prev

next

123
  • __プロフィール
    __最新コメント見出し

    最新コメント

    最新コメント
    __新着記事見出し

    新着記事

    __ブラスグループ見出し

    ブラスグループ

    _ラピスコライユ
    ラピスコライユ

    静岡・清水駅近くのゲストハウスウエディング「ラピスコライユ」

    ラピスコライユ

    _ブランリール大阪

    ブランリール大阪

    ブランリール大阪

    大阪駅・梅田駅近くのゲストハウスウエディング「ブランリール大阪」

    ブランリール大阪

    __ミエル ココン

    ミエル ココン

    ミエル ココン

    三重県津市のゲストハウスウエディング「ミエル ココン」

    ミエル ココン

    __ミエル シトロン

    ミエル シトロン

    ミエル シトロン

    三重県四日市市のゲストハウスウエディング「ミエル シトロン」

    ミエル シトロン

    __クルヴェット名古屋

    クルヴェット名古屋

    クルヴェット名古屋

    愛知県名古屋市のゲストハウスウエディング「クルヴェット名古屋」

    クルヴェット名古屋

    __ラピスアジュール

    ラピス アジュール

    ラピス アジュール

    静岡県静岡市のゲストハウスウエディング「ラピス アジュール」

    ラピス アジュール

    _ラピスアジュール RSS
    __マンダリンアリュール

    マンダリン アリュール

    マンダリン アリュール

    静岡県浜松市のゲストハウスウエディング「マンダリン アリュール」

    マンダリン アリュール

    マンダリンアリュール RSS
    __ヴェルミヨンバーグ

    ヴェルミヨンバーグ

    ヴェルミヨンバーグ

    愛知県 名古屋市 丸の内のゲストハウスウエディング「ヴェルミヨンバーグ」

    ヴェルミヨンバーグ

    ヴェルミヨンバーグ RSS
    __ブルーレマン名古屋

    ブルーレマン名古屋

    ブルーレマン名古屋

    愛知県名古屋市のゲストハウスウエディング「ブルーレマン名古屋」

    ブルーレマン名古屋

    __ルージュブラン

    ルージュブラン

    ルージュブラン

    愛知県一宮市のゲストハウスウエディング「ルージュ:ブラン」

    ルージュブラン

    ルージュブラン RSS
    __オランジュベール

    オランジュ:ベール

    オランジュ:ベール

    愛知県日進市のハウスレストラン「オランジュ:ベール」

    オランジュ:ベール

    オランジュベール RSS
    __ブルーブラン

    ブルー:ブラン

    ブルー:ブラン

    愛知県岡崎市のゲストハウスウエディング「ブルー:ブラン」

    ブルー:ブラン

    ブルーブラン RSS
    __ブランベージュ

    ブランベージュ

    ブランベージュ

    愛知県安城市のゲストハウスウエディング「ブラン:ベージュ」

    ブランベージュ

    ブランベージュ RSS
    __マンダリンポルト

    マンダリンポルト

    マンダリンポルト

    愛知県常滑市のゲストハウスウエディング「マンダリンポルト」

    マンダリンポルト

    マンダリンポルト RSS
    __ヴェールノアール

    ヴェールノアール

    ヴェールノアール

    岐阜県羽島市のゲストハウスウエディング「ヴェールノアール」

    ヴェールノアール

    ヴェールノアール RSS
    __ルージュアルダン

    ルージュアルダン

    ルージュアルダン

    愛知県豊橋市のゲストハウスウエディング「ルージュアルダン」

    ルージュアルダン

    ルージュアルダン RSS
    __アージェントパルム

    アージェントパルム

    アージェントパルム

    愛知県豊田市のゲストハウスウエディング「アージェントパルム」

    アージェントパルム

    アージェントパルム RSS
    __ミエルクローチェ

    ミエルクローチェ

    ミエルクローチェ

    三重県鈴鹿市のゲストハウスウエディング「ミエルクローチェ」

    ミエルクローチェ

    ミエルクローチェ RSS

    ライバル対決

    「まさか、この二人の対戦がもう一度観られるとは。
    しかも、グランドスラムの決勝で!」

    世界中のテニスファンが
    ドキドキしながら待ち望んだのが
    全豪オープン男子シングルス決勝
    「ロジャー・フェデラー対ラファエル・ナダル」だ。

    準々決勝あたりから
    この二人の決勝の望む声が
    世界中で鳴り響いていた。

    もちろん僕のその一人だ。

    テニスに興味がない人には
    まったくわからない話しだと思う。

    分かりやすく説明するとすると
    この二人が戦ってきた歴史は
    テニス史上最高のライバル物語と言っていい。

    あえて日本人で例えるとすると

    「ジャイアント馬場対アントニオ猪木」

    違うな・・・。

    野球やサッカーなどのチームスポーツでも
    ライバル関係は数多くある。

    メッシとロナウド
    王、長嶋のように。

    しかし、ここまで名勝負を生むのは
    個人スポーツならではだと思う。

    この二人は共に愛される選手で
    世界中にファンがいる。

    特にロジャー・フェデラーの人気は凄まじい!

