prev

next

123
  • __プロフィール
    __新着記事見出し

    新着記事

    __ブラスグループ見出し

    ブラスグループ

    アトールテラス鴨川
    アトールテラス鴨川

    京都府京都市の結婚式場
    「アトールテラス鴨川」20年4月OPEN!

    アトールテラス鴨川

    アコールハーブ
    アコールハーブ

    千葉県船橋市の結婚式場
    「アコールハーブ」20年3月OPEN!

    アコールハーブ

    アーブルオランジュ

    アーブルオランジュ

    アーブルオランジュ

    静岡県浜松市の結婚式場「アーブルオランジュ」

    アーブルオランジュ

    RSS
    ブルーグレース大阪

    ブルーグレース大阪

    ブルーグレース大阪

    大阪駅・梅田駅近くの結婚式場「ブルーグレース大阪」

    ブルーグレース大阪

     
    オリゾンブルー

    オリゾンブルー

    ラピスコライユ

    静岡県沼津市のゲストハウスウエディング「オリゾンブルー」

    オリゾンブルー

     
    _ラピスコライユ

    ラピスコライユ

    ラピスコライユ

    静岡・清水駅近くのゲストハウスウエディング「ラピスコライユ」

    ラピスコライユ

     
    _ブランリール大阪

    ブランリール大阪

    ブランリール大阪

    大阪駅・梅田駅近くのゲストハウスウエディング「ブランリール大阪」

    ブランリール大阪

     
    __ミエル ココン

    ミエル ココン

    ミエル ココン

    三重県津市のゲストハウスウエディング「ミエル ココン」

    ミエル ココン

     
    __ミエル シトロン

    ミエル シトロン

    ミエル シトロン

    三重県四日市市のゲストハウスウエディング「ミエル シトロン」

    ミエル シトロン

     
    __クルヴェット名古屋

    クルヴェット名古屋

    クルヴェット名古屋

    愛知県名古屋市のゲストハウスウエディング「クルヴェット名古屋」

    クルヴェット名古屋

     
    __ラピスアジュール

    ラピス アジュール

    ラピス アジュール

    静岡県静岡市のゲストハウスウエディング「ラピス アジュール」

    ラピス アジュール

    _ラピスアジュール RSS
    __マンダリンアリュール

    マンダリン アリュール

    マンダリン アリュール

    静岡県浜松市のゲストハウスウエディング「マンダリン アリュール」

    マンダリン アリュール

    マンダリンアリュール RSS
    __ヴェルミヨンバーグ

    ヴェルミヨンバーグ

    ヴェルミヨンバーグ

    愛知県 名古屋市 丸の内のゲストハウスウエディング「ヴェルミヨンバーグ」

    ヴェルミヨンバーグ

    ヴェルミヨンバーグ RSS
    __ブルーレマン名古屋

    ブルーレマン名古屋

    ブルーレマン名古屋

    愛知県名古屋市のゲストハウスウエディング「ブルーレマン名古屋」

    ブルーレマン名古屋

     
    __ルージュブラン

    ルージュブラン

    ルージュブラン

    愛知県一宮市のゲストハウスウエディング「ルージュ:ブラン」

    ルージュブラン

    ルージュブラン RSS
    __オランジュベール

    オランジュ:ベール

    オランジュ:ベール

    愛知県日進市のハウスレストラン「オランジュ:ベール」

    オランジュ:ベール

    オランジュベール RSS
    __ブルーブラン

    ブルー:ブラン

    ブルー:ブラン

    愛知県岡崎市のゲストハウスウエディング「ブルー:ブラン」

    ブルー:ブラン

    ブルーブラン RSS
    __ブランベージュ

    ブランベージュ

    ブランベージュ

    愛知県安城市のゲストハウスウエディング「ブラン:ベージュ」

    ブランベージュ

    ブランベージュ RSS
    __マンダリンポルト

    マンダリンポルト

    マンダリンポルト

    愛知県常滑市のゲストハウスウエディング「マンダリンポルト」

    マンダリンポルト

    マンダリンポルト RSS
    __ヴェールノアール

    ヴェールノアール

    ヴェールノアール

    岐阜県羽島市のゲストハウスウエディング「ヴェールノアール」

    ヴェールノアール

    ヴェールノアール RSS
    __ルージュアルダン

    ルージュアルダン

    ルージュアルダン

    愛知県豊橋市のゲストハウスウエディング「ルージュアルダン」

    ルージュアルダン

    ルージュアルダン RSS
    __アージェントパルム

    アージェントパルム

    アージェントパルム

    愛知県豊田市のゲストハウスウエディング「アージェントパルム」

    アージェントパルム

    アージェントパルム RSS
    __ミエルクローチェ

    ミエルクローチェ

    ミエルクローチェ

    三重県鈴鹿市のゲストハウスウエディング「ミエルクローチェ」

    ミエルクローチェ

    ミエルクローチェ RSS

    ノマドランドとパームスプリングス

    アカデミー作品賞最有力で

    「あなたの人生を変えるかもしれない
    特別な作品」

    と、銘打たれたなら見るしかない。

    それが「ノマドランド」だ。

    unnamed

    監督はクロエ・ジャオという中国出身の女性で
    原作は小説ではなくノンフィクションとのこと。

    確かに映画はドキュメンタリーのように展開する。

    主人公はたぶん60歳くらいの初老の女性。

    ひとりでキャンピングカーでアメリカを放浪している。

    といっても優雅な旅ではなく
    家も家族も故郷すら失い
    働きながら車で生活をするしかない状況なのだ。

    驚くべきことにそんな老人たちが
    アメリカに大勢いるという。

    しかも男性ではなく女性が多いとのこと。

    「なぜ、そんなことが起きているのか」

    それは映画を見るか
    興味があれば調べてもらうことにして
    この映画はもしもDVDで見てしまったら
    多くの人がつまらない映画と思ってしまうかもだ。

    ま、どんな映画も大スクリーンで集中して観なければ
    伝わるべきことも伝わらないのは同じなのだけど。

    主人公が旅を続ける中で
    四季折々に映し出されるアメリカの大地は美しい!

    「アメリカって、当たり前だけど広いな〜」

    家がなくなって故郷を失い
    どうしようもなくなって
    キャンピングカーで暮らし始めたけど
    それって悪いことじゃなくて
    むしろ人生の晩年に相応しいのかと思えてくる。

    人は旅をする生き物だし
    アメリカ人の先祖は世界各国から
    アメリカンドリームを夢見て大陸に渡ってきた
    人々なのだから。

    アカデミー作品賞に輝けば
    拡大ロードショーになるのでみなさんもぜひ!


