANPAI!!」

    コスプレサミット (29)_R
    この人がイベントの生みの親であり
    コスプレーヤー全員の父である
    ミスターオグリン。

    コスプレサミット (23)_R
    全力でコスプレする人たちに
    恥ずかしい料理を出すわけにはいかない。

    シェフチームが全力でもてなす。

    コスプレサミット (29a)_R
    「次々にお礼を言われると、照れますね〜」

    コスプレサミット (47)_R
    そして昨年ここでプロポーズしたカップルの
    結婚式を行う!

    コスプレサミット (52)_R
    「コスプレ結婚式ならブラス」

    そうなるとイイね!

    コスプレサミット (59)_R
    さらに今年も新カップルが生まれた。

    コスプレサミット (63)_R
    自分の好きなことをやってたら
    仲間が世界に広がっていって
    運命の人にも出会った。

    そんな素晴らしいイベントなのです。

    ブラスリーダーズ合宿 2018

    決算月に合わせて
    毎年7月にリーダーズ合宿を行っている。

    場所は4年連続で「エクシブ琵琶湖」

    「去年はここで、日本代表の乾に会ったな」

    ま、一言も話せませんでしたが。

    合宿の成功は、とにかく準備にかかっている。

    合宿じゃなくても
    イベントごとは綿密な準備が肝だということは
    結婚式屋の僕らは身に染みている。

    「なに、身に染みてない・・・」

    ウェディングプランナーが
    レベルの低い結婚式をしてしまったと思ったなら
    それは準備不足が原因の場合が多い。

    「始まりから終わりまでを
    頭の中で想像して進行をすべて覚えなさい」

    いつも言っていることだが
    ウチのプランナーの基本なのだ。

    IMG_9085
    合宿は準備チームが
    綿密なタイムテーブルを作った。

    それに沿って、課題を次々に話し合う。

    二日間に渡って
    緩みのない会議ができたと自信を持って言える!

    それでも決めたことを実施しなければ
    この時間がすべて無駄になることは言うまでもない。

    IMG_9083
    「決めたことを、一つ一つやるぞ」

    ま、夜は空前の懇親会をしたのも
    飛躍するための起爆剤だ。

    リーダーが一段と成長すれば
    必ず部下もついてくるはず。

    「来期もやったりましょう!!」

    ブラス慰安旅行 2018 岐阜長野 その10

    川から松本駅に移動して
    とうとう慰安旅行も終わりに近づく。

    「今から待望の自由時間です。
    一時間後に戻ってきてくださ〜い」

    3松本散策 (1)
    今年も実に短い自由時間を
    それぞれが楽しむ。

    3松本散策 (2)
    新卒14期生は全員で記念写真だ。

    3松本散策 (3)
    神社。

    3松本散策 (4)
    おみくじ〜。

    3松本散策 (5)
    お土産!

    3松本散策 (6)
    「みんな、同期で集まるのね」

    3松本城
    国宝の松本城は外せない!

    3松本城1
    美しい。

    3松本城2
    だけど、中に入る時間がなかったのね・・・。

    3解散式 (1)
    あっという間の自由時間が終わり
    松本駅で解散式を行う。

    3解散式 (2)
    「来年こそ北海道へ行くぞ〜」

    もはや誰も信じていないセリフで
    今年も締めくくったのだった。

    3解散式 (3)
    西武じゃなくて、東武トップツアーのみなさんの
    献身的な働きぶりに心から感謝だ。

    これがプロの仕事だと思うことが多々あった。

    そしてブラス幹事チームは一年も前から
    準備に準備を重ねてきた。

    それぞれがプランナー出身ということもあり
    妥協を許さぬ姿勢と先を読む力が素晴らしかった!

    「来年もこのメンバーを中心に
    さらにグレードアップした旅行をしよう!」

    「か、勘弁してください」

    今はそんな心境だろうがしばらくすると

    「よし、もっといい旅行を作るぞ!」

    そんな気になるもの(きっと)

    それこそ結婚式屋のブラス魂なのだ。

    来年に続く。

    ブラス慰安旅行 2018 岐阜長野 その9

    三日目の朝は7時30分集合。

    最終日にアクティビティをもってくるとは
    今年の幹事チームはトコトンやる気だ。

    3川遊び (1)
    三班に分かれてホテルを出発する。

    3川遊び (2)
    この男子だけのチームは「シャワーウォーキング」

    西川リーダーの元
    静かに森の中へ旅立っていった。

    3川遊び (3)
    それぞれのバスには常に司会者がいて
    こうしてしっかり任務を果たしている(たぶん)

    3川遊び (7)
    僕のチームは「ラフティング」だ!