    僕もその一人で長年の大ファンだ。

    さらにこの二人の対決の面白いところは
    テニスのプレースタイルが全く違うというところ。

    右利きと左利き。

    超攻撃的なフェデラーとやや守備的なナダル。

    試合中は冷静沈着なフェデラーと
    感情をむき出しにしてプレーするナダル。

    太った奥さんとスリムな恋人(笑)

    そんな二人の決勝は
    一球たりとも目を離すことができない
    緊張感が張りつめた素晴らしいゲームだった。

    そしてフェデラーは勝った瞬間
    顔をくしゃくしゃにして泣いた。

    フェデラーは勝っても負けても涙をこぼす。

    ここ数年、ずっと悔し涙ばかりを見てきた世界中のファンは
    その姿を見てもらい泣きしたことだろう。。

    試合が終わってもテレビの前から
    しばらく離れることができないほど素晴らしいゲームだった。

    「ライバルの存在が、お互いをさらに高いレベルへと引き上げる」

    みなさん、ライバルをつくりましょう!

    もうすぐ完成!ブランリール大阪

    ブラス関西初進出のお店
    ブランリール大阪」のオープンがいよいよ迫ってきた!

    場所はグランフロントの目の前
    JR大阪駅と阪急梅田駅の徒歩一分という
    信じられない立地なのだ。

    今日は昼過ぎに
    まずは開業準備室へ行った。

    すでにお客様との打ち合わせも始まっていて
    準備室は活気が満ち満ちている!

    そして驚くべきことに
    大阪弁が飛び交っているのだ。

    「そりゃ、当たり前でしょ!」

    と、ツッコんだ方は
    「甘い」と言わざる得ない。

    お客様はともかく
    スタッフが全員関西弁を話しているのだ!

    「専門の講師を呼んで、レッスンしましたから」

    というのはもちろん嘘で
    プランナー陣は全員関西出身メンバーだ!

    これに関しては
    「大きな自慢」と「遅れたお詫び」をしなければならない。

    ブラスは関西出身のウェディングプランナーが多い。

    この理由は一つ。

    「ウェディングプランナーがプランナーらしい仕事をできる会社はどこ?」

    意識の高い就活生が
    探した先にブラスがあったからだ。

    「大阪が大好きだから
    まさか大阪を離れるとは夢にも思いませんでした」

    そんなウェディングプランナーたちがウチには沢山いて
    その先発隊がブランリールメンバーなのだ!

    (まだまだたっぷりいますから、すぐに2号店をつくってもOK)

    同業他社でそれぞれの地元以外に出店となると
    出店した地区で社員を新規採用して
    急ピッチで教育することが標準スタイルだと思う。

    ところがブラスは
    しっかりとブラスラブを注入し
    十分な経験を積んで送り出しているのだ。

    しかも名古屋弁もマスターしたから
    大阪弁とのバイリンガルプランナーだ(笑)

    「ハイ、これが自慢です」

    そして二つ目の「遅れたお詫び」は
    地元大阪に帰る日を夢見て精進してきたのに
    愛知県の彼と出会い結婚したメンバーに対してだ。

    「ま、それが人生というもの」

    旦那様を説得して地元に帰り
    プランナーとして復帰するのもありかもしれない(笑)

    ということでブランリールは完成間近だ。

    IMG_3713
    デザイン画通りのチャペル!

    IMG_3715
    テラスにはこんなに大きな木も入った!

