prev

next

123
  • __プロフィール
    __最新コメント見出し

    最新コメント

    最新コメント
    __新着記事見出し

    新着記事

    __ブラスグループ見出し

    ブラスグループ

    オリゾンブルー
    ラピスコライユ

    静岡県沼津市のゲストハウスウエディング「オリゾンブルー」

    オリゾンブルー

    _ラピスコライユ

    ラピスコライユ

    ラピスコライユ

    静岡・清水駅近くのゲストハウスウエディング「ラピスコライユ」

    ラピスコライユ

    _ブランリール大阪

    ブランリール大阪

    ブランリール大阪

    大阪駅・梅田駅近くのゲストハウスウエディング「ブランリール大阪」

    ブランリール大阪

    __ミエル ココン

    ミエル ココン

    ミエル ココン

    三重県津市のゲストハウスウエディング「ミエル ココン」

    ミエル ココン

    __ミエル シトロン

    ミエル シトロン

    ミエル シトロン

    三重県四日市市のゲストハウスウエディング「ミエル シトロン」

    ミエル シトロン

    __クルヴェット名古屋

    クルヴェット名古屋

    クルヴェット名古屋

    愛知県名古屋市のゲストハウスウエディング「クルヴェット名古屋」

    クルヴェット名古屋

    __ラピスアジュール

    ラピス アジュール

    ラピス アジュール

    静岡県静岡市のゲストハウスウエディング「ラピス アジュール」

    ラピス アジュール

    _ラピスアジュール RSS
    __マンダリンアリュール

    マンダリン アリュール

    マンダリン アリュール

    静岡県浜松市のゲストハウスウエディング「マンダリン アリュール」

    マンダリン アリュール

    マンダリンアリュール RSS
    __ヴェルミヨンバーグ

    ヴェルミヨンバーグ

    ヴェルミヨンバーグ

    愛知県 名古屋市 丸の内のゲストハウスウエディング「ヴェルミヨンバーグ」

    ヴェルミヨンバーグ

    ヴェルミヨンバーグ RSS
    __ブルーレマン名古屋

    ブルーレマン名古屋

    ブルーレマン名古屋

    愛知県名古屋市のゲストハウスウエディング「ブルーレマン名古屋」

    ブルーレマン名古屋

    __ルージュブラン

    ルージュブラン

    ルージュブラン

    愛知県一宮市のゲストハウスウエディング「ルージュ:ブラン」

    ルージュブラン

    ルージュブラン RSS
    __オランジュベール

    オランジュ:ベール

    オランジュ:ベール

    愛知県日進市のハウスレストラン「オランジュ:ベール」

    オランジュ:ベール

    オランジュベール RSS
    __ブルーブラン

    ブルー:ブラン

    ブルー:ブラン

    愛知県岡崎市のゲストハウスウエディング「ブルー:ブラン」

    ブルー:ブラン

    ブルーブラン RSS
    __ブランベージュ

    ブランベージュ

    ブランベージュ

    愛知県安城市のゲストハウスウエディング「ブラン:ベージュ」

    ブランベージュ

    ブランベージュ RSS
    __マンダリンポルト

    マンダリンポルト

    マンダリンポルト

    愛知県常滑市のゲストハウスウエディング「マンダリンポルト」

    マンダリンポルト

    マンダリンポルト RSS
    __ヴェールノアール

    ヴェールノアール

    ヴェールノアール

    岐阜県羽島市のゲストハウスウエディング「ヴェールノアール」

    ヴェールノアール

    ヴェールノアール RSS
    __ルージュアルダン

    ルージュアルダン

    ルージュアルダン

    愛知県豊橋市のゲストハウスウエディング「ルージュアルダン」

    ルージュアルダン

    ルージュアルダン RSS
    __アージェントパルム

    アージェントパルム

    アージェントパルム

    愛知県豊田市のゲストハウスウエディング「アージェントパルム」

    アージェントパルム

    アージェントパルム RSS
    __ミエルクローチェ

    ミエルクローチェ

    ミエルクローチェ

    三重県鈴鹿市のゲストハウスウエディング「ミエルクローチェ」

    ミエルクローチェ

    ミエルクローチェ RSS

    我らのヒーロー

    今年のブラスの慰安旅行の行先は
    「北陸」に決まった。

    4月の新入社員歓迎温泉旅行で発表し
    全社員から落胆のため息が出た・・・。

    09
    「おいコラッ、北陸をなめたらアカンぜよ」

    本社幹事チームはすでに
    様々な企画を立て準備に余念がない!