    3川遊び (5)
    危険も伴うので
    お兄さんの説明をしっかり聞かなきゃね。

    3川遊び (6)
    「さぁ、行くぞ」

    3川遊び (8)
    「俺にしがみつくんじゃない、手嶋〜」

    3川遊び (9)
    落としあうのがラフティングの醍醐味とはいえ
    出発して10秒で落ちなくても・・・。

    3川遊び (11)
    それぞれのボートのキャプテンのアイデアで
    いろいろ楽しめるのも面白いところ。

    3川遊び (12)
    敵?のボートへ乗り込むのが
    最上の技なのだ(笑)

    3川遊び (14)
    「もしかして、あれは・・・」

    3川遊び (13)
    10年前の慰安旅行で
    北海道の川に現れた伝説のワシノ熊が
    再び長野の川にも出現したのだった(笑)

    「ごくろうさん」

    もう一班は「いかだ作り体験」

    3川遊び (16)
    「気持ち良さそう!」

    3川遊び (17)
    「楽しんでるね〜」

    3川遊び (20)
    しっかりといかだを作れば
    スイスイ進むけど失敗すると沈んでいく。

    3川遊び (22)
    「みんないい顔してる!」

    3川遊び (29)
    「似合うな〜、小田ケン」

    3川遊び (27)
    二人乗りのカヌーもあったんだ。

    3川遊び (23)
    ゆったり楽しそうな
    手作り班なのだった。

    そして一番先に旅立った
    シャワーウォーキング班は・・・。

    3川遊び (28)
    「歩くだけかい!」

    3川遊び (18)
    いや、案外厳しい川を渡るなど
    なかなかハードだったとのこと。

    3川遊び (19)
    ま、男性だけで
    盛り上がりに欠けたとは思うけど(笑)

    3川遊び (33)
    「昼のカレーが美味しかったね〜」

    3川遊び (34)_R
    子供の頃の夏の水遊びの記憶が蘇る。

    3川遊び (32)
    新卒14期生も初の慰安旅行を
    ガッチリ楽しんだとのこと。

    慰安旅行もブログもやっと終わりです。

    続く。

    ブラス慰安旅行 2018 岐阜長野 その8

    リハーサルの時は雨が降っていたのに
    本番前は雲が流れて晴れ間が見え始めた。

    そしてイイ感じで暗くなってきた。

    ライブ&その夜 (3)_R
    「達明バンド、今年も歌いま〜す」

    ライブ&その夜 (5)_R
    こんなステージを作ってくれたみなさんに
    感謝しても感謝しきれない。

    ライブ&その夜 (12)_R

    この日のバンドメンバー。
    ヴァイオリンはいつものシホプランナー。

    「オープニングの情熱大陸にしびれたな〜」

    ライブ&その夜 (14)_R

    ボーカル&コーラスもいつもの奈保プランナー。

    「奇跡の地球のデュエットが気持ち良かった!」

    blog霑ス蜉・貼brass2b+_0042_R
    ベースはココンの滝本プランナー。

    「センスあるな〜、タクボーイのベースは」

    ライブ&その夜_R
    ドラムスはカメラマンのアシベ。

    「力強い音と正確なリズム。歌いやすいわ〜」

    ライブ&その夜 (6)_R
    この夜のためのスペシャルピアニストは
    坪井先生。

    「夜はしっかり飲んでください(笑)」

    ライブ&その夜 (11)_R
    後半からはブラスバンド部のバンマス
    サックスのともえさんとトロンボーンのみさきちゃんが加わり
    音に厚みが増す!

    ライブ&その夜 (8)
    「みんなが楽しんでくれて、うれしいな」

    ライブ&その夜 (16)
    アンコールではダンサーズも登場し
    踊りまくる。

    ライブ&その夜 (15)
    「えっ、僕たちのバラードで涙・・・」

    曲を聴いて、思い出が蘇ったならうれしい。

    ライブ&その夜 (23)
    「幸せです。みなさんありがとう!」

    ライブ&その夜 (24)
    いい演奏だった。

    「またこのメンバーでやりましょう!!」


    ライブ&その夜 (25)
    疲れ切った僕らは
    近くのホテルへ移動してすぐに眠る。

    ライブ&その夜 (34)
    と思ったら、卓球大会が始まる。

    ライブ&その夜 (28)
    「今年は負けんぞ!」

    ライブ&その夜
    「みんな元気だな〜」

    ライブ&その夜 (26)
    企画した幹事チームも驚きの盛り上がりだ。

    ライブ&その夜 (38)
    さらに深夜3時からは
    ワールドカップ準決勝をライブビューイング。

    「日本がココにいたら
    全社員を叩き起こすつもりだったのにね〜」

    続く。

    ブラス慰安旅行 2018 岐阜長野 その7

    二日目の昼食は毎年シェフチームが
    乾杯の音頭を取ることが恒例。

    2日目・昼食 (1)
    「仲がいいのね・・・」

    2日目・昼食 (2)
    「料理長の言うことは絶対!」

    2日目・昼食 (3)
    部下たちは顔をひきつらせながら
    ちゃんと拍手をしたのだった(笑)

