prev

next

123
  • __プロフィール
    __最新コメント見出し

    最新コメント

    最新コメント
    __新着記事見出し

    新着記事

    __ブラスグループ見出し

    ブラスグループ

    オリゾンブルー
    ラピスコライユ

    静岡県沼津市のゲストハウスウエディング「オリゾンブルー」

    オリゾンブルー

    _ラピスコライユ

    ラピスコライユ

    ラピスコライユ

    静岡・清水駅近くのゲストハウスウエディング「ラピスコライユ」

    ラピスコライユ

    _ブランリール大阪

    ブランリール大阪

    ブランリール大阪

    大阪駅・梅田駅近くのゲストハウスウエディング「ブランリール大阪」

    ブランリール大阪

    __ミエル ココン

    ミエル ココン

    ミエル ココン

    三重県津市のゲストハウスウエディング「ミエル ココン」

    ミエル ココン

    __ミエル シトロン

    ミエル シトロン

    ミエル シトロン

    三重県四日市市のゲストハウスウエディング「ミエル シトロン」

    ミエル シトロン

    __クルヴェット名古屋

    クルヴェット名古屋

    クルヴェット名古屋

    愛知県名古屋市のゲストハウスウエディング「クルヴェット名古屋」

    クルヴェット名古屋

    __ラピスアジュール

    ラピス アジュール

    ラピス アジュール

    静岡県静岡市のゲストハウスウエディング「ラピス アジュール」

    ラピス アジュール

    _ラピスアジュール RSS
    __マンダリンアリュール

    マンダリン アリュール

    マンダリン アリュール

    静岡県浜松市のゲストハウスウエディング「マンダリン アリュール」

    マンダリン アリュール

    マンダリンアリュール RSS
    __ヴェルミヨンバーグ

    ヴェルミヨンバーグ

    ヴェルミヨンバーグ

    愛知県 名古屋市 丸の内のゲストハウスウエディング「ヴェルミヨンバーグ」

    ヴェルミヨンバーグ

    ヴェルミヨンバーグ RSS
    __ブルーレマン名古屋

    ブルーレマン名古屋

    ブルーレマン名古屋

    愛知県名古屋市のゲストハウスウエディング「ブルーレマン名古屋」

    ブルーレマン名古屋

    __ルージュブラン

    ルージュブラン

    ルージュブラン

    愛知県一宮市のゲストハウスウエディング「ルージュ:ブラン」

    ルージュブラン

    ルージュブラン RSS
    __オランジュベール

    オランジュ:ベール

    オランジュ:ベール

    愛知県日進市のハウスレストラン「オランジュ:ベール」

    オランジュ:ベール

    オランジュベール RSS
    __ブルーブラン

    ブルー:ブラン

    ブルー:ブラン

    愛知県岡崎市のゲストハウスウエディング「ブルー:ブラン」

    ブルー:ブラン

    ブルーブラン RSS
    __ブランベージュ

    ブランベージュ

    ブランベージュ

    愛知県安城市のゲストハウスウエディング「ブラン:ベージュ」

    ブランベージュ

    ブランベージュ RSS
    __マンダリンポルト

    マンダリンポルト

    マンダリンポルト

    愛知県常滑市のゲストハウスウエディング「マンダリンポルト」

    マンダリンポルト

    マンダリンポルト RSS
    __ヴェールノアール

    ヴェールノアール

    ヴェールノアール

    岐阜県羽島市のゲストハウスウエディング「ヴェールノアール」

    ヴェールノアール

    ヴェールノアール RSS
    __ルージュアルダン

    ルージュアルダン

    ルージュアルダン

    愛知県豊橋市のゲストハウスウエディング「ルージュアルダン」

    ルージュアルダン

    ルージュアルダン RSS
    __アージェントパルム

    アージェントパルム

    アージェントパルム

    愛知県豊田市のゲストハウスウエディング「アージェントパルム」

    アージェントパルム

    アージェントパルム RSS
    __ミエルクローチェ

    ミエルクローチェ

    ミエルクローチェ

    三重県鈴鹿市のゲストハウスウエディング「ミエルクローチェ」

    ミエルクローチェ

    ミエルクローチェ RSS

    人生初のスピーチ

    僕は立場上、スピーチをする機会が多い。

    結婚式の主賓代表あいさつを筆頭に
    乾杯の音頭などなど。

    そして会社の様々な行事ごとに
    スピーチをしなければならない。

    多くの経験を積んだので
    そりゃ少しは上手くなっていると思う。

    「スピーチのコツを教えてください!」

    仕事柄、よく聞かれる質問だ。

    これに対するアドバイスはかなりある。

    が、技術的なことを伝えるには
    1時間の講義が必要だからそれはさておき
    昨晩気づいた大切なことを書きたい。

    夜のパーティーで僕の人生史上初の
    「英語でのスピーチ」をしたのだ。

    ま、僕は父の仕事の関係上
    海外生活が長かったので英語には不自由しない。

    というのは嘘で、父はタイヤ屋なので
    多くの日本人と同様にイングリッシュは苦手だ。

    それでも80名のゲストがいて
    その大半が外国人ならば
    僕の日本語でのスピーチから通訳の方の英語はNGだと思い
    思い切って英語でチャレンジしてみた。