    そして早くも福井の永平寺へ
    お笑いの刺客を送っていたのだ。

    IMG_4116
    「修行僧に成りすますとは
    さすが板さん!!」

    慰安旅行でのサプライズ登場と言えば
    板さんの右に出る社員はいない。

    しばらく療養していたが
    7月には全開で僕らを笑わせてくれるだろう。

    「板さん、僕らの為に修業してくださいね〜」


    PS.
    今日は絶景のリゾート地を視察。

    IMG_4118
    「ココしかない!」

    大きな一歩を踏み出した。

    これも乞うご期待!!

    おめでとう!耕太郎と理穂さん

    「支配人になってから、結婚するんだ!」

    と、励まし続けてきた
    ブルーレマン名古屋所属の鈴木耕太郎プランナーが
    この春支配人に昇格した。

    0010
    そして日曜日に最愛の彼女と結婚式をした。

    0009
    場所はもちろんブルーレマン。

    朝から沢山のレマンメンバーが集まり
    最高の結婚式をする為に心を一つにする。

    0016
    そして始まった人前式は
    お母さんからの手紙がゲストの胸を打つ。

    0018
    集合写真は担当プランナーであり
    耕太郎の愛弟子である水田が魅せた。

    「空前絶後の本家より、おもしろいわ」

    0021
    耕太郎が担当した夫婦も
    こうして大勢駆けつけてくださった!

    「プランナー冥利に尽きるぞ、耕太郎」

    0022
    そして披露宴開始。

    0025
    今日は耕太郎の熱望?により
    長渕新バージョンを披露した!

    「我ながら、アッパレ!」かな・・・。

    0028
    乾杯の音頭は
    新人時代から手塩にかけて育ててきた
    西川支配人が綿密な演出で魅せた!

    0030
    耕太郎の同僚であり親友の後藤支配人と
    なぜか江端が新郎新婦のお姉さんとサプライズ登場し
    会場は大いに沸く!

    0032
    乾杯からは耕太郎の為にシェフチームが作る
    スペシャル料理の数々をじっくり味わう。

    0034
    支配人を慕って集まった
    スーパーPJチームも負けてない!

    0035
    耕太郎の地元である
    埼玉からはるばる来てくれた友達の為にも
    一段とサービスに気合いが入る。

    0040
    ケーキは二人の好きな「温泉ケーキ」

    まさに「入湯」なのだ。

    0047
    サンクスバイトはなんと
    耕太郎の育ての母である温子プランナーへ。

    0048
    後半は和装入場。

    和装姿も凛々しい耕太郎と理穂さんは
    ホントにお似合いだ。

    0053
    和装とくれば「めでたや」

    今日は一段の熱の入った
    パフォーマンスができたと思う。

    0056
    そして後半の見せ場は
    「名古屋ビュッフェ」だ!

    0057
    特製ナナちゃん人形の向こうには
    名古屋メシがズラリと並ぶ。

    埼玉から名古屋に来て5年。

    0060
    名古屋ラブが埼玉の親族と友人にも
    きっと伝わったはずだ。

    0066
    耕太郎の涙とキャンドルの炎と共に
    パーティーはおひらきへ。

    0068
    「いい結婚式だったぞ、耕太郎」

    0074
    同期の4人は
    これからのブラス支配人のお手本になるはず。

    「頼むぞ、9期のメンズチーム」

    0075
    担当の水田プランナーは
    ホントによくやった。

    「獅子奮迅の働きだったぞ!」

    耕太郎はこの日の感謝の気持ちを胸に
    このレマンをさらに素晴らしい会場へと導いて欲しい。

    「理穂さんもどうか
    耕太郎を支えてやってくださいね」

    素晴らしい結婚式でした〜。

    仲間探し

    ワンピースを持ち出すまでもなく
    「仲間探し」はカンタンじゃない。

    ルフィほどのリーダーシップを持っていても
    あれほど苦労するのだ。

    ちなみにワンピースは読んでないから
    大ファンの娘からの受け売りだけど・・・(笑)