    「よ〜し、いよいよだな、梅(支配人)」

    ブランは「白」でリールは「笑い」いう意味。

    ココで関西らしい
    「笑いと涙の結婚式旋風」を巻き起こそう。

    せっかく行ったのに
    スタッフ写真を撮り忘れたことが悔やまれます・・・。

    リハを制する

    「リハーサルをちゃんとしたのか?」

    僕はウェディングプランナーによく聞く。

    「はい、しました!」

    勢いのいい返事が返ってくる。

    リハをしたなら、まずは合格だ。

    だがその演出を大成功に導きたいなら
    その先の「ちゃんとしたのか?」が大切だ。


    「社長は、リハにうるさい」

    プランナーの間では定説になっていると思う。

    ならば最近はたまにしかない
    自分が仕切るリハで妥協することは許されない。

    と、自分に言い聞かせたわけでもないけど
    自然とそうなる。

    そんな出来事が先週あった。

    英語でスピーチをした翌日のこと。

    アジアのEOプレジデント80名を前に
    EO名古屋&福岡のアジアへのジョイン結婚式を行った。

    そりゃ、僕が仕切るしかない。

    047
    「河合さんがリハーサルの時にビシバシ変更して
    非情の采配をするのに驚きました」

    福岡の会長に言われて自分でも驚く。

    「えっ、そんなに非情だったかな・・・」

    そう思いながら
    自分たちが新郎役として予定通り入場したら
    いきなり「ドバーッ」とフラワーシャワーが降ってきた。

    「それは最後なのに・・・」

    暗黙の了解はジャパニーズだけだった(泣)

    「甘いな、リハが」

    自分にツッコミを入れるしかない。

    072
    その後はイメージ通りすすむ。

    074
    「いい感じだ!」

    聖歌隊の歌声も素晴らしい。

    114
    アテンドするのが温子プランナー(大ベテラン)だから
    アイコンタクトで通じるのも大きい。

    124
    ラストの大合唱もイメージ通りノリノリだ!

    134
    「よし、ここでサプライズだ!」

    まさかの、本物の婚約者が入場し
    盛り上がりは最高潮に達したのだった。

    イメージを形にしていくのがリハーサル。

    ブラスウェディングプランナーのみなさん。

    「イメージをする前に、リハに入ってはダメだぞ」

    リハを制する者が本番も制するのです!

    風邪の効用

    熱を出してしまった。

    弟の結婚式から始まり誕生日の前あたりまで
    浮かれすぎたからかナ(反省)

    熱が出るとやることがない(当たり前)

    というより、少しでも早く治すために休むしかない。

    それでもずっと眠っているわけにもいかないので
    手持ちぶたさだ。

    「なにやろうかな・・・」

    ま、何もしなくていいのですが・・・。

    そんなことを考えているうちに、時間が過ぎる。

    それでもやったこと、その1。

    「体温計で熱を測る」

    これが断トツの第一位!

    下手すると5分おきに体温計を手に取る。

    「まったく意味ないでしょ」

    自分にツッコミを入れながらも
    やらずにはいられない。

    「みなさんも、身に覚えがあるはず!」

    「なに、そんなことないって・・・」

    僕は少数派なのかな。


    それはともかく
    世の中には「風邪の効用」という考え方がある。

    それが正しいのかどうかはさておき

    「たまには熱を出すことも悪くないのでは」

    と、思い当たることが今回もあった。

    ならばしっかりと風邪をひき切り
    リフレッシュした体で復活したいものだ。

    PS.
    全豪オープン4回戦
    錦織対フェデラー戦。

    この3時間だけは熱も吹き飛び
    声を出して応援しまくる。

    「いつか必ず、ケイに幸運の女神がほほ笑む」

    そう信じて今年も応援しましょう!!

    普段はスポーツ中継以外は見ないテレビもちょくちょく見た。

    「キムタク、カッコいい〜」

    世の風潮で木村拓哉がヒールになっていることもあり
    その演技に痺れたのだった。

    たまには連ドラもいいね。

    誕生日 2017

    「あれからもう、一年か〜」

    誕生日を迎えるたびに
    そう思うようになったのはいつからだろう。

    「40歳を過ぎたあたりかな・・・」

    それにしても怒涛の50歳シーズンだった。

    ブラスメンバーを中心に
    家族や友人たちも巻き込んでの
    大サプライズパーティーをしてもらってからの一年は
    僕の人生史上最も濃かった。

    IMG_3685
    朝、本社に行くと
    この一年の写真がズラーッと飾ってある。

    「よく、遊んだナ」

    いやいや

    「よく働き、よく遊んだな」

    IMG_3682
    本社は土日休みなので
    これは昨日の写真。

    「毎年恒例のメロン、ありがとう!」

    誕生日が平日ならば
    昨年のように各店行脚をするところだが今年は土曜日。

    なのであらかじめ

    「今年の誕生祝いは、しっかりと成約を取ることで!!」

    と申し伝えてある(笑)

    それでもルージュブランに足を運ぶと
    プチバースデー会を開いてもらう。

    IMG_3707
    そして会場で行われている
    中学時代の友人の娘さんの披露宴に顔を出す。

    IMG_3693
    なんと新婦は僕と同じ誕生日!