    まずは日本語で原稿を書いた。

    そして先生(一応、英会話のレッスンは受けているので)に
    英訳してもらう。

    それにいろいろと手を加えていく。

    文をできるだけ短くして、話しやすいように(笑)

    問題はジョークだ・・・。

    アカデミー賞授賞式などのテレビ中継で英語のスピーチを聞くと
    必ず笑わせる部分があるし
    それが良し悪しを決めるポイントの一つだと思った。

    なんとかして
    「ウィットにとんだ、スピーチ」
    をするにはどうしたらいいか。

    依頼を受けてからこの五日間。

    原稿の作成から始まり
    間を取るところにスラッシュを引きまくった。

    そして何度も練り直して練習をしてきた。

    「スピーチの練習をこれだけやったのは人生初だナ」

    ブラス本社メンバーは
    社長室から聞こえてくる同じフレーズにヘキヘキしたことだろう・・・。

    ということでスピーチを成功するためにコツは

    「練習に尽きる!!」

    ごく当たり前のことに気づいたのだった。

    IMG_2610
    さて結果は・・・。

    「ファンタスティック!」

    外国の方は褒め上手なので
    どこまで伝わったかはわからないけど
    沢山のみなさんから握手を求められたので
    ヒジョーに気持ち良かった!

    クセになりそうなくらいに(笑)

    IMG_2618
    土壇場で入れたピコ太郎ネタ。

    「I have a E〜. I have a O〜」

    Woooo・・・・EO

    も、なんとかウケたし。

    IMG_2738
    ということでアジアを代表するEOメンバーが
    100名近く集まってのミーティングをウチの会場を中心に
    四日間に渡り名古屋で開催している。

    EO名古屋の発足が近いということで会場に選ばれたのだ。

    IMG_2764
    大村知事も駆けつけてくださり
    EO名古屋への協力を約束してくれた!

    IMG_2911
    EOオールジャパンのボードメンバーも
    こうしてコスプレで勢揃い。

    名古屋はコスプレの聖地ですから!

    グッドナイトでした。

    みなさんの協力に感謝、感謝です。

    マーケティング

    「マーケティングとは、なんぞや」

    と、聞かれて即答できる人は
    バリバリのビジネスマンでも案外少ないと思う。

    かくいう僕もその一人だ・・・。

    しかし、やっとその答えに出会った!

    「顧客の問題を発見し、その問題を解決すること」

    シンプルながらも本質を突いた答えだと思う。

    そして続きがある。

    「顧客が認識していない問題を発見すること」

    これが大きなポイントであり

    「その通りだ!」

    と、膝をたたいたところだ。

    結婚式業界に当てはめて欲しい。

    そう、まさに結婚式および結婚披露宴という商品は

    「顧客=新郎新婦が、認識していない問題ばかり」

    なのだ。

    いつもブログに書いていることだけど
    結婚式は人生で初めての買い物だ。

    そして人生最大の買い物の一つだと言えるほど高額だ。

    経験がなく高いモノを買うのは
    想像するだけで分かると思うけど難しい。

    例えば服。

    失敗したことがない人はいないと思う。

    若い頃失敗を繰り返して
    自分に合った服がわかるようになり
    だんだん買い物上手になると思うのだ。

    ところが結婚式は一度きり。

    「今回はイマイチだったけど、次はもっとがんばりますよ」

    僕らは口が裂けても
    そんなことは言えない(当たり前)

    さらにだ。

    半年から一年前に予約し
    キャンセルがほぼきかない特殊性もある。

    数え上げればまだまだあるのだけれど
    お客様にとっては、つくづく難しい買い物だと思う。

    まさに

    「顧客が認識していない問題が満載」

    の商品なのだ。

    ここをお客様にしっかりと説明し
    問題を共に考えて解決したうえで
    結婚式を大成功に導くことが僕らの仕事であり
    ブラスの存在意義だと信じている。

    マーケティングの意味が腹に落ちたので
    ブログに書きました!

