prev

next

123
  • __プロフィール
    __新着記事見出し

    新着記事

    __ブラスグループ見出し

    ブラスグループ

    オリゾンブルー

    オリゾンブルー

    ラピスコライユ

    静岡県沼津市のゲストハウスウエディング「オリゾンブルー」

    オリゾンブルー

    _ラピスコライユ

    ラピスコライユ

    ラピスコライユ

    静岡・清水駅近くのゲストハウスウエディング「ラピスコライユ」

    ラピスコライユ

    _ブランリール大阪

    ブランリール大阪

    ブランリール大阪

    大阪駅・梅田駅近くのゲストハウスウエディング「ブランリール大阪」

    ブランリール大阪

    __ミエル ココン

    ミエル ココン

    ミエル ココン

    三重県津市のゲストハウスウエディング「ミエル ココン」

    ミエル ココン

    __ミエル シトロン

    ミエル シトロン

    ミエル シトロン

    三重県四日市市のゲストハウスウエディング「ミエル シトロン」

    ミエル シトロン

    __クルヴェット名古屋

    クルヴェット名古屋

    クルヴェット名古屋

    愛知県名古屋市のゲストハウスウエディング「クルヴェット名古屋」

    クルヴェット名古屋

    __ラピスアジュール

    ラピス アジュール

    ラピス アジュール

    静岡県静岡市のゲストハウスウエディング「ラピス アジュール」

    ラピス アジュール

    _ラピスアジュール RSS
    __マンダリンアリュール

    マンダリン アリュール

    マンダリン アリュール

    静岡県浜松市のゲストハウスウエディング「マンダリン アリュール」

    マンダリン アリュール

    マンダリンアリュール RSS
    __ヴェルミヨンバーグ

    ヴェルミヨンバーグ

    ヴェルミヨンバーグ

    愛知県 名古屋市 丸の内のゲストハウスウエディング「ヴェルミヨンバーグ」

    ヴェルミヨンバーグ

    ヴェルミヨンバーグ RSS
    __ブルーレマン名古屋

    ブルーレマン名古屋

    ブルーレマン名古屋

    愛知県名古屋市のゲストハウスウエディング「ブルーレマン名古屋」

    ブルーレマン名古屋

    __ルージュブラン

    ルージュブラン

    ルージュブラン

    愛知県一宮市のゲストハウスウエディング「ルージュ:ブラン」

    ルージュブラン

    ルージュブラン RSS
    __オランジュベール

    オランジュ:ベール

    オランジュ:ベール

    愛知県日進市のハウスレストラン「オランジュ:ベール」

    オランジュ:ベール

    オランジュベール RSS
    __ブルーブラン

    ブルー:ブラン

    ブルー:ブラン

    愛知県岡崎市のゲストハウスウエディング「ブルー:ブラン」

    ブルー:ブラン

    ブルーブラン RSS
    __ブランベージュ

    ブランベージュ

    ブランベージュ

    愛知県安城市のゲストハウスウエディング「ブラン:ベージュ」

    ブランベージュ

    ブランベージュ RSS
    __マンダリンポルト

    マンダリンポルト

    マンダリンポルト

    愛知県常滑市のゲストハウスウエディング「マンダリンポルト」

    マンダリンポルト

    マンダリンポルト RSS
    __ヴェールノアール

    ヴェールノアール

    ヴェールノアール

    岐阜県羽島市のゲストハウスウエディング「ヴェールノアール」

    ヴェールノアール

    ヴェールノアール RSS
    __ルージュアルダン

    ルージュアルダン

    ルージュアルダン

    愛知県豊橋市のゲストハウスウエディング「ルージュアルダン」

    ルージュアルダン

    ルージュアルダン RSS
    __アージェントパルム

    アージェントパルム

    アージェントパルム

    愛知県豊田市のゲストハウスウエディング「アージェントパルム」

    アージェントパルム

    アージェントパルム RSS
    __ミエルクローチェ

    ミエルクローチェ

    ミエルクローチェ

    三重県鈴鹿市のゲストハウスウエディング「ミエルクローチェ」

    ミエルクローチェ

    ミエルクローチェ RSS

    一号店へ

    一年に一度
    EOフォーラム仲間が名古屋にやって来て
    真剣な会議をする。

    もう13年に及ぶ、毎年の恒例行事だ。

    最新の店舗を見てもらいつつ
    その場所で会議をするのが恒例だった。

    ところが今年はメンバーから強い希望が出た!