    「いい娘さんとお婿さんだね〜」

    IMG_3699
    花嫁の父とメインで記念写真を撮る。

    「まさか、このおっさんと同い年・・・」(笑)

    しかし、まぎれもなく同級生なので
    いかに若作りしようとも51歳は51歳なのだった。

    そして今日オープンする
    ブラス発の和装セレクトショップ「翔風館」へ向かう。

    創業時からのパートナー企業である
    マルイチさんと共に準備をすすめ
    とうとうオープンしたのだ!

    「ぜひ、ぜひ、ウェブサイトをご覧ください」

    IMG_3700
    鎌田店長を中心とした新チームに
    プチバースデー会をしてもらう。

    「ここから、和装大旋風を起こすぞ!」

    誕生日オープンということで
    大いに気合いが入ったのだった。

    IMG_3703
    ラストはビードレッセでお祝いを。

    ビードレッセも新作ドレスや
    新作メンズスーツが続々入荷している様子。

    「最高の結婚式には最高の衣裳を」

    ニューヨークで買い付けたドレスや小物たちも
    そろそろやって来るので大いに楽しみなのだ。

    で、家に帰って娘から
    愛用している部屋着のニューモデルをもらい
    星野源ポーズ!?。

    IMG_3708
    「みなさん、いろいろとありがとうございます」

    若い頃、こんなおっさんになるとは思いもしませんでしたが
    案外イイ感じなので、51歳シーズンもこの路線で行こうと思います。

    ま、今更変えようにないですけど。

    人生初のスピーチ

    僕は立場上、スピーチをする機会が多い。

    結婚式の主賓代表あいさつを筆頭に
    乾杯の音頭などなど。

    そして会社の様々な行事ごとに
    スピーチをしなければならない。

    多くの経験を積んだので
    そりゃ少しは上手くなっていると思う。

    「スピーチのコツを教えてください!」

    仕事柄、よく聞かれる質問だ。

    これに対するアドバイスはかなりある。

    が、技術的なことを伝えるには
    1時間の講義が必要だからそれはさておき
    昨晩気づいた大切なことを書きたい。

    夜のパーティーで僕の人生史上初の
    「英語でのスピーチ」をしたのだ。

    ま、僕は父の仕事の関係上
    海外生活が長かったので英語には不自由しない。

    というのは嘘で、父はタイヤ屋なので
    多くの日本人と同様にイングリッシュは苦手だ。

    それでも80名のゲストがいて
    その大半が外国人ならば
    僕の日本語でのスピーチから通訳の方の英語はNGだと思い
    思い切って英語でチャレンジしてみた。

    まずは日本語で原稿を書いた。

    そして先生(一応、英会話のレッスンは受けているので)に
    英訳してもらう。

    それにいろいろと手を加えていく。

    文をできるだけ短くして、話しやすいように(笑)

    問題はジョークだ・・・。

    アカデミー賞授賞式などのテレビ中継で英語のスピーチを聞くと
    必ず笑わせる部分があるし
    それが良し悪しを決めるポイントの一つだと思った。

    なんとかして
    「ウィットにとんだ、スピーチ」
    をするにはどうしたらいいか。

    依頼を受けてからこの五日間。

    原稿の作成から始まり
    間を取るところにスラッシュを引きまくった。

    そして何度も練り直して練習をしてきた。

    「スピーチの練習をこれだけやったのは人生初だナ」

    ブラス本社メンバーは
    社長室から聞こえてくる同じフレーズにヘキヘキしたことだろう・・・。

    ということでスピーチを成功するためにコツは

    「練習に尽きる!!」

    ごく当たり前のことに気づいたのだった。

    IMG_2610
    さて結果は・・・。

    「ファンタスティック!」

    外国の方は褒め上手なので
    どこまで伝わったかはわからないけど
    沢山のみなさんから握手を求められたので
    ヒジョーに気持ち良かった!

    クセになりそうなくらいに(笑)

    IMG_2618
    土壇場で入れたピコ太郎ネタ。

    「I have a E〜. I have a O〜」

    Woooo・・・・EO

    も、なんとかウケたし。

    IMG_2738
    ということでアジアを代表するEOメンバーが
    100名近く集まってのミーティングをウチの会場を中心に
    四日間に渡り名古屋で開催している。

    EO名古屋の発足が近いということで会場に選ばれたのだ。

    IMG_2764
    大村知事も駆けつけてくださり
    EO名古屋への協力を約束してくれた!

    IMG_2911
    EOオールジャパンのボードメンバーも
    こうしてコスプレで勢揃い。

    名古屋はコスプレの聖地ですから!