    2日目・昼食(4)
    「おっと、隣の会場でも・・」


    2日目・昼食 (5)
    こちらは学生時代からの親友同士。

    2日目・昼食 (6)
    「料理長一座のみなさん
    今年も大変ご苦労様でした」

    2日目・昼食 (7)
    30分で飛騨牛を食べて
    次の目的地へ向かう。

    2日目・和さび (2)
    なぜか、大王わさび農場!

    2日目・和さび (4)
    僕は訳あって行けなかったけど

    2日目・和さび (5)
    生わさびかぶりつき大会で
    盛り上がったらしい(笑)

    2バーベキュー (1)
    そして二日目の宿泊地へ向かう。

    着いた先は「白馬47」

    2バーベキュー (2)
    スキー場のふもとで
    バーベキューパーティーだ。

    まずは上高地での「河童を探せ大会」の表彰。

    あんなに頑張ったのに4位とは、悔しい。

    2バーベキュー (3)
    河合専務の乾杯で
    煙がもうもうと上がる。

    2バーベキュー (4)
    「ウチのバーベキューは
    シェフたちがキチンと焼くから美味いのだ」

    2バーベキュー (5)
    「みんな、楽しそう」

    そしてスキー場の空へ何かが舞い上がる!

    2バーベキュー (8)
    「気球だ〜」

    2バーベキュー (9)
    上高地での優勝チームへのご褒美は
    気球へ乗ることなのだった!

    「でも、10メートルくらいしか上がってないのでは・・・」

    なにはともあれ、美しい光景なのだった。

    続く。





    ブラス慰安旅行 2018 岐阜長野 その6

    慰安旅行から帰り
    週末まではその話題でもちきりだけど
    翌週になれば一気に記憶が薄れる。

    しかも社員の結婚式屋をはじめとした
    ビッグイベントもあったので書き続けるのが
    正直しんどい・・・。

    2日目・上高地  (3)
    「がんばれ、俺」

    2日目・上高地  (4)
    上高地の美しい景色と
    澄みきった青空を思い出すんだ。

    2日目・上高地  (1)
    みんなで河童を探しに
    河童橋を渡っただろ。

    2日目・上高地  (5)
    川のせせらぎを聞きながら
    原生林の間を歩いたよね。

    2日目・上高地  (6)
    「ああっ、めったにない
    いい天気だったんだよ」

    2日目・上高地  (8)
    「ほらっ、穂高連峰まで見えるよ!」

    2日目・上高地  (9)
    「待て〜、河童たち」

    2日目・上高地  (10)
    それにしても、隠れている場所が遠すぎ(笑えない)

    2日目・上高地  (12)
    タカシ班長が高得点を狙ったのか
    何も考えていないのか
    僕たちのチームはひたすら走り歩いた・・・。

    2日目・上高地  (14)
    遠くに派遣された河童も
    こりゃ大変だ〜。

    「ムトゥが隠れてたから、610点!」

    2日目・上高地  (15)
    最果ての地にひとり佇んでいた
    和正はハヤシだから884点だ。

    「ごくろうさん・・・」

    2日目・上高地  (17)
    帰りは景色を楽しみながらも
    時間に間に合うようひたすら歩く。

    2日目・上高地  (7)
    もう少しでゴールだ!

    2日目・上高地  (18)
    ラストはジジガッパに会い
    難問に挑む。

    「社長が答えられなかったら、恥ずかしいですよ」

    2日目・上高地  (19)
    ゴール地点ではもう
    みんな寛いでる。

    2日目・上高地  (20)
    遠くにチャレンジしたのは
    僕らともうひとチームだけ。

    2日目・上高地   (22)
    ま、それでも普通なら
    とても歩かない橋まで行けたな。

    「そりゃ、ソフトクリームが美味いよ!」

    2日目・上高地   (23)
    河童さんたちもごくろうさん。

    2日目・上高地  (13)
    川で隠れていたらしい
    総料理長チームにも会いたかったナ。

    もう昼過ぎ。

    「お腹がすいた〜」

    ランチ会場へと向かったのだった。

    明日には書き上げるぞ。

    続く・・・。

    __カレンダー見出し

    カレンダー

    月別アーカイブ
    __カテゴリー見出し

    カテゴリー

    __リンク一覧
    __その他