prev

next

123
  • __プロフィール
    __新着記事見出し

    新着記事

    __ブラスグループ見出し

    ブラスグループ

    オリゾンブルー

    オリゾンブルー

    ラピスコライユ

    静岡県沼津市のゲストハウスウエディング「オリゾンブルー」

    オリゾンブルー

    _ラピスコライユ

    ラピスコライユ

    ラピスコライユ

    静岡・清水駅近くのゲストハウスウエディング「ラピスコライユ」

    ラピスコライユ

    _ブランリール大阪

    ブランリール大阪

    ブランリール大阪

    大阪駅・梅田駅近くのゲストハウスウエディング「ブランリール大阪」

    ブランリール大阪

    __ミエル ココン

    ミエル ココン

    ミエル ココン

    三重県津市のゲストハウスウエディング「ミエル ココン」

    ミエル ココン

    __ミエル シトロン

    ミエル シトロン

    ミエル シトロン

    三重県四日市市のゲストハウスウエディング「ミエル シトロン」

    ミエル シトロン

    __クルヴェット名古屋

    クルヴェット名古屋

    クルヴェット名古屋

    愛知県名古屋市のゲストハウスウエディング「クルヴェット名古屋」

    クルヴェット名古屋

    __ラピスアジュール

    ラピス アジュール

    ラピス アジュール

    静岡県静岡市のゲストハウスウエディング「ラピス アジュール」

    ラピス アジュール

    _ラピスアジュール RSS
    __マンダリンアリュール

    マンダリン アリュール

    マンダリン アリュール

    静岡県浜松市のゲストハウスウエディング「マンダリン アリュール」

    マンダリン アリュール

    マンダリンアリュール RSS
    __ヴェルミヨンバーグ

    ヴェルミヨンバーグ

    ヴェルミヨンバーグ

    愛知県 名古屋市 丸の内のゲストハウスウエディング「ヴェルミヨンバーグ」

    ヴェルミヨンバーグ

    ヴェルミヨンバーグ RSS
    __ブルーレマン名古屋

    ブルーレマン名古屋

    ブルーレマン名古屋

    愛知県名古屋市のゲストハウスウエディング「ブルーレマン名古屋」

    ブルーレマン名古屋

    __ルージュブラン

    ルージュブラン

    ルージュブラン

    愛知県一宮市のゲストハウスウエディング「ルージュ:ブラン」

    ルージュブラン

    ルージュブラン RSS
    __オランジュベール

    オランジュ:ベール

    オランジュ:ベール

    愛知県日進市のハウスレストラン「オランジュ:ベール」

    オランジュ:ベール

    オランジュベール RSS
    __ブルーブラン

    ブルー:ブラン

    ブルー:ブラン

    愛知県岡崎市のゲストハウスウエディング「ブルー:ブラン」

    ブルー:ブラン

    ブルーブラン RSS
    __ブランベージュ

    ブランベージュ

    ブランベージュ

    愛知県安城市のゲストハウスウエディング「ブラン:ベージュ」

    ブランベージュ

    ブランベージュ RSS
    __マンダリンポルト

    マンダリンポルト

    マンダリンポルト

    愛知県常滑市のゲストハウスウエディング「マンダリンポルト」

    マンダリンポルト

    マンダリンポルト RSS
    __ヴェールノアール

    ヴェールノアール

    ヴェールノアール

    岐阜県羽島市のゲストハウスウエディング「ヴェールノアール」

    ヴェールノアール

    ヴェールノアール RSS
    __ルージュアルダン

    ルージュアルダン

    ルージュアルダン

    愛知県豊橋市のゲストハウスウエディング「ルージュアルダン」

    ルージュアルダン

    ルージュアルダン RSS
    __アージェントパルム

    アージェントパルム

    アージェントパルム

    愛知県豊田市のゲストハウスウエディング「アージェントパルム」

    アージェントパルム

    アージェントパルム RSS
    __ミエルクローチェ

    ミエルクローチェ

    ミエルクローチェ

    三重県鈴鹿市のゲストハウスウエディング「ミエルクローチェ」

    ミエルクローチェ

    ミエルクローチェ RSS

    おめでとう!公誉くんとちーさん

    日曜日は7年前に珍しい経緯で入社した
    「ちーさん」とか「ちー」とか「オサキ」と呼ばれている
    尾崎千穂の結婚式だった。

    入社の経緯はさておき
    ウェディングプランナーとして
    いろんなお店で活躍したことは確かだ!

    尾崎さん結婚式 (10)
    なので現在所属している本社や
    以前働いていた各店からも
    多くの尾崎ファンが岡崎のブルーブランに駆けつけた。

    尾崎さん結婚式 (11)
    とにかく愛される子なのだ。

    尾崎さん結婚式 (2)
    「実家から出立ちをしたい」

    オサキの願いをチームワークで叶える。

    尾崎さん結婚式 (3)
    「いい写真だね〜」

    近所に人たちが集まる風景が懐かしい。

    尾崎さん結婚式 (6)
    オサキの涙もろさは有名だけど
    新郎きみたか君もなのね。

    尾崎さん結婚式 (13)
    なぜか挙式リハーサルに
    父親役として本社のエバタが登場。

    「渋いサプライズだな〜」(笑)

    尾崎さん結婚式 (14)
    挙式前の時間に
    オサキが担当した夫婦が
    こんなにも駆けつけてくださった!

    もう、号泣が止まらない。

    尾崎さん結婚式 (17)
    オサキらしい人前式。

    尾崎さん結婚式 (21)
    そして集合写真には
    オサキの先輩であり、ブルーの名物男が登場。

    キッチリとウケなかった(笑)

    尾崎さん結婚式 (23)
    これが今日のブラスメンバー。

    尾崎さん結婚式 (22)
    「よ〜し、今日も盛り上がって行くぞ!」

    尾崎さん結婚式 (28)
    色とりどりのおつまみは
    ブルーの名物だね。

    尾崎さん結婚式 (30)
    そして始まった披露宴。

    新たなウェディングドレスにお色直しする
    このスタイルはウチのプランナーに人気なのだ。

    尾崎さん結婚式 (33)
    まさか総支配人に
    この演出を依頼するとは・・・。

    尾崎さん結婚式 (34)
    「さすが、鷲野ファンのオサキだね〜」

    尾崎さん結婚式 (35)
    乾杯準備は新郎の愛称
    「カメちゃん」にちなんで仮装。

    小さなサプライズがうれしい。

    尾崎さん結婚式 (36)
    僕の役目は今日も
    「乾杯と言えば、長渕剛」

    尾崎さん結婚式 (37)
    「なんか今日は、上手く歌えたな」

    オサキの声が大きいから
    僕も負けじと全精力を傾けた。

    尾崎さん結婚式 (39)
    「花も、オサキのイメージにぴったりだな」(笑)

    尾崎さん結婚式 (40)
    鈴木料理長率いる
    ブルーのダンスとキッチンオープンは一級品。

    尾崎さん結婚式 (41)
    「今日も魅せたね〜」

    尾崎さん結婚式 (43)
    今日が誕生日の先輩フジナミには
    大好物のタイ焼きをプレゼント。

    「フジナミ、ブーケよりも出会う確率が上がるぞ」(笑)

    尾崎さん結婚式 (45)
    ウェディングケーキはパティシエのまさえが
    大好きなオサキの為に渾身の作品を作った!

    尾崎さん結婚式 (46)

    尾崎さん結婚式 (47)
    そして僕も鷲野君もしっかりと
    いつもの使命を果たしたのだった。

    尾崎さん結婚式 (44)
    僕と下野君とで選んだ
    バルセロナのドレスを着たからには
    しっかりと写真を撮らないとね。

    尾崎さん結婚式 (49)
    中座はお母さんと妹さんと。

    「さすが、オサキのお母さん」

    涙と共に、投げキッスをいただいた(笑)

    尾崎さん結婚式 (52)
    後半は和装で登場。

    尾崎さん結婚式 (53)
    鏡開きもなかなかイイ!

    尾崎さん結婚式 (54)
    ブルーのテラスブッフェは
    ホントに気持ちいい。

    尾崎さん結婚式 (55)
    森の中にいるようだ。

    尾崎さん結婚式 (56)
    ブラス社員の結婚式の司会を初めてした小幡君が
    手紙前にインタビューをする。

    「上手い!上司の南も、いいこと言うな〜」

    同じ男性司会者として大きな刺激を受けた。

    尾崎さん結婚式 (59)
    まさに運命の出会いをした二人。

    「出雲大社のお蔭です」

    というよりも

    「出会うべくして人は出会うんだな」

    そう思った。

    尾崎さん結婚式 (63)
    「おめでとう!きみたか君とちーちゃん」

    尾崎さん結婚式 (65)
    担当の直美プランナーも
    共にブルーを支え続けてくれたゆりあプランナーも
    オサキが大好きな仲間たちも素晴らしかった。

    「最高の結婚式でした!!」

    おめでとう!けいいち君としずちゃん

    「しずちゃん」の愛称で親しまれている
    柳川プランナーの結婚式の様子を書き記したい。

    ★0002
    結婚式のテーマは「太陽と月」

    ★0003
    新卒7期生として入社したしずちゃんは
    ウェディングプランナーとして7年間
    鈴鹿のミエルクローチェで126組の結婚式を担当した。

    誰よりもミエルクローチェと
    その仲間を愛していると言っていい。

    ★0016
    その愛くるしい笑顔と
    予測不可能な行動でお客様からも仲間からも
    愛され続けてきた!

    ★0025
    「しずちゃんの為に、やったるぞ!」

    ミエクロメンバーも朝から気合が入りまくる。

    ★0028
    担当したお客様も朝からやって来た!

    「プランナー冥利に尽きるね、しずちゃん」

    ★0029
    新郎のけいいちさんとしずちゃんは
    中学時代の同級生。

    聡明な彼と天然のしずは
    まさにベストカップルだ。

    ★0039
    そして始まった人前式。

    しずの顔が見えただけで
    会場に笑顔が広がっていく。

    彼女の豊かな表情を見ているだけで
    心が癒されるのだ。

    ★0058
    人前式は二人にとって
    大切な人々が贈る言葉に感動した。

    ★0064
    なんといっても今日は
    素晴らしい天気に恵まれた。

    しず追加写真 (3)
    「しずちゃん、いつもかわいいけど
    今日の表情は抜群だね〜」

    ★0067
    そして撮影には
    しずが大ファンの宮崎駿監督も駆けつけた(笑)

    ★0069
    同期も各店から集まり

    ★0070
    ミエクロ歴代メンバーも大集合だ!

    ★0074
    「ゆっくりと楽しもう!」

    ★0076
    冷たいビールとミエクロ厨房チームが作った料理が
    美味しすぎて思わず時を忘れて楽しむ。

    披露宴はこれからなのに(笑)

    ★0080
    披露宴入場は一転してスターウォーズ。

    楽しむことに理由はいらないのだ。

    ★0081
    乾杯準備は初期のミエクロPJメンバーが集結し
    永遠の定番ダンスを披露する。

    「いつもありがとう!」

    ★0085
    僕はしずの熱烈なリクエストにより
    いつもより長めのバイク入場。

    ★0087
    オープンエアのなか
    実に気持ちよく歌ったのだった。

    ★0090
    「夢が叶ったね、しずちゃん」(笑)

    ★0093

    ★0094
    さらに絵になる料理人
    青木シェフと厨房チームが登場し期待が高まる。

    ★0096
    ちなみにドレスは僕がバルセロナで
    買い付けたもの。

    「シューズとベストコンビでしょ!」

    ★0097
    ドレスコーディネーターは後輩のキノコ。

    ★0099
    しずちゃんの可愛らしさを
    存分に引き出している。

    ★0101
    花のアレンジもピッタリだね!

    ★0108
    大きな声では言えないが
    新郎の勤務先は世界的な大手企業。

    「こんなアホな先輩がいて、逆に安心したのだった」(笑)

    ★0117
    ハプニング満載のケーキ入場!

    ★0118
    これが筋書きのないドラマ。

    パティシエの涙が逆に感動を誘う。

    ★0120
    総支配人の定番演出も新作が登場し
    ブラス一同は大うけしたのだった。

    ★0123
    まさかのサプライズ登場は
    本社のアイドルエバタ。

    ★0129
    二度目のお色直しは和装!

    「この色目が似合うのは
    熱帯魚かしずちゃんだけでしょ」

    ★0131
    和装とくれば「めでたや」

    ★0135
    ミエクロダンシングチーム
    お得意の演出でデザートビュッフェへ。

    ★0137
    美味い!

    ★0144
    インタビューコーナーで笑い

    ★0147
    生い立ち映像へ。


    ★0148

    ★0154
    「最後はしずちゃんらしい、手紙だったね」

    ★0163
    「おめでとう!けいいち君としずちゃん」

    長年にわたり
    ホントにホントに苦楽を共にした
    担当の成瀬支配人も全力を尽くし切った!

    素晴らしきミエクロのレジェンド二人に
    心からの祝福を贈りたい。

    おめでとう!郁人くんと絵美さん

    冬のブラス社員結婚式シリーズ最後を飾るのは
    ブルーレマン名古屋の厨房メンバー宮原郁人(いくと)くんだ。

    003
    そして僕にとっては
    二日連続結婚式に参加するのは初めての経験。

    それでも会場に来ると
    「よ〜し、今日もやったるぞ!」と
    いつも通り燃えてくるのだった。

    002
    「とにかく料理が楽しみ」

    006
    レマン厨房チームは仲間の為に
    いつも以上に気合が入るはずなのだ。

    011
    二人の出会いは子供の頃。

    同じアパートに住んでいて
    小さい頃は毎日一緒に遊んでいたとのこと。

    一人娘を送り出すご両親も
    古くからのお付き合いだから安心なのだ。

    013
    教会式は牧師さんの言葉が良かった。

    019
    暖かな小春日和に恵まれ
    レマンのテラスでしっかりと写真を撮る。

    018
    レマン名物「洗い場のアイドル」も登場だ(笑)

    021
    月曜日だから各店からの応援も心強い!