    グッドナイトでした。

    みなさんの協力に感謝、感謝です。

    マーケティング

    「マーケティングとは、なんぞや」

    と、聞かれて即答できる人は
    バリバリのビジネスマンでも案外少ないと思う。

    かくいう僕もその一人だ・・・。

    しかし、やっとその答えに出会った!

    「顧客の問題を発見し、その問題を解決すること」

    シンプルながらも本質を突いた答えだと思う。

    そして続きがある。

    「顧客が認識していない問題を発見すること」

    これが大きなポイントであり

    「その通りだ!」

    と、膝をたたいたところだ。

    結婚式業界に当てはめて欲しい。

    そう、まさに結婚式および結婚披露宴という商品は

    「顧客=新郎新婦が、認識していない問題ばかり」

    なのだ。

    いつもブログに書いていることだけど
    結婚式は人生で初めての買い物だ。

    そして人生最大の買い物の一つだと言えるほど高額だ。

    経験がなく高いモノを買うのは
    想像するだけで分かると思うけど難しい。

    例えば服。

    失敗したことがない人はいないと思う。

    若い頃失敗を繰り返して
    自分に合った服がわかるようになり
    だんだん買い物上手になると思うのだ。

    ところが結婚式は一度きり。

    「今回はイマイチだったけど、次はもっとがんばりますよ」

    僕らは口が裂けても
    そんなことは言えない(当たり前)

    さらにだ。

    半年から一年前に予約し
    キャンセルがほぼきかない特殊性もある。

    数え上げればまだまだあるのだけれど
    お客様にとっては、つくづく難しい買い物だと思う。

    まさに

    「顧客が認識していない問題が満載」

    の商品なのだ。

    ここをお客様にしっかりと説明し
    問題を共に考えて解決したうえで
    結婚式を大成功に導くことが僕らの仕事であり
    ブラスの存在意義だと信じている。

    マーケティングの意味が腹に落ちたので
    ブログに書きました!

    今年もスポーツ観戦するぞ

    北京オリンピックで
    女子ソフトボールチームが金メダルを獲得した。

    これを現地で生で観たこと
    僕の長いスポーツ観戦の歴史の中で
    一番の金字塔だと思う(自慢)

    「どうして、ソフトボールを?」

    それはウチのパートナー企業の女性カメラマンが
    代表チームの主将の伊藤幸子選手と
    学生時代チームメイトで親友だったからだ。

    その話を聞いて思わず

    「俺も行く!」

    と、即答したからこそ
    金メダルを獲得できたのだった(笑)

    金メダルの祝勝会でも「めでたや」をしたしね。

    今日はそんな縁のある伊藤選手の結婚式。

    IMG_0802
    そう、約束通り
    ウチの会場で結婚式を挙げてくれたのだ!

    「おめでとう!今度は指導者として、ぜひ五輪に」


    そして明日から全豪オープンテニスが始まる。

    錦織と我らが日比野菜緒が初日から登場するのだ!

    (メルボルンに行きたかったナ・・・)

    IMG_3679
    ブラスは昨年から
    日比野選手とスポンサー契約をしている

    今年からはユニフォームの胸に
    「ブラスのロゴマーク」がこうして入るのだ!

    「みなさんWOWOWを観て、応援しましょう!!」

    といってもオーストラリアは時差が少ないので
    昼間の試合が多いけど・・・。

    今年も世界で戦う日本人選手の活躍が楽しみです。

    予防歯科 2

    まずは歯科衛生士と医師がタッグを組んで
    しっかりと検査をした上で指導してくださることに驚く。

    このブログでも度々書いていることだけど
    僕は食後に必ず歯間ブラシを使う。

    IMG_3678
    朝晩はデンタルフロスも併用し
    万全の態勢だと思い込んでいた。

    その上ブラッシングは
    お風呂に入りながら毎晩20分だ。

    それでも衛生士さんからの判決?は・・・。

    IMG_3677
    「まだまだ甘かった・・・」

    というよりデンタルフロスの使い方と
    ブラッシングのやり方に問題アリだった。

    「でも河合さんの努力のあとは、歯を見ればわかりますよ」

    と、言ってもらったのは嬉しかったけど。


    さて、読者のみなさん。


    「この本がベストセラーになるくらい
    日本人の歯に対する常識は間違ってますよ」

    ぜひ自分の歯に対する認識を新たにして
    生涯自分自身の歯で食べられるように
    しっかりとケアをしましょう!

    IMG_1926
    先日本社メンバーには
    僕の愛用している歯間ブラシを配った!