    今年もスポーツ観戦するぞ

    北京オリンピックで
    女子ソフトボールチームが金メダルを獲得した。

    これを現地で生で観たこと
    僕の長いスポーツ観戦の歴史の中で
    一番の金字塔だと思う(自慢)

    「どうして、ソフトボールを?」

    それはウチのパートナー企業の女性カメラマンが
    代表チームの主将の伊藤幸子選手と
    学生時代チームメイトで親友だったからだ。

    その話を聞いて思わず

    「俺も行く!」

    と、即答したからこそ
    金メダルを獲得できたのだった(笑)

    金メダルの祝勝会でも「めでたや」をしたしね。

    今日はそんな縁のある伊藤選手の結婚式。

    IMG_0802
    そう、約束通り
    ウチの会場で結婚式を挙げてくれたのだ!

    「おめでとう!今度は指導者として、ぜひ五輪に」


    そして明日から全豪オープンテニスが始まる。

    錦織と我らが日比野菜緒が初日から登場するのだ!

    (メルボルンに行きたかったナ・・・)

    IMG_3679
    ブラスは昨年から
    日比野選手とスポンサー契約をしている

    今年からはユニフォームの胸に
    「ブラスのロゴマーク」がこうして入るのだ!

    「みなさんWOWOWを観て、応援しましょう!!」

    といってもオーストラリアは時差が少ないので
    昼間の試合が多いけど・・・。

    今年も世界で戦う日本人選手の活躍が楽しみです。

    予防歯科 2

    まずは歯科衛生士と医師がタッグを組んで
    しっかりと検査をした上で指導してくださることに驚く。

    このブログでも度々書いていることだけど
    僕は食後に必ず歯間ブラシを使う。

    IMG_3678
    朝晩はデンタルフロスも併用し
    万全の態勢だと思い込んでいた。

    その上ブラッシングは
    お風呂に入りながら毎晩20分だ。

    それでも衛生士さんからの判決?は・・・。

    IMG_3677
    「まだまだ甘かった・・・」

    というよりデンタルフロスの使い方と
    ブラッシングのやり方に問題アリだった。

    「でも河合さんの努力のあとは、歯を見ればわかりますよ」

    と、言ってもらったのは嬉しかったけど。


    さて、読者のみなさん。


    「この本がベストセラーになるくらい
    日本人の歯に対する常識は間違ってますよ」

    ぜひ自分の歯に対する認識を新たにして
    生涯自分自身の歯で食べられるように
    しっかりとケアをしましょう!

    IMG_1926
    先日本社メンバーには
    僕の愛用している歯間ブラシを配った!

    ランチ後に歯を磨いている社員に向かって

    「意味のないブラッシングはダメだぞ」

    嫌われながらも指摘しまくった。

    社員の健康維持は僕の重要な仕事の一つ。

    これからもビシバシ指導しますよ。

    予防歯科へ 1

    一年前に「本質を語る」と言うタイトルでブログを書いた。

    カンブリア宮殿と言うテレビ番組を見ての感想ブログだ。

    (内容はぜひクリックして読んでください!)

    日吉歯科診療所の熊谷崇(くまがいたかし)先生の
    歯科治療に対する考え方の素晴らしさ
    それを貫いてきた生き方に心を揺さぶられたのだ。

    あれから一年。

    とうとう探し求めた
    「予防歯科医院」に出会ったのだ。

    ま、こうして書くとずいぶん調べたような感じだが
    歯の定期検診を長くサボっていて
    切羽詰まったところに友人からのフェイスブックで
    開業したばかりの素晴らしい歯科医院を紹介してもらったのだ。

    しかもその佐藤歯科医院さんは
    家の近くにある!

    「よ〜し、50歳では手遅れかもしれないが
    一生自分の歯で食べ続けるために予防歯科へ通うぞ」

    すぐに電話予約をしたのだが
    開業したてというのにすでに大人気な様子。

    なんとか時間を合わせて年末に初診を受け
    今日は二回目の治療日だった。

    一回目は僕の歯の現状を医院のみなさんと
    僕が把握する為に様々な検査をした。

    なにしろ佐藤医院の方針は下記の通り。

    インフォームド・コンセントを重視した診療を行います。
    インフォームド・コンセントとは
    「十分な説明を受けた上での同意」という意味で、
    検査結果を分かりやすくしっかりと説明し
    患者さんの理解が深まった上で
    納得してから治療をスタートさせることです。


    十分に理解をしてからの治療スタートが
    まずは大きな特徴なのだ。


    パート2に続く・・・。

    おめでとう!智行&みほさん

    昨日はブラスの取締役であり
    我が弟でもある「ともさん」こと河合智行の結婚式だった。

    008
    1月にしては暖かな天候に恵まれた。

    「1月9日=一休の日を選んだのは、俺」(自慢)