    「パパ、すごい感動するよ!」

    と言われても

    「だって主役たちは海賊だから、泥棒軍団でしょ」

    そんな返事を読んでない僕が言うのは
    ファンに失礼だ(当たり前)

    なのでやや強引ではあるけど
    「結婚相手」を探すことは
    もっと難しいのは当然のこと。

    ブラスが結婚相談所や
    ネットでのマッチングビジネスを展開する予定は
    今のところない。

    だけど出会いの場はなんであれ
    人と人の縁は偶然であり運命的なものでもある。

    ネットで広がりを見せているマッチングシステムが
    「出会い系」というやや暗いイメージから
    ごく当たり前の出会いの一つになればと願う。

    で、出会いと言えば就活もその一つ。

    春の新卒採用活動が大詰めを迎えている。

    そして来週はいよいよ
    僕が担当する最終面接だ。

    毎年思う。

    「希望する企業に行けば人生バラ色で
    たまたま受かった会社に行くと苦難の日々が始まる」

    そんなワケない。

    人の人生のほとんどは偶然であり
    成功も失敗も後にならないとわからないもの。

    「自分の出会いを信じて
    面接ではそのままの自分を出せばいい」

    僕も「僕の決断が人生を変える」
    などと偉そうなことを考えず
    就活生諸君の心意気をガッチリと受け止める。


    PS1.
    仲間探しと言えば僕が主宰する
    EO名古屋メンバー募集

    「来たれ、ナゴヤの起業家たち」

    今もまだ大募集してます!!

    PS2.
    「スガシカオ主宰・東海地区かけすぎ部」も
    まだまだ絶賛募集中!

    IMG_4105
    スガ部長のスガフェスでも
    大いに盛り上がりました。

    会議について

    それぞれの会社で会議のやり方がある。

    「長時間の会議は無駄」
    という風潮があり

    「いやいやウチは一日中やりますよ」
    長時間会議にこだわる会社もある。

    長くとも短くとも
    充実した時間を参加メンバーでつくり
    決めるべきことをビシッと決められれば
    いい会議だと思う。

    当然ながら、議長の役割は大きい。

    結婚式の司会者さながらに
    時間の管理をしながら会議を進め
    参加者に発言を求めていく。

    「発言を求める」

    これが重要なのだ。

    「発言をしない会議など
    参加する価値がない」

    発言をしようと思ってないと
    頭の中が会議以外のことで占められていくし。

    「今晩、なに食べようかな」

    会社員時代に自分自身が経験してきただけに
    表情を見ていればすぐにわかる。

    議長が指名をして発言を促すのも大事だが
    若手は特に遠慮している時じゃない。

    そう

    「どんどん口を挟もう!」

    意見があるならアピールすべきだろう。

    できる限り早口で
    機関銃のように話せば時間の節約にもなるし
    自分自身の訓練にもなる。

    会議で話が遅い人は
    全員の時間を奪いますから。

    ま、考えているフリをして
    まったく考えていない中堅社員は
    会議に一番参加して欲しくないですけどね。

    しっかりとした準備をして
    発言が飛び交う活気あふれる会議をしよう!!

    プレゼントブログ 一部上場記念

    一部上場を記念して
    ブログ読者の皆さんに感謝の気持ちを込めて
    プレゼントをしようと決めていた。

    「もちろん今回も、プレゼントありですよね!」

    そんな声もわずかながらブログファンから
    聞こえてきたし。

    ところがあっという間に月日は流れ
    ゴールデンウィークも明けてしまった・・・。

    「いかん、早くしなくては」

    ということで

    「東証一部&名証一部への
    ダブル上場記念プレゼントをします!!」

    賞品は毎度のことながら
    社員全員が持っている「上場記念グッズ」

    今回は「4月7日=横綱上場」ということでコレを作った。

    IMG_3615
    「意外に好評なんです」

    お掃除する時や整理整頓をしたい時など
    サッとこれを装着するだけで
    作業がグングンはかどるのだ。

    0572
    「案外、カッコいいでしょ!」

    さて、応募はカンタン。

    このメールアドレスに住所と氏名を書いて送るだけ!

    brasspresent@yahoo.co.jp

    できれば「激励の言葉」でも添えていただくと
    ムチャクチャうれしい。

    締め切りは5月19日(金)

    ちなみに賞品が届いたら当たりで
    届かなかったらハズレです。

    「大丈夫、余分に作りすぎたので
    応募すれば当たるはずです」(笑)

    うれしいことに今までのプレゼントグッズを
    すべて持っている夫婦もいる。

    ちなみに応募は
    ブログ読者であれば社員の家族でも友人でも
    もう誰でもOKです。

    沢山の応募を待ってます!