    PS.
    オンラインを含めて10回以上開催した
    今年の新卒の会社説明会が終わった。

    会社の部活紹介をするコーナーがあり
    その中で「映画部」に興味を示す就活生が多い。

    で、久しぶりに名古屋映画部を開催した!

    unnamed

    「主人公が毎日結婚式をする映画」

    と、聞いたからには観るしかない!

    ところがだ・・・。

    ブラス映画部史上最低の活動をしてしまった。 

    映画部

    「西川部長と水田副部長は
    しばらく謹慎だな(笑)」

    詳細は映画部メンバーに聞いてください。

    結婚式リポート

    ブラスには結婚式業界では珍しいと思われる制度が
    いろいろとある。

    珍しいということは業界においては
    大なり小なり非常識ということ。

    ブラスは独自の道を歩んでいると
    僕自身は思っているので
    一つひとつの打ち手は変に思われていい。

    しかしそれがつながった時に
    マイナスだと思われていたことが
    大きなプラスに転じると信じて実行しているのだ。

    (そのあたりの競争戦略を話し始めると
    熱くなって2時間コースになってしまいます)

    その中で社員にかなり喜ばれているであろう
    制度の一つが結婚式リポートだ。

    それは結婚式に出席したら
    その結婚式の様子を自分なりの感想を含めて
    書いて提出するもの。

    もちろん強制ではないけど
    ブラスの結婚式であろうと他社の結婚式であろうと
    招待されたら出席していいんだよという
    一つのメッセージだ。

    「そんなの当たり前でしょ」

    と、思われがちだが
    本番も新規も打ち合わせも
    土日に集中する結婚式業界において
    土日に休むことは許されない時代が長かったから。

    最近は働き方改革で社会全体が
    いい方向に変わってきているので
    自慢するほどのことでもないけど
    積極的に結婚式に出席しようと
    創業当時から推奨してきたのだ。

    その上で喜ばれていることは

    「祝儀を全部じゃないけど会社が負担する」

    という制度だ。

    ブラスの結婚式にゲストとして参加したなら
    新郎新婦を祝福して十分に楽しみつつも
    心の隅に冷静な目をもって感じたことを
    遠慮することなくリポートに書いて欲しいのだ。

    それは大なり小なりカイゼンにつながり
    それぞれのお店とブラスの成長につながる。

    他社の結婚式ならいいことも悪いことも
    書き記すことによりこれもウチの成長につながる。

    ま、招待されるほど親しい友人なら
    ブラスで結婚式を挙げて欲しいのは山々だけど
    その理想にたどり着くまではこうした地道なことを
    積み重ねるしかないのだ。

    そんなリポートをじっくりと読むことが
    僕の楽しみでもあるのです。

    レストラン「リバーシ」へ行く

    ブラスには150名以上の料理人とパティシエが
    社員として在籍している。

    結婚式業界をあまり知らない人に

    「社員の三分の一は、厨房チームなんですよ」

    と話すと案外驚く。

    そして女性の料理長がいて
    厨房メンバーの半数以上は女性だというのは
    大きな自慢であり、たぶん女性比率は日本一だと思う。

    「最高の結婚式には、最高の料理を」

    そんな熱い気持ちを持って婚礼料理を作る
    ウチの厨房チームは会社の誇りだ。

    「技術を身に着ければ世界中で働ける職業だぞ。
    言葉が話せなくとも働けるなんて
    料理人ぐらいしか思い浮かばないよ」

    さらに健康であれば、生涯現役でいられる。

    「80歳まで働くつもりで、一歩一歩成長しよう」

    若い社員にはそう話している。

    「いつかは自分のお店を持ちたいです」

    こう話すメンバーも多いし
    料理人として大きな夢であり目標だと思う。

    「独立を目指す社員を応援する会社でありたい」

    その為にどうしたらいいのかは
    僕なりに試行錯誤してきた。

    とはいえ料理長たちが次々に独立すると困るけど(笑)

    そんな中、長年に渡りブラスに貢献してくれた
    岡本シェフが念願の独立を果たした!

    7A7ECCBC-FB3C-4F5E-ABBD-02A3FE631FB9

    場所は岡本シェフの地元である
    静岡県浜松市。

    浜松駅から車で10分ほどの場所にある。

    CB9C1D3F-B989-484F-8E03-459DF6CC75E2

    店名は「Re:VERSI」(リバーシ)

    そこにお祝いを兼ねて
    精鋭メンバー?と共に行ってきた。

    (集合写真を撮り忘れてしまいました・・・)

    1435D18B-4A76-4090-A844-3B1C4EBD9FD8

    東京、大阪、名古屋などで
    勉強のためと言いつつもレストランが大好きなので
    沢山のお店に通ってきた。

    そんな僕がお世辞抜きで
    リバーシにはいいレストランの条件が
    揃っていると言い切れる。

    3972B836-CF39-4E2D-A657-3AA856A0C759

    「美味しい!見た目も美しいね〜」

    レストランの内装も食器も
    選び抜かれていて感動した。

    2BA3431D-CB66-43C3-B258-DE6321D5C978

    なによりオープンキッチン越しに働く
    岡本シェフの姿がカッコいい!

    さすがブラスで「サムライシェフ」の異名も持つほど
    すべてに妥協しない男の姿だ。

    ブラスでの修行がこのお店をつくるための
    あらゆる面で生かされたのなら
    こんなにうれしいことはない。

    「おめでとう!岡本シェフ」

    ブラスメンバーとブラスファミリーのみなさん。

    浜松に遊びに行ったのなら
    ランチでもディナーでも迷わずここへGOですよ!!

    ミナリ

    アカデミー作品賞の最有力候補だと評判の映画
    「ミナリ」を観た。

    unnamed

    「農業の成功を夢見て韓国からアメリカの
    アーカンソー州にやってきた一家の物語」

    今から約40年前
    1980年代のアメリカを舞台に物語は展開する。

    冒頭のシーンで流れる音楽に
    僕から上の世代は鋭く反応するはずだ。

    「えっ、これって、北の国からじゃないの〜」

    さだまさしがハミングするあのメロディーを
    思い出さずにはいられないのだ。

    それが田舎へ移り住む家族の話しとくれば
    北の国からへのオマージュ的作品ではないかと思う。

    (僕の勝手な想像かもしれないけど・・・)

    それはともかく、ほとんどの会話が
    韓国語で成り立っているのだから
    この映画は韓国映画だと思う。

    昨年のパラサイトに続き
    今年も作品賞級の作品を送り出すとは
    韓国映画界に尊敬の念を抱かずにはいられない。

    「言葉の壁はすでにないことが証明されたぞ。
    日本映画界は、なにやっとる〜〜」

    と、映画ファンならカツを入れたくなるところだ。

    チョン監督は自分の幼少時代の体験をもとに
    脚本を書いたとのこと。

    それがただのアジア人の移民物語で終わることなく
    世界中の人々が共感できる
    映画に仕上がっていることが素晴らしい。

    それにしても韓国から娘のためにアメリカにやって来た
    おばあちゃんがホントにいい味出してる。

    ま、そのおばあちゃんが
    いろいろとやらかすんだけどね。

    ラストの二つのシーンが好きだ。

    書けないけど、家族っていいなと心から思える。

    賞レースの有力候補が次々に公開されるこの時期は
    いい映画が目白押し。

    映画館にGOですよ! 