    「トノ(僕のあだ名です)
    今年はブラス一号店に行こうよ」

    「それもいいかもね。企画してみるよ」

    ということで昨日の13時に名古屋駅に集合し
    「ひつまぶし」を食べて一宮市に向かった。

    15年前から運営している
    一号店「ルージュ:ブラン」を見て仲間がどう思うか。

    楽しみであり不安でもあった。

    IMG_4611
    「なかなか味のある建物ですね〜」

    「いい空気が流れてますよ〜」

    「最新の店舗より、これが好きです」

    新進気鋭の経営者仲間から
    思わぬ賛辞をもらう。

    「もしかして、こんな感じの会場を
    作り続けることが正解だったのかも・・・」

    そんなことを思ってもしょうがないけど
    思わぬ指摘の数々が刺激になったことは確か。

    IMG_4612
    会議のあとはルージュチームが
    この日の為に考えてくれた
    スペシャルディナーをゆっくり味わう。

    IMG_4613
    ブラスの故郷ルージュブランは
    原点を思い起こさせてくれる特別な場所だということを
    改めて感じたのだった。

    この行事は僕にとっての定点観測。

    こんな仲間がいることと
    彼らをホスピタリティ溢れる姿勢で
    歓迎する社員に囲まれていることに感謝し
    また来年まで頑張ろうと誓ったのだった。

    ルージュメンバーとの写真を撮り忘れたことが
    唯一の心残りです・・・。

    PS.
    0R0A5925
    アルダンの日高プランナーが
    とうとう100件プランナーに!

    四国から出てきて4年半。

    「よく頑張ったな〜」

    コツコツ仕事をやり通す姿勢は
    若手プランナーの見本なのだ。

    オリゾンブルー オープニング

    新しい会場が完成したら必ずパーティーをして
    ブラスメンバーとパートナーのみなさんに披露する。

    ウチの変わらぬ伝統だ。

    そしてパーティーはできる限り盛大にだ!

    0001
    駿河湾と富士山が一望できる
    静岡県沼津市の海沿いに完成したオリゾンブルー。

    0003
    その船出を祝うかのごとく
    この日は青空と海がいつもにも増して美しい!

    0005
    全社員集合という訳にはいかないが
    精鋭部隊が集結する。

    0011
    「さぁ、今日もやったりましょう!」

    それぞれの役割を全うすることが
    パーティーの成功へつながるのだ。

    0014
    毎回作っているオリジナルポスターも
    中々気合いが入っている!

    0019
    これが、バンケットのテラスから見える風景。

    「気持ちいい〜」

    初めてココに来たメンバーから
    感嘆の言葉が聞こえてくる。

    0020
    「そりゃ、サザンしかないでしょ!」

    海をバックにリハーサルできるなんて
    幸せすぎる。

    0021
    午後四時をすぎると
    各地からゲストが集まってくる。

    「受け付けは、新つぼね会ですよ〜」(笑)

    0023
    駅からの送迎はバスガイド付きだ。

    0026
    いよいよチャペルでセレモニー開始。

    0036
    カーテンが開くと
    海に高原支配人と岡本シェフがいる。

    0037
    「おおっ、カッコいい登場だな〜」

    0042
    「これ以上海が美しい会場はつくれないでしょ」

    ゲストから驚きの声が上がる。

    0044
    ガーデンでは、ピザビュッフェ。

    「美味しい〜」

    0047
    そう、オリゾンのキッチンには
    大きなピザ窯があるのだ!

    0046
    二階のバンケットに進むと
    海は夕日でオレンジに染まっている。

    0052
    オープニングはブラスバンド部。

    演奏曲はジャズのスタンダードナンバー
    「A列車で行こう」だ。

    0055
    オリゾンブルーメンバー全員であいさつ。

    0056
    僕も集まってくださったみなさんに
    お礼と決意表明をする。

    0058
    想像以上のリノベーションをした
    長年のパートナーであり
    日本を代表するデザイナーの杉山さんからのあいさつ。

    「また、ひと回り大きくなりましたか・・・」(笑)

    0060
    乾杯準備は上原総料理長率いる
    「オリゾンビール隊」

    0061
    「いい演出だね〜」

    0065
    乾杯の発声は
    名古屋からこの地で花を担当する決意をした
    セオリーのカトちゃん。

    「もうちょっと、持ち上げて欲しかったナ」(笑)

    0067
    気合いが入りまくっている
    岡本料理長のメニュー紹介。

    0068
    「今日もネバーエンディングパーティーです!」

    オリゾンメンバーは
    綿密な計画を立てて挑んでいる。

    それでもパーティーは生き物だから
    その場で変更していくことも大事。

    0071
    「社長、チャペルでバンドをすぐにお願いします」

    今日は中盤に「達明バンド」登場。

    桑田さんの新曲「若い広場」が特に気持ちよかった!