    サービス業に愛を

    ゴールデンウィークは天候にも恵まれ
    ブラス各店は大いに賑わった!

    ブラスメンバーはひと組たりとも気を抜くことなく
    チームで仕事をやり切ったと思う。

    お客様の笑顔の為に!

    これは「サービス業が好きな人」
    の本能だと思う。

    もちろんそれは僕らだけじゃなく
    GWに働くすべての人たちに言えること。

    どの行楽地も大混雑だし
    それを支える駅やお店もテンテコ舞いだ。

    そんな時に駅員さんや店員さんに
    文句を言っている人を見かけると悲しくなる。

    普段ならともかく
    どう見ても人手不足だし大変そうでしょ・・・。

    「人々が楽しむGWに
    それを支えるべく働く人たちにリスペクトを」

    そんなことを感じながら
    東へ西へ僕も飛び回った。

    tm_1689
    結成20周年を間近に控えた
    「祝い餅つき・めでたや」のパフォーマンスも
    自分でいうのもなんだが円熟の境地だ。

    tm_1684_
    そしてこれも自分でいうのもなんだが

    「どんな披露宴だろうと、必ず盛り上げます!」

    なのに、どうして売ってくれない
    ブラスのウェディングプランナーたち・・・。

    ちなみに「めでたや」はブラスの会場だけでなく
    依頼があればどの結婚式場へも行く!

    このブログを読んでくれているであろう
    他社のプランナーのみなさん。

    「ご指名とあらば、僕自身が行かせていただきます」

    ずっと活動を共にしている
    めでたやメンバーの仕事がないのも困るし。

    みなさん、よろしくお願いします。

    考えて、判断しよう!

    バルセロナから無事に帰り
    ゴールデンウィーク結婚式を見続けている。

    「お〜い、みんな。すっかり春というより初夏だぞ。
    ガーデンを大解放するシーズン到来だよ!」

    どんな場面でも
    いかにゲストが気持ちよく過ごせるかを考えて欲しい。

    「ルーティンで決めるのではなく
    その日のコンディションと状況を見極めて判断するんだ」

    BGMを担当するプランナーもそう。

    慣れてくると、ついつい同じような構成になる。

    「ここは落ち着いた音楽が適していると思うけど
    どう思う?」

    常にハイテンションのBGMは、疲れる。

    「自分が友人席に座っていたら
    今の状況ならどの音量がいいかな」

    想像しよう!

    考えて、判断して、間違ったなら次につながる。

    「な〜にも考えないで
    ただやってるだけでは一歩も成長しないぞ」

    現場で感じたことは
    新人だろうがベテランだろうが一切遠慮せず指摘する。

    そして僕の予想を超えた時は
    全力で褒めてあげたい。


    PS.
    IMG_0553
    今日のオランジュベール結婚式は
    オープン当時のPJ(学生アルバイト)が帰ってきた!

    「く〜ちゃん、おめでとう!」

    歴史を重ねた会場では
    この春続々と卒業PJが帰ってきている。

    担当プランナーも司会者も当時の仲間が務め
    当時の仲間も駆けつけてた!

    幸せな気持ちで一杯になりました。

    バルセロナより愛を込めて vol.5

    世界中でウェディングドレス展示会が行われている。

    中でも春のミラノと秋のニューヨークが
    最大級であり人気もダントツだ。

    そこへバルセロナが割って入ろうと
    大きな展示会を企画したのが今回のイベント。

    なので主催者も非常に気持ちが入っていて
    日本から来た数少ないバイヤーである僕たちを
    大歓迎してくれている。

    IMG_4093
    日本からはスペイン大使館の
    担当社員さんも来ている。

    そしてランチミーティングにも招待された。

    「どうしたら、もっとスペインのドレスを
    日本のみなさんに知ってもらえますか?」

    僕らの意見を真剣に聞こうとする姿勢に驚く。

    こんな経験は百戦錬磨の他店のバイヤーさんも
    初めてだとのこと。

    IMG_4092
    それぞれのブランドのデザイナーも店員さんも
    イイ接客をする方ばかりだ。

    IMG_4090
    冬の結婚式には
    英国調のこんなクラッシックなドレスもイイでしょ!