    入社式 2021

    今週の月曜日、3月29日に入社式を行った。

    「社員全員で新しい仲間を迎えるぞ!」

    そんな意気込みで新入社員を盛大に迎えるのが
    ブラスの伝統だ。

    ブラスバンド部の演奏に始まる
    笑いあり涙ありの入社式は社長として
    一年で一番うれしい日だと毎年話しをしてきた。

    なぜなら毎年一定のペースで新卒を採用することは
    会社の成長のあかしであり
    新社会人を一から育てることは大きな社会貢献だからだ。

    採用の人数と同じだけ退職者がいたら
    成長のあかしとは言えないけどね(笑)

    そして今年。

    説明するまでもないほど
    結婚式業界は苦しい一年を過ごしてきた。

    毎年毎年確実に新しいお店をつくってきたブラスも
    出店を止めるしかなかった。

    それは新卒採用活動において
    何名採用するかを迷うということにつながる。

    今年の採用は見送るという苦渋の決断をした
    同業他社もあることも事実だし。

    0326入社式 (2)

    そんな情勢の中
    何とか34名の新入社員を迎えた!

    0326入社式 (3)

    昨年は地区に分けて行った入社式を
    今年は全新入社員を集めて行うことができた。

    0326入社式 (5)

    まずは僕が目の前の新入社員と
    オンラインでつながっている
    ブラスメンバーに向かって熱を込めて話す。

    0326入社式 (6)

    「オンラインでも思いを伝えることはできる!」

    0326入社式 (8)

    「この一年で得た経験をもとに共に成長しよう」

    0326入社式 (9)

    真新しい制服に身を包んだ新入社員に
    名刺とバッジをひとり一人に贈る。

    0326入社式 (10)

    マスクを外し、ガッチリと握手やハグを
    堂々とできる日が必ず来る。

    0326入社式 (12)

    それは希望的観測ではなく
    パンデミックには必ず終わりがあるということを
    歴史が証明してくれているからだ。

    0326入社式 (13)

    中盤は先輩社員が経験談を熱く語る。

    0326入社式 (15)

    「ゆうすけも、さかもも、成長したな〜」

    話しながら思わず涙ぐんでしまうのは
    高い壁を一つひとつ乗り越えてきた証だ。

    0326入社式 (17)

    それを聞けば、鬼の目にも涙だな(笑)

    0326入社式 (20)

    毎年作り続けてきた一年間の記録映像は
    今年に限り内容は薄くならざる得ないけど
    グループ会社のリリックスが時間をかけて
    練りに練って作りこんだ!

    0326入社式 (21)

    苦しい中で一つひとつの結婚式を
    最高にするべく戦ってきた様子が伝わったならうれしい。

    そしてなぜか新入社員退場の場面で
    南沙織の「17才」という曲がかかる。

    「なんで〜」

    「社長、17期生のテーマソングですよ!」

    僕は尾崎豊の「17歳の地図」を推したのだが
    篠山紀信さんの奥様ということで
    南沙織(昔のトップアイドル)に落ち着いたらしい。

    0326経営理念 (9)

    いつもながら
    「人間万事塞翁が馬だ」

    学生生活の最後の年に
    ステイホームを余儀なくされた君たちにはきっと
    幸運の女神がほほ笑む日が来ると思う。

    河合達明探検隊

    大ヒットテレビ番組
    「川口浩(ひろし)探検隊シリーズ」が好きだった。

    「えっ、なんですか、それ」

    ほとんどの読者が知らないのも無理はない。

    昭和の古い特番だから。

    簡単に説明すると
    川口浩隊長が南半球のジャングルを中心とした
    世界各地の秘境に猛獣や未確認動物
    などを求めて
    探検をする番組だ。

    midlle03

    幼い頃の河合達明少年は
    手に汗を握りながらテレビの前で正座し
    川口隊長が体を張ってサバイバル姿に
    強いあこがれを抱いた。


    そして今。

    「今は亡き川口隊長に成り代わって
    俺が立ち上がるしかない」

    001

    「何を探しに行くんですか・・・?」

    と、アホなことをつぶやいた読者には
    まずは一つ目の「カツだ〜」

    「コロナという疫病を退散させるには
    伝説の妖怪アマビエを発見するしかないぜよ!」

    480px-肥後国海中の怪(アマビエ/アマビヱ)

    我々探検隊は、愛知県の山奥の「しあわせ村」に
    アマビエが生息しているとの貴重な情報を得た。

    002

    「おい、森の中に何か浮かんでるぞ!」

    004

    ほふく前進だ!

    005

    「ジャーン!ジャジャジャジャーン」

    番組ならここで派手な効果音が流れる違いない。

    なんと守り神の向こうに、巨大な大仏が現れる。

    006

    「妖怪アマビエの生息地を教えてください」

    大仏様より天啓を得た僕たち探検隊は
    さらに奥地へすすむ。

    008

    「おっ、何かいるぞ!」

    009

    アマビエは水辺にいるのか。

    番組ではダイナミックなナレーションが入る場面だ。

    010

    「カッパ君か〜」

    011

    貴重な発見だが、今回の目的ではない。

    カッパを逃がし
    探検隊はさらに奥へ奥へとすすむ。

    014

    「もしかして、鬼太郎とねずみ男ですか・・・」

    015

    「同じ妖怪仲間ですよね。
    アマビエがどこにいるか教えてください」

    「あっちにいるよ」

    素直に指示に従う。

    016

    「アマサンだろ!!」

    ねずみ男を信じた俺がバカだった。

    017

    「もしかしてそのエビは、エビザベスですか」

    そんなブラスネタを呟いている場合じゃない。

    一刻も早く、アマビエを探さねば。

    018

    三日三晩歩き続けると森の中に草原が広がっている。

    「もしかして、あれは・・・」

    019

    隊長が先頭を切って突き進む!