    0073
    「みなさんが飽きないように演奏していますが
    いつもお付き合いいただき感謝してます」

    0074
    そして海といえば
    ブラスの地引網隊の登場だ。

    0075
    さらにオリゾンチームが魅せる。

    0078
    この企画には驚いた!

    夜の海に富士山を描くとはアッパレだ。

    0080
    原宿から名古屋に帰ってきた
    ユナイテッドアローズの石黒君から
    ベストドレッサー賞の発表だ。

    今日のドレスコードは「デニム」

    0083
    「おめでとう!あきこ先生」

    とうとうあきこ先生が
    念願の初受賞を果たした。

    0084
    戸崎社長は顔の迫力と
    デニムの着物が怖ろしく合っている(笑)

    0091
    そして恒例の「河合達明・自己満足企画」へ。

    「ウケたね〜、ウケた」

    完璧な撮影と編集をした
    ムーブさんと杉山監督に感謝しかない。

    0092
    映像の中で買い付けた本マグロの登場だ。

    0093
    シェフチームがもう一つのテラスで
    見事にさばき切る!

    0095
    今日の締めは海鮮丼なのだ。

    0106
    長年ブラスの担当をしてくれた
    リクルートの村井君とゆかりのみなさんにインタビューをして
    いよいよパーティーはラストへ。

    0108
    智行取締役が締める。

    0109
    そしてこの会場をブラスに託してくださった
    加藤オーナーに最大級の感謝を贈る。

    0112
    感動で幕を閉じるはずもなく
    やっぱり「ヌマップ」登場・・・。

    0113
    鷲野総支配人が出て来なきゃ
    終わらないことはみんなが知っているしね〜。

    今回もアッパレだった!

    0115
    0114
    サプライズゲストが登場してテラスで集合写真。

    0116
    オリゾンブルーは最高のスタートを切った。

    「みんな、ありがとう!最高のパーティーでした」

    そしてこの地で
    「それぞれの新郎新婦にとって最高の結婚式」
    を作り続けましょう!!

    神宮にて

    EO名古屋メンバー全員で
    伊勢神宮に行ってきた。

    一泊二日の研修旅行だ。

    まずは昼過ぎに近鉄名古屋駅に集合。

    いかついオッサンが改札前に集まると
    中々にして迫力がある。

    名古屋から伊勢市駅まで
    近鉄特急で一時間半。

    駅からは伊勢神宮の「外宮」へ向かって歩く。

    9X5A6824
    伊勢で会社を経営している
    メンバーの西井さんと山下さんが待ち構えている。

    「伊勢神宮ではなく、正式名称は神宮だけですよ」

    そして

    「内宮が人気ですが、商売繁盛なら外宮です」

    と、教えてくださる。

    思い起こすと確かに
    内宮は何度も行ったけど、外宮は初参拝だ。

    9X5A6844
    天気にも恵まれ
    荘厳な雰囲気の神宮を深く味わう。

    9X5A6914
    「ありがとうございます」

    願いではなく
    お礼を言うのが基本と教わる。

    9X5A6928
    夕方からは地元の起業家から学ぶ。

    その土地ならではのビジネスがあるのだ。

    9X5A6989
    夜は渋く「オッサン飲み」

    なぜか異様に盛り上がる(笑)

    そしてメイン行事は早朝の五十鈴川での
    禊(みそぎ)だ。

    9X5A7119
    ふんどし一丁!

    前日に宮司さんから指導を受けたとおり
    五十鈴川の前で神事を行う。

    「エイッ、ヤー、エイ、ホー」

    宮司さんの掛け声に合わせて
    必死に体を動かし声を出す。

    当然だが、笑っちゃいけない。

    (真剣にやればやるほど、笑ってしまいますが)

    そして入水。

    IMG_4604
    「エイー!」

    声を出しても寒いものは寒い。

    が、ここで弱音は吐けない!

    9X5A7151
    EO名古屋メンバーは
    宮司さんの導かれて神事をやり切ったのだった。

    9X5A7157
    早朝の内宮はいつも以上に
    清らかな空気に満ち満ちている。

    9X5A7170
    ホテルに戻って着替えて
    正式に内宮で参拝。

    「いい写真だね〜、さすが産屋敷プロ!!」

    9X5A7176
    チームエイト。

    9X5A7186
    チームプラス。

    9X5A7190
    理事メンバーは「コマネチ」(笑)