    長袖のドレスを好む新婦もいるはずだ。

    IMG_4069
    夏にはお色直しで
    こんなドレスを着て欲しい!

    ならば靴にこだわるもの当然のこと。

    IMG_4043
    靴好きの僕にとって
    b-ドレッセに靴の品揃えが少ないことは許せない。

    「さぁ、これは僕からコーディネーター諸君への
    挑戦状だよ」

    IMG_4091
    前撮りには帽子も必須アイテム。

    社長という立場の僕でしか買えない商品を
    ガッチリと買い込んだ。

    あとは生かすも殺すもコーディネーターの腕であり
    買うか買わないかを決めるのはお客様に決まっている。

    「結果が出なければ、バイヤー失格だな」

    秋にはこのドレスも小物たちも
    名古屋にやって来る。

    「バルセロナフェア」
    が、今から楽しみなのだ。

    IMG_4086
    夜は展示会の日本担当のみなさんの招待で
    バルセロナのゴシック地区へ繰り出す。

    IMG_4089

    旧市街の街並みは
    中世へタイムスリップした感がある。

    IMG_4087
    小さなタブラオで見たフラメンコは
    すごい迫力だった!

    IMG_4085
    「ジャパニーズ、ハシゴ酒〜」

    下野くんの音頭で深夜まで飲み歩いたのだった。

    土曜日ということもあり
    バルセロナの中心地は深夜になっても賑わっている。

    そろそろ旅も終わりです。

    バルセロナより愛を込めて vol.4

    「どんな建物を作るつもりですか?」

    クライアントからの質問に
    アントニオ・ガウディはこう答えた。

    「住みやすい家をつくりますよ!」

    素晴らしい答えだと思う。

    なんの為に作るのかを考えた時
    おのずと答えはシンプルになるもの。

    結婚式場の建設も同じだ。

    「いい結婚式をする為の会場をつくる」

    IMG_3941
    これだけは忘れずにいようと
    サクラダファミリアの中に入り
    恐ろしく高い天井を見ながらそう思ったのだった。

    IMG_3946
    それにしても100年以上前に
    この建物を設計したことが信じられない。

    そしてこの教会は未完成で
    まだまだ作り続けている事実にも驚くばかりだ。

    完成はガウディ没後100年位当たる
    2026年とのこと。

    今ではバルセロナ最大の観光資源であり
    莫大な利益をもたらしている。

    これもまた「人間万事塞翁が馬」だと思う。

    そして錦織が欠場したからこそ
    バルセロナオープンの本選に出場できた
    杉田祐一選手の快進撃は
    ヒカリノアトリエ(今年のブラスのテーマソング)だ。

    三回戦は雨で開始時間が延び延びになりながらも
    世界20位相手にストレートで勝った。

    小さな小さなスタジアムでは
    きっと錦織を見るつもりだった日本人が
    「ガンバレ、杉田〜」と声援を送り続ける。

    IMG_3942
    新婚旅行の夫婦や
    テニス好きのおば様たちとも喜びを分かち合う。

    IMG_3943
    海外で孤独に挑戦を続ける日本人選手を
    こうして旅先で応援できることに感謝だ。

    翌日の準々決勝はセンターコートで
    ティエム選手に完敗を喫してしまったが
    杉田選手のプレースタイルは
    バルセロナのテニスファンの心を掴んだと思う。

    勝つことが一番であることは間違いないけど
    プレースタイルがにもファンはつくのだ。

    「仕事も同じだね、下野くん」

    IMG_4039
    海外でドレスの買い付けを
    長年サポートしてくれている川上さんとの連携も大切。

    僕たちの考え方を理解してくれているので
    ブランドの選択から交渉まで
    信頼感抜群のパートナーなのだ。

    IMG_3953
    「よし、ムーブの老田の為にこれを買おう!」(笑)

    「それぞれの新婦に最高のドレス」
    を提供することがb-ドレッセの使命なら
    通り一辺倒のドレスを提供していては
    存在価値がないのだ。

    IMG_4040
    バルセロナで現地の関係者から
    日本代表として取材を受け
    そんな話しを英語でビシッと
    というのは嘘で日本語でいろいろ語ったのだった。