    020

    「みんな来い!いたぞ〜」

    021

    「これは、アマ・・・・・・エビかな・・・」

    022

    あまりのくだらなさに失笑した読者には
    ここで二つ目の「カツ!」を入れなければならない。

    「探検はホップ、ステップ、ジャンピング〜だろ」

    アマサン、アマエビとくれば、次こそ本物に違いない。

    「おい、あの大きな木の下に何かいるぞ!」

    023

    「とうとう見つけた!
    あれこそ疫病を退治する伝説の妖怪アマビエだ〜」

    024

    河合達明探検隊は命がけの探検の末
    とうとうアマビエに出会った。

    「美しいお姿ですね、アマビエ様。
    コロナという疫病をどうか退治してください」

    願いが通じればコロナは終息へ向かうはず。

    「俺の手柄と世間の人々は知らなくていい」

    人々がマスクを外して
    心置きなく飲んで食べて大いに語らい
    以前のような日常が戻ればそれでいいのだ。

    「探検隊と言いつつ
    隊員がひとりもいないじゃないですか」

    そんな細かなツッコミに付き合っているヒマはない。

    「俺達には次の探検が待っている」

    なお、河合達明探検隊に入りたい読者がいれば
    かなり厳しい訓練が待ち受けていることを承知の上で
    ぜひとも応募して欲しい。

    026

     次の冒険は何だ。

    「俺たちの旅に終わりはないぜよ」

    思いを新たにした4月1日の朝であった。

    おめでとう!桑田と佳奈

    3月23日に結婚式を挙げたのは
    桑田一樹と大石佳奈。

    桑田・大石W (13)

    二人は愛知県豊橋市にある
    ここルージュアルダンで先輩後輩として出会った。

    桑田・大石W (1)

    桑田は新卒12期生として入社し
    今ではトヨタのお店の支配人として
    堂々とお店を切り盛りしている。

    桑田・大石W (2)

    佳奈は新卒11期生のウェディングプランナーして入社し
    ここアルダンで成長し大阪のお店で腕を磨き
    今は日進のオランジュでチーフとして働いている。

    そんな経験豊富な二人の結婚式はどうなるのか。

    桑田・大石W (4)

    この時期に結婚をしようと決意した
    多くのカップルと同じく
    二人も悩みに悩んで今日の日を迎えた。

    桑田・大石W (7)

    「だからこそ、最高の一日にしようぜ!」

    桑田・大石W (10)

    火曜日はブラスの定休日ということもあり
    二人の故郷アルダンに大応援団が駆け付けた。

    桑田・大石W (12)

    そんな二人を祝福するかのように
    美しい青空が広がる。

    桑田・大石W (18)

    桑田は広島出身で佳奈は岐阜の大垣出身。

    それでも豊橋に集まってくれる心意気がうれしい!

    桑田・大石W (22)

    そして始まった人前式。

    桑田・大石W (23)

    この日を待ちに待ったお母さんが
    万感の思いを込めてベールダウンをする。

    桑田・大石W (26)

    お互いが心から愛し合っている気持ちが伝わってきて
    気持ちがいい!

    桑田・大石W (28)

    お父さんの目に涙が浮かぶと

    桑田・大石W (29)

    新郎桑田が号泣し
    佳奈は満面の笑顔だ(笑)

    桑田・大石W (32)

    「いいシーンだな〜」

    人前式は言葉に尽きると思う。

    (お母さん、ブログに載せましたよ!)

    桑田・大石W (36)

    フラワーシャワーから丘の上のガーデンに登場したのは

    桑田・大石W (34)a

    名古屋名物のどて煮だ。

    桑田・大石W (34)

    そしてカープ女子と共に
    広島名物の広島焼をシェフたちが焼き立てでふるまう!

    桑田・大石W (38)

    「こりゃサイコーだな。今日も張り切っていくぞ」

    桑田・大石W (39)

    桑田の同期チーム。

    桑田・大石W (40)

    佳奈の同期も大勢来てるな〜。

    桑田・大石W (41)

    二人が出会った時のアルダンメンバーだ!

    桑田・大石W (43)

    桑田が支配人をしている
    パルムチームも応援に来てるな。

    桑田・大石W (44)

    オランジュも負けてないぞ。

    桑田・大石W (45)

    さらに大阪からも!

    桑田・大石W (42)

    ブラスオール!

    「桑田と佳奈は愛されてるな〜」

    桑田・大石W (46)

    ここでお色直しをするのが
    ウチのプランナー花嫁が好むスタイルだ。

    ウェディングドレスから
    パーティーで動きやすいウェディングドレスへ。

    桑田・大石W (47)

    桑田は長身で広島一のハイジャンプの選手だったし
    佳奈は岐阜一の女子ゲーマー(笑)だから
    美男美女の二人にベストコーディネートだ。

    桑田・大石W (51)

    初めて経験する主賓挨拶は誰もが緊張するはず。

    それも社長の僕を差し置いてだから(笑)

    そんなプレッシャーを跳ね除け
    出会った時の上司である田中大貴は
    二人を心から祝福するスピーチをした。

    アッパレだ!

    桑田・大石W (52)

    新郎とダンサーズが踊って乾杯準備をすれば

    桑田・大石W (54)

    ここは僕の出番。

    桑田・大石W (56)

    新郎新婦とプランナーの要求通りのことをすることが
    僕の役割なのだ。

    桑田・大石W (59)

    「桑田は走り高跳の名選手だったけど
    僕は反復横跳びで愛知一だったからね〜」

    などなど採用面接で思い出深い二人だけに
    乾杯の発声を忘れるほど語りつくしたのだった。

    桑田・大石W (62)

    厨房も今日はスペシャルチームだ。

    桑田・大石W (63)

    ミッフィーちゃんからの謎のお祝いムービーがあり
    しゅんすけシェフがスペシャルメニューを紹介する。

    桑田・大石W (65)

    ウェディングケーキはもちろんガーデンで。

    桑田・大石W (66)

    同僚のはるなが二人のために渾身の作品をつくる。

    桑田・大石W (68)

    「危ない、芝生で滑らないぞ〜」

    桑田・大石W (70)

    大貴へのサンクスバイトのあとは

    桑田・大石W (74)

    アルダン名物ファーストバイト隊の登場だ。

    桑田・大石W (75)

    桑田だからマットに扮してもね・・・。

    「そりゃ、わからんでしょ。デブもいるし(笑)」

    だけど、面白い!

    忘れかけていた伝統をここで蘇らせるとは
    これまたアッパレだ。

    桑田・大石W (76)

    中座は弟さんと。

    桑田・大石W (79)

    桑田は同期のメンズチームと。

    桑田・大石W (112)

    後半はやっぱり和装だ。

    桑田・大石W (81)

    リメイク入場に豊橋名物の手筒花火を持ってくるとは

    桑田・大石W (83)

    盛り上がるね〜。

    桑田・大石W (85)

    これまた、大アッパレだ。

    桑田・大石W (86)

    和装をコーディネートしたのは
    桑田の大学時代の陸上部の同僚であり
    ウチの翔風館の和装スペシャリストのどかさん。

    桑田・大石W (89)

    再びカープ応援団が踊り
    ビュッフェもガーデンで豪華だ!