    いい旅だった。

    「旅でしか得られないものがある」

    そして仲間との距離が
    グッと近づくのも旅ならではだ。

    旅の実現に向けて尽力してくださったみなさんに
    心から感謝します。

    メンター&メンティー

    長年所属する起業家集団EOには

    「メンターシッププログラム」

    というものがある。

    最近導入されたこのプログラムは
    なかなか好評で希望者が絶えない。

    それで今年は僕にも依頼が来た。

    「河合さん、メンターをやってください!」

    「メンター・・・?」

    メンターとは

    「仕事及び人生の、指導者であり助言者」

    と、辞書に書いてある。

    お互い社長同士でありながら
    師弟関係を結ぶということと理解した。

    例えるならスターウォーズのジェダイの騎士
    「ヨーダとルーク」そんな関係か(笑)

    EOにはかなり貢献しているという自負はある。

    それでも
    「これ以上引き受けると大変だぞ」
    という心の声も聞こえてくる。

    迷いながらも
    「教える人が一番教わるのだよ」
    と、様々なウチの研修で社員に話している以上
    引き受けないわけにはいかない。

    このプログラムは
    メンターもメンティーもお互いを選ぶことはできない。

    本部が決めた僕のメンティーは
    アシストジャパンという会社を経営している
    30代後半の井上社長だ。

    初対面の時は驚いた

    「くそ〜、いい男じゃないか」

    ハンサムな上に、爽やかで謙虚なのだ。

    しかも独身!

    「もう、教えたくな〜い」

    それは冗談だけど
    最初の会話が結婚式の話しだった。

    「10月に結婚式を挙げるので
    何かアドバイスしてください」

    結婚式のプロとして
    弟子の結婚式を成功に導かねば
    師匠の名が廃る。

    ウチの会場が東京にあれば話しは早い。

    「ウチでやろう!」ですむ。

    しかしご存じのとおり
    ブラスはまだ東京に進出していない(悔しい)

    それに当たり前だか会場はもう決まっている。

    できる範囲で協力するしかない。

    ということで今日は
    僕のメンティーである井上社長の結婚式だった。

    場所は東京日本橋にある
    マンダリンオリエンタル東京。

    言わずと知れた、世界のトップホテルの一つだ。

    大いに新郎新婦を祝いつつも
    他社の結婚式に参加することは勉強になる。

    僕がこの日に感じたことを
    すべて書き記すことはできないけど
    ブラスメンバーに伝えたいことは二つ。

    IMG_4588
    挙式における新婦を最高に輝かせること。

    介添え担当がベールを常に
    ビシッと整える姿勢に感動した。

    「当たり前のようで、なかなかできないぞ」

    ただでさえ美しい花嫁が
    さらに美しくなったことは言うまでもないし
    ベールの大切さを改めて感じたのだった。

    もう一つはギターと音響について。

    僕はサプライズで一曲弾き語りをしたのだけど
    音響担当の技術と機材が素晴らしかった!

    二つとも、すぐに見習おうと決めたのだった。

    IMG_4598
    「おめでとう!井上社長とめぐみさん」

    二人のハレの日に
    少しでも華を添えられたならうれしい。

    そしてこれからも共に成長しよう。

    午前3時集合で

    午前三時まで飲んでしまうことは
    たまにはあるけど
    午前三時に起きることはそんなにない。

    すでに家の前には
    迎えに来てくれた集団がいる。

    さて

    「こんな時間に行く場所はどこでしょう」

    IMG_4583
    なんと、グランシェフチームと一緒!

    シェフたちの迫力も半端ないが
    ここにいる人たちはさらに迫力満点だ。

    まさに男の世界。

    IMG_4581
    名古屋の寿司王である下野くんも
    花市場から駆けつけた!

    今まで内緒にしていたが
    「寿司・たつあき」のオープンが近いのだ(笑)

    IMG_4585
    「今回もありがとう!」

    監督の厳しい要求に答え
    僕らはやり切った、かな・・・。

    それが真実かどうかは
    来週のオリゾンブルーで明らかになる。

    パートナー企業のみなさんは
    どうぞご期待ください!!

    PS.
    IMG_3037
    夜は「じゃじー」こと
    じゃじまプランナーの送別会だった。

    それがまさかの三次会まで。

    「じゃじま、滋賀で待ってろよ〜」

    送別会を大切にするのも
    ウチのいいところです。

    ドリーム

    映画の配給会社の宣伝部は
    何とか映画をヒットさせたい。

    自分が気に入った映画なら
    なおのことだろう。

    それでもこの素晴らしい映画に
    「ドリーム」という陳腐な邦題を付けたのはいかにもセンスがない。

    172422_01
    原題である
    「HIDDEN FIGURES〜隠された姿」
    でいいのではないか!