    海外のドレス事情については
    また明日書こうと思う。

    それにしてもバルセロナは
    ホントにホントにいい街だ。

    バルセロナより愛を込めて vol.3

    「一食、一食を、大切にしたらいいと思うよ」

    若きシェフにアドバイスを求められると
    僕はいつもこう答えている。

    多くの人は一日三食だ。

    自宅で食べる時は
    料理人として工夫をするのが当たり前だろうし
    外食をするをするならお店選びが適当では困る。

    「どうせ食べるなら、このお店で!」

    僕自身も若い頃から
    そう思ってお店を選んできた。

    今ではネットの情報が有効に違いないけど
    お店の前に立った時の直感を一番に信じている。

    それは海外でも同じこと。

    ランチもディナーも
    「一食入魂」でお店選びをしている。

    気の合う僕と下野くんとのダブル直感があれば
    自慢だけどかなりの確率でいいお店に出会うのだ。

    IMG_3921
    「カタルーニャ料理はデリシャスです!」

    その上サービスマンの立ち振る舞いと
    コミュニケーション力が
    どのお店に行っても素晴らしいのだ。

    IMG_3904
    「いや、ホントに勉強になるね、下野くん」

    歴史的建造物も多くて治安がよく
    その上清潔で人々も物凄く親切だ。

    僕の中で新婚旅行に一押しの街は
    バルセロナになったのだった。

    で、昨晩はバルセロナに行くと話すと

    「サッカー観戦ですか、社長」

    と、多くの人に言われるほど有名な
    「FCバルセロナ」の試合を見に行く。

    場所は「カンプノウ・スタジアム」

    世界で一二を争う有名なスタジアムであり
    フットボールファンなら一度は訪れたい場所だろう。

    IMG_3931
    この日はメッシの通算500ゴール記念試合。

    先発出場が微妙だと思っていただけに
    メッシの登場でテンションが上がりまくる。

    IMG_3923
    「メッシ、メッシ、メッシ〜〜」

    メッシのゴールで9万人収容のスタジアムは
    大歓声に包まれて全員が立ち上がった!

    また一つ、スポーツ観戦オタクの僕にとって
    忘れられない想い出が出来たのだった。

    バルセロナより愛を込めて vol.2

    赤土のテニスコートはホントに美しい。


    バルセロナの中心地から
    車で20分ほどの場所にあるテニスクラブに
    今日も朝から向かう。

    IMG_3893
    ウチのオランジュに似ているクラブハウスは
    歴史の重みを感じる建物だ。


    こんなクラブがあればトーナメントも開催できるし
    いい選手も育つはず。

    「羨ましいね、下野くん」

    まったくテニスに縁がなかった下野くんも
    これだけ僕に付き合っていると
    もういっぱしのテニス通だ。

    「今日は、ナダルとマレーは出るんですかね〜」

    確かにスター選手のプレイも見たいけど
    今日はなんといっても杉田の2回戦だ。

    IMG_3889
    「今まで見た中で、一番感動しました!」

    きっと日本でも話題になっていると思う。

    杉田祐一選手は世界トップレベルのガスケ選手を相手に
    フルセットの末に勝ったのだ!

    3時間近い激闘だった。

    観客は小柄な杉田が勇敢に攻め続ける姿に
    徐々に興奮の度合いを高めていった。

    「会場は杉田コールが沸き起こりました」

    と、ヤフーニュースに出ていたでしょ。

    IMG_3891
    もちろんその声の主は僕たちだ!

    海外で日本人選手を応援し
    勝てそうもない相手に勝つなんて
    スポーツ観戦好きにとって至福の時なのだ。

    IMG_3899
    夜はやっぱりフラメンコ。

    ショーのラストは還暦を過ぎたおじさんダンサーが
    全身全霊で踊る姿にまたまた感動。

    「今日も充実してたね」

    ショーの終わりは22時。

    でもスペインのディナータイムはまだまだこれから。

    なんといってもレストランのオープンが
    20時30分からのお店が多いのだから。

    「おいおい、ドレスの買い付けはどうなった?」

    そんな声が聞こえてきそうだ・・・。

    「はい、水曜日からなんです」

    一日間違えてバルセロナに来たとは言えない(笑)

    現地の水曜日から始まるのだ。

    IMG_3910
    時差ボケでグッスリ眠れないのはしょうがない。

    それにしても下野くんも僕も
    恥ずかしいほど日焼けをしてしまった。

    朝からバルセロナ郊外の展示場に向かい
    ドレスの仲介をしてくださる松尾さんと再会を果たす。

    IMG_3919
    「なんでドレスアップしてるの、下野くん」

    IMG_3912
    「杉田選手に見習って、俺たちも気合いを入れていこう!」

    IMG_3911
    b−ドレッセの面々が泣いて喜ぶドレスを買います!!