    桑田・大石W (92)


    桑田・大石W (94)

    イチゴ狩りだね。

    桑田・大石W (95)

    インタビューで予想通り
    もりこが大泣きし

    桑田・大石W (96)

    久しぶりに宴中でブラスプレゼンツ。

    桑田・大石W (98)

    考え抜いた進行だ。

    桑田・大石W (100)

    何も言わずとも最後をビシッと決めるあたり
    さすがプランナーカップル。

    桑田・大石W (101)

    「新郎新婦として経験する結婚式はどうだった」

    桑田・大石W (102)

    「夢のような時間だったよね」

    桑田・大石W (104)

    僕たちゲストも時を忘れて心から楽しんだ。

    担当の日高は巨大なプレッシャーの中
    ホントにホントによくやったぞ。

    だから最後は心置きなく泣いていいんだ。

    桑田・大石W (107)

    終了後は全メンバーでもう一度祝福を贈る。

    桑田・大石W (105)

    なんか知らんけど、踊り始めるし(笑)

    桑田・大石W (108)

    最後は名物の胴上げで締める。

    桑田・大石W (114)

    夕方からは平日にもかかわらず

    桑田・大石W (116)

    二人が担当した夫婦がたくさん駆け付ける。

    ウェディングプランナー冥利に尽きるね。

    桑田・大石W (117)

    この日のサポートチーム。

    特にエンドロールの仕上がりは抜群だった。

    桑田・大石W (113)

    ホッとした担当の日高が
    やっと満面の笑みを浮かべる。

    「おめでとう!桑田と佳奈」

    佳奈は桑田を支えつつも
    プランナーとしてこれからも成長してな。

    桑田はトヨタで大輪の花を咲かせてくれ!!

    幸せな一日でした。 

    PJ祭り 2021

    この一年間は学校生活で記念になるべき行事が
    ことごとく中止に追い込まれた。

    少年少女の無念さを想像すると
    大人として心が痛い。

    社会人になってから経験するコロナ禍の一年と
    青春時代を生きる学生諸君にとっての一年は
    やはり重みが違うと思うのだ。

    「人生は思い出作り」

    僕たちブラスメンバーも社会人とはいえ
    会社の行事を大切にしてきたし楽しみにしてきた。

    それがほとんどない一年はホントに寂しかった。

    それでも最も大切に育ててきた3月の恒例行事である
    「PJ祭り」を何とか開催しようと模索してきた。

    「PJ祭り」とは卒業や就職を機に
    ウチのアルバイトを引退する
    PJのための卒業式とパーティー。

    「以前のようにそれぞれの地区で集まって
    余興大会やバンド演奏で派手にはできないけど
    各店ごとにできることをやろうよ」

    毎年毎年ほぼフル参加していた僕としては
    苦渋の決断だ。

    23店舗を回ることは不可能で
    開催日も重なってるから。

    「別に社長いなくても、十分に盛り上がりますよ」

    支配人会議で告げた時に
    それぞれの支配人の顔にそう書いてあったし(笑)

    心配なことだらけだったけど
    それぞれの会場から送られた写真を見て報告を聞くと
    これで良かったのだと思えた。

    CNPJ祭り (2)

    新しい発見も沢山あったしね。

    CNPJ祭り (1)

    飾りつけをしっかりとし
    想い出の写真は当然貼るべし。

    CNPJ祭り (4)

    司会は一番上手いプランナーがやるでしょ。

    CNPJ祭り (6)

    卒業PJが制服を着るのも定番だ。

    CNPJ祭り (8)

    毎年恒例の記念グッズは
    全員の手に渡ったよね!

    CNPJ祭り (14)

    クルヴェットはシェフチームが
    ワンプレートディナーを用意。

    「うん、こりゃ美味い!」

    CNPJ祭り (18)

    ソーシャルディスタンスを守っての
    ケーキ入刀だ(笑)

    CNPJ祭り (21)

    ファーストバイトもね!

    CNPJ祭り (26)

    ゲームもソーシャル!

    CNPJ祭り (37)

    優勝チームにはしっかりと賞品を。

    CNPJ祭り (38)

    デザートは一番のお楽しみ。

    CNPJ祭り (40)

    シェフチームの心意気が伝わってくる。

    CNPJ祭り (43)

    司がどうしても歌えというから(笑)

    CNPJ祭り (46)

    「夜空ノムコウ」は心に響いたかな。

    CNPJ祭り (49)

    演奏のラストはこの日のために
    練習を重ねた「さくら」を合唱。

    CNPJ祭り (50)

    合唱は歌っても聞いても
    なんか泣けるんだよね。

    CNPJ祭り (52)

    最後は卒業式。

    CNPJ祭り (55)

    それぞれの卒業PJに思い入れがあるプランナーが
    自分で書いた贈る言葉と共に卒業証書を渡す。

    CNPJ祭り (56)

    この時間が好きだな。

    CNPJ祭り (61)

    結婚式とクルヴェットを愛してくれたことが
    ヒシヒシと伝わる答辞を聞けば自然に涙が流れる。

    CNPJ祭り (64)

    ラストは全会場でこの歌を歌ったはず。

    CNPJ祭り (65)

    記念写真もきっとこんな感じで。

    CNPJ祭り (66)

    僕はこの会場にしか参加できなかったけど
    全会場でそれぞれの感動があったと信じている。

    CNPJ祭り (71)

    「全会場の卒業PJにみんな、ありがとう!!!」

    CNPJ祭り (70)

    「PJが会場と結婚式を愛し、アルバイトの枠を超えて
    全力で働いた時、最高の結婚式ができる」

    CNPJ祭り (72)

    新郎新婦と一緒になって
    時には仮装して踊ることもね(笑)

    「学生生活最後の一年がコロナ禍なんて
    なんて不運な世代なんだ」

    だけど運も不運もめぐるもの。

    「この先にいいこときっとあるぞ!
    だからこそ元気で生きていこう。
    そしていつか帰って来いよ〜」


    PS.
    あとは各店から送られてきた写真を
    少しだけど載せておくね〜。

    VBPJ祭り (1)


    VBPJ祭り (2)


    VBPJ祭り (5)


    BLNPJ祭り (2)


    BLNPJ祭り (3)


    BLNPJ祭り (6)q


    AHPJ祭り (0)

    AHPJ祭り (2)

    AHPJ祭り (1)