    「隠された姿」がこの映画に相応しいと
    僕は強く思う。

    時は1960年代初頭。

    アメリカがソ連と熾烈な宇宙開発競争を
    していることを背景に物語は展開する。

    主人公の黒人女性3人は
    NASAで働いている怖ろしく優秀な女性だ。

    それにしてもこの時代のアメリカが
    ここまで人種差別をしていたとは驚きだ。

    「これは、ひどいな・・・」

    それでもそんな現実を笑い飛ばしながら
    主人公たちが時代を切り開いていく姿勢に
    胸を打たれる。

    なのでこの映画は
    仕事を題材とした映画ともいえる。

    「怖ろしく困難な目標を達成するために
    どうすればいいのか」

    名優ケビンコスナー扮する
    白人のプロジェクトリーダーが
    垣根をぶち壊すシーンに痺れる。

    「そうだ、仕事はチームでするもの。
    一つにまとまった時にはじめて
    不可能なことが可能になるんだ!」

    リーダーの決断に拍手を送りたくなる。

    確かに時代は変わった。

    しかしこの時代とは比べ物にはならないけど
    まだまだ女性が働き続けるには
    様々な障害があることは確か。

    困難を乗り越えて懸命に働く女性に
    一番見て欲しい映画だと思う。

    ブラス女子メンバーもぜひ!

    肉を焼く 2017

    「肉を焼く」と打ったら
    やっぱり過去に同じタイトルで書いていた・・・。

    それでもここのところ
    毎週のように焼肉を食べているので
    どうしても書かねばならない。

    いろんな目標を達成したお店のメンバー全員と
    夕食を共にするのが「ブラス達成ディナー」

    「なにを食べる?」

    と聞くと

    「焼肉〜」

    間髪入れずに帰ってくる。

    「その場で肉を焼いて食う」

    その行為は原始的なので人の心をくすぐるし
    食卓を囲むだけでは得られない
    集団としての一体感があるのだろう。

    そしてお金がなかった創業の頃は
    社員と一緒にガッチリ焼肉を食べることが
    小さな目標だったから
    今でもそれがうれしいのだ!

    IMG_4580
    ブラスの屋台骨を支え続ける2号店
    オランジュメンバーと叙々苑へ。

    叙々苑といえば高価というイメージがある。

    いわば、ブランド焼き肉店だ。

    「確かに、高い〜」

    それでもこれだけ盛り上がれるなら
    このチームと食べる価値が十分にある!

    それにしても、よく食べたナ。

    クルヴェットチームとは
    地元の名店「華火・名駅店」へ(写真撮り忘れ・・・)

    「ここはサービスマンが素晴らしい!!」

    さらにメニュー構成が僕好みで
    赤身へのこだわりが素敵だ。

    IMG_6845
    そして本社広報チームとは
    これまた地元の名店「ばくろ一代」へ。

    飛騨牛の一頭買いにこだわるこのお店は
    一皿一皿の魅せ方が上手い!

    どのお店も営業努力が素晴らしい。

    そんないいお店を選んだ
    各店の幹事もいい仕事をした!

    IMG_6844
    「一番盛り上がる部屋を選ぶんだぞ!」

    得意のハコ理論だ。

    お肉がどれほど美味しくとも
    みんなでワイワイ楽しめる空間でなければ
    達成ディナーの意味がない。

    なのでそこを選ぶことが
    宴会を成功に導く第一歩なのだ。

    もちろん披露宴も宴会の一種なので同じこと。

    その上で、人の力が生かされるのだ(いつもの話し)

    それにしても
    肉を焼く為のテクノロジーも進化し続けている。

    IMG_4418
    これは先日東京で
    堀江貴文さんがプロデュースするお店
    和牛マフィア」で撮った写真。

    よく見ると機械の一番下は炭火だ。

    「世界最高の肉を焼くマシーンです」

    そう、肉を焼く技術も大切だが
    最高の肉を焼くにふさわしい環境も大事。

    勉強になりました〜。

    ブラスタグラマー

    すでに8月から始まっている
    ブラス第15期(2017年8月〜2018年7月)。

    (創業19年なのに第15期というのは
    ハウスウェディング事業を始める前は
    有限会社だったから)

    毎年期の始めに
    スローガンを社内公募で決めている。

    一作年は「勝負に出ろ!」

    これは上場を果たした年に相応しい
    実にタイムリーなタイトルだった!

    そして昨年は 「ブラス A MORE」

    「アモーレ=愛しい人」は流行語として
    すでに忘れされれてしまった感はあるけど
    結婚式屋ブラスにピッタリだった。

    永遠の課題である
    「もっといい結婚式を」にも通じるし
    「まだ上に行くぞ」ということで
    東証一部上場を果たした年に相応しかった!