    なかなか決まらない日時と場所を
    エイヤーであと押ししただけにホッとしたのだった。

    005
    朝から本社メンバーもブルーレマンへ行き新郎新婦とご対面。

    004
    そしてシェフたちとも。

    そりゃみんな、びっくりでしょ。

    新郎の智行さんは46歳(初婚)

    そして新婦みほさんは、27歳なのだ。

    「19歳も年下〜」

    011
    河合家にとっては待ちに待ったというより
    すでに結婚を諦めていた父母は感激もひとしおなのだ。

    015
    そして午後12時。

    遠くからも駆けつけてくださった
    多くのみなさんに見守られながら教会式へ。

    誠実な牧師の言葉が胸に響く。

    018
    なのに集合写真ではやっぱり出た!

    T(tomoyuki)M(miho)レボリューションだ。

    020
    TMポーズで写真を撮って
    レマンのテラスで120名のバルーンリリースへ。

    025
    その後のおつまみビュッフェも豪華!

    030
    「ブリしゃぶ」が登場するとは驚きなのだ。

    028
    その間に僕の家族とも一枚(末娘はお手洗い・・・)

    娘たちのおじさんの結婚式で子供花束を贈る夢は
    とうとう叶わなかったけどね(もう大人ですから)

    そして始まった披露宴。

    僕の役割は新郎側の主賓代表挨拶。

    031
    「新婦家のみなさま、大切に育てた娘さんの旦那が
    こんなおじさんでスミマセン」

    まずは兄として心から謝った(笑)

    「健康で長生きするするんだぞ」

    そして共に働く社長として
    一号店の頃から陰で支え続けてくれた部下であり弟でもある新郎に
    普段はなかなか口にできない心からの感謝の気持ちを述べたのだった。

    032
    乾杯隊は二人の出身地である
    愛知県稲沢市が誇る天下の奇祭「はだか祭」を再現!?

    036
    はだか男たちがドンペリニヨンを
    勇壮に注いだのだった。

    038
    鷲野総支配人の乾杯!

    039
    豪華シェフの競演によるキッチンオープンへ。

    今日の料理は、いつもにも増してスゴイ!

    042
    ケーキも三段だ〜。

    040
    「おいおい下野くん、押したらアカンだろ〜」(笑)

    043
    おじさんファーストバイトも微笑ましい。

    045
    新婦の祖母との中座に涙し

    046
    新郎中座のエスコート役は
    なんと義理の姉(つまり僕の妻)

    僕もこの話を聞いた時はホントに驚いたのだが
    二人の恋のキューピットが義理の姉なのだ。

    (新婦の母と友人なんです)

    ま、よくぞ紹介したと言っておこう。

    048
    リメイク入場はクラウンKとレマンのコラボダンス。

    050
    「お見事!」

    ビシッと矢が巨大バルーンに命中したのだった。

    053
    サプライズ登場のKさん。

    「来てくれて、ありがとう!!」

    055
    パートナー企業の面々も今日は勢揃いだ。

    「みんな、よく飲んでるな〜」

    059
    そしてパーティーのメイン?は達明バンド。

    「また社長かよ〜」

    058
    そんな声に負けじと
    僕も弟も大好きなサザンを共に熱唱し
    とうとう狩人(伝説の兄弟デュオです)の「あずさ2号」を花嫁に贈ったのだった。

    さて、始めに新郎新婦が宣言したとおり
    この披露宴は通常の2倍の時間を予定している。

    毎度のことながら、社員の結婚式は特にトコトンなのだ。

    064
    次のリメイクは稲沢で有名な美人三姉妹で。

    065
    新郎は母親を指名。

    「ウチのおふくろが喜んでて良かったナ」

    069
    今年、和装を押すブラスとしては取締役が率先して着ないとね!

    074
    そして15年前に一緒に働く切っ掛けになった
    「祝い餅つき・めでたや」を共に熱演。

    「田村先輩とガキちゃん、ありがとね〜」

    080
    本社からもスタッフが再び駆けつけ
    とうとうパーティーはフィナーレへ。

    おもてなしの料理の数々と
    新郎セレクトのワインに酔いしれた。

    最後の新郎挨拶を聞きながら
    人生はこんなに素敵な一日があるからこそ
    生きる価値があると思った。

    085
    「よかったな〜、ホントにホントに」

    087
    この重圧の中やり切った
    担当のレジェンド温子プランナーに最大級の賛辞を贈りたい。

    「素晴らしいプランニング&プロデュースだったよ」

    それぞれのパートナーさんの惜しみない協力と
    ブラスオールスタッフの働きに心からの感謝を。

    「みなさん、ありがとうございます」

    091
    「恩返しは仕事しかないぞ」(笑)