    ランチ後に歯を磨いている社員に向かって

    「意味のないブラッシングはダメだぞ」

    嫌われながらも指摘しまくった。

    社員の健康維持は僕の重要な仕事の一つ。

    これからもビシバシ指導しますよ。

    予防歯科へ 1

    一年前に「本質を語る」と言うタイトルでブログを書いた。

    カンブリア宮殿と言うテレビ番組を見ての感想ブログだ。

    (内容はぜひクリックして読んでください!)

    日吉歯科診療所の熊谷崇(くまがいたかし)先生の
    歯科治療に対する考え方の素晴らしさ
    それを貫いてきた生き方に心を揺さぶられたのだ。

    あれから一年。

    とうとう探し求めた
    「予防歯科医院」に出会ったのだ。

    ま、こうして書くとずいぶん調べたような感じだが
    歯の定期検診を長くサボっていて
    切羽詰まったところに友人からのフェイスブックで
    開業したばかりの素晴らしい歯科医院を紹介してもらったのだ。

    しかもその佐藤歯科医院さんは
    家の近くにある!

    「よ〜し、50歳では手遅れかもしれないが
    一生自分の歯で食べ続けるために予防歯科へ通うぞ」

    すぐに電話予約をしたのだが
    開業したてというのにすでに大人気な様子。

    なんとか時間を合わせて年末に初診を受け
    今日は二回目の治療日だった。

    一回目は僕の歯の現状を医院のみなさんと
    僕が把握する為に様々な検査をした。

    なにしろ佐藤医院の方針は下記の通り。

    インフォームド・コンセントを重視した診療を行います。
    インフォームド・コンセントとは
    「十分な説明を受けた上での同意」という意味で、
    検査結果を分かりやすくしっかりと説明し
    患者さんの理解が深まった上で
    納得してから治療をスタートさせることです。


    十分に理解をしてからの治療スタートが
    まずは大きな特徴なのだ。


    パート2に続く・・・。

    おめでとう!智行&みほさん

    昨日はブラスの取締役であり
    我が弟でもある「ともさん」こと河合智行の結婚式だった。

    008
    1月にしては暖かな天候に恵まれた。

    「1月9日=一休の日を選んだのは、俺」(自慢)

    なかなか決まらない日時と場所を
    エイヤーであと押ししただけにホッとしたのだった。

    005
    朝から本社メンバーもブルーレマンへ行き新郎新婦とご対面。

    004
    そしてシェフたちとも。

    そりゃみんな、びっくりでしょ。

    新郎の智行さんは46歳(初婚)

    そして新婦みほさんは、27歳なのだ。

    「19歳も年下〜」

    011
    河合家にとっては待ちに待ったというより
    すでに結婚を諦めていた父母は感激もひとしおなのだ。

    015
    そして午後12時。

    遠くからも駆けつけてくださった
    多くのみなさんに見守られながら教会式へ。

    誠実な牧師の言葉が胸に響く。

    018
    なのに集合写真ではやっぱり出た!

    T(tomoyuki)M(miho)レボリューションだ。

    020
    TMポーズで写真を撮って
    レマンのテラスで120名のバルーンリリースへ。

    025
    その後のおつまみビュッフェも豪華!

    030
    「ブリしゃぶ」が登場するとは驚きなのだ。

    028
    その間に僕の家族とも一枚(末娘はお手洗い・・・)

    娘たちのおじさんの結婚式で子供花束を贈る夢は
    とうとう叶わなかったけどね(もう大人ですから)

    そして始まった披露宴。

    僕の役割は新郎側の主賓代表挨拶。

    031
    「新婦家のみなさま、大切に育てた娘さんの旦那が
    こんなおじさんでスミマセン」

    まずは兄として心から謝った(笑)

    「健康で長生きするするんだぞ」

    そして共に働く社長として
    一号店の頃から陰で支え続けてくれた部下であり弟でもある新郎に
    普段はなかなか口にできない心からの感謝の気持ちを述べたのだった。

    032
    乾杯隊は二人の出身地である
    愛知県稲沢市が誇る天下の奇祭「はだか祭」を再現!?

    036
    はだか男たちがドンペリニヨンを
    勇壮に注いだのだった。

    038
    鷲野総支配人の乾杯!

    039
    豪華シェフの競演によるキッチンオープンへ。

    今日の料理は、いつもにも増してスゴイ!