    そして今年のスローガンは。

    社長ブログ用※アップル&組数なし&ソフトバンク


    『ブラスタグラム』

    より多くの方にブラスウエディングを知っていただき
    ブラスの結婚式の魅力が伝わってほしいです。
    今、世界中の人と繋がれるのが、SNSの大きな魅力です!
    もっともっと大好きなブラスを多くの方に知っていただけますように。
    by重田プランナー

    『ブラスタグラマー』

    ブラスの社員は、ブラスウエディングを広める存在であり、
    ブラスという会社はブライダル業界に影響を与える存在であると思います。
    「ブラスタグラマーとして、いい結婚式を創り続けよう」
    という想いを込めました。
    by川崎マヨ(本社)

    二人の想いが一つになり
    このスローガンポスターが完成した。

    「ブラスに関わるすべての人たちが
    ブラスタグラマーだ!」

    ということで
    このスローガンを心の片隅におきながら
    15期も走り続けましょう。

    決算発表 2017

    ブラスは7月が決算月だ。

    一年間の成績を正確に出し
    みなさまに公開することが上場企業の務め。

    「ぜひ、ブラスのIRサイトをご覧ください」

    ブラスのIR担当が作り込んでくれた
    この決算資料を持って
    先週の木曜日に東京で決算発表を行った。

    IMG_4577
    そして翌日は投資会社を回り
    決算説明を繰り返した。

    プロのファンドマネージャーを前に
    話しをすることはプレッシャーだ。

    数字だけの説明なら資料に書いてある。

    決算数字の解説をしつつ
    他社との違いを明確にし

    「だからこそブラスは成長するのです」

    そこを話さなければ意味がないし
    プロの投資家に伝わるはずがない。

    そして最後は鋭い質問が次々に飛んでくる。

    じわっと汗をかきながらも
    懸命に答える時間こそ僕の修業の場だ。

    それでも堂々と発言できる背景は
    決算数字が目標をしっかりと達成し
    ブラス史上最高の売上と利益を上げられたからこそ。

    「ブラスに関わるすべてのみなさんに
    感謝、感謝です」

    今年はホワイト

    自分のスケジュール管理を何でするか。

    最近はスマホで一元管理している
    ビジネスマンや学生が多い。

    しかし僕はここは、デジタルに譲れない。

    ずいぶん昔から手帳を愛用している。

    「いやいや、スケジュールは全部頭に入ってますから」

    そんな経営者の先輩がいたけど例外中の例外だ。

    僕は手帳に書き込み派なので
    4色のボールペンを手帳カバーに挟んで
    毎日せっせと書いている。

    1月から始まり
    今時期になるとボロボロになる。

    いろんな手帳を試してきたけど
    ここ数年は断トツに気に入っているモノがある。

    IMG_4576
    ほぼ日手帳のウィークス」

    ま、みなさん知っているとは思うけど
    考えに考え抜かれた一品であり
    毎年毎年進化して今日に至っている。

    「何事も奥が深いナ」

    細かいカイゼンを繰り返す姿勢に
    感動を覚える。

    「仕事とは、こうあるべきですね〜」

    さすが、糸井さん率いるほぼ日なのだ。

    この時期になると来年の手帳を購入し
    年末まで2冊を併用するしかない。

    今年は目指す目標を達成するために
    燃える赤色の手帳を買った。

    来年は新たな気持ちでということで
    真っ白な表紙の手帳を選択した。

    「僕は手帳に書けば忘れないからね」(当たり前)

    ブラスメンバーのみんなは
    手帳に書きこむ姿を見たら安心して欲しい。

    みなさんもそろそろ買い時ですよ。

    見えすぎて

    「本を読むピッチが落ちたな〜」

    という自覚が最近あった。

    思えば20歳の頃
    本の魅力に取りつかれた。

    以来、ずーっと小説を中心に
    片時も本を手放すことなく読み続けてきた。

    「なのになぜ、集中が続かないのだ、俺」

    悩むほどのことでもないけど
    原因があり結果があるわけだから
    なにかがあるはずだと考えた。

    で、週に2回は通る
    本社から名古屋駅へ続く通路にある
    眼鏡屋さんにふらりと立ち寄った。

    「ちょっと、検査しませんか」

    検査台に座ると
    プロのメガネマンが次々にレンズを変えていく。

    だんだん信じられないほど
    クッキリと見える。

    「老眼なのに無理に見ようとすると
    ものすごく疲れますよ」

    そうか、そうだったのか・・・。

    認めたくないが、認めざる得ない。

    IMG_4572
    「見えすぎちゃって、困るの〜」

    こんな古いCMソングを
    口ずさんでしまうほど
    自分仕様に作った老眼鏡は見える!