    バルセロナより愛を込めて vol.1

    スペインのバルセロナにいる。

    人生初であり念願だったバルセロナに
    日曜日の朝に中部国際空港を発ち
    成田からベルギーのブリュッセルを経由して
    現地時間の21時ごろ到着した。

    空港から中心地までが近い。

    まずはこれがうれしい!

    そしてこの日のこの時間は「クラシコ」と呼ばれる
    サッカーの「バルセロナ対レアルマドリード」という
    黄金カードがちょうど生放送されている時間だった。

    すぐに見たいところだが海外でも日本でも
    テレビのチャンネルを合わせることは難しい。

    グズグズしているうちにゴールが次々に決まり
    最後はメッシが劇的なゴールを決めたのだった。

    幸先よしということで
    次の日の朝は旅の友の下野くんに
    例のように例のごとく叩き起こされる・・・。

    「社長、花屋の朝は早いんです」

    IMG_3847
    ガッチリ朝ごはんを食べて
    サクラダファミリアへ向かう。

    ホテルから歩くこと20分。

    「おおっ、こりゃ思ったよりデカいな〜」

    そして朝から観光客が列をなしている。

    「今日と明日のチケットはソールドアウトです」

    どうやらオンラインで予約しないと入れないらしい。

    「さすがガウディだな、下野くん」

    オンラインで明後日のチケットを買い
    その後はバルセロナの街を歩きに歩く。

    IMG_3856
    快晴に恵まれた日は
    テラス席でランチが気持ちいい。

    日本もこれからがいい季節なので
    アウトサイドの席で楽しむレストランが増えるといいね。

    そして向かった先は
    バルセロナテニスセンター。

    IMG_3863
    「錦織圭、ケガで欠場・・・」(涙)

    決してバルセロナオープンに合わせて
    旅の日程を決めたわけじゃない(ホントに)

    スペイン初の大きなドレスショーの日程と
    錦織が出るはずだったトーナメントが重なったのだ。

    「信じられないほど幸運でしょ!」

    と、自慢したのがイケなかった・・・。

    しかし人間万事塞翁が馬なので
    こんなことで落ち込んではバチが当たる。

    IMG_3866
    そしたら予選から勝ち上がった
    杉田祐一選手が一回戦で強豪に勝った!

    この小さいながらも美しいテニスコートで
    錦織の雄姿を見られないのは残念だけど
    テニス観戦の楽しみはいろいろあるし
    杉田選手の勇敢なプレーに感動した。

    ということでドレスの買い付けをメインにしつつ
    バルセロナを大いに楽しもうと思う。

    しばらく旅ブログにお付き合いください。

    踊る、新入社員

    今週から新入社員が現場に入った!

    新入社員が来ることを
    今か今かと待ち焦がれていただけに
    どのお店も活気づいている。

    待っていたということは
    すぐに仕事があるということ。

    「これは一番いいことなんだよ」

    だって一番辛いのは仕事がないことだから。

    プランナーも厨房も現場は立ち仕事であり
    慣れない子にとってはキツイだろう。

    だからこそ、先輩たちが期待しているのは
    ガムシャラに突き進む姿だと思う。

    そんな姿勢を前面に出す子もいれば
    闘志を内に秘めて黙々と働く子もいる。

    「先輩たちはしっかり見てるからね」

    それでも

    「こんなはずじゃ、なかったのにな〜」

    理想と現実に挫けそうにもなる。

    「そりゃ仕事だから、楽なことはないよ」

    そんな時は
    「結婚式というハレの日の仕事をしている」
    この幸運に感謝して欲しい。

    どんな仕事も世の中の役に立っていて
    ささいな仕事でも回りまわって
    目の前の人の幸せにつながっている。

    だけど涙を流して
    「ありがとう」と言ってもらえる仕事なんて
    この世にそんなにないのだから!