    015
    二人の登場までは
    色とりどりのウェルカムビュッフェを味わう。

    024
    今日の僕の役目は主賓代表挨拶だ。

    025
    そして日本中が感動したオリンピックの直後だから
    「栄光の架け橋」を熱唱したのだった。

    (トークはややスベりましたが・・・)

    027
    乾杯の音頭はこの親友コンビが務める。

    なんと新郎の父親は岐阜の有名シェフであり
    野々垣副総料理長の師匠でもあるのだ。

    なのでお父様の前で二人は直立不動だ(笑)

    「イイね!料理人業界の規律は」

    031
    映像で新郎の仕事ぶりを見てもらい

    030
    一品目の料理は自らが考え作った。

    032
    それを目標であり尊敬する父へ運ぶ。

    033
    お父さんの目にも光るものがあった。

    弟子の野々垣シェフもホッと一安心だ。

    035
    ウェディングケーキじゃなて
    ウェディングローストビーフ!

    036
    肉だから安心して押したのだった(笑)

    039
    そこへサプライズでお父さんが
    自ら作ったスペシャルソースをかける。

    「いい演出だね〜」

    040
    そりゃ、格別の味でしょう!!

    043
    新郎の中座は弟さんと。

    そっくりの弟も料理人として修業をしているから
    もうフレンチ一家と言っていいのだ。

    046
    後半は人力車を引いて和装で登場。

    050
    とくれば「めでたや」をやるしかない!

    今日も自画自賛ですが
    ものすごく盛り上がった。

    051
    レマンのパフュームが踊り

    052
    「イチゴづくしのデザートブッフェ」の始まりだ。

    054
    まさかレマンでイチゴ狩りができるとは。

    アイデアが素晴らしい!

    058
    宮原が2年間務めた
    豊橋のアルダンメンバーもこうして出席。

    これも平日式の良さなのだ。

    060
    ブラスプレゼンツをして

    062
    記念写真。

    063
    親友のスピーチも素晴らしかったナ。

    067
    「おめでとう!宮原と絵美さん」

    家族への感謝と尊敬の気持ちが満ち溢れた
    二人らしい結婚式だった。

    「宮原、いつか必ず父を超えろよ」

    料理人ってホントにいい仕事だと
    改めて感じたのだった。

    担当の温子プランナーは貫録の采配だったね。

    おめでとう!誠さんとかなみさん

    新しい会場ができて
    そこで働く社員が結婚式をする。

    それは名誉なことであり
    力を試される場でもある。

    photo0004
    日曜日はブラス新卒8期生として入社し
    鈴鹿のミエルクローチェでウェディングプランナーとして修業を積み
    ここミエルシトロンのオープニングメンバーとして
    このお店を作り上げてきた
    「番長」こと前村佳奈美の結婚式だった。

    photo0009
    シトロンメンバーの気合いの入れ方が
    朝から半端じゃない!

    そして僕にとっても
    今日の結婚式は特別な思いがある。

    「なぜですか?」

    と、聞いて欲しい。

    photo0040
    自分でも信じがたい事実なのだが
    二人の恋のキューピットは何を隠そうこの僕なのだ!

    「そりゃ、天使の羽も生えるでしょ」(笑)

    あの日あの時
    僕が二人を引き合わせなかったら・・・。

    人と人との縁の不思議さを
    感じずにはいられない。

    photo0011
    ま、この写真を見ての通り
    「この二人は合うぞ!」
    と、直感したのは自然なことかもしれない。

    「長身で美男美女だしね〜」

    photo0029
    なので今日は社長&キューピット
    としての参加なのだ。

    photo0014
    そんな二人の人前式は
    家族への感謝の気持ちが満ち溢れた
    心温まる式だった。

    photo0019
    「仲の良い家族同士だね〜」

    photo0028
    同期の8期生もこうして集まった!

    photo0030
    これは三重チームだ。

    photo0032
    そして番長が担当した夫婦が
    こんなにも祝福に来てくれたのだ。

    「ウェディングプランナー冥利に尽きるね〜」

    デザート
    そして僕らは青木シェフ率いるミエクロチームがつくった
    ウェルカムブッフェを味わいながら二人の入場を待つ。

    photo0033
    緑豊かなうえに
    番長らしく飾った会場の装飾が素晴らしい!

    そしてまさか彼らが駆けつけてくれるとは。

    photo0034
    ミエクロ時代のPJチームの登場だ。

    「懐かしいナ、この余興」

    photo0041
    で、僕は乾杯の音頭役。

    「全部、僕のお蔭です」(笑)

    シャンパンの泡がなくなりそうなので
    途中軽い乾杯をしつつ
    今日は長く話をしたのだった。

    photo0042
    そして二人のリクエストにより
    玉置浩二の歌を熱唱する。

    「幸せのランプ」は玉置浩二が自分の作品の中で
    一番好きだと言っている曲なのだ。

    photo0047
    「ではみなさん、大いに二人を祝福しましょう!」

    photo0049
    スガ支配人と隆造料理長も負けちゃいない。

    photo0051
    千両役者だ!

    photo0055
    シトロンチームウェディングだね。

    photo0057
    ケーキはお約束をキチンとして

    photo0063
    サンクスバイトは今日誕生日の
    後輩岡田プランナーへ。

    「ここまでやり切るとは、エライぞ」

    photo0067
    僕もキューピットだが
    この二人もそう。

    「同期のななみの結婚式で出会ったんです」

    photo0064
    新婦が一番楽しみにしていた
    兄弟そろっての中座。

    「いいな、兄弟って」

    photo0068
    後半は和装で登場。

    photo0074
    「ひろ子、いいスピーチだったぞ」

    後半はシトロンチームが丁寧に作った
    スウィーツを味わいながらゆっくりすごす。

    photo0077
    照れ屋の番長の手紙が胸を打った。

    photo0081
    司会の志保も最後は涙が止まらない。

    「いい司会だったよ」

    photo0084
    いい結婚式だった。

    家族への愛情とゲストへの感謝の気持ちが
    ヒシヒシと伝わってきた。

    photo0088
    「おめでとう!誠くんと番長」

    そして担当の佐古ちゃんも
    ホントにホントによくがんばったね。

    僕は二人を結んだ責任があるので
    これからも見守る義務がある。

    だから番長は働きたくなったら
    いつでも帰ってこいよ〜。

    先を読む力

    土曜日のナイトウェディングで
    久々に司会者として登板した。

    場所は鈴鹿のミエルクローチェ。

    「どうしても、どうしても、社長に司会をして欲しいのです!」

    という、お客様の要望かと思いきや

    「男性司会者がいいのです」

    とのこと(笑)

    確かに披露宴の司会者は
    圧倒的に女性が多いのが実情だ。

    来たれ!司会が得意で週末に働きたい男性諸君

    ブラスは昔も今も
    センスとやる気がある司会者の卵を
    自社独自の教育で育てている。

    (もちろん女性も大歓迎です)

    「男性司会者なら、ウチの社長に頼んでみますね」

    と、プランナーが言ったかどうかは知らないけれど
    最終的に名古屋の本社までお客様に来てもらい
    打ち合わせをして本番を迎えたのだ。

    毎週現場で結婚式を見ている。

    が、現場に入って仕事をすると
    やはり感じることが違う。

    昨日司会をして
    スタッフと共に結婚式を作る中で

    「予測をする能力を磨かなければならない」

    と、痛切に感じた。

    担当プランナーもサブプランナーも
    サービススタッフもシェフもBGM担当も
    先を読む力を鍛えなければならないのだ。

    「先を読むにはどうすればいいか?」

    まずは誰にでもできること。

    それは進行表を頭に叩き込むことだ。

    今、行われていることの次の演出は
    進行表に書いてある(当たり前)

    次に「バルーンリリース」と書いてあるなら
    その前からバルーンを手に持って
    スタンバイしなければならない。

    ゲストが70名なら
    これも当たり前だが70人分のバルーンがあり
    それをササッと配るには少なくとも7名のスタッフが必要だ。

    しかし「先を読む力」が少しあれば

    「ダメだ、今日の気温は低いぞ。
    10名を投入して素早く配ろう」

    という判断ができる。

    さらに

    「この気温だとバルーンの前に
    女性ゲストにブランケットが必要だ。
    40枚ブランケットを用意しよう。
    ならばブランケット配りとバルーンとで
    できる限りのスタッフをここで投入する必要があるぞ」

    となる。

    「その次はお菓子まきだ、となると・・・・・・・・」

    今を大切にしながら
    どんどん先を読んで行動していく。

    「スポーツにも似てますね〜」

    先の先の先まで読んでプレイできる選手が
    優れたプレーヤーなのだ。

    ま、サッカーでいう
    「ファンタジスタ」とまではいかなくとも
    堅実に試合の展開を読んで
    進める選手がいないと勝てない。

    18-02-03-2728
    ということで想像を遥かに超える
    ゲストの盛り上がりを感じつつ
    そこを大切にしながら先を読んで司会をした。

    「二人にとっての
    ベストパーティーになったはずです!!」

    そして結婚を機に退社する
    柳川プランナーの有終の美を飾るにふさわしい
    素晴らしい結婚式でした。

    おめでとう!牧人くんと詠子

    1月29日=いい肉の日に結婚式を挙げたのは
    新卒8期生でトヨタのアージェントパルム所属
    矢野詠子プランナー。

    0559
    「それぞれの新郎新婦にとって
    最高の結婚式をつくる」

    0669
    それがブラスの理念。

    えいこの結婚式はまさに
    「えーちゃんにしかできない結婚式」だった。

    0769
    ウチのウェディングプランナーたちも
    僕も何度もそう思う場面があった!

    0968
    それもこれも、パルムチームの支えがあってこそ。

    0941
    朝からこうして気持ちを一つにするのは
    ウチの伝統なのだ。

    1121
    それにしても
    「詠子はいい旦那を射止めたな〜」

    1512
    両家の家族の喜びがヒシヒシと伝わってくる。

    そして始まった人前式。

    2287
    笑いと涙と共に二人へ言葉を贈る。

    2353
    実に詠子らしい人前式だった。

    2571
    そしてパルム自慢のガーデンで記念撮影。

    「マックス支配人も、相変わらずやる時はやるね〜」

    2661
    同期の新卒8期生たちも
    詠子が愛するポテチ片手に勢ぞろいだ!

    2739
    入場までは
    こうして特製カナッペをつまみながら
    和気あいあいと過ごす時間が楽しい。

    3056
    「さすが、えーちゃんだ!」

    3366
    パルムオリジナルのオープンカー入場から
    いきなり主役が話し始める(笑)

    3397
    そして乾杯準備はPJチームが魅せた!

    3459
    負けじと僕もバイク入場。

    3518
    リクエストにより
    今日も「乾杯長渕」を熱唱したのだった。

    3688
    「二人をトコトンお祝いしましょう!」

    主賓という立場をわきまえつつ
    僕が先頭を切らねばならないのだ。

    ま、それが大好きなのですけど(笑)

    3758
    厨房チームも負けちゃいない。

    3798
    普段はシャイな鈴木カツシェフも
    詠子の為にこうして奮闘しているし。

    4060
    これはこの日のブラス列席メンバー。

    4202
    同期のパティシエたちも
    渾身のウェディングケーキを作り
    パーティーに花を添える。

    4225
    いつもながらのお約束をして

    4274
    さらにお約束の二番目をシゲが演じる。

    4365
    ファーストバイトは
    二人の恋のキューピットだ。

    なんとパルムのお客様と先輩プランナーが
    二人の結び付けて下さったのだ!

    4412
    そしてニクの日ならではの演出
    「肉ケーキカット」

    4414
    まったくオシャレじゃないのが
    詠子らしい(笑)

    4856
    メインのお肉料理は
    シェフたちがテーブルで「トリュフ」を振る舞う!

    肉ウェディング気分が最高潮だ。

    5052
    後半は「姫の、おな〜り〜」

    4980
    殿が姫を迎えに行く演出に会場がどよめく。

    5378
    和装といえば「めでたや」

    「また、社長出たよ」

    そんな声援?には負けないのだ(笑)

    5580
    さらに同期の「歌姫・奈保」が演歌を歌い
    肉&デザートビュッフェの始まりだ。

    5723
    トコトン肉攻め(笑)

    5831
    そしてブラスオールスタッフでお祝いをして
    パーティーはお開きへ。

    5901
    「いい結婚式だな〜」

    6201
    自画自賛になってしまうけど
    こんなパーティーはウチにしかできないと
    自信を持って言える。

    6492
    これこそ「笑いと涙の結婚式」なのだ。

    7249
    詠子の後輩で多大なプレッシャーの中
    担当プランナーをした二人に喝采を贈りたい。

    「よくやったぞ!!」

    7287
    そして終了後は平日にもかかわらず
    詠子が担当した沢山の夫婦が集まった。

    「よかったな〜、えーちゃん」

    最高の門出だ。

    今日も最高の結婚式でした。

    おめでとう!えいき君とトッポ

    メルボルンから予定通り名古屋に帰り
    翌日は岡崎のブルーブランで社員の結婚式に出席した。

    0001
    新婦は「トッポ」の愛称で親しまれている加藤久実プランナー。

    新卒9期生としてブルーに配属になり
    現在はりんくう常滑のマンダリンポルトに勤務している。

    0004
    結婚式のテーマは「ウェディングトラベル」

    0844
    同期で苦楽を共にした
    下田プランナーも岩手から駆け付け
    挙式を仕切った。

    1385
    そしてブルーブランらしい円陣を組み
    二人の旅が始まった。

    1913
    トッポが担当した夫婦も
    朝からこんなにも集まった。

    2356
    ブルー伝統の家族対面を経て
    人前結婚式へ。

    3292
    言葉のひとつ一つを大切にした
    トッポらしい進行だ。

    3554
    挙式の後は大階段でフラワーシャワー。

    3964
    杉山カメラマンと共に
    若手がビシッと決める!?