    (なかなか渋いCMです、ぜひ検索してください)

    そして社長室のスタンディングデスクで
    仕事をするのにもすっかり体が慣れた。

    今では30分座ると、もう立ちたくなる。

    老眼鏡とスタンディングデスク。

    共におススメです!

    三度目の殺人

    ブラスには福山雅治のファンが多い。

    「もう、三度目の殺人を観たよ」

    と、自慢したら

    「すぐにブログを書いてください!」

    ほぼ命令調で言われたので
    書かねばならない。

    172308_02

    是枝監督は

    「法廷は真実を解明する場所ではないし
    真実など、誰にもわかりませんから」

    と、法廷のプロに言われたことから
    この映画をつくる決意をした。

    「そうか、確かに本当のことってなんだ。
    それに真実は一つとは限らないぞ」

    サスペンスでありながら
    この映画に謎解きはない。

    どうやら出演者もスタッフも
    ホントに殺したのかどうかは知らないらしい。

    きっとそれは

    「みなさんで考えてください」

    というメッセージなのだろう。

    そうだ、優れたエンターテイメントは

    「観て、聞いて、楽しんで、そして考えるもの」

    と、先輩に教わったとおりだ。

    僕は福山雅治が演じる弁護士の気持ちになって
    この映画を見続けた。

    あっという間の2時間だった。

    クールで切れる弁護士だったはずの福山が

    「頼むよ〜、今度こそ本当のことを教えてくれ」

    という泣きのセリフは
    僕たち観客の気持ちでもある。

    さて福山雅治が演じる
    重盛弁護士は真実にたどり着いたのか?

    三度目の殺人とはいったい何を指すのか?

    映画を観終わった後はぜひ
    お酒でも飲みながら語り合って欲しいし
    大いに語れる映画だと思う。

    そしてブラスの福山ファンは早く観に行って
    僕と映画談議をしよう。

    それにしても犯人役の役所広司の演技が凄い。

    迫真の演技というか
    背筋がゾッとする表情を何度もする。

    ところが見方によるとそれは
    優しい目だったりする。

    「その獣は、にんげんの目をしていました」

    ポスターに書いてある宣伝コピーそのものだ。

    そして僕はもう一人の主人公
    広瀬すずちゃんの大ファンになった(笑)

    もう一つこの映画には嬉しいニュースがある。

    裁判所のシーンは
    主に名古屋市役所で撮影をしたとのこと。

    福山さんは名古屋が好きで
    とても感謝していると記者会見で言っていたのだ。

    「いいぞ、映画の撮影に協力的な名古屋市」

    今度河村市長に会ったら
    僭越ながら映画ファンとして感謝の言葉を述べて
    これからもこの方針でとお願いしようと思う。

    スタッフルームでミスを叫ぶ

    秋のブライダルシーズンに突入している。

    シーズン始めの9月は特に忙しい。

    「一度きりの結婚式に、失敗は許されない」

    そして「担当プランナー・一貫性」を大切にしている
    ブラスのウェディングプランナーなら
    責任の重さを毎回ヒシヒシと感じているはずだ。

    だからといってミスをしない人はいないし
    どんな仕事にもミスは付き物。

    一番困るのはミスを隠すことだと思う。

    いや、隠そうという意思はなくとも
    自分で何とかしようとしすぎて
    どんどん深みにはまっていくことがある。

    自分で何とかしようとすることは
    悪くないし自分の成長にもつながる。

    でも、抱え込みすぎると・・・。

    そんな時は思い切って

    「あ〜、もう大変です!どうしたらいいですか」

    と、スタッフルームで声に出してみよう!

    「どうした、どうした〜」

    先輩も後輩も寄ってきて
    問題解決の糸口がつかめるはずなのだ。

    スタッフルームも活気づくし
    それでミスの上塗りも防げるのだとしたら
    こんなに単純でいいことはない。

    「みんな、声を出していこう!」


    PS.
    156793b8
    今年の新卒プランナーが
    続々とデビュー結婚式をしてます!