    MCCPJ祭り2


    MCCPJ祭り


    MCCPJ祭り4


    OVPJ祭り2


    OVPJ祭り


    OVPJ祭り3


    福寿 熊谷守一 2

    長年の友人から早朝に電話があるとドキッとする。

    「おい、会社は大丈夫か」

    どうやら結婚式業界で有名な会社の記事を
    朝刊で読んで心配したらしい。

    その会社を完全子会社化したのは
    名古屋の有名企業ということも相まって。

    「こうして朝までぐっすり眠っているから
    まだまだ大丈夫だ!」

    ま、社長人生も長いので
    布団に入ってまで考え事をしたところで
    いいことはないと経験上わかっている。

    「布団は眠るところであって
    考え事をする場所じゃない」

    本を読んだり、ゴロゴロしたりするのはいいけどね。

    それに社長人生はまだまだこれから。

    仕事でもスポーツでも
    致命傷さえ追わなければ
    どれだけでも挽回はできるのだ。

    「とにかくしつこく粘っていたら
    まわりが不思議にいなくなり
    気づくと僕が残ってました。
    僕が才能や環境に恵まれていたわけじゃないのに」

    歴史に残る人物の伝記で
    こんな感じの文章を幾度も読んだ気がする。

    thumbnail_IMG_2427

    これは亡くなっても今なお多くのファンがいる
    熊谷守一の書。

    「みなさん知ってますか、伝説の画家熊谷守一を」

    随分前にブログに書いたことを思い出し
    検索してみるとやっぱり!

    2005年の8月のブログに書いている

    このころの文章は「です、ます調」で固いけど
    久々に読み返すと我ながら初々しくていいナ(笑)

    「そうだ、守一先生の言うとおりだ」

    自分にできないことを世の中に合わせたって
    どうしようもない。

    結婚式業界は確かに苦しいけど
    しつこく粘りに粘って生き抜くぞ。

    おめでとう!ビリーとモモ

    3月7日に結婚式を挙げた新婦は
    新卒10期生のウェディングプランナーとして入社し
    ここルージュブランで100組以上の担当をしてきた
    「モモ」こと眦津躬辧

    桃子・ビリー(颯汰)w (1)

    そして隣に立つ新郎は学生時代に
    ここルージュブランでPJ(アルバイト)として
    最強のサービスチームを作ってきた頼れる男
    「ビリー」こと松久颯汰。

    桃子・ビリー(颯汰)w (16)b

    ブラス史上初の男子PJと
    プランナーのカップル誕生なのだ。

    桃子・ビリー(颯汰)w (8)

    それにしてもビリー。
    よくモモを射止めたな〜(笑)

    桃子・ビリー(颯汰)w (12)

    ルージュを愛するモモのために
    ビリーが現役時代の仲間までも集まり
    結婚式の大成功を誓う!

    桃子・ビリー(颯汰)w (17)

    まずはモモが愛する「モモバックス」のコーヒーで
    ゲストを迎える。

    桃子・ビリー(颯汰)w (19)

    モモが担当した夫婦も続々と集まり
    二人を祝福する。

    「プランナー冥利に尽きるね〜」

    桃子・ビリー(颯汰)w (23)b

    同期の仲良し?四人組も集結し
    たぶん爆笑を誓う。

    桃子・ビリー(颯汰)w (24)

    コロナの影響でこの日にたどり着くまで
    両家共に悩みながら対話を重ねてきたと思う。

    桃子・ビリー(颯汰)w (27)

    だからこその感動が人前式にあった。

    桃子・ビリー(颯汰)w (28)

    新卒で苦楽を共にした、サクの涙もよかったね。

    桃子・ビリー(颯汰)w (33)

    ウェルカムビュッフェはモモの大好きな
    生ハムづくしだ。

    「まさかイベリコしゃぶしゃぶまで用意するとは
    やるね、ルージュチーム!」

    桃子・ビリー(颯汰)w (35)

    ウェルカムドリンクはモモだけに桃シャンパン。

    「これも美味い〜」

    桃子・ビリー(颯汰)w (36)

    「さぁ今日も、やったりますよ〜!」

    桃子・ビリー(颯汰)w (37)

    10期チーム!

    桃子・ビリー(颯汰)w (38)

    ブラスオール!

    桃子・ビリー(颯汰)w (43)

    ゆっくり楽しんでいるうちに新郎新婦入場。

    桃子・ビリー(颯汰)w (46)

    乾杯準備ではビリーが魅せた!

    現役PJを従えて貫禄の乾杯準備パフォーマンスだ。

    桃子・ビリー(颯汰)w (48)

    ほとんどの写真がこのモモちゃんポーズ。

    意味はないらしい(笑)

    桃子・ビリー(颯汰)w (50)

    僕が乗るバイクもモモ色とは
    さすがこだわりのルージュブランだ!

    桃子・ビリー(颯汰)w (49)

    自分で言うのもなんだが「乾杯長渕」はお手の物。

    「気持ちよ〜く、歌いました」

    桃子・ビリー(颯汰)w (56)

    「ビリー、あこがれのモモと結婚できるなんて
    三国一の幸せモンだぞ」

    桃子・ビリー(颯汰)w (59)

    おっと、キッチンから登場したのは・・・。

    桃子・ビリー(颯汰)w (58)

    桃太郎シェフだ。

    桃子・ビリー(颯汰)w (62)

    さらに鬼の野々垣シェフも現れ
    二人のために作る料理を紹介する。

    桃子・ビリー(颯汰)w (66)

    ガーデンに登場したウェディングケーキは
    長年ルージュで苦楽を共にした
    なつきが愛情を込めてつくった!

    桃子・ビリー(颯汰)w (67)

    そんなケーキにお約束のパフォーマンスをして

    桃子・ビリー(颯汰)w (71)

    ファーストバイトへ。

    桃子・ビリー(颯汰)w (71)b

    サンクスバイトはなんと司会の馬場さんへ。

    桃子・ビリー(颯汰)w (71)d

    ちょっとだけ司会を変わったのは
    アドリブなのだ(当たり前)

    桃子・ビリー(颯汰)w (76)

    モモは仲良しでとってもよく似ている
    弟さんと中座。

    桃子・ビリー(颯汰)w (79)a

    リメイク入場は和装で!

    桃子・ビリー(颯汰)w (80)

    ウェディングドレスから
    違うデザインのウェディングドレスに着替え
    リメイクは和装がウチのプランナーに人気のスタイルなのだ。


    桃子・ビリー(颯汰)w (82)

    何度も何度もプランナーとして踊ってきた
    「入場PJダンス」を自身でも披露。

    これもルージュの伝統なのだ。

    桃子・ビリー(颯汰)w (85)

    プレゼントコーナーのあとは

    桃子・ビリー(颯汰)w (87)

    ジイ支配人が登場しビュッフェタイムへ。

    桃子・ビリー(颯汰)w (89)

    これはスゴイ!