    3965
    そして厨房チームが
    ブルーブラン自慢のインドアガーデンを使い
    カラフルな料理でおもてなしをする。

    4009
    「こりゃ、美味いし、楽しい!」

    4065
    空間の生かし方に感動する。

    4180
    「これも美味し!」

    世界三大スープが体に沁みる。

    4448
    パーティーの始まりは
    担当のなおみプランナーが旗を振って入場だ。

    4761
    乾杯準備は後輩が踊り切る!

    4897
    そして久々にテラスでバイクを走らせ
    「乾杯・長渕剛」を演じる。

    5043
    今日も気持ちよく熱唱したのだった!

    5182
    「さぁ、二人を大いに祝いましょう。
    今日は僕の誕生ですし!
    ハッピバースデーディア、俺〜」

    自らバースデーソングを歌ったのだった(笑)

    5318
    韓流好きなトッポの為に同期のスターが魅せる。

    5376
    そしてキッチンオープンへ。

    5433
    美しい花嫁と誠実な新郎。

    「最高の雰囲気だね〜」

    5466
    なぜか吉田がいる僕たちテーブル。

    5633
    以外に仲のいい9期も
    こうして大集合だ(笑)

    5641
    友人のブライズメイドたち。

    「グリーンのドレスがイイ!」

    5687
    ジョッキシャンパン?

    5760
    僕がニューヨークで買い付けてきた
    ウェディングドレスとドレスシューズ。

    「すごくイイよ、トッポ」

    そう、新婦には靴にこだわって欲しいのだ。

    5929
    ウェディングケーキは
    パティシエまさえの渾身の作品だ。

    5950
    お約束をして

    5990
    今回は双眼鏡だ(笑)

    6157
    サンクスバイトはまさかの先輩高原登場。

    厳しく育てることが愛情だったのだ。

    6976
    後半はお互いの祖母と共に入場。

    7127
    和装が会場に映える!

    7509
    そして「めでたや」で会場が一つになる。

    7776
    後半の見せ場はこれ!

    7876
    シェフチームのパフォーマンスに
    どよめきが起こる。

    7999
    完成した世界地図とスィーツが美しい。

    8065
    ブッフェを楽しみお開きへ。

    9267
    「いい旅だったね、トッポ」

    9911
    ブルーのチームワークも素晴らしかった。

    9946
    担当のなおみはプレッシャーの中
    ホントによくやったな。

    9994
    「おめでとう!えいき君とトッポ」

    二人で良き旅を。

    今日も素晴らしい結婚式だった。

    おめでとう!よしき君とひかるちゃん

    今年もブラス社員の結婚式が目白押しだ。

    そのトップを飾って結婚式を挙げたのは
    クルヴェット名古屋のパティシエ
    ひかるちゃん。

    0011
    製菓の専門学校で出会ったふたり。

    0017
    「きっと、美味しいスイーツが沢山出てくるぞ」

    朝から期待が高まる。

    そしてクルヴェットメンバー一同も
    この日の為にしっかりと準備をした来たはず。

    0027
    と思ったら

    「おおっ、いきなりしゃぶしゃぶビュッフェだ〜」

    バーカウンターを利用して
    ブリにカニに肉にフグまであるぞ。

    寒い中、集まっていただいたゲストのみなさんに
    身も心も温まるサービスだ。

    「こりゃ、美味い!」

    0045
    人前式では誠実な新郎の人柄が伝わってきて
    会場は温かな雰囲気に包まれた。

    0052
    そしてチャペルでバルーンリリース!

    初めて見る光景に驚く。

    「なかなか、いいね〜」

    0059
    集合写真ポーズ部隊は
    ひかるちゃんの先輩と後輩が魅せた!?

    0068
    そして始まった披露宴。

    二人の紹介のコーナーで
    パティシエひかるが作ってきた
    数々のウェディングケーキを映像で見ていただく。

    ここでしっかりと見せたのは
    プランナーのファインプレーだと思う。

    0069
    今日の僕は主賓代表挨拶。

    新婦の日頃の仕事ぶりを
    しっかりと伝えられたならうれしい。

    0072
    乾杯準備は「光GENJI」だな、きっと。

    最後まで踊りきるのは
    クルヴェットの伝統なのだろう(よくやった!)

    0073
    乾杯の発声はやっぱり出た。

    上原総料理長の沖縄弁乾杯に
    会場がさらに沸く!

    0074
    「さぁ、盛り上がっていきましょう!」

    0075
    メニュー紹介は五十嵐料理長率いる
    クルヴェットチーム全員で行う。

    0080
    和やかにすすんでいたのになんと
    ひかるちゃんの後輩が作った
    渾身のウェディングケーキが怪盗キッドに盗まれた。

    0081
    「こりゃ、やばいぞ」

    ゲスト全員で謎を解いて
    新郎新婦でケーキを仕上げる!

    0082
    そして、お約束のハプニングを演出。

    0084
    パティシエらしい
    ウェディングケーキ入刀セレモニーだった。

    0085
    「ファーストバイトも
    ガッチリと食べなきゃね〜」

    0093
    お色直し入場は
    クルヴェットオールスタッフで踊りまくる。

    これも伝統の技なのだ。

    0098
    負けじと僕も「祝い餅つき・めでたや」で
    会場を歓喜の渦に巻き込む。

    (自画自賛ですが、盛り上がりました〜)

    0109
    ブラスオールスタッフからの贈り物があり
    クライマックスへ向かう。

    0122
    「おめでとう!よしき君とひかるちゃん」

    パティシエ同士の結婚は
    夢が広がるね。

    担当のカニプランナーも
    多大なプレッシャーの中やり切った。

    「アッパレだ!」

    パティシエひかるは
    まだまだ腕も磨いて世界に羽ばたいて欲しい。

    今日もいい結婚式でした〜。

    おめでとう!しゅんすけ君とみく

    日曜日はウェディングプランナーを経て
    今は本社の商品開発部で仕事をしている
    野村美久の結婚式だった。

    0088
    みくは新卒7期生として入社。

    安城のブランベージュで修行をし
    オープニングメンバーとして
    ここブルーレマン名古屋にやってきた。

    0087
    さらにお隣のクルヴェットのオープン時にも
    チーフプランナーとして大活躍した
    結婚式をこよなく愛する子なのだ。

    「さぁ、どんな結婚式になるのかな〜」

    0525
    見どころ満載になるに違いないと
    始まる前から確信していた。

    0897
    みくの熱い想いをカタチにするのは
    共に働いてきたレマンチーム。

    0923
    みくのうしろ姿を追いかけてきて
    担当を託された奈保プランナーは
    プレッシャーで大変だったと思う。

    1076
    「さぁ、やってやろうじゃないか!」

    結婚式はチームでつくる。

    1323
    ここまで準備をしてきたなら
    あとはそれぞれの役割を全うするだけなのだ。

    1574
    この日の準備と言えば
    みくのお母さんのことを書かねばならない。

    2091
    この日も今までも
    たくさんの手作り品で
    みくとブラスを助けてくれたのだ。

    1655
    「今日は大いに泣いてください」

    家族式から大粒の涙が溢れる。

    1879
    そしてみくが担当したご夫婦が
    こんなにもレマンに集まった!

    1910
    「うれしいな〜、うれしい」

    この光景はプランナー冥利に尽きる!

    そして人前結婚式へ。

    2424
    ウェディングドレスは
    僕がニューヨークで買い付けたものだ(自慢)

    2619
    言葉を大切にした
    とても二人らしい結婚式だ。

    2715
    「しゅんすけ君との再会は運命だね〜」

    3028
    ピリッと寒いけど
    12月らしいいい天気だ。

    3197
    「なんで、TMレボリューション・・・?」

    3317
    理由はともかく、寒さを吹き飛ばす
    集合写真撮影になったことは間違いない。

    3253
    同期チームも各地から
    こんなにも集まった。

    「7期はゆる〜く、結束が固いナ」

    3260
    本社事業統括部も今や
    なくてはならない存在だ。

    3346
    「レマンのウェルカムブッフェは
    いつもながら美しい!」

    3507
    落ち着いたところで新郎新婦入場。

    新郎の勤務先「アイカ工業」の皆さんのノリも良く
    一体となって二人を迎える。

    「あれも、アイカ、これもアイカ」

    アイカさんのCMソングを
    主賓である上司が歌いだすほどに(笑)

    3859
    負けじとPJたちが
    乾杯準備で史上最高のパフォーマンスをする。

    「まさか、OBたちまで来てくれるとは」

    3942
    「これは負けられないぞ」

    いつもにも増して
    気持ちを込めて乾杯を歌う。

    すると、みくが涙を流している。

    「あれっ、泣くところじゃないのに・・・」

    4053
    「さぁ、二人を大いに祝福しましょう!」

    4116
    このウェディングドレスはなんと
    お母さんの手作り!!

    「ミリ単位で直しが入って、
    大変だったんです」(お母さん談)

    さすがみく。
    そのこだわりこそ、大切なのだ。

    4172
    そして史上初のシェフ紹介へすすむ。

    4214
    この日の為にレマン料理長に復活した
    丹羽シェフの独壇場だ(笑)

    4448
    料理を味わいながら
    思い思いに楽しむ。

    4607
    新郎友人一同の余興も抜群だった!

    メインステージをうまく使うことも
    プランナーの腕一つなのだ。

    4885
    ウェディングケーキは
    みくの後輩パティシエが想いをこめて作った!

    4928
    「あ、あぶない・・・」

    5000
    今回は意表を突く「望遠鏡」(笑)

    5100
    さらに「わたがしバイト」

    5235
    大いに盛り上がった。

    5327
    中座はやっぱりお母さんと。

    母の愛情の深さを感じずにはいれれない。

    5876
    後半は和装で。

    6040
    「翔風館」の着物を
    ともえ先輩がしっかりアピールする。

    6120
    和装といえば「めでたや」でしょ!

    史上初のアクシデントが起こったことは
    逆に思い出に残るはずなのだ(笑)

    6394
    デザートビュッフェは奈保プランナーが
    クリスマスソングを熱唱してスタート。

    6597
    季節によって会場の使い方を
    変えていくことも大切なのだ。

    6646
    これもさすがレマンチーム!

    6683
    気づけば夕暮れ時に。

    長いパーティーもお開きに近づく。

    6725
    インタビューコーナーは
    いかにそれぞれの思いを引き出すかが重要。

    6768
    司会者の腕の見せ所だ。

    「さすがだな〜」

    松本の一言ひと言に
    プランナーたちから感嘆の声が上がる。

    6864
    映像から手紙へ。

    プランナーとして一心に結婚式に向き合ってきた
    みくの集大成だ。

    「父と母の為に、結婚式でなにができるのか」

    7044
    こんなに手芸が得意なお母さんは
    そんなにいないとは思う(笑)

    それでも共に結婚式をつくることはできるはず。

    これからの可能性を大いに感じる瞬間だった。

    7310
    最後は想い出の「くす玉」が
    見事に開いてお開き。

    7939
    「おめでとう!しゅんすけ君とみく」

    二人にとってのベストベスト結婚式だったと思う。

    担当の奈保はホントによくやった!

    今年のブラス社員結婚式を締めくくるにふさわしく
    さらに将来の可能性を感じる一日だった。

    7682
    終わった後の「お嫁においで」も
    いいものです。

    おめでとう!りょうくんといどみちゃん

    昨日はブルーレマン名古屋所属
    「いどみちゃん」こと井戸みさきプランナーの結婚式だった。

    008
    「さぁ、いい結婚式をつくるぞ〜」

    朝から全員で気持ちを一つにする。

    010
    昨年新卒でレマンに入った
    新婦いどみちゃん。

    彼が目の前のルーセントタワーに勤めていることもあり
    僕は何度も二人に会ったことがあるのだ。

    013
    若きカップルが子供ができたことで
    結婚を決意して新しい人生を歩み始める。

    「素晴らしい!応援しようぜ!」

    024
    人前式は新郎新婦への祝福と
    沢山の励ましの言葉が溢れる。

    027
    実に温かい結婚式だった。

    029
    そして雨も上がった!

    038
    レマン自慢のテラスでゆったり二人を祝福する。

    030
    033
    レマン厨房チームのアイデアで
    パーティー前は「ベイビービュッフェ」を楽しむ。

    039
    なんと哺乳瓶にスープ!

    「かわいいでしょ(笑)」

    そうこうしているうちに
    いよいよ新郎新婦登場。

    043
    「最初から魅せるね〜、マーヤプランナー!」

    045
    レマンらしい派手な登場から
    同期が一体となっての「ラ・ラ・ランド」乾杯準備だ。

    046
    今日はいどみの熱望により
    「乾杯といえばこの方、長渕剛さんです」を演じる。

    047
    「ええっ、社長さんなの〜」

    ご親族が持ち上げてくれたので
    かなり気持ちよく歌ったのだった。

    049
    新郎の勤務先は「ジェイプロジェクト」さん。

    沢山の飲食店を経営している会社であり
    実は結婚式場も持っている。

    出席者にはプランナーさんもいて
    大いに親交を深めたのだった。

    050
    レマンPJも黙っちゃいない。

    052
    キレのあるダンスからのベイビーキッチンオープンだ。

    「さすが、レマンチーム」

    伝統あるチームの演出に
    ブラスメンバーからも感嘆の声が上がる。

    053
    さらにいどみの大好物「ギョーザ」を
    レマン洗い場の名物コンビが運ぶ。

    057
    「おおっ、これは美味そうだ!」

    060
    「お前は食べすぎだろ・・・」

    レマンらしい演出の数々に会場は大いに沸く。

    065
    ケーキは同僚の稲垣パティシエが
    りょうくんと話し合って作った力作だ!