    僕もトコトン働き続けると宣言しているが
    これで智行さんも若き伴侶の為にもやり続けるしか道はない。

    092
    「みほさん、支えてやってくださいね」

    今年の目標2

    今年の目標一つ目は

    「もれなく、SMILE&TEARS」

    と、前のブログに書いた。

    そして二つ目はズバリ

    「生産性を上げる」だ。

    生産性を上げるためにどうすればいいのか。

    それを考えて実行するのが
    僕を含めたブラスリーダー陣の重要な仕事なのだ。

    「では、お客様との打ち合わせを4回にしましょう」

    これは決定的に生産性が上がるように見えて
    ブラスが一番大事にしている理念に反する。

    短期的には生産性は上がるだろうけど
    長期的な目で見ると生産性が下がる。

    「では、イチから手作りの料理をやめて
    既製品を使いましょう」

    これもウチの誇り高いシェフたちが言い出すはずがないけど
    実施すれば短期的にはよくても長い目で見るとダメだ。

    では、なにをすればいいのか?

    今日も経理部長と話し合ったことがある。

    どの会社にも共通して言えることだが
    ITを駆使して徹底的に生産性を上げることができるはず。

    時にアナログが有効な場合もあるけど
    ココに思い切った投資をすれば生産性は劇的に上がってゆく。

    大きな投資から小さなカイゼンまで。

    生産性を上げることを念頭に
    この一年は力を注ごうと思う。


    PS.
    名付け親には最高の栄誉を!

    店名は社員からの公募で決めているから
    ブラス各店にはそれぞれに名付け親がいる。

    IMG_0621
    7月にオープンする
    静岡市清水区の「ラピスコライユ」の名付け親がこの二人。

    ベージュの今村プランナーは名付けの名手だ。

    そして新人ながら熊プランナーは栄誉を勝ち取った!

    僕が自ら選んだ
    豪華バッグを贈ることが伝統なのだ。

    IMG_6661
    2016年8月〜2017年7月までの
    今期のスローガンを考えたのが広報部のタニムこと谷村。

    「ブラス・アモーレ!」

    同じくバッグを贈り、栄誉を称えたのだった。

    次の新店発表はいつ。

    「早く、早く発表したいぞ!!」

    新年祭 2017

    4年ぐらい前までは新年のご祈祷を
    ブラス二号店オランジュベールに全社員が集合して行っていた。

    そして「白山宮」という由緒正しき神社へ初詣に行った。

    「おみくじ引いて、たこ焼き食べて、楽しかったな」

    IMG_2407
    今やそれを復活することはできないけど
    新年のスタートを何とかせねばと思いつつ
    今年も支配人と料理長が集まり新年祭をした。

    IMG_2426
    名物宮司であると思われる安田さんに
    ハウスウェディング事業を始めてから毎年お願いしている。

    安田さんの地の底から絞り出すような声でのご祈祷が好きだ。

    これを聞くと、毎年気合が入る。

    IMG_2470
    さて、昨年大けがをした安田さん。

    「すべてがいい経験でした。人生に無駄なことは何一つないのです」

    経験談を聞き、身が引き締まる。

    そしてそのままブラスリーダー陣へ今年の決意表明をし
    やるべきことを二つ発表した!

    IMG_2486
    「もれなく、SMILE&TEARS」

    昨年の「もっとSMILE&TEARS」に引き続き
    その進化版なのだ。

    なにが「もれなく」なのか。

    これを各店に帰って、しっかりと話し合って欲しい。

    これを克服すれば

    「それぞれの新郎新婦にとって最高の結婚式」

    が、さらにグレードアップするはず。

    いい結婚式をつくる旅に終わりはないけど
    今年はこの課題を胸に毎週の結婚式に挑みたい。

    二つ目の目標は来週書きます!