    新人プランナーデビューブログ

    を、ぜひご覧ください。

    僕もできる限り見に行ってます。

    全体ミーティング&内定式 2017秋

    月曜日はブラス秋の全体ミーティングを開催した。

    場所はブルーレマン名古屋と
    隣にあるクルヴェット名古屋。

    この二つをフルに活用して
    ここのところ全体ミーティングをやっている。

    ところが

    「もう、限界です・・・」

    3
    「スタンド、アリ〜ナ、立ち見〜」

    と、桑田さんのマネをしている場合じゃない。

    確かにぎっしりと社員で埋まっているから
    迫力はあり、熱気もあり、ミーティングは盛り上がる。

    「スタジアムは満員になってこそ!」

    ハコ理論のミーティングバージョンだ。

    それでも次の新卒が入れば
    もう自社会場で開催することは無理とわかっている。

    ま、その課題は来年に持ち越すとして
    秋の全体ミーティングの目玉は表彰式だ。

    100件・150件プランナー
    ブラス史上5人目の担当150件達成は
    ベージュの田端プランナー。

    「まだまだ奥が深いです」

    その通りだと思う。

    150件プランナー
    結婚と出産をしてカムバックした石黒大先輩は
    めでたやと庶務をしながら担当プランナーもする。

    「これぞ、マルチプレーヤーだ!」

    アッパレな働き方なのだ。

    100件プランナー
    「羽島一筋で達成がうれしいです!」

    この言葉も胸に沁みた。

    「100件達成おめでとう!」

    ベストアニバーサリー
    そして今年も一年間の成果を
    細かく細かく表彰した!

    OV
    「オランジュの道のりは
    これからのブラスの指針になる!」

    素晴らしいチームに
    全社員から惜しみない拍手が起こる。

    成約率
    「コラッ、男性プランナーは何やっとる」

    女性が上位をほぼ独占していることが判明し
    自然に激励の声が上がるのだった。

    そしてサプライズな表彰もあり
    大いに盛り上がる表彰式。

    それでもウェディングプランナー一貫性を貫く
    ブラス最高の栄誉は「ベストプランナー賞」だ。

    ベストプランナー
    「素晴らしい!!」

    このメンバーの一年間の働きぶりを
    想像するだけで頭が下がる。

    ベストプランナー
    モリカナは去年は2位で
    今年は見事にベストプランナーに輝いた。

    「快挙だ、モリカナ」

    厨房表彰
    数値化は難しいシェフチームも
    しっかりと表彰をする。

    これもウチの伝統なのだ。


    そしてレマンチームが作った
    特製カレーを全員で食べて
    午後はいよいよ新卒14期生の内定式だ。

    IMG_0427
    「わたしたち、闘志(14)あふれる14期生です」

    IMG_0452
    勢ぞろいした62名の新卒たち。

    もちろん史上最大の新卒採用だ。

    IMG_8202
    当たり前だけど補充の為の採用ではなく
    成長しているからこその積極採用。

    IMG_0487
    身近な先輩プランナーから
    激励のスピーチがひとり一人の胸に刺さったと思う。

    IMG_8133
    そして内定証書とバッジを手渡す。

    「がんばれ、ジューシー(14)14期生」

    あれっ、どうするキャッチフレーズ・・・。

    IMG_8322
    最後はいつもながら
    周到にネタを用意していた西川支配人が

    「天使(14)14期だ〜」

    で、締めて内定式は終わった。

    次に会うのは12月のクリスマス会。

    「元気で、さらにパワーアップした姿を見せてくださいね」

    気持ちよく博多行きの新幹線に乗ったのだった。

    エル ELLE

    先日登山部のみんなと
    山で映画談議をした。

    行きのバスの中で
    「岳」という山岳映画を観て毒づき
    帰りは「スピード」を楽しんだ。

    映画は見始めると
    毎週映画館に行きたくなるけど
    間が空くと足が遠のくもの。

    「夏はサボったから、久々に行こ」

    と、思って一人で出かける映画館は
    名古屋の伏見にある「ミリオン座」しかない。

    検索すると
    もうこれしかないという映画がちょうどあった!

    172404_01
    エル ELLE

    世界中の映画賞を受賞したこの作品。

    ポスターの女優の表情から
    伝わるものがある。

    このフランスの大女優の名は
    イザベル・ユペール。

    この映画はこの人の独壇場だ。

    「役作りはしない、役が私になるの」

    彼女が言うこの言葉は
    映画を観ると深く深く納得できる。

    たいして映画通でない僕でも

    「世界中を探しても
    この役をできる人はこの人しかいないのでは」

    と、思わずにはいられない。

    (実際に有名ハリウッド女優三人が
    この役をキッパリと断ったと書いてあった)

    さらに驚くべき事実を映画を観たあとに知った。

    イザベルは1953年生まれ。

    「ウソ〜、64歳だ・・・」

    常識だの非常識だの
    議論しているヒマがあったら
    まずはこの映画を観た方がいい。

    ちなみにイザベル演じる主人公は
    ベンチャー企業の女社長。

    「一切ぶれない姿勢もまた、素晴らしい」

    頭の中がグラグラするこの映画を
    夏の終わりにぜひ映画館で楽しんで欲しい。

    できれば、ひとりでね。
    __カレンダー見出し

    カレンダー

    月別アーカイブ
    __カテゴリー見出し

    カテゴリー

    __リンク一覧
    __その他