    042
    ケーキも三段だ〜。

    040
    「おいおい下野くん、押したらアカンだろ〜」(笑)

    043
    おじさんファーストバイトも微笑ましい。

    045
    新婦の祖母との中座に涙し

    046
    新郎中座のエスコート役は
    なんと義理の姉(つまり僕の妻)

    僕もこの話を聞いた時はホントに驚いたのだが
    二人の恋のキューピットが義理の姉なのだ。

    (新婦の母と友人なんです)

    ま、よくぞ紹介したと言っておこう。

    048
    リメイク入場はクラウンKとレマンのコラボダンス。

    050
    「お見事!」

    ビシッと矢が巨大バルーンに命中したのだった。

    053
    サプライズ登場のKさん。

    「来てくれて、ありがとう!!」

    055
    パートナー企業の面々も今日は勢揃いだ。

    「みんな、よく飲んでるな〜」

    059
    そしてパーティーのメイン?は達明バンド。

    「また社長かよ〜」

    058
    そんな声に負けじと
    僕も弟も大好きなサザンを共に熱唱し
    とうとう狩人(伝説の兄弟デュオです)の「あずさ2号」を花嫁に贈ったのだった。

    さて、始めに新郎新婦が宣言したとおり
    この披露宴は通常の2倍の時間を予定している。

    毎度のことながら、社員の結婚式は特にトコトンなのだ。

    064
    次のリメイクは稲沢で有名な美人三姉妹で。

    065
    新郎は母親を指名。

    「ウチのおふくろが喜んでて良かったナ」

    069
    今年、和装を押すブラスとしては取締役が率先して着ないとね!

    074
    そして15年前に一緒に働く切っ掛けになった
    「祝い餅つき・めでたや」を共に熱演。

    「田村先輩とガキちゃん、ありがとね〜」

    080
    本社からもスタッフが再び駆けつけ
    とうとうパーティーはフィナーレへ。

    おもてなしの料理の数々と
    新郎セレクトのワインに酔いしれた。

    最後の新郎挨拶を聞きながら
    人生はこんなに素敵な一日があるからこそ
    生きる価値があると思った。

    085
    「よかったな〜、ホントにホントに」

    087
    この重圧の中やり切った
    担当のレジェンド温子プランナーに最大級の賛辞を贈りたい。

    「素晴らしいプランニング&プロデュースだったよ」

    それぞれのパートナーさんの惜しみない協力と
    ブラスオールスタッフの働きに心からの感謝を。

    「みなさん、ありがとうございます」

    091
    「恩返しは仕事しかないぞ」(笑)

    僕もトコトン働き続けると宣言しているが
    これで智行さんも若き伴侶の為にもやり続けるしか道はない。

    092
    「みほさん、支えてやってくださいね」

    今年の目標2

    今年の目標一つ目は

    「もれなく、SMILE&TEARS」

    と、前のブログに書いた。

    そして二つ目はズバリ

    「生産性を上げる」だ。

    生産性を上げるためにどうすればいいのか。

    それを考えて実行するのが
    僕を含めたブラスリーダー陣の重要な仕事なのだ。

    「では、お客様との打ち合わせを4回にしましょう」

    これは決定的に生産性が上がるように見えて
    ブラスが一番大事にしている理念に反する。

    短期的には生産性は上がるだろうけど
    長期的な目で見ると生産性が下がる。

    「では、イチから手作りの料理をやめて
    既製品を使いましょう」

    これもウチの誇り高いシェフたちが言い出すはずがないけど
    実施すれば短期的にはよくても長い目で見るとダメだ。

    では、なにをすればいいのか?

    今日も経理部長と話し合ったことがある。

    どの会社にも共通して言えることだが
    ITを駆使して徹底的に生産性を上げることができるはず。

    時にアナログが有効な場合もあるけど
    ココに思い切った投資をすれば生産性は劇的に上がってゆく。

    大きな投資から小さなカイゼンまで。

    生産性を上げることを念頭に
    この一年は力を注ごうと思う。


    PS.
    名付け親には最高の栄誉を!

    店名は社員からの公募で決めているから
    ブラス各店にはそれぞれに名付け親がいる。

    IMG_0621
    7月にオープンする
    静岡市清水区の「ラピスコライユ」の名付け親がこの二人。

    ベージュの今村プランナーは名付けの名手だ。

    そして新人ながら熊プランナーは栄誉を勝ち取った!