    生産性を上げる

    「生産性を上げる」

    これは僕が声を大にして言うまでもなく
    日本の大きな課題だ。

    昨年あたりから様々なメディアで
    生産性について取り上げられているから
    ビジネスマンなら関心があるはず。

    特に「残業問題」については
    電通の悲痛な事件もあり
    もう待ったなしの解決を迫られている。

    僕もこれは来年の大きな課題にせねばと
    年末から考え続けていた。

    そんな中、参考になったのがこの本たち。


    「日本はサービス業の生産性が悪すぎる」

    僕はそんな馬鹿なと思っていたが
    この本を読んだあとに
    その視点でサービス業全体を見渡すと納得せざる得ない。

    そしてサービス業の経営者として
    何とかしなければと闘志が沸いてきた。


    次にウチの主婦社員の奮闘を見ていて
    どうすればいいのかと思い、手に取った本がコレ。


    「生産性を高めれば、自分の時間ができる」

    新人時代から中堅社員へ。

    そして結婚式して父になり、母になる社員も多くなってきた。

    それぞれの時代の働き方があり
    それを受け入れる会社である為にどうすればいいのか。

    「生産性を高める以外に方法はない」

    そう確信した。

    では具体的にどうすればいいのか。


    「成長することは、生産性が上がること」

    ハッキリと書いてある。

    そしてリーダー陣の仕事は

    「チームの生産性向上のために、リーダーシップを発揮すること」

    だと喝破している。

    明日は今年初の支配人会議。

    「絶対に生産性を上げるぞ」

    と、熱く語ろうと思う。

    あけましておめでとうございます 2017

    元旦の空は青い。

    子供の頃の記憶をたどると

    「澄んだ青空に凧」

    そんな情景が思い浮かぶ。

    「凧揚げは、下手だったな・・・」

    実家の回りは田んぼだらけだったので
    幼い弟に凧を持たせて何度も挑戦した。

    しかし、凧が正月の空に舞いあることは
    一度もなかった(笑)

    IMG_3666
    伊豆という温暖な地にいることもあり
    非常に爽やかな元旦の朝だ。

    「あけましておめでとうございます」

    初詣は神社が基本だと思っていたが
    元旦の修善寺は多くの参拝客で賑わっている。

    IMG_3669
    「初詣は大吉しか引かない!」

    人生初のお寺での初詣でも
    キッチリと大吉を引き当てたのだった(自慢)

    2017年はブラス創業19年目の年であり
    ハウスウェディング事業を始めて14年目の年だ。

    人に例えれば
    「まだまだ青春時代真っ盛りの会社」
    であることは間違いない。

    それでも今年は

    「それぞれの働き方を変える年」

    にしようと決意している。

    具体的な策もたくさんある!

    そして今年は
    もう一つ上の目標を達成しなければならない大切な年。

    「今年もやるぞ〜」

    ということで連載?13年目に突入して
    週休3日で書き続ける予定の河合ブログを
    今年もよろしくお願いします。

    大晦日の夜に 2016

    伊豆の修善寺温泉にいる。

    僕にとって「温泉+読書=最高の休日」だ。

    ココで読もうと思って持ってきた
    一番好きな作家宮本輝の新作を読み始めて驚いた。


    「伊豆の修禅寺温泉の近くにある病院を出ると・・・・・」

    そんな文章で始まっている。

    主人公が泊まっている温泉宿がどうやら僕と同じだ。

    「輝先生もここに泊まって着想を得たのかな」

    IMG_3660
    温泉につかりながら至福の時を過ごす。

    で、今年も紅白を見ながらブログを書いている。

    「一年間河合ブログを愛読?いただき
    誠に、誠にありがとうございます!」

    年々更新頻度が落ちておることは否めないけど
    なんとか週休三日で書き続けることができた。

    それもこれも、読んでくださるみなさんのお蔭なのだ。

    それにしてもいい年だったナ。

    なんといっても3月9日に上場を果たしたことは
    僕の人生最大の出来事だと思う。

    「上場して、変わったことは何ですか」

    一番よく聞かれる質問だ。

    「ハイ、毎日株価をスマホでチェックして
    ひとり言を言うようになりました・・・」

    毎日の株価に一喜一憂してもしょうがないけど
    社長としての意識が変わってきたことは確か。

    それでも

    「長期にわたって利益を上げ続ける」

    それが僕の仕事であり使命だと信じ
    遥か先を見据えながらも一年一年を大事に精進したい。

    IMG_3663
    ここ数日考え続けた来年の目標も決まったし
    年越しそばも食べた(エビ入り)

    来年もやるぞ!

    「みなさんも、よいお年をお迎えください」

    大納会

    今年の年末はすこぶる体調がいい。

    年末恒例の「リーダー陣との忘年会」で
    2年連続して体調不良だった。

    「社長、今年こそ万全でお願いします」

    若手に強く言われていて
    体調管理に余念がなかったからだ。

    しかし、逆に元気が良すぎた・・・。

    記念写真を撮ることもできないほど盛り上がりすぎて
    「マーライオン」が続出したのだった(笑)

    そして絶対につぶれないメンバーと深夜の街をさまよい
    最後は焼肉まで食らい面目を保ったのだった!

    それで翌30日は
    東京証券取引所の「大納会」に出席した。

    この大納会の様子はよく報道されるので
    テレビのニュースで見たことがある人も多いと思う。

    今年上場した企業の代表者のみが招かれるということで
    喜んで参加することにした。

    ゲスト参加の伊調馨さんとクマもんが東証の鐘を鳴らし
    全員で三本締めをして厳粛な大納会は終わった。

    そのあとの懇親会では
    上場時にお世話に東証の方とも再会し語り合う。

    そしてこの中にはEOメンバーが5人もいる。

    IMG_3657
    一年間に5社も上場企業を輩出したのだ!