    桃子・ビリー(颯汰)w (88)

    デザートもいいけど、まだまだお肉を食べましょう!

    桃子・ビリー(颯汰)w (90)

    「比嘉ちゃん、いいこというね〜」

    桃子・ビリー(颯汰)w (93)

    さらにまさかの雄太郎インタビューだ。

    スライドまでこっそり用意するとは
    さすがリリックスのスパルタ社長だ(笑)

    桃子・ビリー(颯汰)w (95)

    ラストスピーチはキョンが思いのたけを語り

    桃子・ビリー(颯汰)w (97)

    フィナーレへと思いきや
    これにはホントに驚いた!

    桃子・ビリー(颯汰)w (99)

    新郎ビリーのお父さんが
    この日のために猛特訓をしたピアノ演奏を
    サプライズで披露したのだ。

    桃子・ビリー(颯汰)w (102)

    感謝の気持ちをまっすぐに伝えてお開きへ。

    桃子・ビリー(颯汰)w (108)

    最後はアンコールに二人とスタッフが答える。

    アンコールスタッフ紹介も
    ブラスならではの演出なのだ。

    桃子・ビリー(颯汰)w (111)

    ゲストを見送った後は「ブラスプレゼンツ」

    桃子・ビリー(颯汰)w (119)

    これは今日のパートナーたちだね。

    桃子・ビリー(颯汰)w (120)

    全員の心を一つにするからこそ
    最高の結婚式ができると改めて思う。

    桃子・ビリー(颯汰)w (120)aa

    「おめでとう!ビリーとモモ」

    みなプランナーとそれを支えた後輩も
    やっと安堵の笑みを浮かべ
    やり切った達成感をかみしめる。

    「どんな状況でも、それに合った最高の結婚式を目指す」

    全編にわたりその心意気が伝わってきて
    ブラス一号店であるルージュの姿勢に感動した。

    モモはゆっくりと子育てをして
    いつか帰って来いよ〜。

    あれから5年

    さかのぼること今から5年前。

    2016年3月9日にブラスは
    東証マザーズに上場を果たした。

    「3月9日だから、サンキュー上場だ」

    創業して上場までたどり着く会社は
    0.1%だという統計があるので
    信じられないくらい運がよかったと自分でも思う。

    なんといっても始まりは友達に頼まれて
    結婚披露宴の司会をしたことであり
    恥ずかしながら当時は「IPO」
    という言葉すら知らなかったから(笑)

    それでもハウスウェディング事業を始めてからは
    上場を視野に入れつつ経営をしてきたけど
    それが夢だと思ったことはない。

    では何のために上場をしたか。

    これは上場後に一番聞かれたことだ。

    答えは一つじゃない。

    「もっともっとブラスを成長させるためにしました」

    優等生的発言だけど
    それが最もしっくりくる。

    そしてその日のブログにも書いてある通り

    「自分の人生でこんなにも
    晴れがましい日が来るとは夢にも思わなかった」

    3e5cc364-s

    それは偽らざる気持ちで
    かなり浮かれていたのも確か。

    しかしその浮かれ気分が
    持続するのも一か月くらいだった。

    ま、何でもそんなもんだ。

    小学生の時に学級委員になりたくて
    照れ隠しでやりたくないと言いつつも
    友人に押されてなったはいいけど
    喜びもつかの間だった。

    22年前に会社を作って社長になり
    何の実績もないし売り上げもないのに
    名刺を作っただけで喜んでいたのも一瞬だった(笑)

    そんな例えはともかく
    この5年で学んだことは沢山ある。

    順調にお店を出して
    事業の拡大に伴い本社も移転した。

    成長するための様々な整備もさらに進んだ。

    そこにコロナが来た。

    「そして僕は知ってしまった
    小手先でやりくりしたって何一つ変えられやしない」

    byミスチル「any」

    創業23年でハウスウェディング事業を始めて17年。

    長いようでまだまだヒヨッコだ。

    日本の尊敬すべき会社の本を読めば
    独自のビジネスを展開して世に広めることは
    短期間でできないことがよくわかる。

    「待てる人間になれ、それも20年30年だ」

    上場して5年。

    まだまだここからが本番だ。

    名古屋グランパスと共に

    「Jリーグはどこのファンですか?」

    と、質問されたら迷わず
    「名古屋グランパスです」と答える。

    そりゃホームタウンだから当たり前だ。

    コロナの影響はさておきグランパスの人気がここ数年
    残念ながら高まっているとは言えない。

    ま、Jリーグ全体もやや低迷しているのだけれど。

    しかし世界的にみるとスポーツビジネスは活況であり
    日本においてもプロ野球の横浜ベイスターズなどが
    企業広告としての球団所有ではなく
    ビジネスとしてしっかりとした経営をしている。

    しっかりとした経営とは
    利益を上げて好循環を生んでいるということ。

    スポーツビジネスの話になると
    大好きな分野なので意見は沢山あるし
    結婚式場以外の経営で何をしたいかと問われたら

    「プロスポーツクラブを経営してみたいです」

    と、これも迷わず答える。


    この本を読めばスポーツがビジネスとして
    どれだけの可能性を秘めているかがよくわかる。

    そしてこの日本がスポーツビジネスにおいて
    どれだけのポテンシャルを秘めているのかも。

    その話はさておき我がグランパスが
    なぜビッグクラブになれそうでなれないかだ。

    グランパス前撮り (2)

    僕の勝手な意見は

    「こんなにも素晴らしいトヨタスタジアムがあるのだから
    寂しくはあるけど名古屋を捨てて
    豊田グランパスになりましょう!」

    名古屋市と豊田市を
    ダブルホームタウンにするには遠すぎし
    瑞穂競技場がホームスタジアムでは
    一流クラブにはなれない。

    世界的都市であるトヨタをホームタウンにすれば
    様々な問題が解決できてビッグクラブへの道を
    着々と歩み始めると思うのだ。

    優秀な経営人材だって
    トヨタには間違いなくいるし。

    「プロスポーツの最大の魅力と社会貢献は何か」

    このあたりを語り始めると
    とんでもなく長くなるのでこの辺にして
    まずは写真を見て欲しい。

    グランパス前撮り (3)

    「トヨタスタジアムの近くにある
    ブラスのアージェントパルムとグランパスは
    さらに深いパートナー契約をしました!!!」

    (詳しくはウェブサイトをぜひご覧ください

    グランパス前撮り (1)

    「スタジアムで最高の写真を撮れるし
    ファンにはたまらない企画満載です」

    アージェントパルムスタッフがフルサポートします!