    僕が自ら選んだ
    豪華バッグを贈ることが伝統なのだ。

    IMG_6661
    2016年8月〜2017年7月までの
    今期のスローガンを考えたのが広報部のタニムこと谷村。

    「ブラス・アモーレ!」

    同じくバッグを贈り、栄誉を称えたのだった。

    次の新店発表はいつ。

    「早く、早く発表したいぞ!!」

    新年祭 2017

    4年ぐらい前までは新年のご祈祷を
    ブラス二号店オランジュベールに全社員が集合して行っていた。

    そして「白山宮」という由緒正しき神社へ初詣に行った。

    「おみくじ引いて、たこ焼き食べて、楽しかったな」

    IMG_2407
    今やそれを復活することはできないけど
    新年のスタートを何とかせねばと思いつつ
    今年も支配人と料理長が集まり新年祭をした。

    IMG_2426
    名物宮司であると思われる安田さんに
    ハウスウェディング事業を始めてから毎年お願いしている。

    安田さんの地の底から絞り出すような声でのご祈祷が好きだ。

    これを聞くと、毎年気合が入る。

    IMG_2470
    さて、昨年大けがをした安田さん。

    「すべてがいい経験でした。人生に無駄なことは何一つないのです」

    経験談を聞き、身が引き締まる。

    そしてそのままブラスリーダー陣へ今年の決意表明をし
    やるべきことを二つ発表した!

    IMG_2486
    「もれなく、SMILE&TEARS」

    昨年の「もっとSMILE&TEARS」に引き続き
    その進化版なのだ。

    なにが「もれなく」なのか。

    これを各店に帰って、しっかりと話し合って欲しい。

    これを克服すれば

    「それぞれの新郎新婦にとって最高の結婚式」

    が、さらにグレードアップするはず。

    いい結婚式をつくる旅に終わりはないけど
    今年はこの課題を胸に毎週の結婚式に挑みたい。

    二つ目の目標は来週書きます!

    生産性を上げる

    「生産性を上げる」

    これは僕が声を大にして言うまでもなく
    日本の大きな課題だ。

    昨年あたりから様々なメディアで
    生産性について取り上げられているから
    ビジネスマンなら関心があるはず。

    特に「残業問題」については
    電通の悲痛な事件もあり
    もう待ったなしの解決を迫られている。

    僕もこれは来年の大きな課題にせねばと
    年末から考え続けていた。

    そんな中、参考になったのがこの本たち。


    「日本はサービス業の生産性が悪すぎる」

    僕はそんな馬鹿なと思っていたが
    この本を読んだあとに
    その視点でサービス業全体を見渡すと納得せざる得ない。

    そしてサービス業の経営者として
    何とかしなければと闘志が沸いてきた。


    次にウチの主婦社員の奮闘を見ていて
    どうすればいいのかと思い、手に取った本がコレ。


    「生産性を高めれば、自分の時間ができる」

    新人時代から中堅社員へ。

    そして結婚式して父になり、母になる社員も多くなってきた。

    それぞれの時代の働き方があり
    それを受け入れる会社である為にどうすればいいのか。

    「生産性を高める以外に方法はない」

    そう確信した。

    では具体的にどうすればいいのか。


    「成長することは、生産性が上がること」

    ハッキリと書いてある。

    そしてリーダー陣の仕事は

    「チームの生産性向上のために、リーダーシップを発揮すること」

    だと喝破している。

    明日は今年初の支配人会議。

    「絶対に生産性を上げるぞ」

    と、熱く語ろうと思う。

    あけましておめでとうございます 2017

    元旦の空は青い。

    子供の頃の記憶をたどると

    「澄んだ青空に凧」

    そんな情景が思い浮かぶ。

    「凧揚げは、下手だったな・・・」

    実家の回りは田んぼだらけだったので
    幼い弟に凧を持たせて何度も挑戦した。

    しかし、凧が正月の空に舞いあることは
    一度もなかった(笑)

    IMG_3666
    伊豆という温暖な地にいることもあり
    非常に爽やかな元旦の朝だ。

    「あけましておめでとうございます」

    初詣は神社が基本だと思っていたが
    元旦の修善寺は多くの参拝客で賑わっている。

    IMG_3669
    「初詣は大吉しか引かない!」

    人生初のお寺での初詣でも
    キッチリと大吉を引き当てたのだった(自慢)

    2017年はブラス創業19年目の年であり
    ハウスウェディング事業を始めて14年目の年だ。

    人に例えれば
    「まだまだ青春時代真っ盛りの会社」
    であることは間違いない。

    それでも今年は

    「それぞれの働き方を変える年」

    にしようと決意している。

    具体的な策もたくさんある!

    そして今年は
    もう一つ上の目標を達成しなければならない大切な年。

    「今年もやるぞ〜」

    ということで連載?13年目に突入して
    週休3日で書き続ける予定の河合ブログを
    今年もよろしくお願いします。
    __カレンダー見出し

    カレンダー

    月別アーカイブ
    __カテゴリー見出し

    カテゴリー

    __リンク一覧
    __その他