    062
    お約束のケーキ入刀も
    バッチリ決まった(笑)

    そして中座のエスコートは
    まさかまさかの指名だった。

    070
    「温子さん、おめでとう」

    初の大役に感動の涙が溢れる。

    072
    リメイク入場は三兄弟の共演だ。

    この場面のつくり方が上手かった!

    081
    さらに「めでたや」登場。

    「あっ、社長さんがまた出てる・・・」

    そんなお友達の声に負けじと
    熱演をしたのだった。

    084
    ジャスティンビーバーから映像メッセージが届き
    なぜかキン肉マンが出てきて

    091
    二人が出会った場所
    「ブロンコビリー」ブッフェの始まりだ。

    086
    料理人の新郎も
    張り切ってブロンコ名物のハンバーグを焼く!

    「これは、美味い!」

    090
    ブッフェテーブルには
    沢山のブロンコ名物が並んでいる。

    二人にとっての最高の演出なのだ。

    こうしてゆったりと楽しむ結婚式はホントに楽しいし
    世の中にもっともっと広めたい。

    自画自賛だけど、そう思わずにはいられない。

    平日は特に、時間の余裕が十二分にあるしね!

    093
    ブラスプレゼンツがあり披露宴はクライマックスへ。

    098
    同期の親友マーヤからの手紙。

    それと数々のインタビューで
    最後は涙で一杯になる。

    「いい結婚式だったな〜」

    113
    担当プランナーのマーヤは
    新人とは思えないプランニングと当日の仕切りだった。

    「アッパレだ!!」

    それを支えたレマンチーム。

    これがブラスの笑いと涙の結婚式だと
    胸を張って言える。

    111
    夜はいどみプランナーが担当した
    ご夫婦もレマンに駆け付けた。

    「よかったね〜、りょうくんといどみちゃん」

    元気な赤ちゃんを産んで
    しばらくしたら帰って来いよ〜。

    おめでとう!成瀬とイトちゃん

    8月29日。

    0611
    パニックの日に結婚式を挙げたのは
    新卒4期生で三重のエリアマネージャーの
    成瀬正浩と新卒8期生で
    岐阜羽島のチーフウェディングプランナー伊藤瞳。

    0743
    「この二人が、付き合い始めた・・・」

    3年前に知った時には正直驚いた。

    ところが、よくよく二人のことを見ていると

    「こりゃ、理想のカップルだな」

    そんな思いが沸いてきたのだった。

    0352
    結婚式の場所は新婦が新卒で赴任し
    一筋に結婚式をつくってきたヴェールノアール。

    0541
    そして新郎が支配人として育ててきた
    鈴鹿のミエルクローチェのメンバーも
    ここに集結してる!

    みんなの顔を見ただけで泣けてくる。

    それが、結婚式なのだ。

    ほとんどのブラスメンバーは
    新幹線岐阜羽島駅に降り立つ。

    1132
    「ココでサプライズを受けるとは・・・」

    1170
    人力車の田口さんが
    僕らを乗せて会場へ連れてってくれる。

    0167
    そして会場上空には成瀬が生まれ育った
    ブルーブラン名物のアドバルーンが上がる。

    「粋な演出だな〜」

    もう朝から、ワクワクが止まらない。

    1034
    スタッフと結婚式の成功を誓い合った後は
    家族との時間。

    ここを大切にすることがウチの誇りでもある。

    そして午前11時。

    1611
    ヴェールノアールの厨房チーム
    隼人の太鼓にのせて人前式が始まる。

    1756
    「まさか祈願隊が登場するとは」

    1827
    ひとり娘を送り出す父の気持ちは
    想像しただけで泣ける。

    2076
    さらにまさかの河合達明
    結婚式人生初の立会人代表で署名だ。

    新郎新婦に使命を受け驚きに言葉を失う。

    でもこんなに光栄ないことはない。

    2252
    二人の人柄と
    両家の愛に溢れた結婚式だった。

    2384
    成婚宣言と贈る言葉も素晴らしかった!

    2526
    ウェディングプランナー同士の人前式は
    まさに笑いと涙の結婚式だ。

    2801
    ガーデンは二人が担当した夫婦と
    応援に駆け付けたブラスメンバーで一杯だ。

    2945
    「流しそうめん!」

    集合写真のあとは
    ちょっと涼しい夏のガーデンでビールとおつまみだ。

    3057
    「平日なのに
    こんなにもお客様が来てくださるとは」

    二人が誠実に懸命に仕事をしてきた証だし
    この光景を見るのは社長冥利に尽きるのだ。

    3267
    そしていよいよ披露宴が始まる。

    3293
    オープニングに力を入れるのは
    ライブでも結婚式でも同じこと。

    3346
    バルーンからのダンスで
    会場は早くも最高潮だ。

    3566
    二人の人柄と120名のゲスト。

    凄いパーティーになる予感が確信に変わる。

    3657
    「さぁ、夜までやったりましょう!」

    それでもスピーチだけで終わるわけにはいかず
    河合達明人生初のソロサックスを披露した。

    3729
    技術は未熟だけど
    全力で血管が切れそうになるまで吹いたのだった(笑)

    3761
    ヴェルノアとミエクロの
    合同PJチームによる乾杯準備。

    3830
    乾杯にはナント
    鷲野総支配人率いるあの一座がまたまた乱入・・・。

    3838
    ジャガイモおじ様まで登場し
    ド派手に乾杯をしたのだった。

    4045
    新婦と苦楽を共にした
    高橋料理長のメニュー紹介からキッチンオープンへ。

    4055
    まだ序盤なのに盛り上がりが半端ない。

    3951
    乾杯チーム。

    3998
    新郎同期の4期生チーム。

    4019
    新婦同期の8期生も全員集合だ!

    4094
    そして新婦イトちゃんが所属する
    ブラスバンド部も当然サプライズ登場!

    4176
    夏のガーデンでの野外ライブは
    演奏していて気持ちが良くてたまらない。

    4263
    家族からも。

    4292
    友人からも愛される二人だナ。

    4517
    そして新婦の友達が魅せた!

    4580
    結婚式屋の僕らも見たことない
    怒涛のダンスパフォーマンスだ。

    4718
    「素晴らしい!」

    これからもこの余興を磨きぬいて欲しいと
    切に願うのだった。

    4770
    ウェディングケーキは
    パティシエよしえが渾身の作品を披露した。

    「全部手作り〜」

    4811
    倒さずに倒さずに
    いつもの芸を披露したのだった(笑)

    4856
    「ここで新ネタを持ってくるとは」

    さすが総支配人だ。

    4997
    ファーストバイト隊。

    5006
    そして盟友である大ちゃんから
    体を張ったサプライズ。

    もう、怒涛の演出ラッシュだ。

    5281
    「役者が多いな〜」

    新婦の苦楽を共にした
    司会者久美さんがマイクを取りお母さんと中座。

    5043
    歓談中はなぜか「LAコブラ」

    (意味はまったくない)

    5442
    成瀬の長年の部下から贈る激励の言葉。

    5620
    やっと新郎がお母さんと歩く。

    「怒涛の演出ラッシュだな」

    それでも披露宴は後半が勝負。

    5779
    新婦が所属するダンス部と
    それぞれのお店のメンバーでダンス入場だ。

    6068
    このあたりで時間の感覚を失った(笑)

    6124
    後半の始まりは4期生伝統の余興。

    6276
    さらに新郎新婦に熱望により
    「達明バンド」が登場!
    6532
    2曲目は新郎がスペシャルゲストに加わる。

    6818
    最後の曲とアンコールは史上初。

    ウェディングドレスを着て
    ドラマーである新婦のイトちゃんと共演だ。

    7195
    達明バンドの歴史に残る
    いい演奏ができたのだった!

    7274
    「幸せです、ありがとね〜」

    7302
    癖になりそうな、披露宴にバンドなのだった。

    7359
    デザートブッフェかと思いきや。

    7500
    まさかの肉ブッフェ(笑)

    7490
    「ちょうどお腹もすいたしね〜」

    シェフチームも手を緩めない。

    7436
    デザートも、もちろん抜かりはなし。

    そしてブラスプレゼンツ。

    7797
    史上最長の披露宴は
    とうとうフィナーレへと向かう。

    8295
    いい手紙だったね。

    8336
    グリーンデイズでの退場は泣けて泣けて。

    8422
    平日の夏の結婚式。

    8470
    気が付けば日が暮れていて
    笑いが涙に変わっていた。

    こんなにもブラスメンバーが勢ぞろいし
    愛される二人を祝福できたことに感謝。

    8851
    自画自賛になってしまうけど素晴らしい!!

    9109
    今は本社広報チームだけど
    この日の為に登板した川合志穂プランナーの頑張りに
    心からのエールを贈りたい。

    「よく、やり切ったね」

    おめでとう!成瀬とイトちゃん。

    二人にしかできない
    最高の最高の結婚式だった。

    8934
    そして夜になっても
    二人が担当した夫婦が続々と詰めかけた。

    杉山カメラマンが送ってくれた写真も素晴らしく
    もう言うことなしです。

    「俺も長いブログ書いたな」

    みんな、お疲れさま。

    おめでとう!しげとうらちゃん

    日曜日は新卒8期生で
    ミエルココン支配人の重岡直翔と
    新卒9期生でマンダリンアリュールのウェディングプランナー
    浦愛美の結婚式だった。

    ma_0375
    美しい花嫁のうらちゃんと
    花嫁にぞっこんの新郎のシゲ。

    ma_0446
    「結婚はまだ早い〜」

    と、僕は反対してきたのだが
    支配人として堂々と仕事をしている姿を見ると
    結婚を認めざる得なかった。

    (ま、僕の許可などいらないのですが・・・)

    ma_0314
    ここマンダリンアリュールは
    うらちゃんが新卒で入社し
    80組もの結婚式をつくってきた場所。

    大勢の仲間たちが出迎える。

    その上、シゲが支配人をしている
    ミエルココンからもPJたちが来てる!

    「素晴らしい!」

    ma_0743
    さらに二人が担当した夫婦が続々と集まってくる。

    「素晴らしすぎる!!」

    これはプランナー冥利に尽きるのだ。

    「みなさん、ありがとうございます」

    ma_0625
    そして山口県と神奈川県出身の
    二人の家族もこの日を心待ちにしてきた。

    ma_0983
    家族愛がひしひしと伝わってくる。

    ma_0994
    こうして始まった人前式は
    実に二人らしい結婚式だった。

    ma_1282
    「誓いのキスは一回までだろ(笑)」

    ma_1340
    父や友人からの贈る言葉が僕たちの胸を打つ。

    ma_1420
    「いい人前式だったね〜」

    ma_1501
    集合写真を撮ったら
    ガーデンで思い思いの時を過ごす。

    ma_1581
    同期の8期生は、ほぼ全員集合!

    ma_1516
    集合写真を盛り上げたアリュールの吉本一座。

    ma_1540

    ma_1496
    ビール飲んで、手作りビュッフェを軽く食べて
    パーティーが始まる前の時間が好きだ。

    ma_1624
    そして新郎新婦の入場。

    人前式のウェディングドレスも
    このドレスも僕がニューヨークで買い付けてきた(自慢)

    「世界一美しい」と新郎が何度も言うほど
    思わず見とれる美しさだ。

    ma_1772
    「みなさん、共に最高のパーティーにしましょう!」

    ma_1783
    ということでこの日は新郎の熱望により
    あいさつのあと、玉置浩二に変身。

    ma_1800
    「みんなここにいる、愛はどこにもいかない〜」

    田園を熱唱したのだった。

    ma_1826
    集まったPJたちの乾杯準備。

    ma_1837
    大貴支配人は初の乾杯の音頭。

    ma_1917
    「まさか、岡本シェフが踊りまくるとは!!」

    ma_1947
    ダンスを見て涙する新婦を
    初めて見たのだった(笑)

    ダンスはともかく
    二人とゲストの為に作った料理は素晴らしかった。

    ma_2045
    フラワーアーティスト下野作
    メインテーブルも美しい。

    「さすがだな」

    ma_2212
    サプライズバルーンリリース。

    「アリュールでも、できるぞ!」

    ma_2222
    パティシエえりちゃん渾身の
    ウェディングケーキ入場。

    ma_2236
    ここからは定番のネタが続く!

    ma_2264
    「今日は、葉っぱですか(笑)」

    ma_2312
    そしてシゲの故郷
    アルダン名物ファーストバイト隊が登場。

    ビシッと決まらず・・・。

    だけどそれも定番演出の良さなのだ。

    ma_2341

    ma_2453
    お母さんと共に歩く。

    「いい写真だね〜」

    ma_2561
    後半は和装で入場。

    ma_2695
    となると「めでたや」の登場だ。

    「お〜い、シゲ。何回キスするつもりだ」

    ma_2707
    貫録のパフォーマンスで披露宴に華を添える。

    ma_3002
    恒例のブラスプレゼンツ!

    ma_3025
    今日は日曜日。

    「こんなに集まって、大丈夫なのか・・・」

    ma_3038
    それがブラスの心意気!