    「踊れ!新入社員たち」

    IMG_3836
    僕が言うまでもなく
    早くも恋ダンスをしっかりと踊ってた。

    「さすが、ブラスの新入社員たち」

    遠慮なく突き進んで欲しい!

    エイチーム(Ateam)ツアーへ

    名古屋ナンバーワンIT企業である
    エイチームさんと交流がある。

    ちょくちょく林社長とも会っていて
    先日もブラスの上場を祝ってくださった。

    そして社員さんも
    ウチで結婚式を沢山挙げている。

    「エイチームの社員はお目が高い」(笑)

    いろいろと話題豊富なエイチームさんなのだが
    この地区で特に有名なのはオフィスの凄さ。

    ウェブサイトには「オフィスツアー」なるものもある。

    で、やっと念願が叶い
    名古屋駅前の大名古屋ビルヂングにある
    オフィスの見学に行った。

    IMG_4492
    これが31階と32階をぶち抜いて作った
    すべり台。

    完成当時は地元のテレビで
    何度も取り上げらたほど有名なのだ。

    IMG_4493
    専用のカーペットを敷いて
    一気に滑り降りる!

    「ウワ〜〜ッ」

    あまりのスピードに
    思わず大きな声を出してしまった・・・。

    「仕事中、スミマセン」

    IMG_4509
    こうして窓際には様々な仕掛けがある。

    IMG_4517
    社長自ら僕たちを案内をしてくださった。

    成長に伴いこれが6回目の引っ越しとのこと。

    「今までの経験を元に、設計に一年以上かけて
    様々なノウハウを投入してますよ」

    社員が快適に仕事をするために
    トコトン考え抜いたオフィスに感動することしきりだった。

    IMG_4531
    圧巻は社員食堂。

    「社員の健康と社員同士の交流が深まるなら
    安い投資です」(林社長談)

    この姿勢がエイチームの快進撃を支えていることを実感する。

    まさに「エイチーム」なのだ。

    結婚式場の設計も同じこと。

    「僕たちも経験を元にもっと考え抜いて
    さらに素晴らしい式場をつくろう!」

    新入社員歓迎温泉旅行 2017

    新入社員研修の仕上げは
    今年も歓迎温泉旅行に社員全員で行く。

    月曜日の17時。

    IMG_3207
    あらゆる交通手段を使って
    愛知県蒲郡市にある「ひがきホテル」に
    続々とブラスメンバーたちが集まってくる。

    IMG_3178
    名古屋エリアはバスで移動。

    「ほとんど遠足気分です」

    そして温泉に入る時間もなく
    毎年のことながら余興の練習へとすすむ。

    02
    「では今年も盛り上がっていきましょう!!」

    05
    13期生を全力で歓迎するために
    乾杯隊もパワーアップだ。

    06
    「13期生は一瞬たりとも気を抜かないように」(笑)

    08
    「みなさん、短い時間ですが
    しっかりと食べてください!」

    総務部から細かい指示が飛ぶ。

    当たり前のことを
    大真面目に伝える姿が微笑ましい。

    そして余興大会の冒頭は
    本社旅行チームから慰安旅行の行先発表だ。

    09
    「ウソ〜っ、北陸なの・・・」

    どよめきと落胆?の声が上がる。

    またも北海道への夢は消え
    ブラスご一行はすぐそこの北陸地方へと
    旅立つことに決まったのだった(笑)

    12
    温泉旅行の余興の決まりは
    同期ごとにチームをつくること。

    13
    厨房チームは特別編成で!

    14
    「毎年同じネタのような気もするけどね〜」

    18
    ここで新人に存在をアピールする
    「ハンバーグ江端」も登場。

    15
    「同期の桜はやっぱりイイね〜」

    19
    新入社員57名の余興も決まりフィナーレへ。

    23
    「今年も、なんとかやり切ったナ」

    採用チームの面々もホッとする瞬間だ。

    27
    そして例のように例のごとく
    セットリストがビシッと決まっている
    大カラオケ大会へとすすむ。

    さらに飲み部屋で延々と飲み続け
    夜は更けていったのだった。

    「ひがきホテルさん、今年も大変お世話になりました。
    来年も帰ってきます」
    __カレンダー見出し

    カレンダー

    月別アーカイブ
    __カテゴリー見出し

    カテゴリー

    __その他