    オンライン会社説明 2021 その2

    リアルでの説明会に比べて
    オンラインでするメリットは何か。

    0224オンライン (1)c

    採用チームは考え抜いたはず。

    今までブラスは説明会に参加しなければ
    選考に進めないやり方をしてきた。

    それはとにかくブラスという会社の企業文化を
    肌で感じて欲しかったから。

    説明会に人事担当だけじゃなく
    社員が大勢参加するのは
    どんな人と働くかを確かめて欲しかったから。

    0224オンライン 1日目 (4)

    が、しかし、それでよかったのか
    オンラインをしてみて反省すべき点があった。

    0224オンライン 1日目 (6)

    「日本は広いから、どうしたって説明会に参加できない
    就活生もいたよね」

    オンラインでは当たり前だが場所と時間の制約がないから
    全国津々浦々から参加できるし

    「ブラスバンドのブラスって、なんか面白そう」

    そんな軽い動機でもいい。

    大勢の就活生に存在を知ってもらうことが肝心だから。

    0224オンライン 1日目 (9)

    「みなさん、こんにちは。
    今は午後4時すぎだから、きっと自宅にいるよね。
    えっ、彼氏の家(笑)
    リラックスして聞けそうだから、夜までやろうか?」

    僕のウケ狙いのトークに
    それぞれがきっとツッコミを入れているだろうから
    それも画面越しのいいところだ。

    0224オンライン 1日目 (8)

    それでもウチの社風を伝えるために
    配信している会議室には多くのプランナーが集結し

    0224オンライン 1日目 (10)

    生花を前面に飾ったり、音質にこだわったり
    伝えるべきことを懸命に伝える工夫をしている。

    0224オンライン 1日目 (12)

    新卒一年目のプランナーが感じたことと
    ベテランプランナーの体験談は
    これからウェディングプランナーを目指す就活生が
    一番知りたいこと。

    0224オンライン 1日目 (15)

    男性に向けては若手支配人が熱く語る!

    0224オンライン 1日目 (18)

    質問コーナーももちろん健在だ。

    チャットで募集するからどんどん質問が集まり
    以外にも大いに盛り上がる!

    0224オンライン 1日目 (20)

    ラストは菅マネージャーがビシッと締めて
    初のオンライン説明会は大盛況だ。

    ※2日目オンライン説明会メンバー

    「状況に応じて工夫をし、新しいチャレンジをする」

    これは結婚式でも同じだね。

    0224オンライン 1日目 (21)

    コロナ禍という思いもよらぬ出来事が
    最も楽しむべき就職前の一年に重なってしまったことは
    今年の就活生にとって不運としか言いようにない。

    結婚式業界の採用人数も例年より少ないことも事実だし。

    「人生晴れたり曇ったり。
    人間万事塞翁が馬だよ」

    ブラスは今年も全力で採用活動することを約束します。


     

    オンライン会社説明会 2021 その1

    毎年この時期になると新卒採用のための
    「会社説明会ツアー」がいよいよ始まる。

    春には新卒17期生が入社するから
    次の18期生を採用するための説明会が
    今年もスタートしたのだ。

    会社説明会には深い深い思い入れがある。

    社員がシェフチームを含めて10名以下なのに
    思い切ってやってみた一年目。

    オープンしたばかりの小さな結婚式場を
    一つだけ持つちっぽけな会社ブラスに

    「どうしても、入りたいのです」

    と、就活生が言ってくれるのがうれしすぎて
    予定を大幅に超える10名も採用してしまった(笑)

    そんな経緯で採用した一期生たちは
    今も語り継がれるほどの獅子奮迅の活躍をしてくれた。

    勢いに乗って二年目は説明会の回数を増やし
    採用のための映像を作るなど工夫をして
    またも予定を大幅に超える採用をしてしまった。

    このあたりは計画に基づく判断というより直感なのだが
    ビビりつつも「ええい、採用してしまえ!」と
    思い切ることが僕の取柄であり
    経営者としてのセンスかもしれない。

    ま、自分で書くあたりは、かなり怪しいのですが(笑)

    「よ〜し、これがウチが生き延びるための
    採用活動の肝だ」

    そう決めてから現在に至るまで
    並々ならぬ力を採用活動に捧げ
    ブラスの根幹を支える社員を採用してきた。

    そして今年。

    「リアルで説明会をしたいのは山々ですが
    まずはオンラインから始めます」

    と、採用チームが決断をし
    初のオンライン説明会を開催したのだ。

    0224オンライン (1)

    「それでも、ブラス流のオンラインにしようぜ」

    続く・・・。

    すばらしき世界

    この映画のポスターを映画館で目にした時
    「これは傑作に違いない」と確信した。

    そりゃ西川美和監督の作品で
    主演が日本が世界に誇る名優役所広司だから
    映画ファンなら誰でも思うはず。

    subarashikisekai_pv

    刺青が入った怖そうでいて
    なぜか親しみを感じる男の表情がイイ。

    男の前にはなぜか花が舞っていて
    映画のタイトルが「すばらしき世界

    映画の中でいったいどんな
    「すばらしき世界」が展開するのか。

    物語は冬の旭川刑務所で主人公が
    長い刑期を終えて上京するところから始まる。

    かつて人を殺めたことのある男は
    はたして娑婆で人生をやり直すことができるのか。

    一筋縄でいくはずがない。

    刑務所から出た犯罪者が再び罪を犯す確率は
    半分以上あるとも聞く。

    役所広司が演じる三上という男の行動に

    「おいおい、馬鹿なことするなよ〜」

    と、声に出しそうになるし
    抑え切れない三上の恐ろしい暴力性を
    目の当たりにするとゾッとする。

    三上を愛すべき犯罪者として
    決して美化してはいないのだけど
    ついつい感情移入してしまうのはなぜだ。

    ま、思わず笑ってしまう場面があるのも
    この映画の大きな魅力なのだけど。

    さて映画の終わりに差し掛かるにつれ
    三上は善意あふれる人々の支えで・・・・。

    ここからは書くわけにはいかない(当たり前)

    泣ける映画がいいとは思わないが
    図らずも泣いてしまう場面が
    あちこちにちりばめられているこの映画が
    ものすごく好きだ。

    「鬼滅もいいけど日本には
    こんなにも素晴らしい映画を作る
    監督を中心とした制作チームと役者たちがいるんだぞ〜」

    近年見た日本映画のマイベスト1だ!!

    「みなさん、必見ですよ〜」
    __カレンダー見出し

    カレンダー

    月別アーカイブ
    __カテゴリー見出し

    カテゴリー

    __リンク一覧
    __その他