    仲間の結婚式を全力で祝うからこそ
    お客様の結婚式も最高の式に導くことができるのだ。

    ma_3161
    二人とも、ホントによく笑って
    よく泣いたね。

    ma_3164
    同期のマコのラストスピーチで
    夕方近くになった披露宴はお開きに近づいた。

    ma_3392
    「この方も、相変わらずよく泣く(笑)」

    最後の名セリフでビシッと締めるあたりが
    さすが名司会者だ。

    ma_3442
    「おめでとう!シゲとうらちゃん」

    最高の、最高の結婚式だった。

    ma_3533
    お父さんお母さんとも
    こうして感動を分かち合う。

    「神奈川にも必ず出店します!」

    ma_3561
    担当のフジナミプランナーも
    プレッシャーの中よくやった!

    ma_3695
    「さすが、エグゼクティブプランナー!」

    夏の結婚式が好きだ。

    夏は人を陽気にするし
    ビールもシャンパンも特に美味いし。

    気持ちよく名古屋に帰り
    結婚式を振り返りながら
    またも美味しいお酒を飲んだのだった。

    PS.
    花井カメラマンの写真がどれもこれもイイので
    沢山アップしました。

    「ありがとうございます!」

    おめでとう!耕太郎と理穂さん

    「支配人になってから、結婚するんだ!」

    と、励まし続けてきた
    ブルーレマン名古屋所属の鈴木耕太郎プランナーが
    この春支配人に昇格した。

    0010
    そして日曜日に最愛の彼女と結婚式をした。

    0009
    場所はもちろんブルーレマン。

    朝から沢山のレマンメンバーが集まり
    最高の結婚式をする為に心を一つにする。

    0016
    そして始まった人前式は
    お母さんからの手紙がゲストの胸を打つ。

    0018
    集合写真は担当プランナーであり
    耕太郎の愛弟子である水田が魅せた。

    「空前絶後の本家より、おもしろいわ」

    0021
    耕太郎が担当した夫婦も
    こうして大勢駆けつけてくださった!

    「プランナー冥利に尽きるぞ、耕太郎」

    0022
    そして披露宴開始。

    0025
    今日は耕太郎の熱望?により
    長渕新バージョンを披露した!

    「我ながら、アッパレ!」かな・・・。

    0028
    乾杯の音頭は
    新人時代から手塩にかけて育ててきた
    西川支配人が綿密な演出で魅せた!

    0030
    耕太郎の同僚であり親友の後藤支配人と
    なぜか江端が新郎新婦のお姉さんとサプライズ登場し
    会場は大いに沸く!

    0032
    乾杯からは耕太郎の為にシェフチームが作る
    スペシャル料理の数々をじっくり味わう。

    0034
    支配人を慕って集まった
    スーパーPJチームも負けてない!

    0035
    耕太郎の地元である
    埼玉からはるばる来てくれた友達の為にも
    一段とサービスに気合いが入る。

    0040
    ケーキは二人の好きな「温泉ケーキ」

    まさに「入湯」なのだ。

    0047
    サンクスバイトはなんと
    耕太郎の育ての母である温子プランナーへ。

    0048
    後半は和装入場。

    和装姿も凛々しい耕太郎と理穂さんは
    ホントにお似合いだ。

    0053
    和装とくれば「めでたや」

    今日は一段の熱の入った
    パフォーマンスができたと思う。

    0056
    そして後半の見せ場は
    「名古屋ビュッフェ」だ!

    0057
    特製ナナちゃん人形の向こうには
    名古屋メシがズラリと並ぶ。

    埼玉から名古屋に来て5年。

    0060
    名古屋ラブが埼玉の親族と友人にも
    きっと伝わったはずだ。

    0066
    耕太郎の涙とキャンドルの炎と共に
    パーティーはおひらきへ。

    0068
    「いい結婚式だったぞ、耕太郎」

    0074
    同期の4人は
    これからのブラス支配人のお手本になるはず。

    「頼むぞ、9期のメンズチーム」

    0075
    担当の水田プランナーは
    ホントによくやった。

    「獅子奮迅の働きだったぞ!」

    耕太郎はこの日の感謝の気持ちを胸に
    このレマンをさらに素晴らしい会場へと導いて欲しい。

    「理穂さんもどうか
    耕太郎を支えてやってくださいね」

    素晴らしい結婚式でした〜。

    考えて、判断しよう!

    バルセロナから無事に帰り
    ゴールデンウィーク結婚式を見続けている。

    「お〜い、みんな。すっかり春というより初夏だぞ。
    ガーデンを大解放するシーズン到来だよ!」

    どんな場面でも
    いかにゲストが気持ちよく過ごせるかを考えて欲しい。

    「ルーティンで決めるのではなく
    その日のコンディションと状況を見極めて判断するんだ」

    BGMを担当するプランナーもそう。

    慣れてくると、ついつい同じような構成になる。

    「ここは落ち着いた音楽が適していると思うけど
    どう思う?」

    常にハイテンションのBGMは、疲れる。

    「自分が友人席に座っていたら
    今の状況ならどの音量がいいかな」

    想像しよう!

    考えて、判断して、間違ったなら次につながる。

    「な〜にも考えないで
    ただやってるだけでは一歩も成長しないぞ」

    現場で感じたことは
    新人だろうがベテランだろうが一切遠慮せず指摘する。

    そして僕の予想を超えた時は
    全力で褒めてあげたい。


    PS.
    IMG_0553
    今日のオランジュベール結婚式は
    オープン当時のPJ(学生アルバイト)が帰ってきた!

    「く〜ちゃん、おめでとう!」

    歴史を重ねた会場では
    この春続々と卒業PJが帰ってきている。

    担当プランナーも司会者も当時の仲間が務め
    当時の仲間も駆けつけてた!

    幸せな気持ちで一杯になりました。

    おめでとう!慎一くんとキャン

    冬の社員結婚式シリーズのトリを飾るのは
    新卒8期生として入社した「キャン」こと長谷川香織。

    0569
    ウェディングプランナーとして
    トヨタのアージェントパルムで修業を積み
    ここクルヴェット名古屋のオープニングメンバーとして
    お店を軌道に乗せた!

    0806
    そして現在は本社に勤務し
    店舗デザインチームの一員として活躍している。

    0883
    「さぁ、今日も最高の結婚式をつくるぞ!」

    新人時代からの師匠であり
    キャンの熱望により担当プランナーを引き受けた
    マックス東支配人が気合いを入れる。

    0913
    「YES WE CAN!!」

    1731
    人前結婚式は二人の思いやり溢れる
    温かい雰囲気に包まれた。

    自然光が降り注ぐチャペルで
    花嫁が美しく輝いている。

    日に日に美しさを増していくキャンを見てきただけに
    感慨深い。

    2251
    「いいチャペルつくったな、俺」

    そして新郎の慎一君は
    ずいぶん長いこと結婚を待った。

    「スーツがパンパンだね」(笑)

    2262
    同期チームもこうして勢揃い。

    「8期は美人ぞろいだな〜」(ホントに)

    2284
    本社デザインチームも集まった。

    「新人は楽しみながらも、大いに学ぶんだぞ」

    2368
    2390

    挙式のあとは一階のレストランスペースで
    五十嵐料理長チームがつくった
    渾身のおつまみを味わい尽くす。

    会場の装飾と雰囲気まで変えるとは
    さすがクルヴェットチームだ。

    2628
    披露宴は和装で入場。

    マルイチの着物と小物たちが
    緑あるれる会場に映える!

    「キャンは和装も似合うな〜」

    2827
    そして「ラ・ラ・ランド乾杯準備」へ。

    「よくやったぞ、じぃ」

    早くも取り入れるとは、さすがだ。

    2847
    今日はバイク入場を諦め
    まさかの鳥カゴ登場。

    2915
    「乾杯新バージョン」がことのほか好評?
    だったので早くもテンションが上がりまくる。

    3142
    サッカー一筋の新郎をリスペクトしての
    キッチンオープン。

    ユニフォームはすべて新郎の私物なのだ。

    3175
    新郎新婦と担当プランナーが考えた
    今日のテーマは「幸せの青い鳥」

    3345
    幸せは確かに、身近な何気ないことにある。

    3761
    そう感じる瞬間が数多く表現されてた。

    4260
    後半は8期の恋ダンスから
    全員でのサプライズダンス。

    4322
    「盛り上がったな〜」

    キャンのドレス姿もこれまた美しい!

    4415
    ひかるパティシエのウェディングケーキ!

    4539
    杉山カメラマンのこの写真も素晴らしい。

    4675
    先輩マヨさんへ
    まさかのバースデーサプライス!

    真剣に驚く姿が微笑ましかった。

    4715
    いい天気だからテラスを全開にしての
    デザートビュッフェへ。

    5337
    恒例のブラスプレゼンツも決まり
    最後のインタビューコーナーへ。

    「私の結婚式はキャンに担当プランナーを
    お願いしたいの」

    そんな嬉しい言葉も飛び出す。

    「本社にいても、どんどん出張プランナーをしよう!」

    それができるチームだと思う。

    5899
    最後は慎一君の涙に思わずもらい泣き。

    「いい結婚式だったな〜、素晴らしかった」

    6381
    担当の東支配人はプレッシャーの中
    マックスの力を発揮した。

    6396
    サポートした後輩のあきプランナーも
    よくやった!

    6452
    朝も夜も、キャンが担当したご夫婦が
    大勢詰めかけてくれた。

    「おめでとう!慎一君とキャン」

    それにしてもうちの女子社員は
    ホントに誠実な旦那を射止めるな〜。

    彼の人柄に僕も惚れ込んだのだった。

    おめでとう!金井スーシェフとみのりさん

    今週もブラス社員の結婚式があった!

    17-02-12-0170
    りんくう常滑にある
    マンダリンポルトの金井スーシェフとみのりさん。

    「社員の結婚式に招かれ
    盛大にお祝いをすることが楽しみです!」

    17-02-12-0395
    共に仕事をするメンバーも
    仲間の結婚式には一段と気合が入る。

    17-02-12-1026
    これは結婚式屋の社長として
    最大級の喜びの一つなのだ。

    17-02-12-0221
    冬の澄んだ空と海をバックにした
    マンダリン自慢のチャペルと新郎新婦。

    そして美しい新婦とやや太めのスーツ姿の新郎(笑)

    17-02-12-0335
    「いいね、金井の個性が出てるよ」

    17-02-12-0603
    待合室にはなんと
    金井が大好きなビリヤード台が設置してある!

    「なかなか粋な演出だな〜」

    17-02-12-1036
    厳粛な結婚式のあとは
    ガーデンで二人を大いに祝う。

    同期の4期メンバーもほぼ勢揃いだ!

    「みなさん乾杯のあとは
    それぞれの会場に早く戻って
    すぐに仕事をしてください」(笑)

    やや自慢になってしまうけど
    仲間の結婚式に土日でも
    出席できる会社が作れたことがうれしいのだ。

    17-02-12-1077
    恒例の集合写真キャラクターも
    ま、なんとかウケた・・・。

    17-02-12-1338
    この披露宴のテーマは「MUSIC」

    ならば、歌うしかない(いつも歌ってますが・・・)

    主賓挨拶のあと
    今日も熱唱したのだった。

    17-02-12-1595
    今日の料理は金井がすべて考えた。

    それを仲間が作るという
    チームワークが試される挑戦だ。

    17-02-12-1906
    「これほどマイクパフォーマンスが上手く
    しかも大好きな料理人がいただろうか!」

    新郎自らパーティーを仕切っていく(笑)

    17-02-12-2070
    前半のヤマはこれ!

    金井が大好きな卓球大会だ。

    卓球台まで持ち込むとはアッパレなのだ。

    「最後は俺の挑戦を受けろ!金井」

    17-02-12-2112
    ド真剣に参加し
    勝利をもぎ取ったのだった(自慢)

    賞品のドンペリをみなさんに振る舞い
    最高の気分だ(金井サンキュー)

    17-02-12-2301
    「さすが、同期チーム」

    一曲の中でビシッと「みのりジュース」を作り上げた。

    17-02-12-2371
    「ウェディングケーキは僕がすべて作りました〜」

    自分でケーキをつくり
    ファーストバイトで食べる新郎を初めて見たのだった(笑)

    17-02-12-2675
    そして両家の父に金井がお肉を焼いて届ける
    料理人ならでは演出だ!

    お父さんの涙が印象的ないいシーンだった。

    17-02-12-2837
    後半のドレスも
    ビードレッセの同期コンビがプロデュースした。

    「トータルコーディネートがイイね〜」

    17-02-12-3036
    ブラスプレゼンツの歌を
    この日はマンダリンらしく輪になって歌う。

    17-02-12-3245
    新婦みのりさんのヴァイオリンと
    新郎の母の競演は胸を打つ演奏だった。

    17-02-12-3690
    最後は新郎の号泣で披露宴はおひらき。

    17-02-12-3792
    と思ったら
    「まだまだ終わりませんよ〜」と
    金井らしいお菓子まきが始まる。

    とことん楽しませる姿勢から
    将来の金井シェフの仕事ぶりが想像できる。

    17-02-12-4069
    「おめでとう!金井とみのりさん」

    その心意気で個性的な料理長になってくれよ!

    17-02-12-4193
    担当のせんプランナーもよくやった!

    ベテランプランナーを前にしての担当は
    ホントにプレッシャーだったと思う。

    厨房チームも金井の料理を懸命に作り切ったと思う。

    今日もいい結婚式でした〜。

    おめでとう!柴野シェフとりかさん

    日曜日は三重県津市にある
    ミエルココン厨房チームの柴野君の結婚式だった。

    0P2A4869
    ココンのオープニングメンバーとして
    ブラスに入社した柴野君。

    0P2A4850
    なんと、なんと、料理人の経験がないのに
    料理人になるべくウチの門を叩いた変わり種だ。

    しかも、大手の飲食店の店長を立派に務めながら
    この決断をしたのだ。

    0P2A4915
    「この一年、彼はホントにがんばってます!」

    岸田シェフをはじめとしたココンスタッフは
    この結婚式を成功に導くために
    驚くべき準備をしていた!