    上場前はいろいろと相談し合っていただけに
    感慨深い。

    「上場してホントに良かったね」

    それでもここがスタートラインだと誓い
    様々な情報交換をしたのだった

    おめでとう!ゆうじ&じゅんこ

    21
    昨日は豊橋のルージュアルダン副支配人であり新卒5期生の
    「もり子」こと森本淳子の結婚式だった。

    19
    年末だからこそやれる結婚式がある!

    20
    朝からこんなにも大勢のスタッフが集まり
    最高の結婚式をつくるべく気合いを入れる。

    40
    そしてアルダンのガーデンには
    もりこが担当したお客様が続々とやって来る!

    「さすが、150件プランナー!」

    岐阜羽島で3年半、ここで4年。

    一組ひと組に熱い情熱を注いできたその姿勢は
    後輩に多大な影響を与えてきた。

    まさにウチを代表するプランナーのひとりなのだ!

    34
    今日のテーマのひとつは「家族の絆」

    対面式から人前結婚式へとつながる
    家族への想いが僕たちゲストに伝わってくる。

    82
    「ちょっと寒いけど、ガーデンで盛り上がりましょう!」

    75
    冬の澄んだ青空をバックに二人の笑顔が弾ける。

    79
    そしてやっぱり出た!
    アルダン名物「ピジョンリリース」を
    PJ(アルバイト諸君です)たちが放つ。

    83
    集合写真でピコ太郎も地味に登場したし・・・。

    84
    5期生もこうして勢揃い!

    86
    ビールとおつまみビュッフェ。

    さらにスープビュッフェまで用意するとは
    さすがアルダン厨房チームだ。

    96
    今日の出番は乾杯と言えばこの方。

    「長渕剛さんです」

    半年前に披露した「さだまさしバージョン」も
    新開発した「松山千春と玉置浩二と浜田省吾バージョン」もあるのだが
    なかなか発注が来ないのが残念だ(当たり前)

    98
    続いてのスピーチでは「重大発表」をして
    会場は静まり返ったのだった(おめでとう)

    103
    そして披露宴が始まる。

    「今日も夕方まで盛り上がりましょう」

    105
    三人のシェフからのメニュー紹介があり

    106
    二人が出会ったスイミングスクールを表現した
    「ウォーターボーイズ・キッチンオープン」だ。

    幼いころにプールで出会った二人。

    120
    選手コースで共に泳いだ仲間と
    鬼コーチとのエピソードに笑って泣く。

    水泳という競技は個人競技でありながら
    プールという舞台の中で苦楽を共有する
    団体競技でもあると思う。

    126
    もり子と長く一緒に働く
    二人のパティシエから渾身のウェディングケーキが届く。

    123
    最前線で盛り上げる僕を後ろから押したのは誰だ〜(笑)

    130
    そしてこれもアルダン名物「ファーストバイト隊」の登場。

    愛弟子たちがビシッと決める(さすが)

    134

    138
    兄弟愛に感動して二人は中座。

    145
    後半は和装で登場!

    ウチのプランナーの和装率はほぼ100%。

    「もっと和装をお勧めしましょう!」

    147
    という仕事の話はさておき
    ダンス部と同期チームが入場をサポートする。

    151
    これもプランナー発注率トップの演出だ。

    「ハイ、今日もがんばりました!!」

    159
    デザートビュッフェを楽しみながら日が暮れてきた。

    夜景を楽しめるのもアルダンの自慢なのだ。

    160
    産休明けの司会部リーダー
    松本のインタビューはもはや名人芸だ。

    161
    「いい結婚式だった、ホントによかった」

    175
    「おめでとう!ゆうじ君ともり子」

    もり子は結婚しても
    天職であるウェディングプランナーの先駆者として
    この仕事の素晴らしさを世に広め続けて欲しい。

    ま、でも焦らずにね。

    181
    もり子の強い希望により
    この日限りのプランナー復帰をした本社の南もホントによくやった!

    プレッシャーもあったと思うけど
    その姿を後輩たちがしっかりと見ていたはず。

    こんな動きができるのもブラスの強さだと思う。

    182
    夜にはもり子が担当したお客様がさらに大勢やってきた。

    ウェディングプランナー冥利に尽きるシーンの数々でした。

    ラピスコライユ 地鎮祭

    今日は朝から新幹線に乗り、静岡市へ行く。

    静岡駅に停車する「ひかり号」は一時間に一本だから
    乗り遅れるわけにはいかない。

    名古屋駅のコンコースを猛ダッシュして
    ひかり号に飛び乗り静岡駅で降りる。

    「やっぱり暖かいな〜」

    静岡県の中でも静岡市は特に温暖な地域なのだ。

    ちょっと調べてみた。

    「日本で雪が降らない県はどこかな・・・?」

    1番は当たり前だけど、沖縄県。

    2番は予想通り、宮崎県。

    そしてなんと、3番目が静岡県なのだ!