    0P2A5320
    まずは感動の挙式のあと
    ブラス恒例の集合写真を盛り上げるために
    ショコプランナーが魅せた。

    IMG_6062
    「いや、おもしろかったわ、ホントに!」

    0P2A5348
    ココン自慢の広々とした待合スペースに
    ズラリと色とりどりのカナッペが並ぶ。

    「これは、豪華だね〜」

    厨房チームの創意工夫に頭が下がる。

    0P2A5525
    「さぁ、雨を吹き飛ばすほど、盛り上がっていきましょう!」

    主賓挨拶のあとは新郎の熱望?により
    やはり今日も熱唱をする。

    MCC_0718
    上原総料理長&野々垣副総料理長コンビも
    貫録の乾杯の音頭だ。

    IMG_6203
    岡安プランナーはスベりながらも
    何とか持ちこたえた・・・。

    0P2A5602
    そしてココンPJチームも
    「柴さん」のために気合十分だ。

    IMG_6216
    熱血指導をし続けている岸田シェフは
    部下への愛情を料理で表現した!

    IMG_6439
    スペシャルケーキも素晴らしい!

    0P2A5886
    後半は和装で入場。

    センスのいい新婦りかさんが
    この着物を選んでくれたことに感動した(ドレスもね)

    IMG_6628
    和装と言えば「めでたや」

    「発注ありがとう」

    IMG_6055
    さらにデザートビュッフェは
    今までに見たこともないスィーツが並ぶ。

    「いや〜、ここまでやり切るとは、すごいぞココンチーム」

    IMG_6831
    ブラスプレゼンツのスライドと合唱で
    ラストを盛り上げて披露宴は終わりに近づく。

    MCC_1530
    「おめでとう!柴野君とりかさん」

    IMG_6962
    プレッシャーの中
    石原プランナーとココンチームはホントによくやった!!

    入社してから結婚までの期間が
    長かろうと短かろうと仲間の結婚式は全力でつくりあげる!

    その意気込みが新店のココンチームから感じられて
    ホントにうれしかった!

    「柴野君、今日の誓いを忘れず
    立派な料理人になるべく、一歩一歩成長して欲しい」

    今日もいい結婚式でした〜。

    おめでとう!智行&みほさん

    昨日はブラスの取締役であり
    我が弟でもある「ともさん」こと河合智行の結婚式だった。

    008
    1月にしては暖かな天候に恵まれた。

    「1月9日=一休の日を選んだのは、俺」(自慢)

    なかなか決まらない日時と場所を
    エイヤーであと押ししただけにホッとしたのだった。

    005
    朝から本社メンバーもブルーレマンへ行き新郎新婦とご対面。

    004
    そしてシェフたちとも。

    そりゃみんな、びっくりでしょ。

    新郎の智行さんは46歳(初婚)

    そして新婦みほさんは、27歳なのだ。

    「19歳も年下〜」

    011
    河合家にとっては待ちに待ったというより
    すでに結婚を諦めていた父母は感激もひとしおなのだ。

    015
    そして午後12時。

    遠くからも駆けつけてくださった
    多くのみなさんに見守られながら教会式へ。

    誠実な牧師の言葉が胸に響く。

    018
    なのに集合写真ではやっぱり出た!

    T(tomoyuki)M(miho)レボリューションだ。

    020
    TMポーズで写真を撮って
    レマンのテラスで120名のバルーンリリースへ。

    025
    その後のおつまみビュッフェも豪華!

    030
    「ブリしゃぶ」が登場するとは驚きなのだ。

    028
    その間に僕の家族とも一枚(末娘はお手洗い・・・)

    娘たちのおじさんの結婚式で子供花束を贈る夢は
    とうとう叶わなかったけどね(もう大人ですから)

    そして始まった披露宴。

    僕の役割は新郎側の主賓代表挨拶。

    031
    「新婦家のみなさま、大切に育てた娘さんの旦那が
    こんなおじさんでスミマセン」

    まずは兄として心から謝った(笑)

    「健康で長生きするするんだぞ」

    そして共に働く社長として
    一号店の頃から陰で支え続けてくれた部下であり弟でもある新郎に
    普段はなかなか口にできない心からの感謝の気持ちを述べたのだった。

    032
    乾杯隊は二人の出身地である
    愛知県稲沢市が誇る天下の奇祭「はだか祭」を再現!?

    036
    はだか男たちがドンペリニヨンを
    勇壮に注いだのだった。

    038
    鷲野総支配人の乾杯!

    039
    豪華シェフの競演によるキッチンオープンへ。

    今日の料理は、いつもにも増してスゴイ!

    042
    ケーキも三段だ〜。

    040
    「おいおい下野くん、押したらアカンだろ〜」(笑)

    043
    おじさんファーストバイトも微笑ましい。

    045
    新婦の祖母との中座に涙し

    046
    新郎中座のエスコート役は
    なんと義理の姉(つまり僕の妻)

    僕もこの話を聞いた時はホントに驚いたのだが
    二人の恋のキューピットが義理の姉なのだ。

    (新婦の母と友人なんです)

    ま、よくぞ紹介したと言っておこう。

    048
    リメイク入場はクラウンKとレマンのコラボダンス。

    050
    「お見事!」

    ビシッと矢が巨大バルーンに命中したのだった。

    053
    サプライズ登場のKさん。

    「来てくれて、ありがとう!!」

    055
    パートナー企業の面々も今日は勢揃いだ。

    「みんな、よく飲んでるな〜」

    059
    そしてパーティーのメイン?は達明バンド。

    「また社長かよ〜」

    058
    そんな声に負けじと
    僕も弟も大好きなサザンを共に熱唱し
    とうとう狩人(伝説の兄弟デュオです)の「あずさ2号」を花嫁に贈ったのだった。

    さて、始めに新郎新婦が宣言したとおり
    この披露宴は通常の2倍の時間を予定している。

    毎度のことながら、社員の結婚式は特にトコトンなのだ。

    064
    次のリメイクは稲沢で有名な美人三姉妹で。

    065
    新郎は母親を指名。

    「ウチのおふくろが喜んでて良かったナ」

    069
    今年、和装を押すブラスとしては取締役が率先して着ないとね!

    074
    そして15年前に一緒に働く切っ掛けになった
    「祝い餅つき・めでたや」を共に熱演。

    「田村先輩とガキちゃん、ありがとね〜」

    080
    本社からもスタッフが再び駆けつけ
    とうとうパーティーはフィナーレへ。

    おもてなしの料理の数々と
    新郎セレクトのワインに酔いしれた。

    最後の新郎挨拶を聞きながら
    人生はこんなに素敵な一日があるからこそ
    生きる価値があると思った。

    085
    「よかったな〜、ホントにホントに」

    087
    この重圧の中やり切った
    担当のレジェンド温子プランナーに最大級の賛辞を贈りたい。

    「素晴らしいプランニング&プロデュースだったよ」

    それぞれのパートナーさんの惜しみない協力と
    ブラスオールスタッフの働きに心からの感謝を。

    「みなさん、ありがとうございます」

    091
    「恩返しは仕事しかないぞ」(笑)

    僕もトコトン働き続けると宣言しているが
    これで智行さんも若き伴侶の為にもやり続けるしか道はない。

    092
    「みほさん、支えてやってくださいね」

    おめでとう!ゆうじ&じゅんこ

    21
    昨日は豊橋のルージュアルダン副支配人であり新卒5期生の
    「もり子」こと森本淳子の結婚式だった。

    19
    年末だからこそやれる結婚式がある!

    20
    朝からこんなにも大勢のスタッフが集まり
    最高の結婚式をつくるべく気合いを入れる。

    40
    そしてアルダンのガーデンには
    もりこが担当したお客様が続々とやって来る!

    「さすが、150件プランナー!」

    岐阜羽島で3年半、ここで4年。

    一組ひと組に熱い情熱を注いできたその姿勢は
    後輩に多大な影響を与えてきた。

    まさにウチを代表するプランナーのひとりなのだ!

    34
    今日のテーマのひとつは「家族の絆」

    対面式から人前結婚式へとつながる
    家族への想いが僕たちゲストに伝わってくる。

    82
    「ちょっと寒いけど、ガーデンで盛り上がりましょう!」

    75
    冬の澄んだ青空をバックに二人の笑顔が弾ける。

    79
    そしてやっぱり出た!
    アルダン名物「ピジョンリリース」を
    PJ(アルバイト諸君です)たちが放つ。

    83
    集合写真でピコ太郎も地味に登場したし・・・。

    84
    5期生もこうして勢揃い!

    86
    ビールとおつまみビュッフェ。

    さらにスープビュッフェまで用意するとは
    さすがアルダン厨房チームだ。

    96
    今日の出番は乾杯と言えばこの方。

    「長渕剛さんです」

    半年前に披露した「さだまさしバージョン」も
    新開発した「松山千春と玉置浩二と浜田省吾バージョン」もあるのだが
    なかなか発注が来ないのが残念だ(当たり前)

    98
    続いてのスピーチでは「重大発表」をして
    会場は静まり返ったのだった(おめでとう)

    103
    そして披露宴が始まる。

    「今日も夕方まで盛り上がりましょう」

    105
    三人のシェフからのメニュー紹介があり

    106
    二人が出会ったスイミングスクールを表現した
    「ウォーターボーイズ・キッチンオープン」だ。

    幼いころにプールで出会った二人。

    120
    選手コースで共に泳いだ仲間と
    鬼コーチとのエピソードに笑って泣く。

    水泳という競技は個人競技でありながら
    プールという舞台の中で苦楽を共有する
    団体競技でもあると思う。

    126
    もり子と長く一緒に働く
    二人のパティシエから渾身のウェディングケーキが届く。

    123
    最前線で盛り上げる僕を後ろから押したのは誰だ〜(笑)

    130
    そしてこれもアルダン名物「ファーストバイト隊」の登場。

    愛弟子たちがビシッと決める(さすが)

    134

    138
    兄弟愛に感動して二人は中座。

    145
    後半は和装で登場!

    ウチのプランナーの和装率はほぼ100%。

    「もっと和装をお勧めしましょう!」

    147
    という仕事の話はさておき
    ダンス部と同期チームが入場をサポートする。

    151
    これもプランナー発注率トップの演出だ。

    「ハイ、今日もがんばりました!!」

    159
    デザートビュッフェを楽しみながら日が暮れてきた。

    夜景を楽しめるのもアルダンの自慢なのだ。

    160
    産休明けの司会部リーダー
    松本のインタビューはもはや名人芸だ。

    161
    「いい結婚式だった、ホントによかった」

    175
    「おめでとう!ゆうじ君ともり子」

    もり子は結婚しても
    天職であるウェディングプランナーの先駆者として
    この仕事の素晴らしさを世に広め続けて欲しい。

    ま、でも焦らずにね。

    181
    もり子の強い希望により
    この日限りのプランナー復帰をした本社の南もホントによくやった!

    プレッシャーもあったと思うけど
    その姿を後輩たちがしっかりと見ていたはず。

    こんな動きができるのもブラスの強さだと思う。

    182
    夜にはもり子が担当したお客様がさらに大勢やってきた。

    ウェディングプランナー冥利に尽きるシーンの数々でした。

    おめでとう!はやた君とほのか

    冬になると社員の結婚式シリーズが始まる。

    「社員が自分の会社で結婚式をしなくなったら、おしまい」

    そう思っている僕にとって
    結婚を決意したブラス社員が
    それぞれの会場で結婚式を挙げることは大きな喜びだ。

    005
    昨日はブルーレマン名古屋所属の新卒8期生
    依田ほのかプランナーの結婚式だった。

    004
    「レマンは世界一の結婚式場です!」

    新人の頃から堂々と宣言しているほのかにとって
    このメンバーに囲まれて結婚式をするのは最高の喜び。

    007
    12月にしては暖かな天候にも恵まれ
    家族の喜びもひとしおなのだ。

    (お母さん、いつもブログ愛読ありがとうございます)

    僕がニューヨークでセレクトした
    ウェディングドレスも最高に似合っている!

    001
    この日の重要なアイテムは「メガネ」

    メガネがトレードマークのほのかは
    人前結婚式のあとゲスト全員にメガネを配った。

    「おっ、粋な演出だね〜」

    011
    全員がメガネをかけての
    集合写真は大いに盛り上がる。

    ほのかハンバーガールのお祝いに
    珍ゲストも駆けつけたしね(笑)

    今日の僕の出番は乾杯の音頭。

    015
    今日はリクエストにより「長渕乾杯」

    017
    新郎はやた君の顔を見て
    思わず出た「セイ、セイ、セイヤ〜」も決まり
    定番の技をしっかりと決めたのだった(自画自賛)

    018
    「さぁ、盛り上がっていきましょう!」

    019
    新卒6期生チームも勢揃いだ。

    024
    中盤は和装に合わせての「めでたや」

    「ホントにお餅つきが夢だったんです」

    嬉しい言葉に気合いが入る。

    026

    027
    妹さんとおばあ様との中座の場面は
    二人の人柄がにじみ出るいいシーンだった。

    029
    後半は、ほのかプランナーらしいバルーン演出!

    031
    テラスでのケーキカット。

    035
    レマンの父母に贈る、サンクスバイトだ。

    036
    忘れちゃいけない、ブラス集合写真へ。

    041
    そして圧巻だったのが、デザートビュッフェへの誘導ダンス!

    「ファンタスティック!」

    ゲストから喝さいの声が飛ぶ。

    045
    そして苦楽を共にした
    同期の奈保がサプライズソングを贈る。

    「河合また出てるよ」とは言わないで・・・。

    新婦のリクエストですから(笑)

    049
    「ほのからしい結婚式だったな〜」

    新郎はやた君のトークが所々で光っていたし!

    今日も少し長くなってしまったけど
    社員の結婚式はトコトンやり切るのがブラスの伝統なのだ。

    054
    「おめでとう!はやた君とほのか」

    ほのかの熱望により2年ぶりにプランナー復帰した
    みさきプランナーの奮闘も素晴らしかった!

    ほのかは結婚後も
    まだまだレマンラブで活躍してくれよ〜。

    おめでとう!澤くん、ともよさん

    上場の主幹事をお願いし
    見事にブラスを上場に導いてくださった
    東海東京証券上場チームの若手のエース
    澤くんがクルヴェット名古屋で結婚式を挙げてくれた!

    0520
    「上場を達成し、自分も結婚します!」

    そんな宣言をしてくれていただけに
    嬉しさもひとしおなのだ。

    0988
    金曜日のお昼の結婚式なので
    ブラス経理チームを中心に結婚式に駆けつける。

    「さすが結婚式屋の本社チーム!」

    そして夜は
    東海東京証券のみなさんを招いての披露パーティーだ。

    1717
    「社長、司会をしてください!」

    澤くん、たっての希望とあらばやるしかない。

    東海東京証券のみなさんにも
    僕の司会を体感してもらうチャンスでもあるし。

    1752
    「ついでに、ゲームの司会もお願いします」

    ま、それは得意中の得意なので
    これまた喜んで引き受ける。

    「テーブル対抗格付け大会」

    ということで
    クルヴェットチームがしっかりと仕込んだ

    「ズワイガニとカニカマ」

    「高級和牛と外国産の安いお肉」

    「超高級赤ワインと普通赤ワイン」

    「200万円のヴァイオリンと1万円のバイオリンの音色」

    この四つを見事当てたのは
    佐藤常務(さすが)

    三つも外してゴザに正座したのは
    市川部長(上場チームの大エース)

    「市川さん、あれほど自信があると言っていたのに・・・」

    次のブラス上場チームからは
    外れてもらおうと思ったのだった(笑)

    1952
    二人の出会いは、なんと「パスドラ」

    攻略法を互いに教え合っているウチに恋が芽生えた。

    そして偶然にも地元が大阪の泉で
    さらにお父さん同士が知り合いだった。

    「出会うべくして、人は出会うんだな」

    思わずにはいられない。

    2070
    「最後のお願いで、歌も歌ってください」

    ということで今宵は
    「司会とゲームの仕切りとバンド演奏」を
    澤くんの為にやり切ったのだった!

    2205
    ラストはみなさんと大合唱。

    2385
    「おめでとう!澤くんと、ともよさん」

    次の大きな目標に向かって、共にがんばろう!

    担当プランナーの奈保も獅子奮迅の働きでした。

    出会いに感謝な夜

    昨日は司会者として久々に登板した!

    「まだまだ現役を続ける」

    と、宣言している以上
    お客様から望まれたならやるしかない。

    と言いつつも今年は
    スケジュールの関係でなかなか受けることができなかった。

    が、昨日はいろんな縁と日時に恵まれ
    新郎新婦の熱烈?なオファーに答えることができた。

    場所は安城のブランベージュ。

    7M0A6882
    「社長のパワーで、雨が上がりました!」

    そんな嬉しい言葉をかけてもらい
    一段と気合いが入る。

    そう、ホントに直前に雨が止んだのだ!

    7M0A7726
    いろいろと楽しさ満載の披露宴だった。

    子供のころから剣道一筋に打ち込んできた
    新郎の恩師と友人たちの絆を表現できたことが良かった!

    そして安城で有名だった新婦の友人たちの声を
    沢山届けられたことも。

    「ゲストの声を、様々な場面で聞いて、新郎新婦に届ける」

    これはブラスの司会者が最も大切にしていることの一つ。

    司会者が聞くからこそ、引き出せる言葉があるのだ。

    7M0A8782
    「おめでとう!ゆうやくんとゆきこさん」

    担当の田端プランナーもよくやった!

    写真のLサインは「レクサスのL」

    新郎はブラス一号店である
    ルージュブランの近くにある
    「レクサス一宮店」の営業マンなのだ。

    7M0A8660
    10年前に僕がお世話になった時の店長とも再会し
    思い出を語り合った!

    7M0A8668
    そして新婦の友人はブラスファミリー!

    「社長、わたしブラスで結婚した奥様を集めて
    ブラスOB会をつくっているんですよ〜」

    会員はもう20名を超えているとのこと。

    こんなにうれしいことはない!!

    「人生は出会いに尽きるな〜」

    出会いに感謝な夜でした。

    ネバーエンディング披露宴

    火曜日はブラス社員同士のビッグウェディングだった!

    009
    新郎は5期生にして
    静岡ラピスの支配人「さんま」こと若山純也。

    新婦は6期生にして
    「かさじぃ」ことマンダリンポルトの副支配人笠島えり菜。

    011
    「そりゃ、やるしかないでしょ!」

    二人が出会った
    りんくう常滑にあるマンダリンポルトは朝から異様な雰囲気だ。

    013
    「史上最高の結婚式をするぞ〜」

    020
    心配だった台風も去り
    嵐を呼ぶ男「さんま支配人」は朝からノリノリだ。

    017
    「それにしても、二人らしい会場セッティングだな〜」

    014
    美しい花嫁とおもしろい新郎。

    会場入りした瞬間から夢が広がる。

    028
    家族との対面式。

    024
    「家族との時間を大切にする」

    これも隠れたブラススピリッツなのだ。

    「さぁ、二人の考えた人前式が楽しみだぞ」

    034
    035
    なのにいきなり、これとは・・・。

    「新婦の意見は1ミリも入ってません」

    そんなアナウンスに笑いつつ
    一気に二人の世界に引き込まれる。

    052
    プランナーらしい誓いの言葉から署名へ。

    058
    エッフェル塔キスはサプライズだったな〜。

    065
    青空と海とセントレア。

    少し秋らしい風も吹きガーデンでの時間が心地いい。

    070
    なのに現れたのは、エバタ隊・・・。

    072
    「今日はやったるぞ」

    写真を撮りながら、二人に固く約束をする。

    073
    074
    二人の同期である5期生も6期生も勢揃いだ!

    ブラスを卒業したメンバーも
    こうして集まることがたまらなく嬉しい!!

    075
    077
    先輩後輩支配人も列席して花を添える。

    076
    さらに、さんま支配人のお店メンバーもやってきた。

    「最高の一日になる」

    と、思ったのもつかの間。

    081
    二人が入場したと思ったら・・・。

    083
    ポップな和装姿でバルーンを上げ
    すぐに去っていく・・・。

    「おいおい、俺の祝辞はいつなんだ・・・」

    なかなか始まらない披露宴。

    「これが、最先端のスタイルだ(笑)」

    食前酒とガーデンビールとカナッペで
    早くもホロ酔い状態の僕らは
    新郎新婦抜きで盛り上がるのだった。

    095
    午後3時。

    とうとう披露パーティーは始まった。

    (挙式開始は13時ですから・・・)

    105
    祝辞と歌が二人の心に響いたならうれしい。

    109
    「さぁ、盛り上がっていきましょう!」

    下川&鷲野の黄金コンビの久々の乾杯から
    乾杯隊のダンス。

    111
    後輩ひかるのダンスキッチンオープンへと続く。

    一つひとつの演出をしっかり決めていくことが
    大切なのだ。

    そしてガーデンでのケーキカットに
    ブラスバンド部がサプライズ登場!

    125
    新婦はバンドメンバーだから
    今までの感謝の気持ちを曲で表現する。

    野外での演奏はホントに気持ちいいのだ。

    124
    超ビッグケーキ入刀式も楽しかったナ。

    129
    中座のエスコートは弟の友哉くん。

    兄弟愛が表情から伝わってくる。

    138
    「笑いの後には涙を、涙の後には笑いを」

    ということで「さんま会」が中座中に登場。

    後半への弾みがつく。

    (どこからが後半か、よくわかりませんけど)

    142
    書き忘れちゃいけない。

    新婦のウェディングドレスは2着とも
    ニューヨークで僕と下野くんとで仕入れたドレス。

    「メチャクチャ似合うぞ!」

    144
    会場の装飾をした下野デザイナーも大満足なのだった。

    147
    会社のイメージキャラクター?
    ハンバーグ江端が笑いを取り
    とうとう、とうとうパーティーは終盤へ。

    154
    お父さんwithブラスメンバーの「お嫁においで」は圧巻だった!

    157
    気づけば夕暮れ時。

    「最後はディナーですよ」

    と、冗談で言ったのがホントになった。

    162
    「いい場面の連続だった」

    クライマックスは手紙。

    ならばここに至る雰囲気をつくるのが
    僕らの大切な仕事だ。

    164
    「今日の手紙は特に心にしみたな〜」

    174
    トコトン楽しむ「ネバーエンディング披露宴」も
    とうとうお開きだ。

    「7時半か〜」

    でも、あっという間だったナ。

    と、思ったら
    ガーデンには二人が担当した夫婦がお祝いに駆けつけてる!!

    180
    「すご〜い」

    182
    この光景にまたも涙したのだった。

    184
    このパーティーをつくったメンバーに最大級の賛辞を。

    「みんな、よくやった!」

    この日は確かに特別だが
    お客様の結婚式に生きることが無数にある。

    「僕らはまだまだやれるぞ!」

    そんな勇気をもらったのだった。

    186
    「おめでとう!さんまとかさじぃ」

    いい家庭を築きつつ
    二人でブラスをグイグイ引っ張っていって欲しい。

    「世界一のウェディング夫婦になれ!」

    ブログも長かった〜(笑)

    (いい写真をありがとね、花井さん)

    おめでとう!隼人くんと茉子

    昨日は豊橋のルージュアルダン所属
    ブラス9期生高橋茉子の結婚式だった。

    003
    夏の青空と雲が美しい!

    ここルージュアルダンの丘は
    ブラス自慢の撮影スポットなのだ。

    002
    東京出身のマコは彼と三年間の遠距離恋愛を実らせた。

    二人とも関東出身にもかかわらず
    自分が3年間ウェディングプランナーとして
    情熱を燃やし続けたこの地で式を挙げることにしたのだ。

    001
    「関東からのお客様を手ぶらで帰らせるな」(笑)

    そんなゲキは飛んでないと思うけど
    アルダンメンバーの気合いの入りようは半端じゃない!

    1
    さらにマコプランナーが担当した
    ほとんどの夫婦が祝福に駆け付けてくださった。

    「プランナー冥利に尽きるね〜」

    004


    006
    実にウェディングプランナーらしい人前式に感動し
    ガーデンへ。

    007
    そしてアルダンメンバー結婚式伝統のピジョンリリースだ。

    「ゆっくり鳩舎へ帰って行けよ〜」

    008
    新郎はやと君は背も高くご覧と通りのいい男。

    「ウチのプランナーは、ホントにいい男をつかまえるな〜」

    「私たちがいい女だからなんです〜」

    そんなプランナーからの声が聞こえてきそうだけど
    それほど誠実さがにじみ出ている青年なのだ。

    3
    「これがサマーパーティーでしょう!」

    テラスを全開にしても暑いことは確かだけど
    その分ビールも美味しいしテンションも上がる!

    009
    写真を撮りながらパーティースタートまでの時間を楽しむ。

    そして今日の僕の出番は乾杯の音頭。

    マコからの熱烈?なリクエストに答え
    「乾杯・長渕バージョン」を演じる。

    015
    「ハイ、定番は気持ちが楽です」

    016
    気持ちよ〜く、歌ったのだった。

    そしてはるばる豊橋まで来ていただいた
    ゲストのみなさんに挨拶をして祝宴が始まった。

    020
    マコのために集まったPJと
    シェフチームのキッチンオープンは圧巻だった。

    022
    パティシエチームが作ったウェディングケーキ。

    023
    そしてアルダン名物の「ファーストバイト隊?」が
    今日も登場して会場を盛り上げる(おもしろかったぞ)

    024
    後半は人力車に乗っての和装入場。

    IMG_3411
    「田口さん、今日もありがとう!」

    (僕だけじゃなくて、写真はみなさん撮ってますから・・・)

    4
    後半は少し涼しくなったガーデンでのデザートビュッフェ。

    「見た目も味もレベルが高い!」

    こうして書いていると
    社員の結婚式は特別だと思われるかもしれない。

    しかし仕事はそんなに甘くなく
    普段やってないことを特別だからといってやれるものではない。

    日頃の「いい結婚式をつくる」こだわりが
    こうして社員の結婚式のレベルを上げ
    さらにそれが毎週のお客様へと生かされていくのだ。

    027
    同期でありライバルでもある
    担当の日高プランナーへの手紙は感動した。

    029
    高橋家のお父様のラストインタビューに笑って泣いて
    披露宴はおひらきに近づいていく。

    030
    「おめでとう!隼人くんとマコ」

    いい結婚式だった!

    で、隼人くんがまさかの四日市転勤ということで
    もしかしたらまた一緒に働けるかもね。

    そして関東のゲストのみなさんに

    「3年以内に必ず会場をつくります!!」

    固く約束をしたのだった。

    おめでとう!直人とえりか

    今年の夏はブラス社員の結婚式が多い。

    そりゃ社員が増えれば、結婚式も増えるのが当たり前。

    002
    「よし、今日もやったるぞ!」

    8月8日月曜日の朝
    気合いを入れて鈴鹿へ向かう。

    003
    新婦はブラス新卒7期生のえりか。

    012
    新郎は6期生にして現在は浜松で
    マンダリンアリュールの支配人を務める直人。

    ダブルウェディングプランナーの結婚式とあらば
    会場の飾りつけにも気合いが入るというもの。

    006
    えりからしい
    鮮やかな色の花たちが二人を彩る。

    023
    「夏ウェディングは、暑いからこそ盛り上がるんだぞ!」

    028
    披露宴前のカナッペコーナーは夏らしい食べ物が並ぶ。

    027
    「こりゃ、これだけでランチだね〜」

    社員結婚式が特別ではなく
    こうしたビッグチャレンジが
    毎週のお客様に生かされていくのだ。

    030
    そしてパーティースタート!