    10年間で雪が降った日は驚くなかれ
    たったの18日。

    ちなみに愛知県は154日もあるから
    その差は歴然だ。

    海の幸にも山の幸にも恵まれてて
    その上で富士山がある。

    静岡はものすごい県なのだ。

    そんな静岡県静岡市の清水区に
    来年7月にオープンするのが
    ブラス18号店のラピスコライユだ

    DSC01838
    今日は地鎮祭。

    この土地をブラスに託していただいた
    みなみなさまに感謝をして共に工事の無事を祈る。

    「このメンバーなら、大丈夫!」

    guest_img
    清水駅前に緑あふれる美しい会場が7月に完成する。

    いくら経験を積んだプロ集団とはいえ
    一つの建物を完成に導くことは簡単じゃない。

    「凡事徹底」

    大きな横断幕がテントに張ってあった。

    ひとり一人が一日の仕事をキッチリとする。

    無事に完成するということは
    その積み重ねでしかない。

    「ゼロから7カ月で会場を作り上げる建設の仕事に比べて
    僕たちサービス業はどうなのか?」

    それぞれの仕事に置き換えてみると
    甘さを感じずにはいられない。

    「来年は生産性をグッとあげるぞ!」

    このところの課題がさらに明確になったのだった。

    DSC01841
    「頼むぞ!コライユチーム」

    加藤ジョイ支配人と大江シェフを中心に
    この地で最高の結婚式をつくるのだ。

    DSC01843
    「本社からもたくさん来たね〜」

    会場をフルサポートする本社スタッフの充実も
    今のブラスの強みなのだ。

    FullSizeRender

    IMG_3651
    そして全員で鰻を食し
    コライユの船出を祝ったのだった!

    ランチに鰻。

    僕の中で世界一です。

    クリスマスイヴ 2016

    今年のクリスマスイヴは土曜日。

    例年にも増して街は賑わっている。

    イルミネーションも年々進化していて
    クリスマス気分に華を添えている。  

    ギュッと冷え込んだので
    カップルたちがイチャイチャしている姿も微笑ましい。

    「結婚式はブラスでお願いします」

    僕は今日名古屋駅前で
    500組近くのカップルに声を掛けた!

    というのは嘘だけど
    潜在顧客が目の前に大勢いるのを見ると
    何かを仕掛けたくなることも確かだ。

    それはともかく
    ブラス各店は今日も懸命に働いた!

    毎度同じことを書くけど

    「大勢の人々に楽しんでいただく為に
    働くサービス業のみなさんは素晴らしい!」

    自画自賛にもなってしまうけど
    支えている人々がいればこそのクリスマスイヴなのだ。

    ならば「サービス業界=ブラック企業」

    そんなレッテルを張られては困る!

    働く人々がいなくなれば
    いいサービスができなくなる。

    すると当然だけど
    お客様は満足のいくサービスが受けられない。

    益々サービス業全体が落ち込んでゆくのだ。

    どうすればいいのか?

    「アルバイトの時給がハネ上がってます」

    そんな声を聞く。

    「いいことじゃない!」

    アルバイト諸君の時給が上がれば
    必然的に社員の給料も上がる。

    給料を上げるためには、もっと儲けるしか道はない。

    ではどうすればいいのか?

    「それを考えて、実行して、結果を出すのが経営者の役目だ」

    そう、それが僕の仕事なのだ。

    人々が楽しむ時に働く
    サービス業の待遇を良くする。

    これは日本経済を活性化する為に
    重要なことの一つだと僕は思う。

    「結果を出すぞ!!」

    そんな思いを強くしたクリスマスイヴでした。


    PS.
    夜は創業の地である
    一号店のルージュブランでクリスマスディナーに参加した。

    IMG_3646
    「板さん、奇跡の復活おめでとう!」

    笑う門には福来る。

    どんなに苦しくとも
    いつも笑って苦境をに乗り切った姿に感動した。

    そして共にルージュチームのディナーを楽しんだのだった。

    Pict0060j
    それにしても14年前に出会った
    この住宅展示場がここまで進化するとは。

    感謝の気持ちを忘れてはいけませんね。
    __カレンダー見出し

    カレンダー

    月別アーカイブ
    __カテゴリー見出し

    カテゴリー

    __その他