    二人が出会ったココ
    ミエルクローチェ時代のPJ(アルバイト諸君です)が
    サプライズ登場して乾杯へ。

    これはうれしい!

    で、今日の僕の出番は乾杯の音頭と祝辞。

    「乾杯長渕ではなく、新バージョンでお願いします」

    そんな依頼を受けたものの
    普段あまり感じない重圧があった(ホントに)

    だって「さだまさしバージョン」だから・・・。

    031
    「北の国からのテーマ」で登場。

    さだまさしになり切ってトークして歌い始める。

    032
    「アカン、髪が落ちてくる・・・」(ケープで固めたのに)

    それでもしっかり歌って
    スピーチも思いを込めて話した。

    「なので、合格点を下さい(笑)」

    035
    社内恋愛からの結婚はうれしさも倍増だ。

    「僕がキューピットだからね〜(笑)」

    036
    青木料理長らしい
    キッチンオープンからの料理紹介は圧巻だった!

    046
    二人が出会った時の先輩たちが
    踊りながらケーキを運んでくる。

    050
    ビールサーバーも大活躍し、会場は沸きに沸いた。

    052
    感動的な中座があり後半は和装で登場。

    「えりかにピッタリの和装だね〜」

    054
    「あっ、社長また出てる」

    と、目の前の長野山奥チームから言われた
    「祝い餅つき」で会場が一体になる。

    長野とトライデントのみなさんへ。

    「出たがりは確かですが、新婦からのオーダーですからね」

    058
    少しぐらい暑くとも
    テラスを全開にしてのブッフェは楽しい!

    062
    二人の同期もこうして勢揃いしている!

    「これだけ集まると圧巻だね〜」

    063
    ブラスで出会った同期であり親友美久のスピーチも素晴らしかった。

    まさに直人とえりからしい、笑いと涙の結婚式だった。

    最後はホントにディナータイムになったね〜(笑)

    070
    「おめでとう!直人とえりか」

    担当をするはずだった入院中の成瀬支配人も
    ピンチヒッターで頑張ったポープランナーもホントによくやった!

    そしてミエクロのチームも。

    「いい結婚式だったね〜」

    二人の故郷(滋賀と長野)から駆けつけた親族も友人も
    きっと満足してくださったと思います。

    おめでとう!まさとさんとまゆゆ

    日曜日はルージュブラン所属
    「まゆゆ」こと川地真由プランナーの結婚式だった。

    5096
    新卒8期生として入社し
    ルージュブラン一筋に4年半。

    4G4A3016
    苦しい時期を支え続けたまゆゆの為に
    ルージュの仲間も一段と気合が入る。

    4G4A3035
    駐車場から始まる
    まゆゆらしい装飾の数々に目を奪われる。

    4G4A3219
    二人はカフェドクリエで出会った。

    0R0A4475
    前撮り写真がさりげなく飾ってあるのも
    粋でイイね。

    0R0A4837
    まゆゆが担当した沢山の夫婦が
    お祝いに駆けつけてくださった。

    0R0A5075
    「ウェディングプランナー冥利に尽きるひと時だね〜」

    0R0A5008
    木々の合間を縫ってのバイク入場は
    なかなか気持ちがいい!

    0R0A5025
    「今日も熱唱して、しっかりスピーチもしました」


    4G4A3800
    同期もこうして勢揃い!

    0R0A5132
    そして新人時代に育ててもらった
    先輩プランナーたちも集まった。

    4G4A4165
    さらに歴代のPJ(アルバイト)も
    乾杯準備でサプライズ登場だ。

    4G4A4317
    8期の余興もビシッと決まった。

    こうして仲間の結婚式を全力で祝うのも
    ブラスの大切な文化なのだ。

    IMG_9801
    新郎が予備校の先生だから
    野々垣シェフは得意の仮装でメニュー紹介!

    5624
    ウェディングケーキはルージュのパティシエ三人娘がつくった。

    4G4A4470
    お約束のケーキカットをして後半へ。

    4G4A4768
    「ルージュのガーデンに和装は映えるね〜」

    4G4A4827
    杉山プランナーの指示通りに
    「めでたや入場バージョン」を披露。

    4G4A5144
    そしてルージュ特製ビュッフェへ!

    4G4A5158
    「こ、これはスゴイ!!」

    締めの「お茶漬け」から「スィーツ」まで。

    「これ以上、食べられません・・・」

    堪能したのだった。

    4G4A3991
    「おめでとう!まさとさんとまゆゆ」

    家族愛と仲間愛が溢れるいい結婚式だった。
    4G4A5850
    鬼の目にも涙。

    担当の杉山支配人の綿密な進行と演出も素晴らしかった!

    5751
    新人も後輩もよくがんばったね。

    4G4A5752
    今日も結婚式の素晴らしさを再確認したのだった。

    先週の結婚式

    先週の結婚式について
    書き記しておきたい。

    まずは久しぶりに司会者として登板した!

    名古屋駅前の会場で僕と出会った
    たかひろさんとゆなさん。

    002
    「日進の竹の山の会場が二人にピッタリだよ〜」

    そう、僕がすすめたらしい。

    そんな縁もありながら
    「司会を、どうしても、どうしてもして欲しい!」
    二人の熱烈なオファーをいただき
    実現したこの日の結婚式。

    009
    「サイコーでした〜」

    現場のメンバーと共に汗を流し
    「いい結婚式を作り上げるよろこび」
    を久しぶりに感じることができた。

    (担当の森カナも、プレッシャーの中よくやった!)


    静岡のラピスでは
    標兇△プランナーがブラス史上5人目の
    「150件担当プランナー」になる。

    MP2_9916
    結婚式後に新郎新婦から
    「一緒に婚礼料理を食べましょう!」とサプライズを受ける。

    (新郎新婦には披露宴後に
    控室で料理を召し上がっていただいてますから(自慢))

    MP1_8499
    「まだまだ、記録を伸ばせよ!」


    名古屋駅前のクルヴェット名古屋では
    長谷川キャンプランナーがラスト結婚式担当をした。

    003
    新郎からのお礼の手紙に涙、涙。

    004
    「次は本社でバリバリ活躍して!」


    土曜日は一号店ルージュブランで
    ブラスファミリー(マンダリンで結婚式)と記念写真。

    hosei
    「社長さん、来月もブラスの会場に出席します」

    なんて素敵な奥様なんでしょう!


    そんな週末でした。

    おめでとう!ひろき&かなえ

    昨日は新卒7期生にして
    今や厨房レディースのリーダー的存在である。
    牧野かなえの結婚式。

    プランナーと違って今から6年前は
    新卒の厨房メンバー採用することは難しかった。

    特に女性は。

    入社3年は岡崎のブルーブランで修業を積み
    静岡のラピスアジュールのオープニングスタッフとして
    果敢に挑戦してくれた。

    その姿勢は後輩たち(厨房レディースは30名以上います)に
    脈々と受け継がれている。

    そんな牧野の結婚式を盛り上げようと
    同期も厨房チームも気合いが入りまくっている。

    0383
    場所は牧野が育ったブルーブラン。

    「結婚式はチームでつくる!」

    この写真一つで、その気持ちが伝わってくる。

    1011
    プランナーと共に作った人前式は
    感謝の気持ちがしっかりと伝わってきた。

    1479
    「同期を中心に盛り上げるぞ」

    1587
    まずはブルーブランお得意の
    カラフルなカナッペと食前酒を楽しむ。

    1673
    入場は鮮やかな緑をバックに和装姿で。

    1822
    ブルーサービスチームが魅せた後は
    新婦の熱望?により僕の乾杯へとすすむ。

    1899
    もはや安定の芸風でしょうか・・・。

    1992
    新郎の会社のみなさんに
    大いにウケたことがうれしい!

    2052
    キッチンオープンからの料理紹介は
    今日一番感動したかも。

    2104
    さすが鈴木料理長!

    2451
    ウェディングケーキは新婦が自らつくる!

    そして自分自身で最後の仕上げをすると
    感謝の気持ちが僕らにしっかりと伝わってくる。

    2864
    後半はド派手なライブ入場で大いに盛り上がる。

    「好きなことを取り入れるのは披露宴の基本だね〜」

    3213
    3163
    3162
    デザートビュッフェはなんとなんと
    「さくらんぼ狩り〜」

    佐藤錦はたまらなく美味だった!

    3734

    二人の高校の担任の先生が
    感動のスピーチをして
    ラストは新婦のピアノをバックに新郎が熱唱。

    4006
    おひらきになると担当プランナーのトッポが
    プレッシャーから解き放たれ泣き崩れる。

    「おめでとう!ひろき&かなえ」

    夏の社員結婚式第一弾は
    ブルーブランの総力を結集した素晴らしい出来だった!

    「今日は確かに特別だけど
    日頃の成果がここに表れてますね」

    新郎の勤務先の上司からも
    最上級の賛辞をいただいた。

    「いい結婚式だったナ」

    爽やかな気持ちで会場を後にしたのだった。

    おめでとう!大江シェフ

    日曜日は静岡のラピスアジュールで
    社員の結婚式に出席。

    新郎の大江シェフは
    約一年前に救世主のごとくラピスに現れ
    すぐに厨房チームの兄貴的存在になった。

    繝輔か繝・0007
    そんな大江シェフの結婚式を
    大いに盛り上げようと
    ラピスメンバーは朝から気合いが入りまくっている。

    繝輔か繝・0005
    僕もラピス初の社員結婚式を共に盛り上げるべく
    朝早くから新幹線で静岡に入った。

    001
    新婦あやこさんは美容師。

    修業時代からの仲間や学生時代の友が
    沢山出席していて新婦側は実に賑やかだ。

    二人は高校時代のアルバイト先で出会い
    三年前に再会して交際が始まったとのこと。

    海外修業時代は遠距離恋愛を育み
    二人の間には息子さんもいる。

    繝輔か繝・0008
    繝輔か繝・0011
    共通の友人も多く
    れんくんを楽しませるべくアンパンマン?も登場し
    披露宴はすごい盛り上がりだった。

    006
    マスヤシェフが出席で
    二番の大江シェフが新郎。

    005
    「今日の料理が心配です(笑)」

    そんな祝辞をしつつも
    頼まれてもいない歌を一曲歌い
    サプライズ的な発表をして結婚式に花を添える。

    繝輔か繝・0013
    言葉では表せないけど
    このキッチンオープンは感動だった。

    繝輔か繝・0017


    繝輔か繝・0019
    厨房チームもPJも大活躍だったな〜。

    010
    負けじと僕も
    新郎新婦の熱望(ホントです)により
    めでたやを熱演したのだった。

    015
    「おめでとう大江シェフとあやこさん」

    これからも共に成長しましょう!

    そして

    「これぞ、ラピスウェディング」

    と、呼ぶにふさわしいパーティーだった。

    繝輔か繝・0003
    担当のななこもホントによくやった!

    清々しい気持ちで名古屋に帰ったのだった。

    おそれず、変えていこう

    今日の愛知県地方は
    朝から荒れた天気に見舞われた。

    雨が激しく降ったり止んだりし
    風も吹いた。

    ところが昼前になると
    あっという間に青空が広がり
    柔らかな日差しが降り注ぐ
    気持ちの良い天気になった。

    「ならばどうする!担当ウェディングプランナーたち」

    おそらく挙式後にする予定だった
    ガーデンでのブーケトスやバルーンリリースは
    できなかったはず。

    写真も撮れなかったことだろう。

    ならば晴れ間がのぞいた瞬間に

    「よ〜し、チャンスだ」

    と、感じたかどうかが問題だ。

    気づいたとしても
    行動に結びつけられなかったら意味はない。

    ケーキカットをガーデンでするもよし
    デザートタイムはフルオープンにしてもいいのだ。

    それによって時間が5分10分伸びたところで
    何の問題もない。

    進行を自在に変えられるのが
    ブラスウェディングプランナーのいいところだ。

    「よし、いける」

    と、判断したなら

    「どんどん変えていこう」

    と、改めて言いたい。

    そしてウチの司会者たちも遠慮無用だ。

    担当プランナーが判断すべきことと
    司会者が変えていくことは一緒じゃない。

    「私の司会で、必ずいい結婚式にする」

    そんな気迫があれば
    当日にやれることは無数にあるし
    どんな言葉を選び取るかも変わってくる。

    通り一辺倒の司会しかできないならば
    ブラスの司会部に所属する資格はない。

    「共に、いい結婚式をつくる」

    すべてのスタッフは
    その思いを軸に集まって仕事をしているのだから。


    PS.
    土曜日のヴェルミヨンバーグ結婚式では
    「めでたや」を今週も演じる。

    3F7A9224
    「岐阜の結婚式場で働いてて、社長のファンなんです!」

    そんな嬉しいことを言ってくださるゲストに会う。

    そして今日は
    岐阜羽島のヴールノアールで

    「僕たちの結婚式には来なかったのに
    妹の式には来たんですね(笑)」

    IMG_5402

    そんな新婦の姉夫婦と再会を喜び合い
    晴れたガーデンで写真を撮ったのだった。
    __カレンダー見出し

    カレンダー

    月別アーカイブ
    __カテゴリー見出し

    カテゴリー

    __リンク一覧
    __その他